FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2011/11/30(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2011年51号 感想

『黒子のバスケ』(第143Q 軽いものなはずないだろう)
アニメイラストが公開されてたけど、なんかシャープな感じになってるね。
藤巻先生の絵って、妙にほのぼのしてる感じがツボなんだけど、それってアニメじゃ表現しにくいのか、スポーツアニメとしての面を強調してちょっとシャープめにしてるのか。
まあ、バスケやってるシーンだから、そうみえるだけかもしれない。
それにしても、黒子くんも火神も声優が「小野さん」とかちょっとまぎらわしい(苦笑)。

今回、めっちゃふつーにバスケマンガだった件(爆)。
てか、リコちゃん、容赦なさすぎだから。
あれだけたくさん平手打ちくらわしたら、リコちゃんもかなり手が痛かったろうに……がんばったんだね。うん。

帰国子女のわりに、すっかり先輩後輩関係になじんでる火神がなんかほほえましい。
最近、敬語も間違わなくなったし。
まあ、藤巻先生が設定忘れてるだけかもしれないけど(←禁句)。

とりあえず、火神と黒子くんを温存した形で勝てたのは、誠凛にとって大きなことなんだろうなあ、と思う。
あと、水戸部先輩とツッチーを場に慣らすという意味でも。

ところでラストページ、紫原がでかすぎない?

『HUNTER×HUNTER』(No.326◆開戦)
レオリオって、パラディナイトって名字だったの? なんか妙にかっこええ。

ビスケがかわいらしくポージングしてて笑った。

キルアの脳内ゾディアック家相関図によると、パパさんとママさんはラブラブらしい。よいことですなあ(笑)。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』(標的363 驚異のチーム)
ツナの気持ちをくみとって、雲雀さんとの戦闘を避けた山本&獄寺。
なんだかんだでよいコンビネーションだなあ。

そして、フランは骸が預かっていた……。なんだかんだで、骸とフランは相性がいいのかも。
これをヴァリアーが知ったら、自分たちが獲得しておくべきだったと思うのか、それでもあんなのの面倒みるのはイヤだと言い続けるのか……。
他の連中はともかく、マーモンは残念がりそうな気がする。

『ぬらりひょんの孫』(第百八十幕 青行燈)
清十字団の面々は、奴良組本家にかくまわれていた。
まあ、今のところ一番、安全な場所だろうしね。

せっかく妖怪がうじゃうじゃしている場所にいるのに、それどころじゃない清継くん。
その必至さになんかうるっとくるなあ。
じいちゃんも孫が友人たちに愛されていることを知ってうれしそうだ。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

カレンダ
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク