◆◇◆◇◆ 2011/09/28(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2011年42号 感想

今週の『ジャンプ』の表紙を店頭でみてドン引きだよ。
うわぁ~。なんかめっちゃさわやかマンガっぽいじゃん『HUNTER×HUNTER』(爆)。

『黒子のバスケ』(第134Q それでも最強は)
掲載順高っ。逆にビビるわっ。

青峰無双すぎて、これから先、赤司の試合とかどうすんねんっ、とか思っちゃう。
ここで誠凛敗退シナリオだったらビックリだよなあ。

『銀魂』(第三百七十訓 バラガキからの手紙)
高杉が出てきちゃった。
そっかぁ、ここから高杉につなぐかあ。

ところでやっぱり銀さん=白夜叉ってのは一応、秘密だったらしい。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』(標的354 ヴェルデと骸)
ヴェルデの脳内の骸様がすごい格好させられてる。
一体、どーゆーイメージなんだよ。
ヴェルデってやっぱりなんかずれてるよなあ。まあ、アルコバレーノはみんなどっかずれてるけど。

で、なんとガンマ再登場っ。うれしい~。
でも、真六弔花まで再登場で、本当にオールスターキャスト状態になってきたな。
ところでユニちゃんはなんで10年後と同じ姿なんだろう。

『バクマン。』(148ページ 一発勝負と一話完結)
死んでいてもなお、サイコーにとってのマンガのお師匠さんは川口たろうで、川口たろうは死んで後もサイコーを助けてくれるのだなあ。

幼かったサイコーがおじさんとの会話をしっかり覚えているあたり、サイコーってほんとにおじさんのことが好きだったんだなあ、って思う。
で、甥っ子が自分を慕ってくれて、真剣に話をきいてくれるんだから、おじさんもサイコーがかわいくてしかたなかったろうなあ。

『ぬらりひょんの孫』(第百七十一幕 大脱出)
巻と鳥居のコンビは本当にたくましいとゆーかなんてゆーか。
でも、意外に魔魅流が二人に親切でちょっとほのぼの。

清継くんが来て、リクオ様がきて、清十字団が渋谷に集結……って、島はどうしているんだろう。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2011/09/26(月) ◆◇◆◇◆

『青の祓魔師』ちょこっと考察・雪男にとってのハッピーエンド

昨日のアニメ『青の祓魔師』の第24話「魔神の落胤」を観て、思ったことをちょこっと。

最近、原作でもアニメでも雪男が不憫すぎて、ぼんやりと「雪男にとってのハッピーエンド」ってどんなんかなあ、と考えていた。
要するに、雪男はどういう状態になれば「幸せ」と判定できるのか、ということなんだけど、昨日、アニメで雪男が「助けて、兄さん」と、燐に腕を伸ばしたシーンをみて、「ああ、雪男にとってのハッピーエンドってこれなんじゃないか」って思った。

子供の頃の雪男は、ああいうふうに素直に、なんのてらいもなく、まっすぐに燐に向かって「助けて、兄さん」と言える子だったんだろうな、と思う。
でも、今の雪男はそんなことはできない。
「兄さんは僕が守る」と決意した時から、雪男は「助けて、兄さん」なんて言葉は口にできなくなったんじゃないかと思う。

雪男にとって燐は、守ってくれる対象から、守るべき対象に変化してしまったから、どんなに助けて欲しいと願っていても、雪男はその言葉を吐くわけにはいかなくなった。

だからこそ、雪男が、燐の手助けを必要とした時に、素直に、なんのてらいもなく「助けて、兄さん」と口にできるようになることこそが、雪男にとってのハッピーエンドで、それは燐にとってもハッピーエンドなんじゃないかと思うんだ。

アニメがとんでも展開になってる、とか思ってたけど、燐と雪男の関係については、実はものすごくまっとうなオチをつけようとしてるのかしら、という気になってきた次第。
さて、残るはあと1話。サタンとの関係にどう決着をつける気だ!

tag : 青の祓魔師

◆◇◆◇◆ 2011/09/23(金) ◆◇◆◇◆

『おおきく振りかぶって』17巻 ちょこっと感想

ひぐちアサ先生の『おおきく振りかぶって』17巻が出てた!
今回の表紙はARC、キャラクタプロフィールもARC。
いや、実はぱっと見でどの学校かわからなかったという(苦笑)。
端っこにいる太田川でわかったんだけどね。正確には、太田川のあの口でわかったんだけどね。

表紙マンガは春日部の双子ちゃんのおはなし。
てか、こんなおっきな子が二人もむわんむわんさせながら家の中うろうろしてたら、そりゃあお母さんだってたまらんだろうさ。

巻末おまけで、栄口と水谷がイヤフォンわけあってる絵に萌えた(笑)。
これはもうデフォなのねっ。そうなのねっ。

あと、花井のピアノ弾ける設定にはビックリ。
器用な選手って感じがしてたけど、そーゆーとこまで器用だったんだな。

それにしてもこの巻だけ読むと、榛名が主役だと思われそう。
まあ、次の巻はさらに榛名主役だけどねっ。


17巻収録分の『アフタヌーン』掲載時の感想です → 準々決勝・5準々決勝・6ビクビクとイライラ準決勝

tag : おおきく振りかぶって ひぐちアサ

◆◇◆◇◆ 2011/09/20(火) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2011年41号 感想

『バクマン。』(147ページ 使い捨てと闘争心)
東先生をあくまでもサポートしようとする服部さんがオトコマエっ。
でも、東先生にはここまで芽が出なかったのは自分の力不足という思いがあるし、服部さんをだましてしまったという後ろめたさもあるしで、なかなか前向きな気持ちになれない様子。
まあ、そんなもんだろうなぁ。

あいかわらず亜城木夢叶びいきな新妻エイジ。
そして、佐々木編集長も、ひいきしているってことはないだろうけど、亜城木夢叶(というかサイコー)に他の作家さんたちとは違う種類の思い入れを持っているのは確かだろうね。
で、「編集長も亜城木先生はお気に入りか」という七峰のセリフ……。
もしかしてこれは亜城木夢叶争奪戦なのか?(爆)

ところで、高浜くんはいつのまにか福田組の一員になってたのか? それとも亜城木組のみんなは、自動的に福田組認定なのか?(笑)

『めだかボックス』(第114箱 「黒神めだかに勝てるかも」)
オリエンテーション編ついに決着!
なんかさわやかに終わったなあ、おい。

てか、人吉くんはどーなった!

『家庭教師ヒットマンREBORN!』(標的353 それぞれの代理)
アーデルハイドがすっかりお母さんキャラになっとる。
だけど、こっちの方がいいなあ。

『銀魂』(第三百六十九訓 悪ガキどもの祭典)
「この攘夷志士、白夜叉の首。とれるもんならとってみやがれい」って、なんだか銀さんカミングアウトしちゃってるけど、これって一応、秘密じゃなかったっけ?
なんかもう、そこらへんの設定が思い出せなくなっちゃってるんだけど。

『ぬらりひょんの孫』(第百七十幕 パニック)
清継くんがなんかカッコエエ~。
とか思ってたら、ナイフ構えてる巻の方がおっとこまえだった件。
てか、ナイフ持ち歩いてる中学生って……。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2011/09/14(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2011年40号 感想

『SKET DANCE』(第200回 妹の悩みに悩む兄に悩む妹とその仲間達 後編)
表紙が水着女子だらけで「おおっ」と思ったが、そのあとで『めだかボックス』の裸エプロン女子祭りを見てしまったため、インパクトが薄れてしまった(苦笑)。
いやあ、こんなネタカブリの形、はじめて見たわ。

とりあえず、小細工などせず真正面からきっちり説得した方がはやい、というおはなし。
まあ、そうだよね。安形は基本的にさっぱりした性格の人だし。

『めだかボックス』(第113箱 「めだ関門」)
センターカラーでなぜか裸エプロン女子祭り……で感涙にむせびなく球磨川……の絵。
なにごとかと思ったら、そういえば、球磨川が1位になったら女子は全員、裸エプロンとかいう約束があったね。いやあ、あの約束がこーゆー形で実現されるとわっ。
てか、球磨川がキャラクター人気投票で1位! それも2位のめだかちゃんの4倍近い票をとって!
今回、球磨川、かなりいいとこいくだろうとは思ってたけど、これほどとわっ。
それにしても、喜界島ちゃんと江迎ちゃんのツーショットがエロい……。めだかちゃん&くじらちゃん姉妹はなぜか色気がないよね。

めだかちゃんに「高貴!」と呼ばれて幸せ度MAXな阿久根くんがめっちゃかわええ。

『ぬらりひょんの孫』(第百六十九幕 地獄絵図)
総大将は今は「ご隠居」って呼ばれてるんだね。まあ、リクオ様に家督を譲ったってことになってるんだから、当然か。私は「総大将」って呼び続けるけどね。

リクオ様の変身の理由は、畏れを「守り」から「攻め」にふったから、だそうだ。
技に性格がふりまわされるって一体……。
それにしても、あいかわらずリクオ様とイタクはなかよしさんだな。

カナちゃんを一緒に連れまわす、と宣言したリクオ様。
確かに、都内はどこも安全じゃない、とすればリクオ様の近くがもっとも安全かな?

カナちゃんに嫉妬しつつ、リクオ様を信じてくれる人間がリクオ様には必要なんだ、と考えるつらら。
なんだかんだで、自分の気持ちよりリクオ様の気持ちを優先するところがかわいいなあ、と。

『黒子のバスケ』(第132Q 青峰君を止めることはできません)
黒子くんがさらにマジシャンぽくなってきた!(笑)

『magico』(第26話 Q&A)
シオンに裸をみただけでスリーサイズを計測できるスキルなんてあるのか? と思ったら、やっぱり持ってなかった。ほうきで測るとかちょっとズルだよね(笑)。

でも、この二人って確かに誕生日とか血液型とか興味なさそう。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2011/09/07(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2011年39号 感想

『クロガネ』(1本目 ヒーロー)
新連載。
しかしどうにもこの設定は『ヒカルの碁』を思い出して遠い目になってしまう……。

『銀魂』(第三百六十七訓 歯車に絡まった茨)
久しぶりに沖田がかっこいいとこみせたと思ったら、のっけから伏せ字攻撃(笑)。
いや、女性に対して、なんの躊躇もなくあーゆーことを言っちゃえるのが沖田だよねえ。

『SKET DANCE』(第199話 妹の悩みに悩む兄に悩む妹とその仲間達 中編)
安形の残念っぷりがひどすぎるんだが……。
てか、知らない間に残念な人にされてる椿が気の毒。

『黒子のバスケ』(第131Q 信じてるぜ)
掲載位置が低いとこさまよってるわりにセンターカラー多くないか?

黒子くんと火神と木吉のトリプルチームとか、どんだけ戦力割いてんだって感じだけど、それっくらいやらなきゃ勝ち目がない、ってことなんだろうなあ。

『ぬらりひょんの孫』(第百六十八幕 リクオ変貌)
リクオ様変身! って、なんか髪がおりちゃってるんだけどっ。あの横に流れてる髪はぬらりひょんのアンデンティティかと思ってたんだけどっ(笑)。

で、みかけだけじゃなく、「カナちゃん」を「カナ」と呼んだり、若干、性格も変わっちゃってる。
なんか、二代目っぽくなってるとゆーか。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
(標的351 頼み)
久々に現代ヴァージョン・ディーノが登場。
ところでどうしていつもディーノはこんなにキラキラしてるんだろう(笑)。

アルコバレーノたちは、自分が頼みごとができる中でもっとも強い者、に声をかけているようにみえる。
おや、天下一武道会? と思ったんだけど、リボーンはツナとディーノさんに依頼してるから、もしかしてタッグマッチだったりするのかな、と妄想。

 リボーン → ツナ&ディーノ
 コロネロ → 家光&ラル・ミルチ
 マーモン → XANXUS&スクアーロ
 スカル  → 炎真&アーデルハイド
 ヴェルデ → 骸&クローム

とかいう組み合わせだったらいいなあ。
風は誰に頼むんだろう。雲雀さんかな? でも雲雀さんのパートナーが思い浮かばない(山本とか?)。

『magico』(第25話 開幕!!!)
「お前がどんなに太ってたって…平気…だからな」って、それフォローになってないよ、シオン。
まあ、そこがわかってないのがシオンのかわいいとこなんだが。

tag : 週刊少年ジャンプ

カレンダ
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク