◆◇◆◇◆ 2010/11/20(土) ◆◇◆◇◆

『猫物語(黒・白)』感想

西尾維新先生の『猫物語(白)』を読んだ~! って、ちょっとタイムラグがあるんだけど。
『猫物語(黒)』の方の感想を書き忘れちゃってたんで、あわせてちょこっと書いてみる。
だいぶとっちらかっておりますが。

(黒)の方は、『化物語』の中で空白地帯になっていた暦くんと羽川ちゃんの高二のゴールデンウィークの物語。
あのっ、ブラック羽川との対決が、アニメで描かれてたのとまるっきり違うんですけど~(汗)。
(黒)の方が断然グロいよね。映像的に結構すごいことになってるよね。腸をえぐりだしてジャイアントスイングなみだよねっ。

そして、(白)の方はいろいろと落ち着いたはずの暦くんと羽川ちゃんの高三の夏休み明けの物語。
まずびっくりしたのは、暦くんではなく羽川ちゃんのモノローグ形式だったこと。
この『化物語』は徹頭徹尾、暦くんの目線からでしか物語が描かれていなかったから。
ああ、なるほど、『化物語』が「新章」に入ったというのはこういうことか。
こうなると、撫子ちゃんとかめっちゃ楽しみだなあ。神原あたりはかなり不安だが(苦笑)。

羽川ちゃんが語る物語はいちいち痛々しく、それが淡々と語られるから怖い。
羽川ちゃんはおかしい、という話は忍野がさんざん言っていたけど、私もおかしいとは思っていたけど、実際、ここまでおかしいとは思っていなかった。あれだよ。暦くん目線で描かれた羽川ちゃんばっかみてたからだよ、きっと。暦くんフィルターはずすとこんなことになっちゃうんだねえ。

いろんなものをそぎ落として生きてきた羽川ちゃん。
彼女が背負わされたものは重すぎて、その重さを受け入れられなくて、羽川ちゃんは削ってはいけないものまで削っちゃって、だけどそれに目を閉じて、耳をふさいで、口を閉ざして生きてきた。
何も求めないことで、彼女は自分の心を守ってきた。
でも、どうしても欲しいものができてしまった。
だけど、羽川ちゃんは「欲しい」と口にすることができなかった。欲しいという気持ちさえ認めなかった。
羽川ちゃんはその気持ちさえもそぎ落とそうとして、多分、失敗したんだ。

皮肉なことに、初めての「失敗」が、それまでの「成功」の存在を羽川ちゃんに気づかせてしまった。
本当の「完全犯罪」は「犯罪の存在を知られないこと」とよく言うが、羽川ちゃんはまさに完全犯罪を成し遂げていた。
しかし、「成功」し続けていたことの「失敗」にも彼女は気づいた。

彼女は自分自身の「罪」を暴き、認め、そして裁いた。
きっと、それが『猫物語(白)』という物語。

それにしても、本人も認めちゃってるけど、暦くんの羽川ちゃんへの傾倒っぷりは異常。
なんというか、とてつもなく純粋な愛情が、とんでもなく不純な形であらわれちゃってるというか(爆)。

羽川ちゃんのためにここまでやれる暦くんは、多分、異常なんだ。
でも、その異常さをフルパワーに発揮しなければ救えないほどに、羽川ちゃんは過剰に異常だった。
多分、それだけのことだった。
うん、なんだか納得しちゃった。

自分を守るために怪異をうみだした羽川ちゃん。
そんな自分は間違っていると認めた羽川ちゃん。
黒も白も呑み込んで、みずからが灰色の存在になることを彼女は許容した。
それは自分にとって大事なことだと、みずからそれを求めた。

それができたのは、どんな自分でも絶対的に肯定してくれる、と信じられる人がいたからなんじゃないかと思う。
自分がどれだけ変わっても、自分を愛してくれると信じる人が一人でもいるのなら、変わることは怖くない。
そうやって変わることで、羽川ちゃんはきっと、もっともっと愛される人になる。

完結していたと思っていた物語だったけど、なるほど、なにも完結していなかったのか、と思い知らされた。
羽川ちゃんはここにたどりつかなければいけなかったんだ。
そんなふうに思ったら、なんかものすごく安心したんだ。
羽川ちゃんはまだまだ幸せになれる子なんだ、って思えたから。

それにしてもひたぎちゃんは本当にいい子だなあ。
スポンサーサイト

tag : 化物語 猫物語 西尾維新

◆◇◆◇◆ 2009/09/18(金) ◆◇◆◇◆

『銀河不動産の超越』 一言感想

森博嗣先生の『銀河不動産の超越』を読んだ。
読んだ後の感想は一言。「カワイイ」だった。
森先生の小説を読んだ後で「カワイイ」とゆー言葉が出てくるとわっ!

犀川先生はたまにものすごくカワイイけどねっ!(笑)

tag : 森博嗣

◆◇◆◇◆ 2009/06/20(土) ◆◇◆◇◆

『偽物語[下]』 感想

西尾維新先生の『偽物語[下]』を読んだ。
前回は火憐ちゃんの話だったんで、今回は当然のごとく月火ちゃんのおはなし。
それにしても、『めだかボックス』の原作書きながらちゃんと小説も書いてるんだね。
さすが速筆で有名な西尾維新。

前巻に引き続き、お兄ちゃんとしての暦くんはかっちょええなあ、とゆーおはなし。
なっ、なんかそれしか感想がないっ(爆)。
おもしろくなかったとかそーゆーことはなくって、読み終わったあと、あー楽しかった、しか残らない感じ。
それは結構すごいことだよなあ。
時間分をめいいっぱい楽しませることがエンターテインメントの本懐だとしたら、私にとってこの『物語シリーズ』はまさしくエンターテインメントなんだ。

ところでこの巻、ひたぎちゃんの出番がゼロなんだが、暦くんのモノローグによると、ツン成分が消え去ってデレ成分100%になったらしい。
デレ成分100%……それってホントにひたぎちゃん?(苦笑)
いや、暦くんが満足ならそれでいいんだが。

本に『化物語』のアニメ情報のチラシが入ってた。
暦くんが神谷浩史さんて……。新房監督、どんだけ神谷さんを気に入ってるんだ。
個人的には沢城みゆきさんの神原さんがめっちゃ楽しみっ。

tag : 西尾維新

◆◇◆◇◆ 2009/05/28(木) ◆◇◆◇◆

終わりのない物語の行き先を想う

栗本薫先生の訃報をきいた。
それをきいた昨夜の時点ではそんなでもなかったのに、なんかじわじわとヘコんできた。
未完の作品を遺して作家さんがお亡くなりになるのはとてもさびしい。
作家さんと一緒に、物語のキャラクタたちも連れ去られてしまうからだろうなあ。

うちには『終わりのないラブソング』が全巻そろっている。
私はBL小説はあんまり持ってないんだけど、この本は大事にしている。
話がやたら重くてちょっといらいらするんだけど(←特に主人公の性格が!)、なんか手離せないんだよなあ。
もっとも、栗本薫先生のは「BL」じゃなくって「ジュネ」だけどね。

完結したら全巻一気読みしようとたくらんでいた『グイン・サーガ』をどうしたものかと困っている。
全100巻の初期設定のまんまだったら、とうに完結していたのに……。
読みたかったなあ、『豹頭王の花嫁』。
◆◇◆◇◆ 2009/02/27(金) ◆◇◆◇◆

『GLASS HEART イデアマスター』感想、もしくは、ちょっとした昔話

若木未生先生の『GLASS HEART イデアマスター』を買った。
私には『GRASS HEART』シリーズにいろいろとひきずりまわされた過去があって(苦笑)、それが未完のまんまでなんかうやむやのうちに音沙汰なくなっちゃってたんだけど、そしたら去年の暮れに本の整理をしてたらシリーズ一式(?)が出てきて、うっかり二日かけて全部、読み返しちゃって、そしたらビックリするほどあの当時と同じテンションでそれを読める自分がいて、「私って成長してない……」って妙なヘコみ方しつつ、「この物語はこのまんま未完なんだろうか、なんかそれでもいいような気がしてきた」って思ってたんだよ。
そしたら、本屋でこの本をみつけた。てゆーか最初はカバーイラストにひっかかったんだけど。
「あれ? この絵は藤田貴美……」と思って立ち止まったら「若木未生」って字が見えて「えっ?」って思ったら今度は帯の「GRASS HEARTシリーズついに完結!!」って文句が見えて、「え~っ、藤田貴美でGRASS HEARTで完結?」とツッコミどころありすぎで本棚の前で一歩後ずさっちゃって「どうしよう」って思ったんだけど、買うしかないし、読むしかないし(苦笑)。

えーっと、このシリーズのストーリーを大雑把に言うと、西条朱音はバンドでキーボード弾いてる音楽好きな普通の女子高校生だったんだけど、音楽界のアマデウスと異名をとる天才・藤谷直季から突然の誘いを受け、彼が新しくつくるバンドにドラマーとして参加することになる(キーボードだったのにドラムなんだよ、これが!)。
そのバンドには、朱音がおっかけするほど熱中しているギタリスト・高岡尚と、元・登校拒否児で音楽オタクで喘息持ちのキーボーディスト・坂本一至がいた。
ちなみに藤谷直季はプロデュース、作詞作曲編曲、ヴォーカル、ベース担当でバンドリーダー(←忙しすぎ)。
この4人のバンド《テン・ブランク》を中心に、音楽に振り回されまくる人々の物語が『GRASS HEART』……って……嘘はないけど、全然、実体と違うような気がするな、この説明……。

これをリアルタイムで読んでた頃に思ったんだよ。「息継ぎのたりない小説だなあ」と。
なんてゆーかねえ、ものすごく息せき切ってしゃべってて、「落ち着け、ちゃんと聞いてやるから、落ち着け」って肩をたたいてやりたくなる感じ(←変なたとえでスミマセン)。
なんかもうギリギリでものすごくあせってる感じが、この物語に出てくる人たちの危うさが、多分、私は気になって気になってしかたなかったんだ。
今回のあとがきを読むと、この話をどうしても書きたかったんだけど、他に書いてたファンタジー小説(多分、『オーラバスター』)の半分も売れなくていろいろと大変だったとか書いてあって、若木未生先生の作品の中では『GRASS HEART』が一番、好きだった私はかなり少数派だったのかもしれない。

このシリーズ、ずっとコバルトノベルで出てて『LOVE WAY』を最後に6年ほど音信不通で、今回、幻冬社コミックス(←小説なのになぜかコミックス)で完結巻が出てきたのは、このシリーズに入れ込みすぎてムチャに突っ走りすぎてついにぶっ倒れて長く休んでしまったせいらしい。
そうか、やっぱり作者は大変だったんだ。あからさまにエネルギー喰いそうな作品だもんなあ。

ところで、うちにあるシリーズ第1作の『グラスハート』の奥付をみたら発行日が1994年1月になってた。
『GRASS HEART』は『幽遊白書』とほぼ同時期にハマってた記憶があったんだけど、どうやら記憶違いではなかったらしい。
15年をかけて完結したこの物語。
読み終わった後、「そうか、これはこんなに穏やかに終わる物語だったのか」と思った。
それは、6年のブランクがなせるわざなのかもしれない。
もしかしたら、若木未生先生があのまんまつっぱしってたら、もっと違う結末になってたのかもしれない。
でも、この物語はここに着地した。
そうか……ここにおさまったか……って、なんか安心したような脱力したような。
で、「そうか、これはこんなに穏やかに終わる物語だったのか」で、そういえば前に同じようなこと考えたような気がするって思ったら、『幽遊白書』の最終回を読んだ時にそう思ったんだってことを思い出した。
あ~、なんかもうなんかもうなんかもう。

コバルト文庫ではもう入手困難なこのシリーズ、これから幻冬社コミックスで再発行されるらしい。
今までのシリーズを読んでない方はこの『イデアマスター』は絶対に読まない方がよいです。
絶対に1巻から順序よく読むべきです。一応、ご忠告まで。

これからも藤田貴美先生がイラストつけるのかね。私、もう全部、持ってんだけど、藤田先生の絵のために買っちゃいそうな気がしてきた……。
ところで、このシリーズの挿絵、初代は橋本みつる先生で、二代目は羽海野チカ先生で、三代目で藤田貴美先生。
私の分類では「細くてはかない線で、ものすごく鋭角的なもん全力で投げつけてくる」系なマンガ家さんたち(笑)。
個人的には羽海野先生の藤谷直季がものごっついお気に入り。
そうだよ、私、藤谷直季が一番のお気に入りだったんだよ。この本を読んで再確認したよ。

正直、言って、かなり長いことひっかかり続けていた『GRASS HEART』のラストがこれで、私が満足しているのかはよくわからない。
なんか、脱力してる、ってのが今の状態。
でも、この本を読んで、私は藤谷直季に、てか若木未生先生に、ずいぶんと過酷なものを求めてたんだなあ、って思った。
だから、実はちょっとホッとしてるのかも。
とりあえず、藤谷直季が笑ってることに。
若木未生先生がこれをハッピーエンドにしたことに。
って……これもまた『幽遊白書』の完結後に思ったことだな。シンクロしすぎでイヤすぎ(苦笑)。

あ~っ、なんかこれ感想にまったくなってない。ただの思い出話になってる。
すみませんが、このシリーズの感想をちゃんと書けてる人を自力で探してください。
そんでもって私に教えてくれるとありがたいです(爆)。

tag : 若木未生 GRASSHEART

◆◇◆◇◆ 2008/12/12(金) ◆◇◆◇◆

『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』感想

西尾維新先生の『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』を読んだ。
『きみとぼくの壊れた世界』、『不気味で素朴な囲われた世界』、『きみとぼくが壊した世界』と続いてきたこのシリーズ、この後のタイトルはどーすんだ、と思ってたらつなげてきたという。
そうか、そうきたかっ。

このシリーズ共通してるけど、読後感が悪いっ!
そーゆーことになるんだろうなあ、と読む前から思ってはいたんだけど、やっぱりそうだった。
読んだ後で読者がどよ~んってなることを、期待して書いてるとしか思えない(苦笑)。
それでも読む私って一体……と二重の意味でどよ~んってなるんだけど……。
とかなんとか言いつつ、次も読むんだろうなあ、私。

tag : 西尾維新

◆◇◆◇◆ 2008/09/26(金) ◆◇◆◇◆

『偽物語[上]』 感想

西尾維新先生の『偽者語(上)』を読んだ。
『化物語』、『傷物語』に続く物語。そうか、ニンベンでつながってるのか、とかいまさら思ったりして(そのうち『仮物語』とか出てくるかも)。
あいかわらず感想が書きづらいこのシリーズ。
ぶっちゃけ、ストーリーなんてどうでもいい。会話が楽しければ! そして、女の子たちがかわいければ!

今回の主役は、前々から名前は出てたけどほとんど出番がなかった、暦の妹・火憐。
いや、暦がものすごくいいお兄ちゃんしててちょっと感動。
文句を言いながらもちゃんと大事にしてたんだねえ。

感動といえば、暦とひたぎのラブラブっぷりがすごいことになってる。
なんかもうなんかもうなんかもうなんかもう踊りだしそうな感じ(さすがに踊ってないけど)。
ベタ甘好きの私が、ここまでのベタベタは初めてだ、と感涙にむせぶぐらいの濃さ。
愛が重すぎるよ、ホントに。

そして、ひたぎは当然のこと、羽川、忍、撫子、駿河、真宵と『化物語』の面々が総登場。
あいかわらずの暦ハーレム。
はしりまくる西尾維新ならではの会話がめっちゃ楽しい。
それに、あいかわらず『ジャンプ』が大好きだよなあ、西尾維新。
あっ、今回やたらとアニメ化ネタが多かった。そんなにアニメ化がうれしいんかい(苦笑)。

ところで、『化物語』のアニメは新房監督でシャフト制作らしい。
おもいっきし『さよなら絶望先生』スタッフじゃん。
楽しみといえば楽しみ、不安といえば不安(笑)。

tag : 西尾維新

カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク