◆◇◆◇◆ 1994/05/22(日) ◆◇◆◇◆

『幽遊白書』 「一回戦の喜怒哀楽」 感想

今週の心の叫び
幸せになりたいんだよね

不親切なあらすじ

魔界統一トーナメント本選の第1回戦が開始された。
棗と対戦した酎は、その妖力の差に圧倒されすぐに降参……ついでに棗を口説き始める(笑)。
鈴駒は流石という美少女と対戦し、やはりその色香に負け(笑)、この2人以外は無事に1回戦を突破した。
さてさて、大波乱がありそうな2回戦、3回戦の勝敗の行方は?

酎の春

扉絵の幽助と螢子ちゃんがかわいい!
ああ、螢子ちゃんは元気でいてくれてるのかなあ。扉絵で会えてうれしいわ(ところで、桑原くんは……)。
それにしても、鈴木さまがせっかく、「悲惨なのは酎だぜ、近所に骸と飛影がいる」と、心配してくれたのに……あの結果は一体、何事?(大笑)
もう、相手が悪かったのか良かったのか、よくわかんないわ(苦笑)。
だけど、「続ける?」って言った時の棗さんがめちゃくちゃ美人で、うっとり~ですね。
きょとんとした顔なんかすっごくかわいくてね~(酎の気持ちがよくわかるわ)。
さすがに猪突猛進な酎らしく、惚れたらその場で一気に口説き始める……どうして、幽遊にはこういう男が多いのかしら。
皆、女に対して純情一直線でねえ(笑)。幽助といい、雷禅さまといい、好きだと思ったら、その場ですぐに行動に出る(おまけに、なりふりかまわない)。
まあ、その情けなさがかわいいんだけどね。
だけど、ようやく酎と鈴駒に春がきたんだね(鈴駒はたぶらかされてるだけかも(苦笑))。
あの2人だって、幸せになりたいんだよ。うん。
鈴木さまと死々若丸に春は来るのかねぇ(死々若丸はメンクイらしいから、難しいかもしれない)。陣と凍矢はいいのよね! お互いがいれば幸せだから(あやしい意味ではないです。深読みしないように(笑))。
男のロマンに命を懸ける鈴木さまは、こういう問題に対してひどく厳しいようですが、陣はわりと寛容ですよね。ただ苦笑してるだけだもの。
それにしても、ラストページで「色香だ」と短く幽助に答えている凍矢のかわいいこと!(凍矢もこういう問題には厳しいのか?)
けど、最近、陣と凍矢が同じコマに入ってなくてさびしいです。

対戦相手たち

幽助! 蔵馬を踏むんじゃない!(笑)
……などと、おもわずわめいてしまった私ですが、幽助と蔵馬が穏やかに会話をしている、という状況は、かなりうれしいものがあります。
なんか、つい2ケ月ほど前までは期待できなかった光景なのよねえ、これって……と思うと、妙に愛しくなってしまう(幽助と一緒にいる時の蔵馬って、幼く見えると思いませんか?)。
これで、飛影ちゃんも一緒にいてくれれば、むちゃくちゃ幸せなのにねえ。
飛影ちゃん、どこにいるの? はずかしがってないで出ておいで(すみません。飛影ちゃんみたさのあまり、変になってます。気にしないでください(苦笑))。
あっ、時雨さんも元気になったようで、うれしいですね(頭、斬られても元に戻るってのは、ちょっとこわいけど)。
ところで、この柘榴ってのは、一体、何者なんでしょうか……あんなに派手派手しく登場してきて、結局、1回戦すら突破できず……あまりの情けなさに……笑ってしまう(気の毒)。
幽助はともかく、北神さんにも名前を覚えてもらえなかったのね。

トーナメント表

この見開きのトーナメント表って、すごいですよねぇ。こんなにたくさん名前を考えるだけでも、―苦労でしょうに。
このトーナメント表をたどっていると、かなりすごい対戦が組まれてますよね。
まず、2回戦で早速、棗さんと骸がぶつかる……これはコワイ!
私は実を言うと、孤光vs骸戦を異常に期待していたので、ちょっとがっかりなんですが、棗VS骸ってのもかなり楽しみ。
幽遊初の女同志のバトルですね。
それで、蔵馬VS時雨……これも……かなりおそろしいものがあるわ(飛影ちゃんが興味津々で見ていそうな組み合わせね(笑))。
陣VS奇淋とぃぅのは、陣が負けそぅでちょっと悲しいです(だって、奇淋て骸陣営では飛影ちゃんに次ぐ強者なんでしょ?)。
死々若丸VS北神というのは……どっちが勝っても、3回戦で孤光さんに負けちゃいそうな気がする(笑)。
なんだか、あの6人組はすぐに姿を消しちゃいそうよ。すでに2人、姿を消してるしね(凍矢だけは残れるかも)。
そして、一番こわいのは、実は3回戦ですね。
幽助VS黄泉、飛影VS骸……おお! いきなり本命対決か? といった感じです。
それに、幽助と黄泉とどちらか勝った方が蔵馬とぶつかることになる可能性大ということを考えると、幽助VS蔵馬、蔵馬VS黄泉……どっちになってもすごくこわい。
だけど、蔵馬も一度、本気で幽助と戦ってみたいのかなあ……。
なんだか、幽助と飛影ちゃんが戦うことよりも、幽助と蔵馬が戦う、ということを考える方が難しいのは、私だけ?
この2人だと、どういう戦い方になるのか…‥・う~ん。できれば、ローズウィップでしぱかれる幽助は見たくないなあ(この表現はちょっとアブナイかも(苦笑))。
あっ、幽助VS孤光という可能性もあるのよね。これもかなり楽しみ!
順当に行くと、決勝戦は幽助VS飛影もしくは幽助VS骸になりますね。
などと、トーナメント表を見ながら、いろんな想像をして楽しんでいる私ですが、実際のところ、本当にこのトーナメント表の通りに進むのか? という疑惑を捨てることができません。
なんかねぇ、またとんでもないフェイントが待ってそうでこわくてねえ。はあ。
ここからまた、とんでもなく暗い展開になるんじゃないか、誰かがまた死にかけるんじゃないかと身構えてしまう。
現在の展開が幸せすぎるだけに、その反動がこわいんですよ。
我ながら疑り深いとは思います……思いますけど、ファンをこんなに疑り深くさせてしまったのは冨樫先生自身である、と私は思っているんですが……(苦笑)。

今週の冨樫先生のコメント
悔しいが巨人がいい。今年の予想。1位巨人。次いでヤクルト・中日・阪神・広島・横浜。

前説→幽遊のこと
後説→幽遊のこと・その3、もしくは、彼らが帰る場所
スポンサーサイト

tag : 幽遊白書

◆◇◆◇◆ 1994/05/15(日) ◆◇◆◇◆

『幽遊白書』 「トーナメント予選」 感想

今週の心の叫び
黄泉パパはきびしいねぇ

不親切なあらすじ

魔界統一トーナメントの予選が開始された。
予選ブロックでかちあった黄泉と修羅の父子は、その実戦経験の差により黄泉の圧勝に終わり、幽助たちも楽々と予選を勝ち残った。
そして、幽助のあいさつの後、ついに本戦が始まるのである。

黄泉パパのスパルタ教育

黄泉パパって、過保護かと恩ったら、結構、スパルタだったりしたんですねえ(笑)。
だけど、本当に修羅くんに期待してるのね! って感じがしてすっごくかわいい。
息子を遠慮なく殴るわ蹴るわで、とにかく厳しい黄泉パパ……修羅くんとしても、こんなに厳しい黄泉パパを見だのは初めてだったんでしょうね。
しかし、その厳しさには“愛”がある!(大笑)
「オレよりあいつと戦って欲しかった」というのは、修羅くんに自分では教えられない何かを、幽助から学んで欲しかった、という意味なんだろうな……と思うと、本当に修羅くんに期待している様子の黄泉パパが、ものすごい息子想いのパパさんに見えてくるのでした。
「この次はお前も主役の1人になれ」……ああ、本当に自慢の息子なのねえ(だって、主役になれる素質はあると思ってるからこそ、言える台詞だものね)。
かわいいと言えば、本気でハマッちやうんじやないかと恩うぐらい、修羅くんがかわいい(苦笑)。
どんなに妖力が強くても、所詮は0歳児(……なんだよね、おそろしいことに……)。
1000年は軽く生きている黄泉パパににらまれて、びびってしまっても無理はない(笑)。
あれだけぼろぼろになって、それでも強がりを言う子供の修羅くんが……しかし、自分の弱さを認められるほどには大人な修羅くんが、とにかく愛しいのです。
悔し涙を隠そうともせず、延々と泣き続けている修羅くんが……かわいい、かわいい、かわいい、かわいい……ああ、どうしましょう(余談ではありますが、その昔、村上もとか先生の『六三四の剣』というマンガに修羅くんというキャラがいて、その子がまためちゃくちゃかわいくてけなげで、私は大好きだったのです……今の子に言ってもわからない古いマンガなんですが)。

幽助の宣言

“注目の選手たちは順当に勝ち残っていた”……というところを見て、ちょっと考えました……やはり、北神さんたち4人組では、北神さんが残ったのかしら……う~ん。
けど、幽助が久しぶりに元気元気でうれしい限りですね。
この子は、黄泉パパじゃないけど、本当に楽しそうに戦うわ。
幽助が元気だと、幽遊というマンガ自体が元気なのね。
だけど幽助! トーナメントで優勝したやつが、まっとうなやつならそれはそれでいいだろうけど、ただ強いだけの大馬鹿、もしくはとんでもない野心家だったりしたら、どうするつもりだ!
……なんか、とんでもないことになっちゃうと思うんですけどねえ。
幽助は、普段はな一んにもしないで、妖怪たちに好き勝手させといて、大きなトラブルが発生して、助けを求められた時に乗り出してトラブル解決するだけ、という王様になりそうな気がします。
幽助のいう“大将”ってのは、多分、ただの象徴というか目標みたいなもので、結局、魔界には支配も権力も不要だと思ってるんじゃないかしら。
それって、おそらくは骸が目指していた、魔界の理想的な在り方に似ているんでしょうね。
だからこそ、骸は幽助の宣言をあんなにうれしそうに聞いていたんじゃないのかしら。
それにしても……飛影ちゃんがとうとう1コマも出なくなってしまったぞ!
飛影ちゃん、早く出てきてね。ず一っと出てこないと、修羅くんに浮気しちゃうから(冗談です。例え、1年間、姿を見せなくても、私の最愛はいつでも飛影ちゃんよ!)。

今週の冨樫先生のコメント
GW。現時点では予定は決まっていない。一つわかっているのはGW後のキツイ体調。

前説→幽遊のこと
後説→幽遊のこと・その3、もしくは、彼らが帰る場所

tag : 幽遊白書

◆◇◆◇◆ 1994/05/08(日) ◆◇◆◇◆

『幽遊白書』 「魔界統一トーナメント」 感想

今週の心の叫び
黄泉パパはかわいいねぇ

不親切なあらすじ

ついに魔界の支配者を決める魔界統一トーナメントが開始された。
まずは多すぎる出場者を減らすための予選ブロックの組み合せ抽選会が開かれたわけだが、そこには主役である幽助、骸、黄泉の他に、黄泉の息子である修羅も姿を見せていた。
さて、いよいよ始まる魔界統一トーナメント予選ブロック……本職に残る128人は誰か?

黄泉パパと修羅くん

ポッドの中にいた時は、どんな小憎らしいガキが現れるのかと思っていましたが、修羅くんてばむちゃくちゃかわいくて、もう最高!
や~ん。かわいいわ。かわいいわ。
と、きゃんきゃん喜んで、ハタと気づく……月人くんはよしとして(えっ? よくない?)、こんな生後1年も経っていない子供に私は何をヘラヘラしている……。
なんだか、ショタコンもここにきわまれり……といった感じがして、ちょっとめまいがしました(それでもかわいいもんはかわいいよね)。
それにしても、修羅くんもかわいいが、黄泉パパはもっとかわいいぞ!(大笑)
黄泉ってば……性格、変わりすぎ……。
幽助だけじゃなく蔵馬も、「おまえ、変わったぞ」とつぶやいていたに違いない(笑)。
ああ、子供を産んで(?)ここまで人格、変わるとは……おそろしすぎるわ。
それに、「パパ」って呼び方がまたかわいいわ!(「お父ちゃん」とかだったら、また別の意味でかわいかったけどね)。
修羅くんみたいにね、親に対して媚でもなく虚勢でもなく、ああいう態度が平然ととれる子供って、絶対に親の愛情を一身に受けて、自分が親にかわいがられるのは当然のことだ、と思ってるの。
親の愛を信じて、それを失うことを恐れないってのは……失うことをまったく考えてないってことですものね。
これはもう、修羅くんて黄泉パバ(いつのまにか“黄泉”は“黄泉パパ”になっていた(苦笑))に溺愛されて育てられたとしか思えない!
きっとね。修羅くんが生まれてからは、毎日毎日、厳しい戦闘訓練の後で、「今日もまた少し強くなったな。えらいぞ」とか言って、頭をなでなでしてたのよ……もう……私、想像しただけで笑い死にしそう(本当にワープロ打ちながら笑ってます……ああ、冨樫先生ってば……あいかわらずの見事すぎるフェイント……)。
「生意気なガキだな」と言われて、「そうだろう」とあっさりと答える黄泉パパ……その脳裏には、修羅くん相手の悪戦苦闘の日々が鮮明に浮かび上がっているのでしょうね(ああっ、やっぱり駄目……想像すると……笑いの発作が……)。
修羅くんはすでに、黄泉パパの“切り札”ではありませんね。
なんだか黄泉パパはすでに、すべてを修羅くんに托しきってしまったような感じがします。
もう、雷禅さまみたいに隠居生活に入る覚悟なのかもしれないわ。
毒気がぬけて、欲がぬけて……もう黄泉パパは何も望まない。国と過去を捨て去って、後はもう修羅くんと魔界の未来を見守るだけの自分になりたいのかもしれません。
彼はきっと、1000年もつっぱしり続けて……いいかげん、疲れきっていたのでしょうね。

参加者たち

骸がついに皆の前で素顔をさらしましたね。
やっぱり……美人ですねえ。私ってば、結構、この人が好きなんですよ(それでも“骸さん”と素直に呼べない、私の複雑な心情……しくしく)。
「最低でもそこの男には負けるな」って……やはり、自分は黄泉よりも強い! という意味なんでしょうか?(だけど、幽助と骸が互角になっちゃったら、飛影ちゃんが困るんじゃないのかしら(笑))。
あいかわらず、凍矢はかわいいし、孤光さんは美人だし……けれど、今回の狙い目は棗さんですね!
前回、お顔がよく見えなかったんだけど、なかなかの美人!
今回のシリーズは美人の新キャラが多くて、とってもうれしい私なのです(けれど、美形の新キャラがいない……)。
ああ、これで桑原くんとコエンマさまが再登場して、幽助と飛影ちゃんがいちゃいちゃしてくれたら最高なんですけどねぇ(結局のところ、そういうことしか考えられない私って……)。
とにもかくにも、始まってしまった魔界統一トーナメント……みんなが楽しく喧嘩できれば、それこそ最高だと思います。

今週の冨樫先生のコメント
1日何歩ぐらい歩くか教えてみた。4月5日、32歩。トイレと風呂以外は部屋を出ず…。

前説→幽遊のこと
後説→幽遊のこと・その3、もしくは、彼らが帰る場所

tag : 幽遊白書

カレンダ
04 | 1994/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク