◆◇◆◇◆ 2018/07/17(火) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年33号(祝! 創刊50周年!) 感想

祝! 創刊50周年!
いろいろと楽しい企画満載な号だったけど、一番、うれしかったのは、葦原先生の色紙が載ってたことだった。
おおっ、描きおろしのオサムとユーマ!
連載再開はむずかしいのかもしれないけど、葦原先生が絵を描ける状態にあるとわかってかなり安心した。
月イチ連載でも『ジャンプ+』でも、どんな形でもいいから『ワールドトリガー』の続きが読めることを切に願っております。

あっ、松井せんせーはテレビで元気なお姿を拝見できたので、心配してないです。

『ONE PIECE』(第911話 "侍の国の冒険")
なにげにビブルカードなくしてるんですけど……てか、ルフィが持ってたビブルカードって誰のだっけ。
エースのビブルカードが燃えて以来の記憶が……サボのは持ってたような気がするな。

新キャラのお玉ちゃんかわいい。
自分のほっぺをちぎって食べさせるって、なにそのアンパンマン。
でも、怪物を従順にさせることができるってめっちゃ便利な能力だな。
これって人間相手でも効くのかな。

おかわり欲しいけど、どうやら食料が底をついてるらしいとわかって「おかわりは冗談だ!!」って言うルフィやさしい。
まあ、バレバレだけど。
そして、ルフィの前ではにこにこご飯を食べさせてたのに、飲んじゃいけない水を飲むほど空腹だったお玉は、お芝居上手だな。
哀しいお芝居だったけど。

お玉が食べるはずだったお米を、知らずに食べちゃったルフィに、お師匠が激怒する気持ちはよくわかる。
そのお師匠に「おらに恥をかかせねぇでけろ!!!」と涙ながらに訴えたお玉ちゃんのいじらしさ。
空腹よりも恥の方が、彼女にとっては重いんだな……。
この年で、ここまで強い覚悟があるというのは本当にすごいよなあ。

『鬼滅の刃』(第118話 無一郎の無)
炭治郎と時透くんのお父さん、本当に似てるな。
血縁関係があるのかね、やっぱ。

時透くん双子だったのか。
最初の頃の合理性のみで生きてるような時任くんは、お兄ちゃんの言動をトレースしていたのかね。
自分を否定するあまりの、お兄ちゃんが生きていた方がよかった、からの無意識の成り代わりだったのかもしれない。

御館様が「自分を取り戻した時」と言ったのは、記憶を取り戻した時、という意味ではなく、そのままの意味だったのかもしれない。
奥様から、兄弟のことをきいていただろうから、無一郎くんが有一郎くんのような振る舞いをしている、ということは知っていただろう。

有一郎くんは、善良で家族を大事にする両親が、それ故に死んでしまったことが、悔しくてたまらなかったんだろうな。
そして、両親に似て、素直に善性を発揮する弟が、両親のように死んでしまうことを恐れていたんだろう。
だから、無一郎を言葉で束縛し、動けなくした。
どこにもいけないようにした。
愛情が深すぎて、こじれてしまった。

気軽に「剣士になろうよ」とか言っちゃう無一郎くんに対して、ドンドンドンと大根を力任せに切る有一郎くんのいら立ちっぷりは、鬼気迫っていて、本当にこわい。
無一郎くんはわかっていなかったんだよね。
鬼に苦しめられている人たちを助けてあげる、ということの過酷さを。
有一郎くんがそれを知っていたのかはわからないけど、少なくとも「剣士」になるということが命懸けである、ということはわかっていたんだろう。
だからあれほどの気迫で否定したんだろう。
このバカ弟はおれの気持ちも知らないで! って怒りがこみあげくるのを、大根に八つ当たりすることでかろうじて抑えていたのかな、って思うとせつない。
お兄ちゃんの気持ちがからまわりすぎて。

それにしても、無一郎くんが最初に殺した鬼のやられっぷりがすごいな。
一人でここまでできる、というのはやっぱり才能があったってことなんだろうな。
なんか無意識でも「呼吸」が使えたみたいだし。

顔に痣が浮かび上がった時透くん。
これは、「日の呼吸」の使い手として覚醒したってことでいいのかな。

『ハイキュー!!』(第310話 鳥籠)
日向くんのことを理解しきってる研磨がめっちゃこわい。

互いの手の内をわかりすぎてる同士の戦い、ってのは厄介だよなあ。
特に研磨はゲームをやりこむのが好きみたいだし。
ラストのコマなんて、研磨が楽しそうすぎてホラーになってる。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(おめでとう50周年!の巻)
『こち亀』が戻ってきたよ!
このマンガはこうやって気軽に戻ってくるのが似合うよね。
ひさしぶりに読んでみると、こんな安定感のあるギャグマンガってないよな~ってしみじみ思う。

ていうか、描きおろしじゃなくてストックじゃないか、とかメタなネタつっこんできたな。
「バインダー漫画」とか言っちゃってるし。
あと、秋本先生どんだけ『斉木楠雄のΨ難』を応援してるんですか。

ところで、次の元号が「憂鬱」になったら本当に憂鬱だろうな。

『呪術廻戦』(第19話 幼魚と逆罰)
自分が嫌いな人間が死ぬボタンがあっても押せないけど、自分のことを嫌いな人間が死ぬボタンなら押す、というのは、なんともおもしろい言い回しだなあ。
自分が嫌ってるだけの人は敵じゃないけど、自分のことを嫌いな人は敵、って感じなのかな。
この子、夏油たちのいい感じの実験台になって終わりそうな気がするんだけど……。

前回、ラストのコマにいた人、新キャラだった。
このマンガ、ここんとこキャラが増える一方だな。

呪術師はクソ、労働はクソ、同じクソならより適性のある方を、って、丁寧な言葉づかいでクソクソ連呼するな(苦笑)。
この人は、ちゃんと現実を見据えて、受け止めて、きちんと考えて道をさだめてきたんだろうな、って感じがする。
それが要するに「しっかりしてる」ってことなんだろう。

五条先生を信用してるし信頼してるけど尊敬はしてない……伏黒もそんな感じなんじゃないかな、って思ってる。

「術師として認めていない」と言いつつ「己は有用であると、そう示すことに尽力して下さい」っていうのは、己は有用であると示してくれれば術師と認めます、ってことだよね、多分。
確かに、褒めも貶しもしてない。
めっちゃ中立だ。
てか「もうちょい待っててよ」ってポーズつけた虎杖がかわいすぎるんだが……。
あっさりスルーされたけど。

その虎杖が、呪霊をみつけて臨戦態勢に入るとこはちょっとこわかった。
なんていうか、一瞬で人格が変わるな。
これが五条先生言うところの「イカれてる」とこなんだろうけど。
で、これを「ストップ」と軽く制した七海さんがめっちゃかっこいい。

「私は大人で君は子供。私には君を自分より優先する義務があります」って、台詞だけで、五条先生が虎杖を預けても大丈夫、と判断したのも当然だな、って思える。
今、虎杖はものすごく微妙な立場にいるわけで、そんな虎杖を預けた、というだけで、五条先生が七海さんをどれだけ信頼してるかがわかるよ。

ナメられたと思ってムキになってみたり、虎杖って子供だよなあ、って思うけど、まだ高一だもん、子供だよね。

お気に入りの総菜パンがコンビニから姿を消すのが小さな絶望、ってなんかわかる。
定番にしてた商品がなくなると、軽く絶望するよね。
あれってどういうことかな、って考えたんだけど、自分はそれで満足してて現状維持を望んでるのに、世間が勝手にどんどん進んでっちゃうという状況に、なんだか置いてけぼり感をおぼえるのかなって気がする。
世界はおまえの思い通りになんか動いてないぞ、と突きつけられる感じというか。

『ブラッククローバー』(ページ165 黒の暴牛 驀進!!!)
黒の暴牛のアジトが驀進してる絵がおもしろすぎる。
決め技が、人間大砲アスタなのもおもしろすぎる。

ていうか、この状況をつくったのってチャーミーだよね。
チャーミー便利すぎる。

いや、魔法帝が亡くなったあたりから数週前までの絶望感はなんだったんだよ、と言いたくなるぐらいのイケイケ展開だなあ。
王都にたどりつけば、またシリアス展開に逆戻りだろうから、今はこのノリを楽しんでいたい。

『BURN THE WITCH』
久保帯人! って感じのマンガだった。まさしく久保帯人だった。
久保帯人成分だけでできてるって感じだった。

ていうか、これ『BLEACH』と地続きの世界なのか。
普通に新作読み切りとして読んでて、ラスト2ページを読んで「おおっ」ってなって、最初からそういう設定として読み返すと「なるほど~」ってなるという、この二段構えの仕掛けが楽しすぎる。

『アクタージュ act-age』(scene25.明神阿良也)
阿良也くんがキモすぎて、アキラくんにすがりつく夜凪ちゃんかわええ。
夜凪ちゃん、アキラくんを異性と認識してないよね、これ。

てか、やっぱりアキラくん、女連れで記者の前に出るのまずかったのね。
アキラくんの彼女を阿良也くんがナンパしてるようにしかみえない写真を撮られちゃってるんだが、大丈夫なんだろうか。
お母さんがもみ消してくれるんだろうか。

阿良也くんが巌さんの代弁者みたいになってるのは、阿良也くんが座長になってるってことでいいのかな。
多分、巌さんの演出に慣れている連中の中に、いきなりつっこまれた夜凪ちゃん。
デスアイランド編に出てる演者たちは、役者というよりも芸能人という感じがしたけど、こちらはガチの舞台俳優たちって感じがするな。

「俺達と一緒に死への旅と行こうか」という台詞に、ずいぶんと挑発的なことを言うな、と思ったんだけど、演目が『銀河鉄道の夜』ってことにひっかけた台詞なのか。
これまでは架空の物語が題材だったけど、ずいぶんなメジャーどころを持ってきたな。

『Dr.STONE』(Z=66 ウソつきと正直者)
キャラクター人気投票、千空がダントツなのね。
主役がトップなのはわかるけど、1位と2位間でダブルスコアってのはめずらしいな。

千空が何かを企んでると知っていたはずなのに、嘘に簡単にだまされる大樹……期待を裏切らない。
その点、杠ちゃんはさすがに気づいたな。
てか「ワァオ」を久々にきいた気がする。

リリアンの声マネで騙そうとした相手がリリアンのガチファンだった。
確かに、ガチのファンだったら、どんだけ音が悪くても、何かが違うと気づいてもおかしくないな。
そして、ガチのファンだからこそ、本物を決して間違えない。
ガチのファンだからこそ騙されず、ガチのファンだからこそ信じてくれた、という展開にもっていってくれたのは、なんかすっきりする。
ていうか、千空ってリリアンの義理の息子ポジなんだが、それ知ったらどう思うんだろうか。
それよりも、リリアン似のルリちゃんに会わせてあげたいかな。

ニッキーをだまして動かしても、どこかでボロが出たかもしれない。
でも、真実を納得したうえで動いているのなら、何よりも信用できる。
いや、千空、良い意味でも引きが強いじゃないか。

リリアンのことでだけは嘘をつかれたくなかったニッキーに、千空は誠実だった。
いや、千空は科学に対して誠実なだけなんだろうけど。
結局、嘘で人を動かすより、真実で人を動かす方が堅実なんだろうね。

あと、ニッキーって多分、司に対する忠誠心ないよね。
しかたなくつきあってるっぽい。
司はなんでニッキーを目覚めさせたのかな、と思ったんだけど、大樹を殴った時の様子をみるに格闘家っぽいな。
元々、司と顔見知りだったのかもしれん。

監視役を最初に仲間に引き入れたの強いな。
これで大樹と杠ちゃんの行動がかなり自由になる。

『アリスと太陽』(TRACK3 Breaking The Habit)
三度も手を差し伸べられてようやく、だけど、アリスちゃんはきっと、100回でも1000回でも手を差し伸べ続けたと思うんだよね。
太陽が覚悟を決めるまで、何度でも。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』(119 コガラシと師匠)
なんかラブコメの背後にとんでもない設定が盛り込まれてた!
もしかして、コガラシくん、現連載マンガ内で最強キャラクターなんじゃないか疑惑が浮上した!

『食戟のソーマ』(271 "世代最強"の息子)
城一郎さんのもう一人の息子=ソーマの兄or弟?
お母さんの連れ子とかいう可能性もあるのかな。
そういえば、ソーマのお母さんの設定って、ほとんど出てきてないよね。

城一郎さんがおもいっきし負けちゃってるんだけど、これ本当に負けてるの?
それとも、ソーマに何かやらせるためにわざと負けたの?

『火ノ丸相撲』(第201番 鬼丸国綱被告と刃皇、突破)
潮くんのお母さん、ずいぶんと儚いイメージの人だったんだけど、あれは病気で弱ってるからで、本来はめっちゃパワフルな人だったんだねえ。

刃皇の「やはり私は、指導者の才能もあるんだなぁ…」のとこの顔でうっかり笑ってしまった。
刃皇、めっちゃかっこいい横綱じゃないの、と思ってたら、ただ単にかっこいい自分に酔ってただけかよ! っていう。
いやあ、本来的にこういう人だったよ、そういえば。
自分が気持ちよければそれでいい、という。

なんかもう、人格が二転三転してる印象があって、多重人格かよって思ってたんだけど、刃皇は最初っからブレずに、自分にとっての気持ちいいこと、うれしいこと、を追求してるだけで、潮くんを幸せにしてやりたいなんて気持ちはみじんもないんだな、と納得がいって、あまりにもすがすがしいその性格に驚愕している。
このキャラは本当にすごい。

刃皇の「満たされないでくれ…!!」の時の恍惚の顔がこわすぎる。
そしてふざけすぎてる。
で、とどめに「ええ…? もういいよ…」だよ。
潮くんが力士生命かける勢いでがんばってるのに「もういいよ」って……自分のことしか考えてないにもほどがあるだろ。

いやあ、もう刃皇のキャラがすばらしすぎて爆笑だった。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2018/07/13(金) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年32号 感想

『約束のネバーランド』(第94話 全員 生きて)
おじさんとルーカスが再会して、ふたりとも片手でお互いを引き寄せ合ったシーンはちょっとうるっときた。
おじさんはエマを支えてて片手しか使えなかったし、ルーカスは鬼にやられて片手がない、というのが、ふたりの現状を表わしているような気がしたんだよね。
両手を広げてハグできない不自由な状況だけど、互いに伸ばしあう手はまだ残っている、みたいな。

『ONE PIECE』(第910話 "いざワノ国へ")
久しぶりにサニー号でのんびり航海中のルフィだち。
いやあ、この絵面、本当に久しぶりだな。
新聞みてみんなで懐かしい面々の話をしてるとことか、実に平和だよなあ。
まあ、しらほしちゃんがレヴェリーでどんな目にあったか、とか新聞に載ってたら、こんな平和じゃいられないだろうけどね。

しかし、せっかく合流したのに、はやくも離散状態とは……。

『鬼滅の刃』(第117話 刀鍛冶)
時透くん、炭治郎の言葉にすぐ影響受けたから、ずいぶんと影響受けやすい子だな。記憶がないからいろいろと吸収しやすいのかな、それにあの炭治郎に言われると納得しちゃうよな、と思っていたんだけど、もしかして、炭治郎に似た感じの人が知り合いにいて、だから、炭治郎に影響を受けたというよりは、炭治郎に触発されていろいろ元に戻ってきてる、ということなのかな(←まあ、これも影響受けたと言えるが)。

玉壺が小屋に侵入されようが、鉄穴森さんがやられようが、自分が斬られようが、刀を研ぎ続ける鋼鐵塚さん。
集中力が高いとかいうレベルじゃない。
ていうか、鋼鐵塚さんすんげくかっこええ!
こんなにかっこよくて、仕事もできるのに、嫁が来ないのか……まあ、奇声をあげて炭治郎を追いかけまわしてるところをみたら、そりゃそうだよね、ってなるけど(苦笑)。

玉壺の「芸術家として負けている気がする」って、これが「芸術家気取り」ってことなんだよね。

小鉄くんがブウと息を吹き込んだ時の絵が、なんか色っぽかった。
吾峠先生、たまにこういう謎の色気を出すよね。

『ブラッククローバー』(ページ164 ならず者共 奮起!!)
ラックがいつもの笑顔に戻った。
でも、若干、照れが入ってるとこがかわええ。

エルフは元々悪いヤツじゃない、と感じて、そのエルフたちを二度殺してることになるんじゃないか、とちょっとヘコんでるアスタやさしい。
でも、ラックの言う通り、解放してあげないと、優しいエルフたちに罪を重ねさせることになるんだよね。
てか、エルフに一度乗っ取られるとパワーアップするのか。
元々、強いラックがさらに強化されるとか、マグナ涙目。
ということは、ユノもさらに強くなってるのか。

ゴードン、グレイ、ヘンリーと普通にコミュニケーションとれるアスタ、コミュ強どころじゃない。
ていうか、この3人、互いにコミュニケーションとれずに、ゴーシュがいなくなった後ずっとおろおろしてたのかな。
ある意味、指示待ち人間集団(苦笑)。

そうか、アスタだけはヘンリーとすでに顔見知りだったのか。
アスタなら近づいても大丈夫だから、ヤミさんが紹介してくれたのかね。

チャーミーの魔法は、料理を食べた分だけ魔力を増やすって……。
超便利だけど、小食の人にはきつくない? これも一種の制約なのかもしれないけど。

チャーミーの料理のおかげで、みんなとごはんを食べることができたヘンリー。
魔力を持たないのなんてアスタぐらい、な世界だから、ヘンリーは大人数の中で食事をしたことなんてないんだろうな。
ていうか、ずっと面倒をみてくれてた親ともろくに顔をあわせてなかったんじゃないかな。

「あぁ、僕の知ってる黒の暴牛だ…」という台詞に、ずっとアジトの内側にいたのに、輪の中には入ることができなかったヘンリーの、さびしさと喜びがあふれている。
あたりまえって感じで自分を仲間として扱ってくれてるから、なおさらうれしいだろうなあ。
でも、魔力を増やしたはしからヘンリーに喰われてたら、他の連中は回復しないままなんじゃ……と思ったんだがしっかり元気になってるっぽい。
食事で魔力を摂取できてる間は、他から魔力を吸い取る必要がないので、あの能力が発動しない、という解釈になるのかな。

というわけで、またあの変形ロボが動いたよ!
今回、久しぶりにギャグ回っぽかったけど、さりげに泣けるシーンもあったりして、本当におもしろかった。

『火ノ丸相撲』(第200番 刃皇と鬼丸国綱被告)
もう200話か……堅実に続いてるよね、このマンガ。

潮くんのいう「身の丈に合った相撲」というのが、そのまんまの意味で「身の丈」に苦しめられてる相撲、という意味なんだよなあ、と思うとせつない。
刃皇も外国人力士ということで様々な苦労をしてきたんだろうな、と察するけれど、角界において潮くんと同じ理由で苦しんでいる人は多分いない(そもそも潮くんは規定外だからね)。
でも、それを口にしちゃうのは、自分の存在の全否定だし、母親の想いを踏みにじることにつながりかねないし、そもそも弱音を吐くことを潮くんは自分に許していない。

で、今の潮くんは、愛する相撲と心中まがいのことをやってるわけだけど、そんな潮くんの気持ちなんて刃皇にしてみれば「んな事…俺が知るかあ!!」なんだよね、まさしく。
俺と相撲を取れるなんておまえどんだけ幸せだよ、その幸せを謳歌しろよ! なんだよ。

そして、レイナさんはそれが言えなくて苦しんでいたわけだ。
心中させたくないけど、それほどまでに相撲を愛している潮くんを好きになったから、その愛を否定できない。だから苦しい。
つまり、レイナさんが言うべきは、「私に好きになってもらえるなんてあんたどんだけ幸せ者よ! その幸せを謳歌しなさいよ!」なのかもしれない。

『Dr.STONE』(Z=65 死者からの電話)
感極まり過ぎて「俺は」「千空」しか言えない大樹……本当に変わらないな。

大樹に細かいことを教えない千空に対し、「それが一番、血が流れないんだな?」と確認した大樹。
千空に絶対の信頼を寄せてはいるけど、いいなりになってるわけでもない。
大樹の中では、あの確認がけじめのようなものだったんじゃないかな。
でも、この作戦、千空とゲンは地獄に堕ちる覚悟だけど、大樹も巻き込まれかねないんじゃない?

千空があいかわらず大樹に説明をしないのは、大樹が自分を裏切らないと信じてるけど、大樹は嘘をつけない、ということも信じてるから、だます相手に不自然さを感じさせないためには、大樹も一緒にだます方が確実で、それが大樹と杠ちゃんの身を守ることにもなる、ということなんだろうな。

『食戟のソーマ』(270 本当の犯人)
ようやく新十傑が判明した。
総帥:えりな様
一席:ソーマ
二席:一色先輩
三席:久我先輩
四席:葉山
五席:黒木場
六席:アリスちゃん
七席:タクミ
八席:叡山先輩
九席:寧々ちゃん
十席:田所ちゃん

一色先輩と久我先輩がトップ3に入ってるのはわかるけど、寧々ちゃん九席って低すぎない? 叡山先輩より下って……。
叡山先輩はソーマの下につく形になっちゃうことが気に入らないんじゃないかな、とも思ったけど、十傑の権力使えるし、ソーマの上にえりな様がいるからソーマの部下って感じじゃないしで、とりあえず納得してるのかな。
てか、美作はどこに行ったの?
美作は悪い意味でも名が売れちゃってるから、食戟を申し込む人がいないんかな。

黒幕が「才波」だとしても、城一郎さんとは限らないよなあ。
城一郎さんにだって、ソーマ以外の血縁はいるだろうし。
遠月の生徒には身内が飲食業界の人がたくさんいるので(ていうかそういう環境で育ってないとあの学校に入るのは大変そう)、城一郎さんの身内に料理人がいるのは自然だよなあ。

ところで今のイサミくんは痩せ期のようです。

『ハイキュー!!』(第309話 誘発)
山口くんの渾身のサーブがきれいに返されちゃって、ちょっとヘコむ。
レシーブの音駒こわい。
でも、山口くんがサーブの前に落ち着いてたり、出番が一瞬で終わっちゃっても、悔しがりはしてもあんまりヘコんでない感じで、山口くんも場慣れしてきたなあ、感がある。

『呪術廻戦』(第18話 「底辺」)
表紙は真依さんと真希さんにはさまれた野原ちゃん。
前回の表紙と同じく、上段と下段がシリアスで中段が笑える。
いやあ、ヤンキー座りが板についてるねえ。
てか、「東京高専一の暴れ馬・釘崎野薔薇」ってキャプションはどうなの!

真依さんは戦闘力が高いのかと思ってたらイマイチなのか。
呪術師としてはパッとしないけど、真希さんよりは上ってとこなのね。
ずいぶんと上から目線だったからかなり強さに自信があるのかと思ってたよ。

「上ばかり見てると首が痛くなるから、たまにはこうして下を見ないとね」という言葉はちょっとした自嘲のようにも感じる。
真依さんは京都高専の方では、下に見られて苦しい思いをしているのかもね。
真希さんは東京高専の方で愉快な仲間たち(?)と楽しくやってるけど。

でも、東堂は真依さんをバカにしてる様子はないよなあ。
東堂は、戦うなら強い相手、とは思ってるけど、弱い人をバカにするような人ではないのかもしれん。

ところで、女同士で制服はぎデスマッチ(?)とかどんだけマニアックだよ、からの「おとす!!」は笑った。
今のところこのマンガのヒロイン枠は野薔薇ちゃんかと思うんだけど「おとす!!」とか言って首絞めようとするヒロインはすごいな。
とか思ってたら、東堂がぴんぴんしてるのをみての反応が「そんな伏黒は…」って、伏黒を心配する言葉だったりで、野薔薇ちゃんめっちゃやさしい子だよなあ。やっぱり。
「私は真希さん尊敬してますよっ」って言った前のコマの笑顔なんか、めちゃくちゃかわいいし。

東堂、まさかのドルオタ!
握手券、束で持ってる……高専生は給料もらえるって話だけど、収入を全部アイドルにつっこんでるんじゃなかろうな。
アイドルの前で「わぁ~」とか言ってる姿、めっちゃ笑う。
あんなごっつい人があんだけ熱心に追っかけてくれてたら、絶対に顔覚えるわ。

「付いて来い、真依」「もうっ、勝手な人!!」って会話がなんかもう、付き合ってんの? って感じなんだけど、そうではないんだろうな、多分。
てか、なんで一緒に行動しないといけないの?
東堂はひとりで東京歩けないの? めっちゃ方向音痴で一人で会場にたどりつく自信がないとかかな。

五条先生の真の敵(?)がついに登場。
呪霊なんだか人間なんだかよくわからん人だな。
たいていのマンガって、最強枠の人はあんまり動き回らず要所にだけ出てくる印象があるんだけど、五条先生はやたら動き回ってるというか、積極的にひっかきまわしにいってるというか。

宿儺が、虫と同じ「特級」なのが解せぬ、みたいなこと言ってたけど、実際、ランク付けが壊れつつあるのか。
一定以上を「特級」としていたら、さらに強い層がどんどん現れてきて、でもそれを見て見ぬふりして十把一絡げにしちゃってるってことなのかな。

呪術界の上層部は、自分たちの権力を守るために、呪霊たちを祓ったりわざと見逃したりして、自分に都合のいいようにコントロールしてたつもりだったんだけど、実はコントロールできてなくて、そこからはみだした力に影響を受けて、虎杖や乙骨といった突然変異種みたいな子たちが生まれてきてる、ということか。
そして、その第一世代が、五条先生と夏油なのかもしれないな。

三輪ちゃん、五条先生に厳しい言葉を投げながら「喋っちった!!」とか舞い上がってるのかわいい。
五条先生、呪術界の若年層ではめっちゃ人気高そう。
ていうか、私も生五条悟を見たいです!

男子高校生の変死体が変死体すぎる。
あれで死因が「頭部変形による脳圧上昇、呼吸麻痺」って、めっちゃ苦しそうな死に方だな。
映画観てただけであんな死に方することになるとは理不尽すぎる。
いつかの飲食店で燃やされた人たちもだけど。

一か月が過ぎ、基礎トレを終えた虎杖がついに実戦投入された!
てか、横にいる人は誰?
五条先生にいじめられすぎて髪が白くなった伊地知さんじゃないよね。

『アクタージュ』(scene24.遭遇)
弟妹たちに、千世子ちゃん自慢をする夜凪ちゃん、かわええ。
夜凪ちゃんはやっぱり弟妹たちといる時が一番リラックスしているように見えるな。

千世子ちゃんをデートに誘うという考えにテンションあがるわりに、いざ連絡しようとすると断られることをおそれて躊躇するとか、本当に普通の女子高生っぽくなってる。
まあ、そういうことに慣れていないがゆえに、いろいろと過剰反応感はあるけど。
ていうか、本気で千世子ちゃんとのデートを期待したのに……がっくりだよ……(←アキラくんに謝れ!)。

アキラくんていい人だよなあ。
千世子ちゃんが来なかったことにあからさまにがっかりする夜凪ちゃんを怒らないし、業界慣れしていない夜凪ちゃんをしっかりエスコートしてくれてるし。
なんか、ただのいい人で終わりそうで不憫。

アキラくんはあんなに記者の多いところで、同年代女子といるところをみられて、スキャンダルになるとか心配しないのかな。
アキラくん的にも夜凪ちゃんが対象外なのでその発想がないのかな。
母親の権力と政治的手腕を信じてるのかも。

「臭う」と言われてショックを受ける夜凪ちゃんに、そうか夜凪ちゃんにもそういう感性はあったのか、とちょっと安心した(←失礼)。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2018/07/07(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年31号 感想

久しぶりに『ジャンプ』本誌で松井せんせーのお姿を拝見することができてとてもうれしかった。
『魔人探偵脳噛ネウロ』が終わってから『暗殺教室』が始まるまで3年待ったので、連載はもうちょっと待てます。
ていうか、松井せんせーに戻ってくる気がある、ということなら何年でも待ちます。

それにつけても心配なのは葦原先生だよなあ。

『ONE PIECE』(第909話 "切腹")
マルコは今でも懸命に白ひげの残したものを守っているのか。
やがて狙われることがわかっていて、そんでもって多分かなわないことを承知の上で、最後まで力を尽くそうとあそこで待ち受けているんだろうなあ。

「人の酒を欲しがるし」で、そういえばシャンクスがお酒持参で訪ねてたなあ、と思い出した。
親しい連中はみんな事情を知ってて、白ひげに会いに行く時は同じことをやっていたのかもしれん。

ようやくゾロたちが再登場!
長かったな~。
ロビンとウソップはなんとかやれてるみたいだけど、てか、ウソップは天職に就いたっぽいけど(笑)、フランキーは風貌的に隠れようがない感じだし、ゾロにいたってはどうにもならない(苦笑)。
ゾロはもう船の守り役やってた方がよかったんじゃない?

『Dr.STONE』(Z=64 HOT LINE)
石像を壊してしまえばいい、とあっさり言うマグマがコワイが、そういえばそういう人だったよ。
確かにゲンは殺されかけてるしね。
あの石像を壊したところでスプラッタな絵になるわけじゃないが、それでも、手を施せば人間に戻るもの、とわかってて壊すのは無理だよね。
ゲンはマグマを止めた自分を「弱いね~」と自虐したけど、それが普通だよね。
この「弱い…」ってつぶやくゲンの表情がめっちゃよいよなあ。

で、そんなゲンに「つうか! 弱くなんかねえぞ! 俺らはもっと上目指してんだ」と言ったクロムは強い。
目的を果たすためなら犠牲をものともしない強さが司にはあるが、犠牲を出さずに目的を果たすのは、さらに強さがいることだ。
クロムにはそれがわかっている。
そこらへん、ちゃんと千空と思想が一致してるんだよね。

でかすぎるケータイをどうやって受け渡すのかと思ってたら、最初から千空と打ち合わせ済みだったか。
確かに、お墓なら毎日通っても不自然さはないし、ぶつぶつ話しかけててもそんなに違和感ないな。
特に大樹みたいなキャラなら、大声で話しかけたり、感極まって涙したりしても、「ほんとに大げさなやつだな」で済みそう。

久々に大樹と杠ちゃん登場!
掘り返されたばかりとはいえ、土にずむって手首までつっこめる馬鹿力はあいかわらずだな、大樹。
大樹も杠ちゃんも涙を浮かべてるけど、ちょっとだけ上を向いてる千空も涙をこらえてる表情にみえる。
千空にとって大樹はやっぱり特別な存在なんだよね。

『鬼滅の刃』(第116話 極悪人)
なんか美青年4人が美少年1人に統合されたぞ。
「喜」「怒」哀」「楽」の次は「憎」か……。

「さらに出て来た!! もういい加減にしてくれ!!」って言う炭治郎の心の声が、切実すぎて笑えるやら泣けるやら。
そうだよなあ。追い詰めれば追い詰めるほど強くなっていくというのなら、どこまでつきあえばいいんだよ、っていう話だよなあ。

それにしても、あの状況で「弱いものいじめをする極悪人」呼ばわりはひどい。
そりゃあ、温厚な炭治郎も怒るわ。

『ブラッククローバー』(ページ163 笑顔 涙)
常に笑顔だったラックの泣き顔は破壊力が高い。

『アクタージュ』(scene23.花火)
「でも案外、私の横顔も綺麗だった」と言う千世子ちゃんの穏やかな横顔が良い。
やっぱり前回の横顔でのドアップは、横顔じゃなくちゃいけなかったんだなあ。

せっかく夜凪ちゃんと千世子ちゃんがいい感じにデートしてたのに、邪魔するなよ、監督! って正直、思った。

それにしても今回、夜凪ちゃんが本当に楽しそうですばらしいなあ。
夜凪ちゃんがこれまであんまり表情が動いてなかったのは、そもそも感情を動かすことがほぼなかったってことなのかもね。
両親に頼れず、弟と妹を抱え込んで、3人の生活を守ることしか考えられなかったから。
でも、今は弟妹たちから離れて、姉であることを忘れて、あの撮影現場ではなんだか問題児の末っ子みたいな扱いされてて、「自分がなんとなしなきゃ」みたいなことがなくって、周囲が「自分が夜凪(ちゃん)をフォローしないと」みたいな空気感になってる。
だから「自分をなんとかしなきゃ」ということにかまけていられたってのはあるよね。

千世子ちゃん、夜凪ちゃんの胸のところにドーンとサインを書くとはやりおる。
ていうか、書いてるとこの絵が欲しかった。結構、切実に。

『呪術廻戦』(第17話 退屈)
表紙絵、上段の東堂先輩と下段の伏黒が不穏なことになってるのに、中断の虎杖と五条先生のなごみっぷりはなんなの?
てか、今回、はじめて虎杖の出番がゼロだった。

野薔薇ちゃんが丸腰ということを考慮して、なんとか穏便に済まそうとする伏黒やさしい。
もっとも野薔薇ちゃんは丸腰でも、まったく臆することなく喧嘩売ってるけどね。
てか「毛穴開いてんぞ」とは女性同士ならではの煽りだな。

女性のタイプをきいておいて「男でもいいぞ」って追加する東堂先輩……配慮が行き届いている……。
てか、ここで「東堂先輩みたいなタイプです」と答えたらどうなったんだろうか、とふと考えてしまった。

「その人に揺るがない人間性があれば、それ以上は何も求めません」という回答は、女性陣には受けがよかったが、東堂先輩にとっては退屈な答えだったらしい。
でもまあ、東堂先輩を楽しませてやる義理はないしな。
「脚がきれいな人」とか適当なこと答えとけばよかったんじゃないかな、とも思うんだけど、こういうとこで真っ当に応えてしまうあたり、伏黒はまじめだよなあ。

伏黒の足にしがみついてる羽の生えた蝦蟇がなんかかわええ。

あそこまでぼこぼこにやられてまだ意識がある伏黒、頑丈すぎないか?
呪術でなんらかのガードをかけてるのかな。
てか、校内をあんなに荒らして、あとで怒られたりしないのかな。

「新宿・京都百鬼夜行」事件が出てきたあたり、『呪術廻戦』と『東京呪術高等専門学校』は設定がきちんとつながってるようだ。
夏油が生きてるんで、世界線が違うのかな、と思ってたんだけど。
ということは、五条先生は夏油をあそこまで追い詰めといて逃げられちゃってるのね。

『火ノ丸相撲』(第199番 鬼丸国綱と刃皇、質問)
脳内会議だけでも笑うのに、そこに潮くんを引きずり込めるとか、刃皇何者?
領域能力者なの? それとも固有結界なの?

『ハイキュー!!』(第308話 針と大剣)
「これ何セット目ですっけ」「5セット目なんじゃない」と現実逃避してる旭さんと田中さんに対して、「まだ2セット目の最初です! もっと試合やれますよ!!」と目を輝かせる日向くん……鬼かよ……。

「とぶのはおれにとって別腹です!!!」とか言っちゃうし、日向くんのメンタル本当に脅威だよな……。
それも、研磨の嫌いな「根性」でがんばってるんじゃなくって、素で喜んじゃってるんだもんな……。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2018/07/06(金) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』1巻 箇条書き感想

『呪術廻戦』の1巻がついに出たですよ!
うれしい。本当にうれしい。

というわけで、箇条書きで感想など

・表紙は虎杖(と宿儺)。宿儺がミギーに見える世代です

・カバー下に1コママンガがあった。「じゅじゅさんぽ」ってかわいいな。中華料理屋でまったりな1年ズ。1年ズはなんだかんだ言いながら常にツルんでると良い

・1話目の巻頭カラーと2話目のセンターカラーの絵が、モノクロになると真っ黒でなにがなにやら(苦笑)

・虎杖、身長173cm。成長期。まだまだ伸びるということはきっと180超えになるんだろうな。五条先生が190cm超えらしいので、いつか五条先生を追い越して悔しがらせて欲しい(さすがに難しいか?)

・虎杖は体重80kg超え。その虎杖を小脇に抱えて動き回ってる五条先生……(五条先生の場合、筋力だけで動いてるわけじゃなかろうが)

・虎杖はテレビっ子。じいちゃんばあちゃんと一緒に暮らしてるとテレビをよく観る子になるよね(ソースは私)

・虎杖は食べ物の好き嫌いがない。でも、宿儺の指まで食べちゃうのはやりすぎだったと思う(いや、それじゃあこのお話が始まらないんだけどさ)

・虎杖はパーカーが好きというわけではなく、いろいろ悩んだあげくにパーカーに戻る……世間ではそれを「好き」と言うのでは……

・喜久福のダイマ……「僕にマージンが入ることはないのでご安心ください」と、わざわざ断りが入ってるあたり配慮が行き届いている(苦笑)

・伏黒、身長175cm。虎杖より微妙に高いのなんか良い。成長期同士、競い合って欲しい(けど、虎杖も伏黒もそういうのあんまり気にしてなさそう)

・伏黒、五条先生と中学時代にはすでに会ってたとか、妄想がひろがりまくり。まだ1年の6月なのに、伏黒は五条先生になじみまくってるな、と思っていたが、五条先生があのキャラなので、そんなもんだろ、と思ってた

・五条先生、身長190cm超え……。そうか、虎杖がなんとなくちんまりしてみえるのは五条先生がデカすぎるのか

・五条先生、甘党。それで喜久福か。日本中のお饅頭を食べてまわってるんだ、きっと

・五条先生が自分にできることを生徒たちに無茶ぶりするのは「後進を育てるため」。伏黒はきっとこの言い分を信じない

・呪術高専にいるとお給料もらえるのか。まあ、命がけで任務をこなして無給はさすがにないか

・野薔薇ちゃんは食べ歩きやらショッピングやらで東京生活を満喫中。収入を全部、使いきっちゃうタイプだな。伏黒は最低限のお金しか使わず貯金するタイプかな。寮にいるとほとんどお金を使わずに生活できそう

・生きてるともう踊るしかないみたいな状況がたまに訪れます……私は毎週『呪術廻戦』読んで踊ってます(←多分、話が違う)

・いきなり入野自由くんの名前が出てきてびっくりした

・野薔薇ちゃん描きにくいのか……そうなのか……

・2巻の表紙は伏黒と予想

tag : 呪術廻戦

◆◇◆◇◆ 2018/06/30(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年30号 感想

新連載のタイトルが長すぎる……と思ってたら、「ジャンプ創刊50年を経て最もタイトルの長い新連載、始まる」とか柱に載ってて、なんか笑った。
他に長いタイトルといったら『家庭教師ヒットマンREBORN!』とかかな。あっ、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』もあるか。

『鬼滅の刃』(第115話 柱に)
顔に傷がなかった頃の不死川の笑顔が泣ける。
不死川兄弟も、炭治郎とねずこちゃんと一緒で、兄弟多かったのに、年長ふたりだけが生き延びた形なのね。
でも、その殺した相手が母親というのは、炭治郎たちよりも状況が過酷だ。

今になってみると、柱合会議の際に、不死川があれだけ執拗にねずこちゃんを否定した気持ちがわかるよなあ。
母を殺してしまったのは仕方のないことだった、母を助ける手段なんてどこにもなかった、と自分をなんとか納得させていたのに、鬼になっても妹を守ろうとする炭治郎と、鬼になったのに生かすことを許されたねずこちゃんの存在は、母を死なせてしまった不死川の行動を「がんばればどうにかなったかもしれないのに自分はがんばりきれなかった」と否定する。
そりゃあ、簡単に受け入れられるものじゃないだろう。
ましてや、なんとかひとりだけ守り切った弟に「何で母ちゃんを殺したんだよ!!」言われてるしなあ。
ねずこちゃんの存在を知った弟が、「やっぱり母ちゃんを助ける手段はあったんじゃないか?」と考えるんじゃないか、というとこまで考えが及んだとしたら、そりゃもう怖くて怖くて仕方ないだろう。

それにしても、呼吸を使えないって、それでよく隊士になれたな。
あの不死身っぷりをみるに、別の能力を評価されてのことなんだろうけど。

玄弥の「兄ちゃんに笑いかけてもらった時の、都合のいい走馬灯を見て」というせりふが本当に泣ける。
それは、都合がいい、からではなく、それが玄弥にとって、もっとも幸せな時間だったから、なんだと思うんだ。
兄に謝りたいのに、その機会が与えられない。
なんとか機会をつくろうと柱を目指し、継子にまではなれたけど、そこから先にいける目途が立たない。
それが玄弥をあんなにとげとげさせていたのか。
炭治郎はやたらはなばなしく功績をあげてるしなあ、自分が柱になれる確率をさらに下げる存在、とうとまれても仕方ない。

不死川としては、弟には鬼殺隊に居て欲しくないのかもなあ。
なにせ死亡率がやたら高い組織だし。

『Dr.STONE』(Z=63 情報戦争)
ゲンの千空の意思を察する能力が、なんかもう超能力の域に達してるんだが。

ほむらちゃんは司の思想に心酔してたんじゃなくって、氷月に心酔してたのか。
ということは、ほむらちゃんが蘇生されたのは、司の選択ではなく、氷月の推挙ということ?

ほむらちゃんが無傷でとらえられて、ちょっとほっとした。
村であったかいストーブの前でまずいラーメン食べて暮らして、懐柔されると良い。

『呪術廻戦』(第16話 情)
センターカラー!
野薔薇ちゃんの足にしっかり筋肉ついてるのが良い。

お花が出現してほっこりしてる虎杖と五条先生がめっちゃかわええです。
これって、本気でほっこりしちゃったのか、呪術による幻覚作用なのかよくわからんな。

「俺は大丈夫!! そいつ追って」と言っときながら次のコマでは「ゴメン嘘!! ヘルプ!!」って言ってる虎杖がまたかわいい。
危ないと思ったらちゃんと人に頼れる虎杖は本当にいい子。
で、「どーもスミマセンでした」と土下座しときながら、「でもここに連れてきたのは先生ですよね?」としっかり五条先生の責任を追及するところもまた良い。
この時、左手は地につけてるのに、右手が五条先生に差し出されてるのは、「スミマセン」が左手で、「でも」が右手なんだろうね。なかなか表現が細かい。

花御は漏瑚を見捨てなかったうえに、漏瑚を見捨てようとした夏油に抗議している(何言ってたのかわかんないけど、多分、そうだと思う)。
呪霊同士に仲間意識があるのか、花御がわりと特殊なのかはよくわからない。
花御に助け出された時の漏瑚が唇かみしめててめっちゃ悔しそうな顔にみえるのがちょっとおもしろかった。
それにしても、虎杖の方に気を取られていたとはいえ、五条先生を出し抜いて逃げることに成功するとは、花御って漏瑚よりも強いのかな。

あの南国リゾートみたいなのは、真人の生得領域なのか?
なんか海の中にマスコットみたいなのが浮いてたけど。

禪院先輩の姉? 妹? 双子のかたわれ? の真衣さん登場。
なるほど、禪院先輩が苗字で呼ばれるのを嫌がるわけだ。
両方から言われてるのに「禪院先輩」と呼んでる伏黒は、礼儀正しいのか、嫌がらせなのか……。

真衣さん絶妙に性格悪くてよいよね。
でもって、「死んでせいせいしたんじゃない?」と言われた時の、伏黒と野薔薇ちゃんのなんともウザそうな表情が良い。
ふたりともここでつっかからなかったのは「あっ、これ言ってもムダなやつだ」と判断したからなんだろうね。

「乙骨…最低でも三年は」という台詞からして、東京の呪術高専の中で最強は乙骨、という評価っぽい。
『東京呪術高等専門学校』の設定がそのまま引き継がれているのなら、乙骨は最大の武器を失ってるはずなんだが、あれだけの素質をもったうえで、五条先生に鍛えられたのなら、そりゃもう最強に近い存在になっててもおかしくない。乙骨めっちゃまじめだし。

で、藤堂が「どうでもいい話を広げるな」と言ったはしから「どんな女がタイプだ」って言ってて笑った。それはどうでもいい話じゃないのね。
いや、それはもうちょっと親しくなってから話題にあげるものじゃないの? どうなの? そういえば、虎杖は確かジェニファー・ローレンスが好きだったな、と思って読み返したら、校長先生に自己紹介で「好みのタイプはジェニファー・ローレンス」って言ってて、虎杖も初対面の人に好みのタイプを言う人だった!
そうか、初対面で好みのタイプ言うのは(少なくとも芥見先生の中では)普通だったのかと納得した。
とりあえず、伏黒の好みのタイプはちょっと知りたい。
できれば五条先生のも。

それにしても新キャラ続々だな。
「真希」「真衣」「真人」って真が多すぎだろ、禪院先輩とこはわかるけど、と思ってたら「真人も禪院家の人間なのでは?」説をネットで呼んで、なるほどその可能性もあるなあ、と思った次第。

今回で、一年ズの特訓→交流会→ハロウィンパーティー(?)というこれからのストーリーの大筋が示された。
いやあ、渋谷で大暴れとは、高専側としてはとてつもなくめんどくさい事態になりそう。
特に、最近のハロウィンの渋谷はコスプレした人たちで大変なことになってるらしいからな。

『ハイキュー!!』(第307話 粘り)
ミスを指摘していく養飼コーチ。
厳しいけど、これくらいでテンション下がるような選手たちではない、と信じてるから言えることなのかもね。
ていうか、改善点がみえるほど燃える連中のような。

拾い続ける猫と、跳び続ける烏か……これは烏の方がしんどそうにみえる。

『アクタージュ』(scene22.ありがとう)
コミックス2巻の表紙の千世子ちゃんがびっくりするほどかわいいんだが。

水に流されながらも演技を続けた夜凪ちゃん。
混乱する中で「ありがとう」と台詞を絞り出す千世子ちゃんの横顔は「天使」ではなかったね。
こんな大ゴマで横顔を使うのはちょっとめずらしいな、と思ったんだけど、前回の千世子ちゃんの、人の横顔をみるのが好き、という言葉に対応してるのかな、とも思った。
横顔をみるのが好きで、横顔をみられるのをこわがった千世子ちゃんの、心血注いでつくりあげた「天使」像にヒビが入って、カメラの前でさらけだされた「千世子」の横顔。
これをファンはどう解釈するんだろうね。
社長さんは激怒しそうだな。

夜凪ちゃん、文字通りのセーフティネットに助けられてた。
あの監督さん、本当にできるだけの安全確保はしてくれてたんだね。
まあ、役者さんが流された時点ですでに大問題だと思うけど。

花束をもらってうれし泣きする夜凪ちゃんがかわいい。
それをかたわらでうれしそうにみつめてる千世子ちゃんも。
で、うれしさのあまり食べてる最中も花束を離さない夜凪ちゃん……かわいすぎる……。

で、次回は夜凪ちゃんと千世子ちゃんのデート回らしいですよ!
楽しみすぎる!
てか、千世子ちゃんのお誘いにちょっとおびえながらも食べることをやめない夜凪ちゃんもかわええ。

『火ノ丸相撲』(第198番 愛の戦士)
もう、レイナさんが痛々しくてみてられないんですけど。
あのラブコメ回でにまにましてた時間に戻してっ!

どんどん潮くんが悪役っぽくなってきて、刃皇が正義の味方っぽくなってきてる。
まあ、レイナさんを泣かせてる時点で、潮くんが悪いのは確かだよね!
「君が哀しい顔をしているという事は…やはり彼は間違っているという事なんだ」というのは正論すぎる。
潮くんを応援したいのに、ほんと応援できないよ……。

『ROBOT×LASERBEAM』(Final round 約束の地)
終っちゃったな……うん、終わるとは思ってたけど……。
ロボくんをみてるだけで楽しかったから私は好きだったんだけど、それだけではやっぱりダメなんだろうなあ。

せめて、ロボくんと鷹山くんのガチ勝負はみてみたかったんだけどね。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2018/06/23(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年29号 感想

『ブラッククローバー』(ページ161 人間の絆)
鯱の団長さんの声、杉田さんかよぉぉぉ!

人気投票発表! ヤミ団長2位とは大人気だな。ラックが4位ってそんなに人気あったんだ。あと、魔法帝の人気があがってるのは納得できる。
女性のトップがアネゴレオン様とは、やはりこのマンガのメインヒロインはアネゴレオン様か!(←ノエルの立場が……)
フエゴレオン様もずっと出番がないわりに根強い人気だよね。
あと、なにげにノゼル兄様も順位が高い。

元々強いラックがさらに狂暴化するとマグナとバネッサ姐さんじゃ相手にならないのは当然か。
でも、ラックの涙をみて、あきらめるようなふたりじゃないよね。
ラックのことを「私の弟よ」と言ったバネッサ姐さん。団員のみんなの「姉」のつもりなんだなあ。
するとアスタは末弟かあ。道理でかわいがられてる。

『ONE PIECE』(第908話 "世界会議開幕")
バーソロミュー・くまが奴隷になってて、激しくダメージを受けた。
殴られて、刺されて、さげすまれて、それでも声ひとつあげられないとか(泣)。
キツイ。この展開はキツイ。
仲間のサボたちはもっとキツイだろう。
尾田先生はたまにこういうエグいことやらかすよなあ。

"虚の玉座"は独裁者などいないという証、みたいなこと言ってたのに、あっさりその席に座る人が現れたよ。
なんなんだよ、この展開。
最近、新情報が多すぎ……。
いや、900話を過ぎて、まだ風呂敷を広げ続けるとは。

『鬼滅の刃』(第114話 認められたかった)
半天狗ちっさ!
そりゃ、簡単にみつけられないわけだよ。
炭治郎はにおいだけで居場所を指示してるから大きさはわからないのね。
いや、この展開は予想外。
半天狗は逃げ回るばっかりだけど、攻撃能力はないのかなあ。
上弦の鬼が、4体の鬼を操るしか能がない、というのは釈然としないんだが。

それにしても、あいかわらずねずこちゃんの戦い方は苛烈すぎる。
いくらすぐに元通りといっても、腕ちぎれたり、腹ぶち抜かれたり、何度みてもやっぱり痛々しいよ。
てか、ねずこちゃんの戦い方がどんどん高度になってるというか、バリエーション増えてるというか。
ちゃんと学習能力があるんだなあ。
炭治郎としては、ねずこちゃんを戦力にいれるのは、葛藤があるんだろうけど、ねずこちゃんに人間としての意識があったらやっぱり戦うと思うんだよね。
お兄ちゃんを守るために。

『Dr.STONE』(Z=62 DOUBLE CHASE)
ほむらちゃんは体操選手だったのか。
男ばっかりの司帝国の中で、ほむらちゃんがなんで蘇生されたのかな、って思ってたけど、司がその能力を見込んで選んだのかもしれんな。
コハクちゃんも女性としてはかなりの体力自慢だけど、最先端のスポーツ教育を受けたほむらちゃんに比べれば、洗練度において比べるべくもないか。

千空がめずらしく力技でかっこいいとこみせた! と思いきや、あの体勢でもほむらちゃんを取り押さえることすらできんとは、ほんとにミジンコパワーだな。

『呪術廻戦』(第15話 展開)
うぉ~っ! 掲載順位が爆上げしている~っ!
アンケ出し続けてるかいがあった。コミックスもちゃんと買うんで、この調子で打ち切り回避して欲しい。

虎杖の映画を観てる目がなんか怖いんですが。
わりと映画も集中してみちゃうタイプなのかな。
こんな集中してる時にいきなり声かけられたら、そりゃあビクッてなるよね。

というわけで突然どこかの湖に連れてこられた虎杖。
前回、靴をはいてなかったような気がしたんだが、今回はしっかり履いてる。
五条先生がきっちり靴を持ってきてくれてたんだよ、きっと。

「だって君、弱いもん」と言われて、漏瑚の耳栓がふっとんで三方から噴火(?)したのは笑った。
めっちゃ煽り耐性低いな。
でもなんかかわいい。

漏瑚の気配に圧倒される虎杖の頭に、ぽんっと手をのっけた五条先生が本当に良い。
五条先生の手っておっきいよなあ。この手で頭をぽんぽんされたら落ち着くだろうなあ。
「大丈夫。僕から離れないでね」とか言われたらさらに。

「蓋棺鉄囲山」……この厨二的ネーミングセンスすばらしすぎる。
あと、領域展開された見開きページの五条先生の、余裕しゃくしゃくって感じの立ち姿がステキすぎる。

そしてついにはずされた五条先生のアイマスク(?)。
おおっ、なんだよこのイケメン!
『東京呪術高等専門学校』の時よりも美人度がアップしてるじゃないか!
この一年で何があった!(←多分、芥見先生の画力が上がった)
なんとゆーか、初登場当時のクロロ(from『HUNTER×HUNTER』)っぽい?

それにしても、五条先生、童顔だな。
これは高校生でも通じる。
でもって、きれいな童顔に対して手は結構ごついのがなんか良い。

五条先生の領域展開「無量空処」は、無限量の空データを処理させ続ける、という解釈でよいのかな。
データそのものに意味がないから情報として完結しないけど、処理をやめることができない。
プログラマ的な感覚で考えると、本当に死にそうな気分になる。何、そのイヤすぎるDoSアタックと永久ループのコラボ。

というわけで、あっさり首をちぎられた漏瑚……まさしく格が違いすぎる……。
それを高見の見物でにやにやしてる夏油は本当に正確悪いな!
この人、漏瑚が自分の指示に従わないことを織り込み済みであおったんだろうな。

なんというかもう、五条先生が強すぎて、美人すぎて、それでもって、五条先生に小脇に抱えられてる虎杖がなんかかわいくって、いろいろとキャパオーバーになってる。
あぶない……これはあぶない……うっかりハマってしまいそうな気配だ……。

『ハイキュー!!』(第306話 照準)
カラーイラストがなんかこわいんですが。

谷地ちゃん、なんか顔変わった?
谷地ちゃんは公式戦では烏野の勝ち試合ばっかりみてるんだよね、そういえば。
負けがデフォの時代を見続けてきた潔子さんとは、いろいろと前提条件が違うんだなあ、とあらためて思った。

性格的にどうしても「負けるかも」を先に考えてしまう谷地ちゃん。
でも、烏野というチームは「ミスをするかも」という思考をはじき出す。
自分に無かった思考を思い知ることを「痛気持ちいい」と表現した谷地ちゃんだけど、今まさにその真っ最中って感じだ。

『アクタージュ』(scene21.横顔)
他人の目が怖くなって引きこもり状態になった千世子ちゃんは、他人の目を徹底的に気にすることで今の自分を手に入れたのか。
他人の目をまったく気にしてない夜凪ちゃんとは真逆の方向性だな。
こわいものは飛び込んでしまえばこわくなくなるんですよ、的なことをホラー作家が言ってたような記憶があるんだが、そういうことなんだろうか。

自分がひとりになっても、世界から受け入れられたい。
それは矛盾のように思えるけど、千世子ちゃんの中ではちゃんと整合性が取れてる思いなんだろう。
世界から受け入れられるためなら、自分すらいらない、という。
夜凪ちゃんとはまた違う意味で、いろいろとイカれていると思うが、彼女はその気持ちをとことんつきつめるために、あらゆる努力を惜しまなかった。
この熱量はすごすぎる。
あんな命の危険さえある状況でも、顔を守らなきゃ、とか、撮影期間が、とか心配してるんだもんなあ。
普通は「こわい」が先に立つだろう、って思うんだけど、自分を徹底的に「商品」として磨いてきた彼女は、商品価値が棄損されることの方がこわいんだな。
その徹底ぶりがこわいよ。

そして、夜凪ちゃんは自分よりも千世子ちゃんを守ることを優先した。
それは、自分が「ケイコ」で彼女が「カレン」だから。
「カレン」は「ケイコ」をかばって死ぬ子だから。
夜凪ちゃんの徹底ぶりもこわい……。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2018/06/16(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年28号 感想

『鬼滅の刃』(第113話 赫刀)
鬼との過酷な連戦をつらいと言わず、誰かに助けてもらった、ありがたいこと、と記憶している炭治郎。
ほんとうにすごい子だよなあ。
でも「恩に報いなければ」「期待に応えなければ」と必死で戦い、退くことをしないそのあり様は、痛々しくもある。
ねずこちゃんの意識が人間のままだったら泣いて止めるよなあ、きっと。

玄弥がどうみても鬼化してるんだけど、どういう原理なの?
ねずこちゃんとは違う経緯で鬼の因子が入ったとかいうことなの?
首を絞められても「どうしたんだ!!」ですませるし、あんなこわい状態で「柱になるのは俺だ!!!」と詰め寄られて、「三人で頑張ろう!!」と応える炭治郎。
ほんとうにすごい子だよなあ。
くもりなきまなこがかわいすぎるし。
これは鬼でも毒気を抜かれるレベル。

半天狗があの喜怒哀楽に分裂したのかと思ったら、半天狗は半天狗のままだった。
分裂じゃなくて、半天狗の中に喜怒哀楽がひそんでいた、ということか?
考えてみたら、鬼いちゃんと梅ちゃんもひとつのものが分裂したわけじゃないもんね。
喜怒哀楽は半天狗の使い魔(?)みたいなものなのかな。

半天狗あいかわらずのビビリっぷりだけど、上弦の鬼がそんなに弱いわけないよな……。

『ONE PIECE』(第907話 "虚の玉座")
普通(?)のビッグ・マムは強者の貫禄はんぱないよなあ。

王達は皆平等、だけど、天竜人はその上に立つものだから何してもかまわないか……。
王族でさえあの扱いをしても許されるし、王族がそれに抗議してもとりあってもらえず、自国の存続を危うくさせるとは、天竜人があれだけ憎まれる理由がよくわかる。
神が理屈を通す必要はない、というのもすごい理屈だよなあ。

シャンクスは五老星と直接対談できる立場か。
これを、シャンクスは政府側の人間、とみるべきか、政府側と海賊側の全面戦争が起きないようにバランサーとして動いている、とみるべきか。
シャンクスは自分の船長を処刑されてる身だけど、そのロジャーから何かを託されてる可能性もあるもんなあ。
かなり大きなもの抱え込んでそう。

『Dr.STONE』(Z=61 STONR WARS BRGINNING)
「地獄に堕ちる」というのは、倫理的に問題があることをやる、という意味ではなく、殺されても文句は言えないことをやる、という意味か。
まあ、死者を騙る、というのも倫理的な問題あるんだろうけど。
でも、司軍の連中をだましたとばれても、今のままよりは、まずいラーメンとコーラとストーブのある生活の方がよいと納得しそうな気もする。
だって、司軍の中にいたってわくわくがないし、未来に対する希望がもてるとも思えない。
まだ、工作してる方が楽しいだろ。

それにしても、女声も出せるとはゲンの芸達者ぶりがすごい。

戦争は雪解けを待ってから、と思ってたらいきなり戦争がはじまったよ。
これ、大樹と杠ちゃんの動き次第では千空がピンチになりそうだけど、そこらへんは信じるしかないし、信じてるんだろうね。

ところでほむらちゃん、あの恰好で雪の中ずっと監視してるってすごくない?

『ハイキュー!!』(第305話 1歩進んで2歩ダッシュ)
このサブタイトル、『三百六十五歩のマーチ』のメロディで脳内再生するとなんか楽しい。

「…ゲームオーバーよりゲームクリアの方が悲しい…」というのはなんだかわかる。
ゲームオーバーには「もう一回」があるけど、ゲームクリアにはないもんね。
でも、今の研磨は「もう一回」がない試合に夢中だ。
だって、この試合自体は「もう一回」がないとしても、日向くんとの対戦は、日向くんと自分がバレーボールをやめない限りは終らないから。
でも、よほどのことがない限り、日向くんはバレーをやめないだろうから、研磨にとっては日向くんという存在自体が「ゲームクリアがないゲーム」なのかもしれない。

研磨が「翔陽、面白いままで居てね」と言って笑ったのは、本当にうれしくて楽しくて心から出た言葉と笑顔だったんだろうけど、あれはこわい。
なんのホラーだよ。
研磨はペットをかわいがりすぎてかまいすぎて衰弱させるタイプだな。
クロは内心、研磨に気に入られるとは気の毒な、とか思ってそう。

「若利くんは倒されてねえつの」とぼやく天童と、それにコクコクうなずく五色がかわいかった。
白鳥沢の連中は本当にウシワカのことが好きだな。

『ブラッククローバー』(ページ160 知らねーだろ)
紫苑の鯱の人たちは本当に大変だよなあ、お気の毒に。

ラックとマグナが戦ったら、普通はラックが勝つんだろうけど、マグナは"ラック"のことをよく知っていて、"ルフル"はマグナのことをまったく知らなかった、ことが互角勝負に持ち込めてる主要因というのはうまいよなあ、と思った。
いきなりふたりの力量差が埋まるわけないし、ラックはエルフ化で強化されてるしで、バネッサ姐さんのサポート込みとはいえ、マグナが理由もなく優勢に立つというのは不自然だもんね。
魔法戦ていうのは意外と情報がものをいうというか、相性大事というか。

『アクタージュ』(scene20.カレンとケイコ)
自分の意思に反した芝居を演じられない、ってのは役者としてはどえらい欠点じゃないかと思うんだが……。

これまで、役にハマった時の夜凪ちゃんは無双状態だった、でも、千世子ちゃんはそんな夜凪ちゃんを相手にしても主導権を渡さない。
ちゃんと主役であろうとしている。
千世子ちゃん強すぎ。というか、強くあろうとして、必死であがいた結果、手に入れた強さだから揺らぎがないという感じ。
もしかして、このふたりめっちゃ相性がいいんじゃ……。

『火ノ丸相撲』(第196番 鬼丸国綱と大典太光世、観察)
あいかわらず刃皇会議がおもしろすぎる。

『呪術廻戦』(第14話 急襲)
あいかわらず掲載位置がピンチです。

夏油の警告を無視して襲うとか、漏珊は何か奥の手を隠し持ってるの? と思ってたけど、単純に人間の言葉を信じてなかっただけか。
夏油の方はそれがわかってて一応恩だけ売っといた、みたいな感じかもしれん。
これこそ、危機感の欠如、だな。

「おしえてあげる。手出して」と言われて手を出しちゃう漏珊がなんかかわいかった。
それで「照れるなよ。こっちまで恥ずかしくなる」とか五条先生がイケメンすぎる。
相手が残念な呪霊でなければなあ……。

「無限」を「現実」に持ってくる、って説明されても何がなんだかわからないけど、とりあえず五条先生が強すぎるということだけはよくわかる。
あげくの果てに見学の生徒連れてきちゃうしなあ。
バトルものでいわゆる「舐めプ」というのは定番だけど、これはもう舐められすぎだろ。
まあ、五条先生は舐めてるんじゃなくて教育熱心なだけ、とか答えそうだけど。

虎杖、映画観てたのに、はだしのまんまで山の中に連れてこられるとかかわいそう。
てか、あの瞬間で虎杖がいた部屋まで往復できるのか、すごいな。
「富士山!! 頭、富士山!!」
うん。私もそう思ってた。
ぽんって虫みたいなもの噴出する富士山……迷惑すぎる……。
てか、漏瑚がなんだかかわいくみえてきたのは、五条先生が強すぎるせいだろうな、やっぱ。

tag : 週刊少年ジャンプ

カレンダ
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク