FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2013/02/16(土) ◆◇◆◇◆

『おおきく振りかぶって』第97回「秋季・地区大1回戦・11」 感想

対武蔵野戦もついに9回に突入。
ついに、三橋の秘密兵器(?)が投入されるっ!

三橋がナックルカーブを練習したのは、叶みたいに落ちる球が投げたかったのと、名前がかっこよかったから、かあ。
三橋を野球の道に誘い込んだのは浜ちゃんだけど、投手の道に誘い込んだのはやっぱり叶なんだなあ。
きっと、幼い三橋の目には、叶がやってることはなんでもかっこよくみえたんだろう(←今でもそんな感じだけど)。
それと、「ナックルカーブ」って名前がカッコイイってのはわかる!
なんか必殺技っぽい(笑)。

ボールにしかならないから、使おうとしなかったナックルボール。
でも、他の球と混ぜ込めばきちんと武器になる、と阿部が証明してくれた。
「お前の“まっすぐ”は目くらましかもしんねェけど、お前のコントロールはどこの誰が見たってスッゲエんだよ!」という台詞からは、阿部の三橋への絶大なる信頼が感じられてちょっと泣ける。

「打たれたらオレの責任」
「三振取れたら、阿部君の手柄だ!」
この三橋の気持ちも、ちょっと前までは自分を卑下する感じにきこえてたけど、今は、三橋が卑屈になってるわけでもなく、阿部を過剰に持ち上げてるわけでもなく、単純に、ものすごく素直に、三橋はそう思ってるんだろうなあ、と感じる。

三橋と阿部はお互いを好きすぎるよ(爆)。

ところで、田島が「アレ投げんのか! ビックリさせてやれ!」って言ったのは、ナックルカーブを投げられること自体がすごいんだから、相手もビックリするぜ! 的な意味だったのかな。
ナックルカーブの希少性について、三橋はそんなに深いこと考えてないっぽいけど、ネットで調べてみた限りでは、これを投げる選手はかなり珍しいらしいし……。

さて、秋丸がやる気になったのは、榛名にとっては喜ばしいことで、おかげでめっちゃ上機嫌だけど、その秋丸のクセを西広がみつけてしまった。
今まで、公式戦にほとんど出てこなかった秋丸だから、武蔵野のみんなも本人も、あまりそういったものに気を遣ってこなかったんだろうか。
それとも、西広の観察眼が鋭いということなんだろうか。
いずれにしても、阿部の復帰により試合に出られなくなってしまった西広にも、活躍の場があるってのはうれしい。

それにしても、阿部の「80球制限がなつかしいな」にはちょっと吹いた。
いや、80球制限のためにどんだけ苦労してきたのよ、阿部。
でもまあ、気持ちはわかる。対戦相手としては、さっさとマウンドから降りてもらいたい、というのが正直なとこだろう。
9回まで投げてきて衰えてないとか、やっぱり榛名は只者ではない。

さてさてさて、ここにきて、ついに水谷の出番だよ!
今回はナイバッチ水谷であることを期待しよう!
スポンサーサイト

tag : おおきく振りかぶって ひぐちアサ

カレンダ
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク