◆◇◆◇◆ 1996/12/27(金) ◆◇◆◇◆

『レベルE』No.014「Boy meets girl」,No.015「Full moon…!」&No.016「Honeymoon…!」 感想

 とりあえず、最初から順序だてて書きましょう(苦笑)。
 まずは、カラーレンジャー続編。
 王子さまがいないと、『レベルE』はこんなにもノーマルなマンガになるんだなあ、というのが感想かしら(笑)。
 そういえば、王子さまがほとんど登場しなかった、コンウェル星人編(王子さまが描いたマンガのおはなし)は、かなり正統派な短編マンガの趣があって、これが『レベルE』というマンガから独立して、短編として発表されてもまったく違和感はないだろう、という感じだった。やはり、『レベルE』独特の雰囲気をつくっているのは、あの王子さまなんだろうな(それとも、王子さまがいるからこその『レベルE』、というのが正しいのだろうか?)。
 それにしても、あいかわらず仲がよくってフェミニストなカラーレンジャー諸君が、私は大好きだ。
 黛くんはやっぱりクールで何を考えているのかよくわかんないけど、横田くんに対してあれだけつっかかっていったところを見ると、この子はこの子なりにイラついていたんだろうな、と思う。
 清水くんと横田くんは、意地っぱりだけど、すっごくまっすぐなところがまったく変わってない。
 百地くんの徹底した女好きもまったく変わってなくってねえ……(寂しそうな女が好みとは、年の割にシブイなあ)。
 それで、赤川くんは、仲間はずれにされているようで、実はしっかりとした役割を持って、仲間に必要とされているような気がする。この常識はずれな連中には、常識はずれなくらい常識的な赤川くんが必要なんだよ。うん。
 ところで、話は変わりますけど、ようやく5人のフルネームが出てきましたね(清水くんの名前だけは前から出てましたけど)。黛くんてば真夜って名前なんてすね。かわいいなあ(赤川くんの太陽って名前はスゴイ)。


 次は、王子さまご結婚編。
 クラフト隊長が「バカ王子。バカ王子」と連呼してたのは、あれは悪口じゃなく、れっきとした名前だったんですね! 「王子さまの名前がわかんない!」とかずっとファンの間で騒いてたんだけど、実はちゃんと作中で明かされていたん,ですね!(えらいひっかけ問題だな)
 もしかしたら、この王子さまの名前こそが、『レベルE』最大のギャグだったのかもしれない……って、ずいぶんと前フリの長いギャグだな……。
 それにしてもルナ王女はスゴイ! の一言。
 このお姫さまは、本当に熱心に、王子さまの成長を見守り、その行動を追いかけ、観察し続けた結果、誰よりも王子さまのことを理解するにいたった。
 これは本当にスゴイ!
 だって、あの王子さまを本気で理解したいと考えること自体が、ものスゴイことだと私は思うのよ!(おそらく、クラフト隊長も雪隆くんもそんなことしようと思ったこともなかっただろう)
 一途に一途に王子さまのことを愛し続け、王子さまのことを理解しようと努力し、王子さま好みの女になろうとがんばり、日本語までマスターし、ついにあの王子さまにみずから結婚指輪をはめさせ、「キミ、サイコー」と言わせたこのルナ王女は天下無敵の大物だと思うわ。
 おまけに、このルナ王女がまたおそろしくカワイイんだ!
 王子さまが自分の肩のホクロのことを覚えてくれてた、というだけのことで、「うれしさのあまり、本当に頭おかしくなりかけました」と言い、本当にうれしそうに笑った時のあの表情が、もう信じられないくらいカワイイ。
 で、「変な女ですが、末永くよろしくお願いします」という挨拶もめちゃめちゃカワイイ(このルナ王女のどこが変て、王子さまの性格を完璧に理解したうえで、あそこまで王子さまを愛しているところだと思う)。
 ここまで王子さまを理解し、愛してくれる女性なんか、広い宇宙のどこを探してもみつからないに違いない!
 王子さまもすばらしいお嫁さんをもらえて、本当によかったね。うん。


 そして、最後はハネムーン編。
 これはもう、王子さまは何才になっても王子さまでした、ということで、話が終わってしまう(苦笑)。
 それにしても、あの王子さま(この頃には]王さまになってるんだな)とルナ王女の娘なんて、想像しただけでもとんでもないなあ。
 「ぼくはホラを吹く時は、常に命がけの覚悟で臨んでいる」というのは、王子さまらしい台詞だけど、ホラを吹かれる相手のことはまったく考えてないあたりが困りもの(ホラを吹かれる人は命なんか懸けたいとは思ってないんだから……)。


 『レベルE』が終わってしまった。
 なんとなく、そうなるような気はしていたんだけどね。
 冨樫先生という方は、『幽遊白書』のラスト付近を読んだ限りでは、連載を終わらせる時は、それそれのキャラクターにきちんと決着をつけたがる。
 雪隆くんが再登場したあたりはまだそうでもなかったが、カラーレンジャーにさせられた小学生たちが変わらず5人で仲よくやっている……ここらへんでもう、「ああ、冨樫先生が決着つけにきたぞ」という気配を感じていた。
 そこへ来て、王子さまが結婚だから、「これはもうダメかも」という気分になっていたら案の定である(苦笑)。
 この感想をしばらく書いてなかったのも、まあ、そんな理由があったからで……こういう予想があたるのは、かなりムナシイ……(幽遊の時もそうだったよ)。
 最終回を読んだ後は、「やっぱり終わったか……」という感じで、悲しいとか寂しいとかいう感じもしなくって、ただボーッとしてたんだけど、1週間過ぎて、こうやって文章書いてたら……なんだか異様に悲しくなってきた。
 そうだよ。私は悲しかったんだよ。1週間も経って、ようやくわかったよ(ニブイにもほどがある)。
 『レベルE』を『幽遊白書』ほどに愛していたわけではない。私にとって、幽遊は特別すぎるほど特別なマンガだから。
 それでも、『レベルE』というマンガも、やはり『レベルE』なりに愛していたわけで(ここらへん、ちょっと表現が変ですかね)、毎月毎月、『ジャンプ』を楽しみにしてて、月イチは待つ時間が長すぎてつらくって、それでも「冨樫先生がそうしたくてそうしたんだから、我慢しなくっちゃ!」と我ながらケナゲなこと言ったりして……あ~う~……なんかすっごく未練たらしいこと書いてるな、私。
 『レベルE』は過ぎるほどに冨樫先生を感じさせるマンガだったから、私は『レベルE』が好きだった。
 私は冨樫先生が好きで、『レベルE』は冨樫先生のマンガだから、私は『レベルE』が好きだった!
 そして、『レベルE』が終わってしまって、こんなにも悲しくて寂しくてツライ。
 王子さまをもっと見ていたかったし、クラフト隊長とサド隊員ももっと出番が欲しかったしね。
 それでも、それが冨樫先生が定めたサヨナラならば、それを受け入れるしかない。
 冨樫先生を本気で追いかけるのって、結構、疲れるよねえ。他のマンガ家さんのファンはこういう苦労はしてないと思うなあ(苦笑)。
 しかししかし、それでも私は冨樫先生を追いかけ続けるのだ!
 いつまでも、冨樫先生のマンガを読み続けるのだ!
 冨樫先生を追いかけてる私たちが疲れているのなら、それ以上に冨樫先生は疲れているんだろうと思うし、私が冨樫先生のマンガを読んで幸せな気分になれるのなら、それ以上に冨樫先生に幸せな気分を感じていて欲しいと思う。私はそういうファンでありたい。
 冨樫先生。
 冨樫先生のご健康とご多幸を祈りつつ、冨樫先生の次回作に1日もはやくお目にかかれることを願っています。
 この1年半弱の間、たくさん楽しませてくださって本当にありがとうございました。
 またいつか……お会いしましょう。


今週の冨樫先生のコメント
朝のホットコーヒーがうまい季節になってきた。私の朝は午後4時以降なのだが。
マイボール買ったら20以上アベレージが上がった。この際平均200目指しまっせ。
あっという間に年末になってしまいました。と、いうわけで終了です。また、いつか会いましょう。
スポンサーサイト

tag : 冨樫義博 レベルE

カレンダ
11 | 1996/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク