◆◇◆◇◆ 2012/09/30(日) ◆◇◆◇◆

アニメ『黒子のバスケ』1期(←決め付けている)完結によせて

アニメ『黒子のバスケ』の1期(←決め付けている)が完結したので、ちょこっと感想をば。

私は元々、『黒子のバスケ』が連載開始当初から好きで、3年くらい前に思いつきでこんな記事(「『黒子のバスケ』は『キャプテン翼』の正統後継作なんじゃないかというおもいつき」)を書いちゃってるくらいで、『週刊少年ジャンプ』で2年以上、連載が続いてるスポーツマンガでアニメにならないのって珍しいよなあ、やらないのかなあ、とか思ってたんだけど、いざ、アニメ化の発表されたら、制作が Production I.G で、実は若干、不安になったんだった。

いや、だって、I.Gでスポーツものって、想像がつかなかったんだもの。
それに、最初に発表されたアニメ絵がずいぶんと硬質な感じがして、藤巻先生の絵のイメージとはちょっと食い違ってたんだもの。

でも、アニメがはじまって、最初の頃こそ絵柄の違いに戸惑っていたものの、すぐに慣れ、ものすごく夢中で観ることに(爆)。

いやあ、I.Gのボディアクション系の作画力の高さは知っていたけど、それがバスケというスポーツを表現するのに、ものすごくはまっていたというか、とにかく絵のレベルがとてつもなくよかった。

ことに、最終回近辺でやっていた青峰VS.黄瀬の試合では、それがもうとんでもないことになっていた。
いや、テレビアニメであそこまでバリバリにかっこよく絵が動かせるんだね。


そして、なんといってもキャスティングがすばらしかった!

特に黄瀬っち@木村良平さんはもう……なんかもうすばらしすぎた。
どこからどう聴いても黄瀬っちの声なんだもん。
うぉ~。その声でもっと「黒子っち」って言ってください!(爆)

あと、高尾@鈴木達央さんも、最初は違和感があったんだけど、今ではなじみすぎて、マンガ読んでてもあの声で再生される始末。
うぉ~。その声でもっと「真ちゃん」って言ってください!(爆)

黒子くんは、女性声優がキャスティングされるんじゃ、と思っていた(←VOMICでは女性声優さんが演じてらしてような記憶がある)けど、小野賢章さんのどこか中性的な声は、ふわっとしてるんだけど、か弱いわけじゃない、威圧的ではないけど、力強く揺らぎがない、無表情なんだけど、実は表情豊か、という黒子くんの微妙なキャラを絶妙に表現してくださっていたと思う。


それと、なんといってもあのあざとい(?)週替わりEDとエンドカードには、毎週毎週、ころげまわっていた。

エンドカードで一番のお気に入りはなんといっても14話の黒子くん&青峰のツーショット。
1話の黒子くん&火神と対になっているあの絵は、黒子くんと青峰の間に漂う絶望感みたいなものを感じさせてくれてゾクゾクしたよ。

替わりEDでは、日向&今吉&緑間のメガネ男子トリオの絵が、なんといってもすばらしかったね~。


今になってみると、いろいろな要素がステキにマッチングして、本当に久々に、おもしろくて超絶かっこいいスポーツアニメを観せてもらえました。
正直なとこ、なんであのシーンカットしたし、といった恨み言もあったりするんだけど、今期(←決め付けている)はあの試合でしめるのが最良だったと思うので、テレビアニメという尺ががっちり決められている中では、まあ、しかたないです。
とにもかくにも本当にスタッフ&キャストの皆様に感謝感謝です。


ああ、ところで、3年前に『キャプテン翼』との関連性について思いをはせていたわけだけど、今ではもうそんな考え、みじんもありません(爆)。
『黒子のバスケ』は、今までのスポーツものにはなかった独自ルートを歩んでいるように、今は思える。
けれど、このマンガはあくまでも『ジャンプ』の「王道」スポーツものだとも思うんだ。

「王道」を拡張して「独自」ルートをつくってる、というか。

ああ、でも、『キャプテン翼』がひとつの「王道」路線をつくりあげた、という考えでいけば、そういう意味で『黒子のバスケ』が「正統後継作」になるかもしれない、という思いつきを捨てなくてもいいような気がするな。

まあ、ここらへんもあんまりうまく考えがまとまってないので、また3年後くらいに考えなおそう(笑)。
スポンサーサイト

tag : 黒子のバスケ

◆◇◆◇◆ 2012/09/27(木) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2012年43号 感想

『ハイキュー!!』(第30話 飛びかた)
表紙だよ。巻頭カラーだよ。
人気あるのかね。うれしい。

止められても止められても、心が折れるどころか、集中力を増していく日向くん。

中学の時までは、自分が止められたらそれで試合終了だったんだよね。
でも今は、どんだけ自分が止められても、挽回の余地がある。
何度でも何度でもチャレンジできるし、それを周囲のみんなもバックアップしてくれる。

今、日向くんはどんだけうれしいんだろうなあ、とか思っちゃって、ニコニコしながら読んでた。

『暗殺教室』(第12話 支配者の時間)
別記事(「子供たちの支配者と子供たちの守護者の邂逅」)。

『黒子のバスケ』(第182Q 届かない)
実渕って「レオ姉」って呼ばれてるんだ。チーム公認のお姉キャラなんだ。

緑間と高尾の必死さが、せつなくなってくるほどに、赤司は圧倒的だった。

緑間は赤司のことをよく知っていたはずなのに、結局のところ、赤司をほとんど理解していなかったのかもしれない、とか思った。
誰にも底をみせない赤司。
常にいっぱいいっぱいなところであがいてきた黒子くんとは対照的だよなあ。

なんとなく思ったんだけど、赤司って「無邪気」だよなあ。
うん、邪気が無い。
よこしまになるっていうのは、自分に足りないものを得ようとあがいてるってことなんじゃないかと思うわけで、自分に足りないものはないと思ってそうな赤司は、そういったものとは無縁の存在なんじゃないかな。
同じように無邪気な人・紫原が、赤司を慕っているのも、そういう濁りのなさに引き寄せられちゃったんじゃないかね。

でも、敗北を知り、自分の中のバスケに対する欲を知った紫原は、もう無邪気ではいられない。
対して、赤司は変わらず孤高の存在だ。
敗北を知れば赤司は変わるのか?
う~ん。変わんないような気がするなあ。

紫原の無邪気さは、子供のそれで、知らないからこその無邪気さだけど、赤司はなんか次元が違う感じだからなあ(苦笑)。

『めだかボックス』(第163箱 「新しい」)
いやこれ、オーバーキルドレッドを呼んでこないとダメなんじゃないかな(←作品が違うからっ)。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』(標的402 呪解バトル)
この土壇場でも、リボーンはツナの家庭教師という立場を守り抜くつもりなんだなあ。

てか、死ぬ気弾って、ものすごくひさしぶりのような気が。

tag : 週刊少年ジャンプ 黒子のバスケ ハイキュー

◆◇◆◇◆ 2012/09/26(水) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第12話 支配者の時間 感想、もしくは、子供たちの支配者と子供たちの守護者の邂逅

今回の表紙は、渚くんとカルマくんと茅野ちゃんで暗殺者コスプレ。
茅野ちゃんがかわいすぎる~(じたばた)。
それにしてもあいかわらず、渚くんが男の子にも女の子にもみえる。


冒頭からいきなし殺せんせーが増殖しとる。
いやあ、マンツーマンの授業とか贅沢どすなあ。

ただでさえチートすぎると評判の殺せんせーは、渚くんによると、チートっぷりを増しているらしい。
いや、ただでさえ最強キャラなのに成長させてどうする。

これは、能力が増していっているということなのか、能力をコントロールする技術が磨かれていってるということなのか。


「1年後に地球を滅ぼす準備なのかな」
パワーアップした殺せんせーにそんなことを思う渚くん。
殺せんせーをどれだけ慕っていても、やっぱり「地球を滅ぼすかもしれない存在」であるということは、無視できないんだろうなあ。

でも、結局のところ「なんにしても」程度の軽さで打ち消しちゃったりして……。

こういうのって、地球が滅びるなんてスケールが大きすぎる話に対するリアリティがわかない、ってのもあるんだろうけど、1年後の滅亡より、今の楽しい学校生活の方が大事っていうことなんだろうね。
学校が地獄状態だった時期があっただけに、今の楽しさを少しでも損ないたくないんだろうなあ。


さて、先週で伏線を張られた理事長先生の妨害工作がはやくも登場。
展開がはやいなっ。
てか、しょっぱなっから理事長先生みずからが隔離校舎に乗り込んでくるとわ。

顔がみえてなかったんで、なんとなく『魔人探偵脳噛ネウロ』の早坂兄みたいなのを想像してたんだけど、もっとさわやか系だった(←そりゃあ、あんなにみるからにあやしい人が理事長してたら学校の信頼性ゼロだよな)。
まあ、うさんくささは早坂兄に負けず劣らず、って感じだけどね。

「学はない」とか腰の低そうなことを言いつつ、やさしげな笑みを浮かべつつ、だけど、自分の要求を突きつけるだけ突きつけて、誰の言葉も聞く気がないなこの人。


ところでもしかして、理事長先生は殺せんせーの正体を知ってる?
そこんところがものすご~く気になる。


殺せんせーと理事長先生の初対決は、理事長先生の圧勝のもよう。
あれだけ頭がいい殺せんせーがなんで知恵の輪がとけないかな。
「1秒」とか制限つけられてテンパったのかな。
理事長先生が殺せんせーの正体を知ってるとしたら、テンパりやすい性格だ、とか、実はパズル類が苦手だ、とかいう情報を持ってる可能性もありそうだ。


とにもかくにも、ついに現れた殺せんせーの天敵。
来週は触手攻めにあってるかもしれないけどな(爆)。


回想シーンの渚くんが、『魔人探偵脳噛ネウロ』の犯人みたいな豹変っぷりで笑った。
犬耳のカチューシャつけてヒステリアやって欲しい(笑)。

tag : 暗殺教室 松井優征

◆◇◆◇◆ 2012/09/18(火) ◆◇◆◇◆

『おおきく振りかぶって』第93回「秋季・地区大1回戦・7」 感想

さて、6回に入った西浦と武蔵野の試合。
秋丸を注視する西浦の面々。
なにやってんのと思ったら、秋丸のクセ探しだった。

ずっとブルペンキャッチャーだったら注意されることも少ないし、クセをみつけやすいはず、かあ。
なるほど。秋丸がやる気を出してくれたんなら、武蔵野に悪いことないじゃん、と思ってたけど、秋丸がサインを出すことで、榛名から盗めなかったものが、秋丸から盗みだせる可能性があるのか。
さすがに阿部は抜け目ないなあ。


「組み立ては単におぜんだて、打者をアウトにすんのは投手の力だ!」という榛名の思い。
こーゆーところがわかっているから、秋丸は榛名に何も言えなかったのかもなあ。
それこそ、言いなりになる以外、やりようがあるの? って感じ。
でも、この強気こそが、榛名をここまでの投手に仕立て上げたって気もする。


さて、めいいっぱい榛名に本気出されて、アウトになってしまった田島。
一試合中で攻略できない球はないらしいんだけど、さすがにむずかしいようだ。

とか、思ってたら、花井があっさりホームランとか。
おもわずポカーンってなっちゃった。

田島に力入れすぎちゃったってのはあるだろうけど、それでもホームランだよ。
なにこの突然の開花、とか思ってたらモモカンもびっくらしてたという(苦笑)。

で、舞い上がってる花井にとどめをさしたのが、田島の「お前スゲーぞ!!!」だったりね。
花井、どんだけ田島を意識してるのかと。

まあ、花井にとって田島は憧れの対象だったり、コンプレックスの対象だったりしたわけで、それがようやく対等のライバルとしてみてもらえた、って感じだからね。
でも「予想外なんだよ」とか、田島、なかなかに失礼(←でも確実に本音だな)。

人前(特に試合中)ではネガティブなことを言わない田島だけど、パワー的に自分が打つのがむずかしいホームランを花井に打たれちゃって、ちょっとくらいは心穏やかならぬものがあったりするのかも、とか思っちゃったりしたんだけど、それはそれでモモカンの思うツボのような気が。

ようやく訪れた花井の春(苦笑)。
西浦のみんなは何も言わないし、花井が悪いとも思ってないだろうけど、花井は自分で自分を責めちゃう傾向があるんで、きっといろいろとつらかっただろうなあ、とか思ったらちょっと泣けてきたり。


さて、西浦のベンチ内でひとつの画期的な状況変化があったように、武蔵野のベンチ内でも秋丸の画期的な状況の変化があった。
「オレまで回せ!」っていうのは「オレがなんとかしてやる!」って意味だよね。
いくら秋丸でも、それくらいはわかってるよね(←失礼)。


来月も休載とか……さびしいけど我慢するしかない。しくしく。

tag : おおきく振りかぶって ひぐちアサ

◆◇◆◇◆ 2012/09/17(月) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2012年42号 感想

『クロス・マネジ』(第1話 探し物とラクロス女)
新連載。
ラクロスってのもめずらしいけど、女子部のマネージャーを男子がやるっていう設定もめずらしいな。

とりあえずあれですよ。
豊口ちゃんがかわいすぎるっ!
このかわいさだけでも読み続ける価値がある!

『暗殺教室』(第11話 集会の時間)
別記事(「無価値であることに価値がある子供たちの反抗」)。

『ニセコイ』(第42話 エンニチ)
センターカラー。
掲載順位も安定してるし、だいぶ人気があるようでうれしい限り。
『ダブルアーツ』を連載してた頃は、この人がラブコメもので人気が出るとは思いもよらなかったよなあ。
なんとなくだけど、今の方が肩の力が抜けていきいきしているように感じる。
でも、『ダブルアーツ』を再開させて欲しいなあ、という気持ちもあったり。

それにしても、つぐみちゃんがかわいすぎる~(じたばた)。

『黒子のバスケ』(第181Q 差し出そう)
赤司のトンデモっぷりがとどまらなくて生きていくのがつらい(←意味不明)。

意図的に自殺点いれたあげく「両の眼をくり抜いて、お前達に差し出そう」って……。
いや、そんな眼なんかいらないよっ。

「そこまですることねえだろ!」ってゆーチームのリアクションがもうね。
高尾の言う通り、本当にくり抜くわけないって思うのが当然で、そこは「何、おおげさなこと言っちゃってんの」ってリアクションが普通だと思うのよね。
でも、赤司なら本当にやるっていう、思えちゃうよねえ、確かに。

「お前達がいて負けるはずがない」って言ってる時の笑みが怖すぎる。
これほど怖い笑顔はめったにない。藤巻先生がいやな方向に画力を増してるなあ(←ほめてるつもり)。
これで士気が上がる連中のメンタリティも怖いよね。すでに赤司の支配下って感じで。

『SKET DANCE』(第249話 スイッチ・オン-9)
以前、ちらっと出てきた絵では、空いた窓から侵入したきた、ってイメージだったんだけど、実際はスティックで窓ガラスを割って、ボッスンが突入してくるっていう、ずいぶんと乱暴なことになってた。

あの回想シーンはなんだったんだい。

『ハイキュー!!』(第29話 “脳”)
なるほど、セッターがチームを支えてるんじゃなく、チームがセッターを支えている、ということなのか。
でも、支えていれば、期待に応えてくれる、という信頼があるからこそだよね、これは。

セッターの影山くんのアタックにショックを受けるアタッカー陣にちょっと笑った。
本当に影山くんはハイスペックだなあ。
アタッカーとしてもやっていけそうじゃないか。

『めだかボックス』(第162箱 「箱庭学園のすべてが」)
「ケシオト」ってどういう競技なんだろう。
てか、人吉くんはこの頃からはずかしい人だったんだね(笑)。
まあ、それを黒歴史と受け取る程度には成長しているらしいが(←失礼)。

『クロガネ』(51本目 王者の剣)
「三千円のラグナロクさん」にうっかり爆笑してしまった。
前回の「副部長ってのはさぞかし地獄なんだろうな?」といい、もしかして私、このマンガがものすごく好きなんじゃないのか? と思えるほどのヒットっぷりである。

『BLEACH』(BLEACH 507. The Fire3)
総隊長の卍解技「残火の太刀」がめっちゃかっこええ。
こういうかっこよさは、さすが久保先生だよなあ、って思う。

でも、卯の花隊長の言う通り、これって下手するとソウルソサエティを滅ぼすよね(苦笑)。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2012/09/17(月) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第11話 集会の時間 感想、もしくは、無価値であることに価値がある子供たちの反抗

今号のこの掲載位置はナニゴト~。
実質トップやないか~。
いかん、めっちゃ落ち着かない(←巻末に慣れすぎているネウロファン特有の症状と思われる)。
ジャンプフェスタの告知ページにも、アニメ化作品の主人公たちにまぎれて殺せんせーが載ってるし、もしかして人気があるのかな(←なにげに失礼)。


さて、今回の表紙は生徒紹介シリーズ。
E組のなかでも個性が強い面々らしいが、奥の方にいる綺羅々ちゃんというそのままキラキラネームな子が気になる!

あっ、コミックスの1巻は11月に出るのか。待ち遠しいなあ。
『魔人探偵脳噛ネウロ』の時は、コミックスでのサービスが多かったので、今回も期待してますよ、松井せんせー!

ところで、「No1学園触手漫画」って、誰とNo1を競ってるんだ……。


月に1度の全校集会ということで、いつもの教室を離れているE組の連中。

E組はずっと山の中の隔離教室にいるのかと思ったら、全校集会には出るのね。
まあ、「見せしめ」ということでE組が存在しているのなら、たまには文字通り「さらす」ことが必要なのか。

で、もともとE組は悪い意味で注目の的だったんだろうけど、今回は別の意味で注目の的。
シュっとしたかっこいいお兄さん、巨乳で美人な外人のお姉さん、そんな先生方とやけに親しげで楽しそうなE組……。

多分、殺せんせーが来る前のE組の子供たちは、集会の間、ずっと下を向いて、屈辱に耐えながら時間が過ぎるのを待っていたんだろうね。
で、それが、E組の存在意義だった。
でも、今では陰湿な扱いに憤ってくれる烏間先生とイリーナ先生がいて、何よりもさりげに守ってくれる殺せんせーがいる。
だから、E組のみんなはもう下を向かない。
他のクラスの生徒たちよりもよっぽど生き生きと振る舞っている。

けれど、それはE組の「存在意義」にはむかう行為なんだよね。
学校側からみれば。


実際問題として、あんな歪んだ教育を受けていたら、高校や大学の進学率が高くなったとしても、社会に出た時にその弊害が現れるような気がするんだが、理事長の「合理性」は進学率という数字に対する合理性だから、子供たちの将来までは考慮に入ってないんだろうなあ。


ところで、今回の読んで「ああ、そういうもんだよなあ」と思ったのは、「誰だよ笑い所つぶした奴!!」って台詞。
やられているE組の子供たちはそれを「屈辱的」と受け止めているのに、やっている方にとっては「笑い所」でしかないんだよね。
この薄気味悪いギャップが、なんかリアルでやだなあ、と思った。

でも、だからこそ、殺せんせーが手書きでつくってくれた資料をみつめている渚くんの、「大丈夫、今の僕たちには殺せんせーがいるんだから」って勝手にアテレコしちゃいたくなるような表情に、ものすごくホッとしたんだよね。


そんなこんなで無事に終了した全校集会。
でも、E組の変化は誰の目からみても明らかだった。
それはつまり、E組の「価値」を下げる方向への変化だったわけだけど。

脅されてる渚くんを助けようとした烏間先生を止めた時の、にやにやしてる殺せんせーの顔が、余裕かましてる時の縞模様で、本当に信じきってるんだなあ、って思った。
でも、信じてはいても、烏間先生を怒らせるのを承知で、わざわざ集会に出向いてきたわけで、そこんとこ過保護というか心配性な感じがして、なんかかわいい。


「殺そうとした事なんて無いくせに」
と言った時の渚くんが、びっくりするほど美人だった。
自分たちはものすごい経験をしてるんだよ! お子様なんか相手になんかしないよ! と言わんばかりのドヤ顔!

私の中で渚くんが、黒子くんに並ぶ『ジャンプ』連載マンガの美人キャラの双璧に昇格した!(←ちょっと前まで黒子くんとリクオ様がツートップだった)


ところで、こんな集会の顛末をきいたら、カルマ君が「おれも集会に出たかった」とか言い出しそうだ(笑)。


殺せんせーが来て以来、自然に囲まれた隔離教室は、表向きは殺せんせーを殺すための「狩り場」であり、子供たちにとっては殺せんせーという絶対的な存在に守られた「楽園」だった。
そんな特別な「教室」の中で閉じていたストーリーが、「学校」単位に広がった今回。
でも、出発点を考えれば、「地球」規模のストーリーなんだよね、実は(苦笑)。
こんだけスケール感がよくわからないマンガもめずらしい。


ところで読み返してみると、あいかわらず文章が脈略ないね。
まあ、ウィークリーで書く感想はこんなもんだよ。うん(←開き直りっ)。

tag : 暗殺教室 松井優征

◆◇◆◇◆ 2012/09/13(木) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2012年41号 感想

『暗殺教室』(第10話 プロの時間)
別記事(←もはや考えるのがめんどくさくなった)。

『クロガネ』(50本目 桜夏の夜明け)
そうか、もう50回か……地道に続いてるなあ。

アサギリの「副部長ってのはさぞかし地獄なんだろうな?」にうっかり爆笑してしまった。
いや、いい台詞なんだけど……なんかこう……笑える(←失礼)。

『黒子のバスケ』(第180Q 似てんなお前らと)
カラーの緑間がよいねえ。
こうやってるとさわやかスポーツ青年にみえる(笑)。

で、緑間が繰り出した赤司攻略法は、スリーポイントを構えた手元まで、高尾にボールを運んでもらう、というスゴ技。
影山くんと日向くんの変態アタックかよっ!
と思わずツッコんでしまった。

でも、高尾はスゲー奴なんだぜっ! ってアピールしてもらえてうれしい。

『戦星のバルジ』(最終話 戦星のアストロ)
終わっちゃったなあ。
この人の絵はめちゃくちゃ好きなんだけどね。
なんかいつも盛り上がりが中途半端で終わってしまうなあ。
残念。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2012/09/13(木) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第10話 プロの時間 感想、もしくは、とりあえずツンとデレを両立させてみたらしい

連載10回目でセンターカラー!
掲載順もずっと上位だし、年内は安心できそうね。
でも、油断せずアンケートハガキを出し続けるんだぜっ。


で、センターカラーはパステル調の渚くん。
松井せんせーの絵でこういう淡い色調は珍しいような。
静けさが感じられてステキな絵なのに「秘密の殺園」のアオリでだいなしだっ!
編集さん、なんでも「殺」に置き換えてればそれでOKとか思ってないだろうな(苦笑)。

とか思ってたら、ページ開いたとこのアオリが「日本よ、これが触手だ!!」。
……意味不明すぎる。


プライドずたずたでいらいらしてるイリーナ先生。
「あんな事されった」って言ってるカルマ君もいろいろとされてるんだけど、もはや忘れ去っているのか、イリーナ先生の方がひどいことされてると思ってるのか。


「落ちこぼれ」という言葉に敏感に反応するE組の生徒たち。
やっぱり、それぞれに鬱屈した想いを抱いてるんだろうなあ。
で、ついに学級崩壊!

「巨乳なんていらない!!」って、いや、きみの年なら、これからまだ望みがあるぞ!(笑)

でも、学級崩壊の図が、なんかかわいくて笑った。
いや、双方にとって深刻な問題だってのはわかってるんだけどね。
なんつーか、子供たちがストレートだなあ、と思って。それと、イリーナ先生が子供たちと同レベルだなあ、って。


そんなこんなで、調教されたイリーナ先生が殺せんせーにデレる展開になるのかと思いきや、なんと生徒たちにデレる展開にっ!
ちっちゃいフォントで「悪かったわよ、いろいろ」って台詞が書いてあるのかなんともかわいい。
「それなら文句無いでしょ?」って……これは今までにない破壊力!
なんか、今まで松井せんせーの絵でこういうかわいらしさをみたのははじめてのような気がする。


「暗殺対象」と「教師」。
「暗殺者」と「生徒」。
E組にいるのは2つの立場を両立している者だけかあ。
それを理解したうえで、烏間先生は「暗殺者」と「教師」を両立させているわけね。

烏間先生と会話している殺せんせーの悪い顔をみて、殺せんせーは「悪い大人」と「良い先生」を両立させてるんだなあ、と思った。

E組の生徒たちは、元々、「生徒」としての存在価値がないと判断された子供たち。
その子供たちに「暗殺者」という新たな存在価値を与えたのが殺せんせー。
殺せんせーが「悪い大人」になればなるほど、生徒たちにとっては「良い先生」になる。
烏間先生にしてみれば、おもしろくないことこのうえないだろうなぁ。


ところで、最後のページのアオリ。
「黒目がちな瞳の奥に映るは…?」
あれを「黒目がち」というのか……私には黒目しかないように見えるが(苦笑)。

tag : 暗殺教室 松井優征

◆◇◆◇◆ 2012/09/05(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2012年40号 感想

『ハイキュー!!』(第27話 ネコとカラスの再会)
扉絵のでっかい図体でもじもじしてる感じの旭さんがなんか妙にツボった。
それにしても、エースなのに、謙虚というかおとなしいというか。
それに対して、日向&影山コンビの騒々しさときたら(苦笑)。

でも、今の影山くんの様子をみたら、昔のチームメイトはびっくりするかもね。
当初に比べてずいぶんと表情豊かになったもの。

『暗殺教室』(第9話 大人の時間)
別記事ですのん。

『黒子のバスケ』(第179Q 諦めていません)
「天帝の眼 -エンペラーアイ-」とかまた大仰なネーミングがでてきたよ。
これって、赤司がつけてんのかね。
案外、キセキの世代が使ってる技も全部、赤司がネーミングしてたりして(←なんかありえそう)。

それにしても、「撲殺すんぞ」とか具体的すぎるよ、宮路先輩(笑)。

このマンガに出てくる先輩ズはどこのチームもかっこええ。
最初っからほぼ最強な「キセキの世代」に対して、媚びるわけでなく、もたれかかるでなく、ちゃんと先輩として厳しくやさしく接している。

多分、帝光中時代の「キセキの世代」は赤司の独裁体制で、先輩の存在感なんてかけらもなかったんだろうなあ、と思うので、緑間とか黄瀬は先輩という存在がいてくれることの心強さを、高校生になってようやく実感しているのだろうなあ。

ところで、高尾は緑間を好きすぎると思う(爆)。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』(標的399 窮地)
なんかもう壮絶なことになってきた。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2012/09/05(水) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第9話 大人の時間 感想、もしくは、悪い大人は好きなようです

殺せんせーがボタン海老食べて、ピンクになったらかわいいよね!(←今週の殺せんせー紹介を読んで思ったこと)


すっかり「ビッチねえさん」が定着してしまったE組。
子供たちなりに反抗心を示してるのかもね。
それにしても、子供たちが素直に不満を口にするところといい、それをきいて「すまない」と謝るところといい、烏間先生はすっかりE組になじんでるなあ。


470粒の散弾×1分に360発×3人=1分で169200発の散弾を受けても、まるでダメージを受けない殺せんせー……無敵すぎる。
もしかして対先生弾だったら殺せたんじゃない? とか思ったりしたんだが、鉛弾でかかってくると見越したうえで、わざわざ追い込まれてみせた、というところなんだろうな、多分。

殺せんせーが強すぎて、イリーナ先生が気の毒におもえてくる始末なんだが、ここから先、殺せんせーをあくまで無敵キャラとするのか、とんでもない弱点が設定されていたりするのか……う~ん……今のとこ、弱点というと「生徒たち」くらいしか見当たらんなあ。


殺せんせーに関する新知識。
鼻がないわけじゃなくって、普段は見えないほど小さいだけ。
「どれか2つ」ということは、目の上に鼻があるのかもねっ。


そんなこんなで「お手入れ」されちゃって、ドS女王様がブルマ体操服に……色気のかけらもないな。
しかし、イリーナ先生が着れるようなサイズの体操着をどこで購入したんだ、殺せんせー!(←アダルトショップに変装して潜入してる絵を想像すると、とてつもなく笑える)
はっ、もしかして殺せんせーのお手製かも!(←ブルマを縫い縫いしている絵を想像すると、とてつもなく萌える)


ところで「触手プレイでドS女王様をM奴隷に転向させてコスプレさせる」とか、字面だけみると、とんでもなくエロいんだが……。
はやくもアニメ化とゲーム化の希望を断ちましたね、松井せんせー(爆)。

イリーナ先生のお手入れなんぞどうでもいいので、渚くんにお手入れを早よ!(←いかん、本音が……)

tag : 暗殺教室 松井優征

カレンダ
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク