◆◇◆◇◆ 1993/06/27(日) ◆◇◆◇◆

『幽遊白書』探していた男!!の巻 感想

今週の心の叫び
桑原くんをいじめないで

不親切なあらすじ

“水兵”御手洗清志の能力は、みずからの血を液体に混ぜることで、変幻自在の液体生物をつくりあげることだった。
その液体生物に襲われ、絶対絶命のピンチに陥った桑原、相島、沢村、大久保の4人だが、霊力を失った桑原は、反撃することもできない。
そして、追い詰められ新たな能力を発動させた桑原。しかし、その能力は仙水たちが界境トンネルを開けるために必要としていた能力だった。

御手洗清志

“水兵”御手洗清志。
私はこの名前に大爆笑してしまいました。これで“美食家”か“遊熟者”が《浅見光彦》とかいう名前だったらひっくりかえっちゃいますよ(怒るかもしれない)。
清志くんてぱ、ちょっとエキゾチックなきれいな顔したおぼっちゃまなのに……キレてますねぇ。こわいですよ、顔が。やっぱり人間不信集団なのね、この7人組は。
それにしても冨樫先生。この子の一人称“ぼく”なのか“おれ”なのかはっきりしてください。

4人の絆

桐島くんはおとなしそうな顔をしてますけど、不良だけあって喧嘩っぱやいです(笑)。
それにしても……もう、桑原くんがめちゃかっこよくて私はとってもうれしいです。ポロポロになってる桑原くんのシブイことシブイこと。うっとりしちゃいますよ。
幽助+桑原くん+蔵馬+飛影ちゃんの4人組ってのは、かぱいあうことはあっても、守り守られるという意識があんまりなくって、どちらかというと関係が横ならぴなの。だから、互いに協力は求めても、救いを求めるってことはしないよね。
だけど、桑原くん+桐島くん+沢村くん+大久保くんの4人組ってのは、桑原くんを頂点とした集団なので、桑原くんは他の3人を守ってやらなくっちゃいけないって意識がめちゃくちゃ強くって、他の3人も桑原くんに頼っちゃいけないって思いながらも、最後には桑原くんがなんとかしてくれるって意識があるから、なんだかんだで桑原くんに頼りきってる。
それぞれに信頼関係の形が違うのよ(どちらが偉いというわけじゃなくってね)。
だけど、自分の命があやういってのに、桑原くんの心配をする桐島くんや、そんな桐島くんの言葉を軽く受け流してしまう桑原くんを見てると、こいつらって本当にいい仲聞だよねぇ、と思ってしまいます。
そんないい関係を築けるのも、桑原くんがいい男だからよね。
浦飯チームは幽助の性格が反映されたチームカラ一を持ってるし、桑原くんチームは桑原くんの性格がそのままチームカラーになってる。本当におもしろいよねえ。

眠れる能力

桑原くんの能力は、消えたわけではなく眠っていたんですねぇ。
ああ、よかった。桑原くんだけがおいてけぼりにされることはないだろうと思ってたけど、やっぱり心配だったのよ。
桑原くんにはどこまでも幽助に食らいついていって欲しいよねぇ。幽助に負けずに、どんどん強くなって、どんどんいい男になって欲しい(だけど、あんまりつらい思いはさせないで欲しい)。
だけど、幽助ってばまだまだ幻海師範の指導が必要なんですね。まあ、幽助はまだ子供だから仕方ないと思うんだけどね。
だいたい、幽助が必要もないのに、桑原くんの気を注意深く探るなんてことをするはずがないと思いますよ。
それにしても、桑原くんが仙水たちの探していた能力者だとはまったく予想していませんでした。もう、ぴっくりしちゃって……また、冨樫先生にやられてしまった、とか思っちゃいましたよ(それとも私の想像力がとぼしいだけなのかしらん)。
時折、予想を見事に裏切った展開を見せてくれるから、幽遊から離れられないんですね、私は。
ああ、だけどこれで桑原くんは二重の意味で、仙水たちに付け狙われちゃうことになったのね。
冨樫先生。いくら頑丈でうたれ強いやつだからって、あんまり桑原くんをいじめないでくださいよ。痛い目にばっかりあってますよ、最近(それなりにいい目も見ているような気はするけど)。
そういえば、桑原くんて主役4人組の中ではダウンした回数が一番、多いですよね(一番、少ないのは飛影ちゃん)。

『爆闘通信』通信

またまた出ました『爆闘通信』通信。
今回のヒットは「妖狐の蔵馬のしっぽは、髪と同じように武器として使えるのか?」という質問で、その答えが「蔵馬だったらなんでも武器にしちゃいそう」でした。
本当に蔵馬だったら、髪でも、しっぽでも、爪でも(突然、ギュワーンと爪が仲ぴたりしてね。うーん、不気味)、なんでもかんでも自由自在に動かしちゃいそうで恐いわね。あっ、もしかしたら耳とかも動かせるのかな?
ああ、蔵馬ってば大道芸で食べていけるかもしれない。

今週の冨樫先生のコメント
1日3~4箱だったタバコが多くて1箱に。スポーツを始めたら自然に減ってきた…。

前説→幽遊のこと
スポンサーサイト

tag : 幽遊白書

◆◇◆◇◆ 1993/06/20(日) ◆◇◆◇◆

『幽遊白書』激しい雨が…!!の巻 感想

今週の心の叫び
桐島くんだよ~っ!

不親切なあらすじ

魔界と人間界との間に開けられた穴が予想以上に広がっていたことが判明し、タイムリミットはあと1週間と算定された。
それと同時に穴の中心も判明し、幽助たちはそこへ赴くことになったが、桑原はコンサートのため同行を拒否し、蔵馬は行方不明で、殴り込みは延期となる。
そして激しい雨の中、コンサート帰りの桑原、桐島、沢村、大久保が正体不明の敵に襲われる。
さて、新たなる敵の能力とは?

神谷医師の殺意

神谷医師は「医者になって人間への嫌悪が憎悪に変わった」と言ってたんですけど、じゃあ、彼は何故、医者になったんでしようか?
人間の肉体について深く知ることができれば、人間に対する見方が変わってくるんじやないかと考えたのかもしれないし、ただ単にエリートコースにのっかろうとして、医者になっちゃったのかもしれない。もしかしたら、親が医者で跡を継ぐのが当然という育てられ方をしたのかもしれない。
そうやっていろんな可能性を考えていたら、彼は彼なりに人間について深く考えていたんだろうなぁ、という結論に達しました。
いや、人間について、こんなに真剣に考えているやつって滅多にいないと思いません?
“殺意”という、ある意味でもっとも強烈な感情を抱くにいたるまで、彼は人間のことを考え続けたわけなんですから、これってすごいことですよね。
そうやって出した結論が、あそこまでマイナスな方向に向かっていたってのは、やっぱり不幸なことなんだけど。

蔵馬はどこへ

たった1コマだけの再登場で行方不明になってしまった蔵馬。
いったい、どこに消えてしまったんでしょう。またまた母親を人質にとられたりしてるんじゃないでしょうねぇ。
それにしても、「なるべく一人だけで行勤しないこと」という確認事項を見て、私がまっさきに考えたのは、柳沢くんはどうするんだい、でした。
幻梅師範はとりあえず一人でも大丈夫だし、城戸くんは完全に戦線離脱しちやったし、幽助と桑原くん、蔵馬と海藤くんは学校もクラスも同じだから、一緒に行動するのに不都合はないけど、柳沢くんは一人でどうすんの?
もしかして、幻海師範がガードについてるのかしら、それとも学校をサボッているのかしら。……ちょっと悩んじゃうわ。
だけど、蔵馬と海藤くんが何かとひっついて行動してたりしたら、クラスメートたちは驚くでしょうねぇ。
学年首席を争い、あれだけ異質な雰囲気を持ってる2人が、急になかよくしはじめたりしたら、絶対、まわりはパニックだよ。
想像しただけで笑えちゃう。
笑えるといえば、あらためて見ると笑えるのが柳沢くんの後ろ頭。……絶対におかしい。あれはなんていうヘアスタイルなんだろう。
それとね、幻海師範の湯のみの持ち方って、なんだかすごく可愛い。そう思いません?

桑原くんと3人組

桑原くんが洋楽ファンだったとは知りませんでした(演歌ファンだと思っていたわけでもないんだけどね)。
いや、それにしてもそれにしても……桐島くんがいっぱい出てて、私は最高にハッピー!!
可愛い。可愛い。久しぶりに見るとやっぱり可愛い。
私服姿の桐島くんて、もしかして初めてじゃないのかしら?
久しぷりに桑原さんと一緒! で彼らもとってもうれしそうね(ここのところ桑原くんてぱ、幽助とばっかりつるんでたから)。
桐島くんを身を挺して守るなんて、やっぱり頼りになる男だよね、桑原くんは(あそこでまかりまちがって桐島くんが死んでしまったら、ファンが暴動をおこしたかもしれない(笑))。
桑原くんがかっこよくて、涙が出るほどウレシイ。桐島くんの台詞のほとんどが「桑原さん」なのがまたウレシイ。
桐島くん熱がおもいっきし再燃してしまった今週の幽遊でした。

水兵?

ニューフェイスのあの子ですが、最初、女の子だと思っていました。
女の子に見えません? だって……。
「おれ」という台詞を見てね、もしかして男の子? とか思ったんですけど、女の子で自分のことをおれっていう子もいるしねぇ(だけど、体型から見て男の子だわね……とか言って女の子だったら情けない)。
この子って、蔵馬たちを尾行していた“水兵”ですよねぇ。他に適当なコードネームが見あたらないもの。
水を操る能力を持っているみたいですけど、それじゃあ蔵馬は尾行に気づいた時点で彼を捕まえちゃったほうがよかったんですね。
蔵馬は慎重すぎて失敗する、というのが飛影ちゃんの評ですけど。
そういえば、樹さんはなんでお舟に乗っかっているんだろうと思ってたら、あの水は地下水脈だったんですね。
まぁ、下水道だとも思ってなかったけどさ(下水に浮かぶ樹さん……美しくもなんともない)。

今週の冨樫先生のコメント
SF/Cの『パチンコ物語』にハマり、その勢いで本物のパチンコやったら大敗けした。

前説→幽遊のこと
後説→幽遊のこと・その2

tag : 幽遊白書

◆◇◆◇◆ 1993/06/13(日) ◆◇◆◇◆

『幽遊白書』殺るしかない…!!の巻 感想

今週の心の叫び
幽助がかっこよすぎるの

不親切なあらすじ

対峙する幽助と神谷。
だが、人間を殺すことにためらいを感じる幽助は、なかなか本来の力が出せず、苦境に立たされてしまう。
それでも柳沢と室田の協力でなんとか神谷を倒した幽助だったが、やむを得ず神谷を殺してしまったことに激しく動揺する。
そして、幻海は神谷の息を吹き返させ、幽助に言う。こんな奴の命をお前がしょいこむことはない、と。

かっこよすぎるの

ここんとこ同じことばっかり言ってるようで恐縮なんですけど……かっこよすぎるのよ。幽助が。
対戸愚呂弟戦の時もそりゃあ幽助がバリバリに主人公だったけど、あまりにも幽助かかわいそうでかっこいいなんて言ってられなかった。
そして、桑原くんや蔵馬、飛影ちゃんと一緒の時の幽助ってのは、4人で1人って感じがあって、幽助だけが特別にかっこいいとはあんまり感じていなかった。
だけど、あの3人がいなくって、幽助だけを見ていると、もうかっこよすぎて涙が出てきちゃう。
うれしすぎます冨樫せんせい。もっとやってください(笑)。
まず扉絵で出会い頭の強烈なジヤプ。
手錠と、かっこつけたポーズと、鋭いまなざしにクラーっとさせられてしまいました。おもわず扉絵をみつめたまま前後不覚に陥っちゃったわ(それでも、勝利の鍵を握ってる奴? 飛影ちゃんに決まってるじゃない、とか思ったあたり……)。
そいでもって次に「マジでぶっ殺すぞ、てめェ」のどアップでストレートパンチを受けてしまった。
ああ、こんなどアップの幽助は久しぶりなような気がする。めちゃめちゃうれしい。
そして最後のアッパーカットはやはり「てめェ…救えねェよ」と言った時の異常にシプイ幽助。
うーっ、いつのまにこんなにシブイ男になったんだ、幽助! 私はうれしいぞ!
それで、その後、神谷医師を殴り飛ばしたシーンの幽助って、久々にすさんだ表情を見せてたような気がする(それくらい居直らないと、人を殺そうという決心がつかなかったのかもしれない)。
というわけで今週の幽遊はもう、幽助幽助幽助でした。

幻海師範ありがとう

あくまでも神谷医師を殺すのを避けようとする幽助がとってもうれしかった。神谷医師を殺してしまったと思い、動揺する幽助か愛しかった。
いつも「ぶっ殺す」とか「死ね」だとか言ってる幽助だけど、やっぱり相手を積極的に殺しにいったりはしない。殴りあいは好きでも、殺しあいは大嫌いな幽助でいてくれなければ、私は幽遊を読み続けることができない。相手がどんなに悪い奴でも、やっぱり14才の子供に人殺しなんかさせちゃいけないと思う。
だから、本当に幻海師範の行動がうれしかった。
幻海師範はいつも幽助に一番、良いと思われることをしてくれるね。だから、幻海師範が好きなの。
幻海師範はきっと、たくさんの命をしょいこんじゃってるんだね。だから、その重さも身に染みて感じてるんだね。
幽助はすでに戸愚呂の命をしょいこんじゃってるから、それって結構、重いものだと思うから、幻海師範もそれ以上の重荷を幽助にしょいこませたくはないんだろうね。
最後のコマの幻海師範の台詞と表情は、すごく印象的だった。
幻梅師範、本当に本当にありがとう。

能力の本質

それぞれの能力は、能力者自身の性格や環境に関係しているってはなしが出てきましたよね。
もともと言葉のスペシャリストだった海藤くんぱ“禁句”の能力を持ち、医者だった神谷は“医師”の能力を持つ。
ということは“複写”の能力を持つ柳沢くんは、もともと何かに染まりやすい性格だったってこと? “影”の城戸くんは影踏みが好きな子だったってこと?(笑)
なんだか、よくわからないわ(“狙撃手”の刃霧くんはテロリストな性格してるのよね、きっと)。

連係プレー

ようやく柳沢くんが活躍してくれて私はうれしいです(あれは柳沢くんのアイデアなのか、それとも幻海師範の入れ知恵なのか)。だけど、スカート姿でふっ飛ばされてしまったのは、ちょっと情けなかったかもしれません(どこまでも恵まれない子なのね)。
そして、室田のフォローも光ります。ナイスチームプレーと言うべきでしょう。
このチームって桑原くん+蔵馬+海藤くん+ぼたんチームよりも断然強いよねぇ。なんでこんなに戦力差のあるチームわけをしたんでしょう。
指令官が一人ずつ(幻海師範と蔵馬)ってのはいいんだけど、蔵馬チームには力技のできる人物がいないのよ(桑原くんに霊力さえあれば)。

自殺願望

神谷医師は「オレは自分の死に方を決めかねて今まで生きてきた」と言いましたね。これって鴉さんの“なんのために生まれてきたのか”という疑問と共通するものがあるような気がします。
生き方を考えるということと、死に方を考えるということはまったく同じことなのだ、というような文章を読んだことがありますが、生き方はある程度、自分で決められるけど、死に方なんて決めなくったって、どこかで勝手に決められてしまうものなのにね。なんだかんだ言って、死に方に迷ってる人開てのは、ちょっと臆病な人なんだと私は思います。
だけど、この7人組が同じような動機で全人類の基穴掘りをやろうとしているのなら、あの素敵な樹さんや、あんなに若そうな(高校生ぐらいに見えるけど)刃霧くんにも、やっぱり似たような自殺願望があるんですかね。
いけないなぁ、あんな美形さんが世をはかなんじゃあ(笑)

今週の冨樫先生のコメント
今だに日曜洋画劇場のEを聞くと「あーあ明日からまた学校か」という気になる…。

前説→幽遊のこと

tag : 幽遊白書

◆◇◆◇◆ 1993/06/06(日) ◆◇◆◇◆

『幽遊白書』影の叫び!!の巻 感想

今週の心の叫び
えらいぞ! 城戸くん

不親切なあらすじ

城戸が“医師”神谷実に倒された。
騒ぎを聞き付けてやってきた幽助に、城戸は必死で“医師”が誰であるかを伝える。
対峙する神谷と幽助。そして、ついに一般人にまでウィルスの被害が出始めた。
さて、幽助はどうする?

器用な城戸くん

いや、城戸くんてなんだか器用なことしますよねぇ。影踏みだけじゃなかったわけね、彼の能力は。
それにしても、自分の影だけを動かしちゃうというのは、ちょっち不気味。おそらくは本人ですらこういう能力があるってことを知らなかったんだろうね。土壇場まで追い詰められて、初めて出現した能力なんじゃないのかなぁ。
だけど、魔界の影響で能力開眼しちゃった彼らってのは、開けられた穴が広がれば広がるほど、能力は強くなっていくんでしょうか? もしそうだとすれば、城戸くんたちってこれからドンドン強くなってっちゃうのかしらん。すごいなあ。
霊力のなくなっちゃった桑原くんなんて、下手するとあの連中の中で一番、弱くなっちゃうよ(哀しすぎる)。
それにしても、幽助。あの場で「心細いのはわかるが」はないと思うのよ。城戸くんはね、すんごく―生懇命な子なのよ。「命がけなんだ」と言って、本当に命をかけちゃった子なのよ。ものすごく強い意志を持った子なのよ。
いくらなんでもあの場で「心細い」なんて理由で幽助を引き留めるような弱い子じゃないわ。城戸くんがかわいそうだよ、あれじゃあ。
そりゃあ、蔵馬たちに比べれば、つきあいが浅いし、ちょっと頼りないかもしれないけど、もっと城戸くんたちを信頼してあげてね、幽助。
彼は貴方を殺すことだってできたんだよ(だけど、いくらなんだって、同じ手にはひっかからないよね、さすがに)。

神谷医師

神谷医師は、なんだかよくわからないけどジョジョなポーズをキメルのが好きです(こんなこと書いてるとおこられそう)。
そいでもって冨樫先生。やけに虫にリキ入ってるように見えるのは、私の目の錯覚でしょうか?
それに、神谷医師が不気味すぎます。
せっかく、元がハンサムさんなんだから、もっとハンサムさんな顔をさせてあげてください。あんな「ケキャー」とか意味不明の叫び声をあげながら、あぶない顔している神谷医師は本当に恐いです(しかし、この後に及んでまだ神谷医師はハンサムだと主張し続ける私って……)。
だけど、ちぎれた腕をつなげるのはともかくとして、服までつなげないでくださいよ(それとも“結合手術”と一緒に“縫合”までやっちゃったのか? 念で布を縫いあわせちゃうなんて、神谷医師。どこに行っても食っていけるぞ(笑))。

続・成長する幽助

しかし、久々に登場した幽助の霊丸も、やはり手加減しているらしく、いまいち迫力がない(そりゃそうだ。フルパワーでやったら病院ごと吹き飛ばすおそれがある)。
だけど、やっぱり霊丸を撃つ幽助ってかっこいいよねぇ(ここんとこ、幽助がでずっぱりでうれしいとか言ったら、蔵馬ファンとかに袋だたきにあいそう)。
やっぱりやっぱり大人っぽくなってるよ、幽助ってば。闘ってる時の目がね、なんだかすごく冷静なの。敵を見据える瞳がキリリとしている。
幽助はかっこいい。すんごくかっこいい。それでも、そろそろ飛影ちゃんの可愛い顔が見たい! 蔵馬の麗しいお姿が見たい! 桑原くんのかっこいいとこが見たい! という欲求が私の中にもわきあがっておりますので、幽助が好きというわけではない方々は、さぞや禁断症状に苦しんでいるのでは? と推察いたします。
だけど、それでも、やっぱり幽助がいいのよ! と主張する私は、しょうこりもなく以前と同じことをここに宣言してしまいます。
幽助、今のうちに自分が主役だってことをアピールするのよ。かっこいいとこをビシパシと見せつけるのよ。目指せ、キャラクター人気投票第1位!(笑)

今週の冨樫先生のコメント
全国不健康同盟会長の私がテニスなど、はじめてしまいました。冨樫め日和ったな。

前説→幽遊のこと
後説→幽遊のこと・その2

tag : 幽遊白書

カレンダ
05 | 1993/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク