◆◇◆◇◆ 2017/03/30(木) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』休載中

風間さんに会いたい。
諏訪さんに会いたい。
迅さんに会いたい。
ユーマに会いたい。
オサムに会いたい。
チカちゃんに会いたい。
ヒュースに会いたい。
二宮さんに会いたい。
東さんに会いたい。
出水に会いたい。
那須さんに会いたい。
太刀川さんに会いたい。
荒船に会いたい。
犬飼に会いたい。
嵐山さんに会いたい。
カゲさんに会いたい。
ゾエさんに会いたい。
菊地原に会いたい。
プリンスに会いたい。
忍田さんに会いたい。
(以下略)

新刊が出たので、これでしばらくしのげる! と思ってたんだけど、逆にさびしさに拍車がかかる始末。
いったいどうすれば……。
スポンサーサイト

tag : ワールドトリガー

◆◇◆◇◆ 2017/03/04(土) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』18巻 箇条書き感想

『ワールドトリガー』の18巻が出たですよ!
いやあ、17巻の巻末に「2017年3月発売予定」とか書いてあったけど、さすがに無理かな。でも、1巻つくる分のストックはあるよな。とかいろいろ考えてたんですけど、本当に出た!
まあ、さすがにこの巻自体には次巻の予告は載ってなかったけどね。

というわけで、いつも通り、箇条書きで感想

・表紙は生駒さん。ポーズがめっちゃ決まってる。生駒隊の隊服は黒に暗めのオレンジか

・折り返しの著者コメント。太ったという報告ばかり載っていたこの欄に、痩せた、という報告が載るとわ!

・裏側の折り返しは王子隊長。ポージングがスタイリッシュです。てか、隊服に色がつくとますます軍服っぽくみえるな

・生駒さんは京都出身、水上と隠岐は大阪出身、海くんは三門出身、マリオちゃんは兵庫出身、ボーダーでは出身県が一番ばらけてる部隊かもしれん

・生駒さんは居合いをやってたのか。その技量を活かして生駒旋空を生み出したのね。トリオン量が規定以上あって、剣を扱えるとか、スカウトされたのもわかる気がする

・遍く事象に感動している生駒さん……やっぱり、マリオちゃんに対する言葉もひやかしじゃなく地か

・ところで、ギター弾ける男子よりは、料理できる男子の方がモテると思います!

・声に出したのと違う弾を撃つのは地味に高等技術ってのはわかる。きっとめっちゃむずかしい。でもこの技、確かに、トリオン兵や近界人には利かないから、普及しないのも当然か。ランク戦で使っても「セコイ」言われるだけのような気がするし

・「オフのときに連絡が取れなくなる時間帯がある」って隠岐は何をやってんの?

・海くん、結構、強いらしい。生駒さんというよいお手本があるんだから、環境的にはいいとこだよね、生駒隊。

・海くんだけ三門市出身ということは、元々、生駒さん・水上・隠岐・マリオちゃんの関西人だらけチームだったところに海くんが加入したってことなんかね

・マリオちゃんマジツンデレ

・王子隊が作戦会議で使ってたあの謎のアイコンは王子原案、羽矢さんデザインか。これ、二宮隊と影浦隊のアイコンがどういうことになってるのかめっちゃ気になる……

・王子隊の作戦室はきっちりしてるなあ

・チェス盤が置いてあり、隊員全員でチェスを楽しむ王子隊……。雀卓が置いてあるどこぞの諏訪隊とはえらい違いだな(笑)

・生駒隊の遊び部屋はこれだけで仲の良さが伝わってくるな

・作戦室の家具っていくらまでならボーダー負担。それ以上になるなら自腹切ってください、って感じなのかな。

・人気投票、那須さんより香取ちゃんの方が高いのか。まあ、ここらへん団子状態でそんなに点差ないけど

・「ゆきだるマシーン」ってついに作者にまで雪だるまネタふられた二宮さん……

・葦原先生、荒船の人気の高さに驚いているようだけど、顔がよくて、頭がよくて、自分の目標をきちっと持ってて、ストイックそうなのに、映画バカで、水が苦手とか犬が苦手とかほどよい感じに弱みがあるって、これで人気が出ないわけがないと思うんだよね

・次巻の表紙はレイジさんと予想(気長にお待ちしております!)

tag : ワールドトリガー

◆◇◆◇◆ 2016/12/04(日) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』17巻 箇条書き感想

『ワールドトリガー』17巻について、箇条書きで感想

・表紙は香取ちゃん。隊服の色は紫ベースに黒で、ラインは赤なんだね。加古隊とか三輪隊とか紫系多いな。でも、微妙に紫の系統が違うよね。加古隊⇒はっきりした明るい紫、三輪隊⇒青成分多めの暗い紫、香取隊⇒赤成分多めなシック系紫って感じ。

・著者コメントの葦原先生はマラカス持って踊ってた。本体(?)の方もこれくらい元気でいて欲しいものである。

・折り返しイラストは華さん。これは予想通り。

・香取ちゃん、トリオン体は少々盛ってるらしい(苦笑)。

・香取隊の隊服が出た時、那須隊と同じでちょっとサイバーパンクっぽいと思ったんだが、どうやら実際パク……ではなくリスペクトらしい。

・香取ちゃんが烏丸先輩派で華さんは嵐山さん派か。男性の好みが違うと、女性の友情は長持ちするってきいたことある!

・華さんが嵐山さんのファンとか、16歳っぽい感じがなんかうれしいね。過去が重すぎるだけに。

・華さんと三浦くんは従兄弟なのか! だから「雄太」「華」と呼び合ってるのか! 女子になれなれしく接することができそうにない三浦くんが華さんのことは呼び捨てだからどういうことかと思ってた。

・華さん、家族と家を失ってからボーダーに入るまでどうやって暮らしてたのかと思ってたら、三浦くんちに引き取られてたのか。この時点で三門を離れることになってたら、ボーダーには入ってなかったかもね。一度、離れたら、あの年だとなかなか戻ってこられないだろうから。

・「まあまあ」で香取隊をまとめている三浦くん……お疲れ様です。それにしても、香取ちゃんに一目ぼれとはなかなか大変なとこに目を付けちゃったもんだな(苦笑)。

・ガンナー界隈ではそこそこかわいがられているらしい若村くん。師匠の犬飼とはどういう感じなんだろう。諏訪さんは若い子たち全体の面倒をみてて、弟子は抱えてないイメージがあるな。

・スナイパー⇒東さん、アタッカー⇒風間さん、ガンナー⇒諏訪さん、オールラウンダー⇒嵐山さん、がポジション別統括役のイメージ。シューターはそれぞれフリーダムにやってて統括なんてないイメージ(笑)。

・メテオラは寺島さんが開発したのか。レイガスト、メテオラと、わりとシンプルなネーミングの武器が寺島さんチームの開発品なのかな?

・ボーダーもいずれトリオン兵をつくるのかね。でも、一般的な認識はトリオン兵=ネイバーだから、見た目を工夫しないと、いろいろと誤解を招きそう。てか、もろに兵器っぽいものをつくっちゃったら、ボーダーを軍事力として警戒する連中が増えそうだよなあ。

・佐鳥はどうして顔窓に入らないといけないのか。

・香取ちゃんの葉っぱシャツがチェックシャツになっててビックリした。

・生駒さんがナスカレー好きなのは知ってた。

・水上の好きなものが将棋ってあたりに、ランク戦中に打つ手を指示する水上の姿を思い出して、生駒隊の軍師(?)役はやっぱり水上なのか、と思った。

・海くん身長170cmか。なんかもっと小柄なイメージがあった。まだ16歳だからまだ伸びるんだろうな。

・生駒隊は好きな食べ物のジャンルがえらくばらけてるんだけど、食事とかはどこに行くんだろう? ファミレスか?

・王子、好きなものが「馬」「チェス」って王子様かよ! クロワッサンを笑顔で食べる王子を想像すると、似合いすぎで笑う。できればミルクティーとか飲んでて欲しい。

・1月11日生まれで「一彰」。とにかく1ぞろいな王子隊長。

・好物が鯛茶漬けとかかぶの千枚漬けとか、しぶすぎるだろ蔵内。ほうじ茶が似合うイメージだよね、蔵内。

・海くん16歳で身長170cm? と思ってたら、カシオは15歳で172cmだった……。

・王子⇒ミルクティー、蔵内⇒ほうじ茶、とするとカシオは……トマトジュース?(なんでや)

・18巻の表紙は王子と予想。

tag : ワールドトリガー

◆◇◆◇◆ 2016/11/12(土) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』第164話 「玉狛第2・20」 感想(「撃てない」と「撃ちたくない」)

ユーマの勝利宣言が、ユズルくんの負けず嫌いに火をつけた?
ユーマはあおったというよりは、通常運転って感じだけどね。

カゲさんがおごるって言ってくれてたのに、しっかりお金を置いてくあたり、ユズルくんらしいなあ。

ユズルくんが去った後の18歳組の話題はチカちゃんの狙撃スタイル(?)にうつった。
てか、カゲさん本当にログみてないのね。

チカちゃんが人を撃てると断言した当真。
鳩原さんのことを知ってるはずの当真がそう言い切るからには相当の自信があるんだろうなあ、と思う。
でも、同じく鳩原さんを知ってる二宮さんは「撃てない」と断言してたんだよね。
まあ、あれは鉛弾を使いだす前のチカちゃんをみて言った言葉だから、判断材料の量が違うんだけど。

チカちゃんが人が撃てないというわりに、点を獲ることに加担することにためらいはないよなあ、ってのは私も思ってた。
まあ、それを言い出すと、人は撃てないけど武器は撃てる鳩原さんってなんなんだよ。ちょっと弾がそれれば人を撃っちゃうことになるのに、とも思ってたけど。

「撃てない」と「撃ちたくない」は確かに違う。
当真の言う「0と1くらいちがう」というのは、0を1にするのはものすごくむずかしいけど、1を2にするのは意外とむずかしくないってことなんだろう。
そのうえで、チカちゃんが人を撃てるようにしておいた方がよいという当真。
遠征参加経験のある当真の言葉だから重みがあるよねえ。
学校の成績が悪くても、スナイパーとしてはキレ者だしなあ。

ところでゾエさんは「荒船くん」とか「トーマくん」とか、カゲさん以外は同じ年でもくん付けなのね。
それに対して、「あらふね」「ポカリ」と先輩を呼び捨てにしてる仁礼ちゃん。
カゲさんとゾエさんは同じチームだから、先輩後輩の仲でも呼び捨てにしてるのかと思ってたんだが、どの範囲まで呼び捨てなんだ?
それとも小南ちゃんの「太刀川」と「鋼さん」みたいに、年齢じゃなく別の基準を導入してる?

ユーマがレイジさんの送迎を断ってたから、どうするのかと思ってたら、ゾエさんにバイクで送ってもらってた。
ゾエさんバイクが似合うなあ。

オサムもユーマもチカちゃんをむりやり追い込むようなことはしたくない、というところで意見一致。
まあ、あれだけいろいろと抱え込んじゃってる子を、わざわざ追い詰めたくはないよね。
だからこそ、自分は大事にされている、とチカちゃんが信じることができるように、意識的にあまやかしてきたんだろうし。
でも、玉狛の中で大事に囲われてるだけの自分を、チカちゃんはよしとしないだろう。
鉛弾というワンクッションを置くことで、自分も戦える、オサムやユーマの力になれる、と思えるようになったチカちゃんが、さらにその先を求めるのは当然の流れなんじゃないかな。

トリガーは装備するだけでトリオンを食う、というのは新情報。
電化製品の待機電力的なものと考えればよいのだろうか。
なるほど、レイジさんが合計16チップの枠を持ってるときいて、なんでみんなに支給しないのかな、よっぽどコストがかかるのかな、と思ってたんだけど、金額的な問題は知らないけど、トリオン消費量的なコストがかかるのか。
そして、それだけのコストをかけたところで、16チップを使いこなせなけりゃなんの意味もないし。
豊富なトリオン量と、たくさんの武器を使いこなせる技術を併せ持つレイジさんの特権なのだな。

そして、待機電力(?)よりもさらにトリオンを食うベイルアウト機能。
う~ん、移動距離の長いテレポーターと考えれば、それも当然か。
つまり、それだけのコストをかけてでも、ボーダーは隊員を守るべきだと思ってる。
子供たちを戦わせるからにはそれだけの安全性を保障しないと隊員を集められないだろうし、仲間を半分も失った城戸さんたちの過去を考えると、当然の判断だろう。

逆に、玄界以外でベイルアウト的な機能が最近までなかったっぽいのは、それだけのコストをかけてでもトリガー使いを守ろうという発想がなかった、ということなのかもしれない。

つまるところ、トリガーチップとトリオン体と基本装備とベイルアウトシステムだけで、トリオンがほとんど食いつぶされていて、戦うためのエネルギーがほとんど残ってない、というのがオサムの実情か。
オサムのトリオン量は戦うことを考えたら下限値ぎりぎりなんだな。これは最初に選考に落ちたのも当然か。
これ、オサムだから「ベイルアウトでかいな」になるけど、チカちゃんだと痛くもかゆくもない感じになるんだろうな、と思うと、持って生まれた才能の差に愕然とする。

ユーマは三雲隊の勝利を疑ってないのに、オサムのこの不安はなんだろう。
まあ、ユーマのは勝利を疑ってない、というよりは、自分はオサムとチカを勝たせるために三雲隊にいるんだ、という強い意志のあらわれって感じがするんだけどね。
戦士であるユーマはオサムとチカちゃんのよき剣となり盾となることだけを考えて戦う。
そういう明快な立ち位置が、ユーマにとっては心地よいのだろうなあ、と思うのだ。

オサムはまあ、考えることが多すぎるんだよね、多分。
それにしても、次のランク戦はヒュースが入って楽勝モードかと思いきや、おもいっきし不穏になってきたな。

tag : ワールドトリガー

◆◇◆◇◆ 2016/11/03(木) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』第163話 「絵馬ユズル・2」(お好み焼き屋の密談)

『ONE PIECE』の直後に『ワールドトリガー』が載っててびっくりした。

チカちゃんの狙撃姿がさまになってるというか、余裕がある感じがするよね。
日浦ちゃんはネコちゃんを頭に乗せて撃ってるのがかわいい。そろそろボーダーを卒業しなくちゃいけない頃だと思うんだが、ぎりぎりまで訓練には参加するのかね。

夏目ちゃんは41位までランキングをあげてきたか。
まあ、1回の訓練内での順位なんで、それが即スナイパーとしてのランクではないのだが、着実にランクアップしてきてるよね。
本来的にはこうやって地道にはいあがっていくものなんだろうな。
ユーマとかチカちゃんとかヒュースとか、いろいろ特別すぎるだけで。

ユズルくんが「マジメにやらない人もいるよ」って言うと、いや、じぶんのことを棚にあげて、とか思うわけだが、ユズルくんはナチュラルに夏目ちゃんをはげましてるだけなんだろうな。
135人中の上位15%と言ったら、だいたい20位以内?
正隊員もコミということを考えると、確かに、C級のトップ5にくいこめるくらいじゃないと無理か。
あれ? そう考えると、新入隊員が増えてる今がねらい目なのか?(分母が増えるから)

ところで、ユズルくんがまじめに訓練に参加してるのは、チカちゃんに会いたいから?

当真に前の試合のことをさっそくいじられてる隠岐に笑う。
それにしても、チカちゃんにあんなに気軽に声をかけてきて、「かわいい子は撃ちにくい」とさらっと言っちゃうとか、隠岐は犬飼系のコミュ力バカ高キャラなのか?
まあ、生駒隊は全員、対人スキルが高そうだけど。

ここで間に割って入るユズルくんがかわいすぎだと思ってたら、自分はかわいいと思われてるのかみずから探りにくる日浦ちゃんはさらにかわいかった。
こんな日浦ちゃんのくったくのなさに、那須隊のみんなは全力で癒されてきたんだろうなあ、と思うとめっちゃせつない。
ところで、「にゃんこ!」ってなんなんだろう……かわいいからいいけど。

2ページ使い倒して焼かれたお好み焼きを、ほふほふと食べるユーマが幸せそうでなによりです。
18歳組が4人もそろって、真ん中に中学生はさんで座ってる姿も、いやこれ原作ですよね。二次創作とかじゃないですよね、と思うくらいの幸せっぷり。

長年、戦場を渡り歩いてきたユーマが、機械的に攻撃を仕掛けられるほど戦闘が身にしみついてるのはまだわかるが、東さんまでその領域にいたってるとは、どんだけだよ東さん。
第4戦で飛び出したがってたカゲさんを、仁礼ちゃんが「東さんに殺されるだけだからな」と言って止めたのは、この相性の悪さゆえか。
カゲさんに奇襲はきかないんじゃなかったっけ、と思ってたんだけど、今頃、その謎があかされるとか、『ワールドトリガー』ではよくあることだな。

カゲさんがユーマを気に入ってる理由は、斬り合いが楽しいってのも当然だろうけど、イヤな感情を刺してこないってのもありそうだよね。
ユーマはオサムやチカちゃんがからまないとこだと、めっちゃ感情がフラットな感じがあるから。

ところで、気心知れてる相手ばかりとはいえ、いきなりユズルくんの恋心をバラしちゃうとか、カゲさん本当にデリカシーが足りてない。
ここでユズルくんが怒らないのは、もうそういう人だとあきらめているからかもしれん。

カゲさんが仲間とユーマを集めたのは、ユズルくんが八百長試合(?)をしたいと言い出したからか。
カゲさんとしては、わざと負けるなんてつまらないことはしたくないけど、ユズルの気持ちは大事にしたくて、だけど、ユズルの気持ちを尊重したうえで八百長を拒否する理屈をつけられなくて、困り果てていたのかもしれない。
うん、ユズルくんがやろうとしていることに怒っているんじゃなくて、困っているんだよね。
カゲさんはユズルをめっちゃ大事にしてるよね。
ユーマの話をきいて、ユズルを傷つけることなく話が片付きそうで、「ならなんも問題ねえじゃねーか」って言ってるカゲさんの顔が、めっちゃうれしそうにみえる。
でもユズルくん、折れないし(苦笑)。
ユズルくんの言い分は、そのままオサムの言い分なんだが、それを指摘したらユズルくんめっちゃイヤな顔しそう。

ここで18歳組、さらに2名追加!
いや、これ原作ですよね! 二次創作じゃないですよね!
こんなに18歳組が密集してる絵がみられるとは……葦原先生ありがとうございます。
ついでに21歳組が密集してる絵もください(爆)。

それにしても、荒船がイケメンすぎる件について。
ルックスもそうだけど、「自分が好きな女は自分で守れ」とか発想がイケメンすぎる。そんでもってそういうことをなんのてらいもなく口にだせちゃうのもすごい。
これは、カゲさんとユズルくんの気持ちを両方とも納得させるナイスアイディア。

「一人で行くよりチームで行く方が安心できる」というユズルの言葉に対し、「おまえが付いてやって安心させろ」というのは、ちょっと話がそれてる感じもするけど、ユズルくんの中にはきっと、チカちゃんが安心して頼ってくれる存在になりたい、という気持ちがあるはずで、それをうまくくすぐった視点の誘導だと思うんだよね。

控えめで、チカちゃん相手には自信がなくて、見守ることができればうれしい、たまに手助けできればもっとうれしい、みたいなスタンスでいたのに、自分の方から距離を詰めることの大義名分をつくってもらったというか、ユズルくんの中の欲を一段ひきあげたというか。

しかしこれで、ユズルくんの遠征参加フラグがたったか。
これは予想外。カゲさんは行くんだろう、と思ってたけど。
二宮隊、ユズルくん、そしておそらく東さん、と鳩原さんに因縁があるメンツが遠征に勢ぞろいしそうな気配で、麟児さんと鳩原さんの登場を期待してしまう。

ところで、荒船が熱弁ふるう傍らで、黙々とお好み焼きを焼いてる穂刈がシュールだ。

ユズルを扱いかねてるけどまったく見捨てる気はないカゲさん。
カゲさんとユズルくんをあたたかく見守るゾエさん。
「ヤケドするなよ」とかあいかわらずやさしい鋼さん。
適当にちゃちゃを入れつつ、あんまりでしゃばってこない当真。
18歳組のリーダーなのかな? と思わせる貫禄をもつ荒船。
せりふがひとつもない穂刈(苦笑)。
18歳組の仲良し感がはんぱない今回であった。

一方、ユーマはマイペースだね。
「手を抜いてくれてもくれなくても、こっちはどっちでもいいけどね」とはいかにもユーマっぽい。
八百長を強制するならともかく、相手が自分の意志でやるんなら問題ないだろ、と思ってそうだよね。
チカちゃんはこの話をきいたら、きっと反対するだろうなあ。
オサムはそうだな……ユーマと同じ反応になりそうな気がする。

ユーマは三雲隊の勝利を疑っていない。
ヒュースが加入するんだから、そりゃそうだろう。
自分から負けたいとか言っておきながら、ユズルくんはそれにむっときてる様子。
やっぱり、影浦隊に勝つのは当然、みたいな発言はおもしろくないんだろうな。

いやあ、前回がめっちゃ重かっただけに、今回のこのノリは本当にうれしかった。
葦原先生、ありがとうございます!

tag : ワールドトリガー

◆◇◆◇◆ 2016/10/29(土) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』第162話 「玉狛支部・5」(戦争と戦争ごっこ)

玉狛支部の「城戸」のプレートがかかる部屋でオサムがみつけた1枚の写真。
玉狛支部をバックに写る19人。
このうち10名が5年ほど前の戦いで亡くなったとは、壮絶すぎるな。

生き残った9人の現状は以下の通りか。
・城戸さん⇒司令
・忍田さん⇒本部長
・林藤さん⇒玉狛支部長
・桐山さん⇒本部勤め(どんな仕事をしているのか不明)
・ゆりさん、レイジさん、迅さん、小南ちゃん⇒玉狛支部で隊員を続けてる
・真都さん⇒一般人
桐山さんと、真都さんは未登場なんだけど、これから出てくるのかな。桐山さんの方は登場する可能性高そうだけど。

林藤支部長にべったり張り付いて笑ってる小南ちゃんがかわええんだけど、これが6年ほど前で、5年くらい前に仲間の半数が失われるという大惨事があり、4年半くらい前の第一次大規模侵攻時の小南ちゃんとおぼしき女の子が無表情というのは、察するにあまりあるものがある。
そう考えると、よく、今の表情豊かな小南ちゃんに戻れたものだよなあ。
小南ちゃんのいとこである嵐山さんが、家族を守ること、町を守ることに、強い意志を持っているのは、小南ちゃんの変化をみているからなのかもな、とか思ってみたり。

レイジさんはゆりさんに視線をやって頬を染めてるけど、この頃からすでに片想いか……長すぎだろ。
狙撃手には忍耐が必要だけど、忍びすぎだろ。いや、全然、忍べてないけどさ。

林藤さんが頭をなでてるのは風間さんのお兄さんかね。
林藤さんの弟子だったそうだし、なんとなく風間さんに似てるし。でも、お兄さん、背が高い(苦笑)。

旧ボーダーもやっぱり平均年齢が低かったようで、半分以上はまだ10代の子供にみえるんだが、こんな子供たちを戦争に巻き込んで死なせてしまった城戸司令の心中を考えると、そりゃあ、別人にもなるわな、という感じ。
よく、このマンガに対して「戦争ごっこしているだけ」という批判をみかけるが、城戸さんたちは子供たちに戦争をさせないために、今のボーダーをつくりあげたのかな、とも思える。
ネイバーが出る限り、戦いは不可避。そして、主戦力は子供たち。
だからこそ、子供たちに「戦争」をしているという意識を持たせないよう、「戦争ごっこ」ですませられるよう、なおかつ、自分たちは正義だという誇りを持てるよう、城戸さんたちは今の仕組みをつくったのかもしれない。
本当の「戦争」を知ってしまった子供たちを玉狛に残して。

城戸司令が、やたらと三輪をそばに置いてるのは、憎しみを忘れられずに苦しむ三輪の姿に、共感しているからなのか?
いや、むしろ、三輪をみることで、自分の憎しみの火に薪をくべてるのかもしれんとか、めっちゃ暗い想像してしまった。
三輪としては、城戸司令の近くが安心できる、というのはあるかもしれん。
城戸司令は決して「復讐なんてむなしいことはやめろ」「憎しみは何もうまない」とは言わないだろうから。

城戸司令は仲間を失った時に「空閑がいてくれたら」と思ったかもしれない。
それが、ユーマへの微妙な態度に出ちゃってるのかもしれない。
有吾さんが今の城戸さんをみたら何を思うのだろうなあ。

「三輪しか戦争してねーじゃねえか」という感想をどこかでみたことがあるんだけど、個人的には、風間さんも戦争してる感があって、それは兄が「戦死」しているからなんじゃないかな、と思っている。
でも、風間さんと三輪で決定的に違うのは、風間さんは「兄は自分の意志で戦って死んだ」と思えるけれど、三輪のお姉さんはただ災厄に巻き込まれて亡くなったわけで、これは遺族としてはだいぶ気の持ちようが違うんじゃないかな。
だけど、それを考えると、ただ災厄に巻き込まれて亡くなった母と、自分の意志で戦って亡くなった師匠を持つ迅さん、どんだけヘヴィーだよ! ってなるんだよねえ。
母親の死も、5年前の大惨事のことも予知していたのかなあ、とか思うとさらに。
迅さん、世界中の不幸を背負ってます、みたいな顔してても納得するくらいの人生だよなあ。
それなのに、ああいう軽いノリの言動をしてるから、めっちゃ胸が痛い。でも、セクハラはダメです。

それにしても、昔の城戸司令の笑顔がせつない。
こういう人の元なら、忍田さんもやんちゃ小僧でいられたんだろうと思う。
今の太刀川さんみたいに。
でも、城戸司令が変わって、忍田さんもやんちゃ小僧ではいられなくなったんだろうなあ。

「何人かは黒トリガーになった」という言い回しは、ボーダーに「風刃」と天羽くんが持っている黒トリガー以外にも黒トリガーが存在している可能性をうかがわせる。
戦争のどさくさで他の国にとられた可能性もあるけど。
もしかしたら、城戸司令しか起動できない黒トリガーが秘蔵されてるかも、とか妄想してみたり。

城戸司令のやり方は、ボーダーの最初の理念からは外れているかもしれないけれど、三門市を守ることには成功している。
でも、それがいつまでも成功するとは限らない。
力で屈服させれば、力で押し返されるのは当然だから。
今のところ、表立っては三門市防衛に徹しているからこそ、支持してくれる市民たちも、逆に近界に攻め込むとか言い出せば、難色を示す層は出てくるだろう。
さらわれた人たちを取り戻す、という大義名分でもない限りは。
案外、オサムのあの記者会見は、城戸司令にとって好都合だったのかもしれんなあ。
迅さんのいう「真の目的」を果たすためのステップとして。
だとすると、迅さんはあえて、城戸派を止めずにオサムをあの記者会見に出させたのかもしれない、とかいうところまで考えちゃって、うわぁ、ってなってる。

林藤さんは「戦争」で生き残った子供たちと一緒に、旧本部に立てこもってる形か。
ゆりさんと同じく、城戸司令のやることすべてに反対というわけではないだろうが、城戸司令のやり方だけだと破たんするとは思っているかもしれない。
だからこそ、あえて反逆者の立ち位置をとってるのかな、とか思う。
もちろん、旧ボーダーの理念を守りたい、という気持ちはあるだろうけど、ボーダーが自滅するリスクを減らすために、サブルートを確保しているってのもあるんじゃないかな。

想像以上に重いボーダーの過去に対して、現在のボーダーは非常に和やかだ。
ユーマの「グラスホッパー殺法!」が妙にかわいいし。

ヒュースに遊んでもらって(?)ユーマが上機嫌だったり、そんなユーマをみてチカちゃんがうれしそうだったり、カゲさんはうちに招待するほどユーマと仲良しさんになってたり、うぉ~、なんだよ、この楽しそうな世界は。
あと、「何時でも連絡よこせば迎えに行くぞ」とかレイジさんはめっちゃ面倒見がいいよなあ。

次のランク戦でぶつかる相手だとわかっていても、普通に個人ランク戦やってるユーマとカゲさんと鋼さん。
ランク戦はただの練習試合だから、そんなにピリピリするようなことでもないんだろうなあ。
まあ、遠征がかかってる三雲隊だけは、いろいろと必死だけど。

ところで、アフトクラトルの戦士だったヒュースはあんまり16歳な感じがなかったけど、ユーマに負けて露骨に不機嫌になってるところをみると、16歳って感じがするね。
アフトクラトルにはこんな気安い態度をとれる相手がいなかったのかもなあ。

オサムが知った、ボーダーの悲劇的な過去と、現在の玉狛支部の立ち位置。
これが、これからのオサムの行動にどんな影響を与えるんだろう。
とか思ったんだけど、ユーマを守るという意志はまったく揺らがないだろうし、なんも変わらないんだろうなあ。
だけど、これからの城戸派との交渉には関わってくるかも。

tag : ワールドトリガー

◆◇◆◇◆ 2016/10/22(土) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』第161話 「玉狛支部・4」 感想(レイジさんそわそわ、チカちゃんにまにま)

そわそわしてるレイジさんに「おっ?」と思ったら、めっちゃキャラ崩壊してた(笑)。
そうか~。ゆりさんがレイジさんの「かっこつけられない人」かあ。
BBFネタがこんなところにぶっこまれてくるとは、さすがBBFあなどりがたし! もう一度、読み返さなきゃ!(←何周するつもりだ)
ああ、このネタでレイジさんをからかいまくる21歳組の絵がめっちゃ想像できてツラい(主に腹筋が)。

レイジさんに襟を直してもらうチカちゃんのうれしそうな顔もかわいかったけど、レイジさんのことを意味ありげに見上げるチカちゃんもかわいかった。
「……なんだ」「いえ」って……この師弟は本当によいなあ。
人見知りでなにかと遠慮がちなチカちゃんが、レイジさんにはここまで気安い態度をとれるようになってるんだなあ。
身長差がすごいことになってるのに、こういう問題ではなんか対等っぽくなっちゃってて、これはレイジさんが中学生並みということ?(爆)

ゆりさんの前でのレイジさんの態度をみて、ユーマが「ほほう」って言ってるけど、ユーマもさすがに気づいてる?
てか、落ち着いた筋肉のはずのレイジさんが、オサムに「落ち着いて」と言われる日がこようとは。
まあ、好きな人と大事な弟子に二股かけるとか、最悪な存在なのはわかるけど、お子様相手に殺気を放つとは。

ゆりさんは支部長の姪っ子かあ。
でも「姪」とわざわざカッコつきなのが、なんとなく「カナダ人(設定)」的なものをにおわせているんだが……ただの釣りか?
ゆりさんオペレータということは、宇佐美ちゃんが来るまでの玉狛第一のオペレータだった、って可能性もあるのかなあ。
でも、ゆりさんにオペレートされてるレイジさんが使い物になる気がしない(苦笑)。

そして、ゆりさん今までいなかった24歳か……誕生日によっては25歳組に組み込まれるのかもしれんが。

噂のカナダ人(設定)は32歳か。
16歳のヒュースの「父親」は確かに無理がある。
本部のエンジニアチーフでもあるということは、雷蔵と同じポジションか。

次回のランク戦は、影浦隊、東隊、鈴鳴第一との四ツ巴戦か。
どのチームにもスナイパーいるから、チカちゃんを守るのもより難しくなるなあ。
ヒュースと鋼さんの直接対決とか、めっちゃみてみたい!

ところで、オサムとユーマの進路がさらっと出てきた。
そうか、ボーダー推薦で普通高か。
オサムはともかく、ユーマはよく進学できたな。
まあ、太刀川さんや米屋が進学できてるんだから、できるんだろ(苦笑)。
いやあ、ボーダー推薦超便利。
小南ちゃんが「楽でいいわね」と言ってるあたり、お嬢様学校に行ってる小南ちゃんは、受験で苦労したのかもね。ボーダーやりながら、受験勉強は大変そう。

ヒュースまで「トリマル」呼びなんだな。
迅さん、レイジさん、烏間先輩が便利に使ってたのに、ランク戦では使ってるとこをみたことないし、BBFをみても使ってる隊員はあんまりいないな、と思ったら、消費トリオンが大きいのか。
シールドの方が、消費トリオン少なくて、取り回しがよい、ということなのかな。
でも、耐久性高そうだし、エスクードなりの利点もあるんじゃないかな。
そこらへん、ヒュースがどう扱うのか楽しみ。
チカちゃんの周囲に立ててバリケードにするとか?

あと、ヒュースは旋空もいれたのね。
生駒旋空をみたヒュースが、これをどう使ってくるかもかなり楽しみ。

玉狛支部にある「城戸」さんが使っていた部屋。
「城戸」が司令のことなのか、司令の親族のものなのかはわからないけど、ここでまさかの城戸司令ネタをぶっこんでくるとは。

今回は特に話が動かなかったようにみえて、新情報盛りだくさんだった。
まあ、一番インパクトでかかったのは、落ち着かない筋肉さんだったけどな!

tag : ワールドトリガー

カレンダ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク