FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2011/09/26(月) ◆◇◆◇◆

『青の祓魔師』ちょこっと考察・雪男にとってのハッピーエンド

昨日のアニメ『青の祓魔師』の第24話「魔神の落胤」を観て、思ったことをちょこっと。

最近、原作でもアニメでも雪男が不憫すぎて、ぼんやりと「雪男にとってのハッピーエンド」ってどんなんかなあ、と考えていた。
要するに、雪男はどういう状態になれば「幸せ」と判定できるのか、ということなんだけど、昨日、アニメで雪男が「助けて、兄さん」と、燐に腕を伸ばしたシーンをみて、「ああ、雪男にとってのハッピーエンドってこれなんじゃないか」って思った。

子供の頃の雪男は、ああいうふうに素直に、なんのてらいもなく、まっすぐに燐に向かって「助けて、兄さん」と言える子だったんだろうな、と思う。
でも、今の雪男はそんなことはできない。
「兄さんは僕が守る」と決意した時から、雪男は「助けて、兄さん」なんて言葉は口にできなくなったんじゃないかと思う。

雪男にとって燐は、守ってくれる対象から、守るべき対象に変化してしまったから、どんなに助けて欲しいと願っていても、雪男はその言葉を吐くわけにはいかなくなった。

だからこそ、雪男が、燐の手助けを必要とした時に、素直に、なんのてらいもなく「助けて、兄さん」と口にできるようになることこそが、雪男にとってのハッピーエンドで、それは燐にとってもハッピーエンドなんじゃないかと思うんだ。

アニメがとんでも展開になってる、とか思ってたけど、燐と雪男の関係については、実はものすごくまっとうなオチをつけようとしてるのかしら、という気になってきた次第。
さて、残るはあと1話。サタンとの関係にどう決着をつける気だ!
スポンサーサイト



tag : 青の祓魔師

カレンダ
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク