FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2013/05/02(木) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第4巻 ちょこっと感想

『暗殺教室』のコミックスの4巻がでた。
この表紙、ネットでみるとどぎつい感じの色なんだけど、実物をみると、ポップでおいしそう(?)な色だよね。
この色を決めるのに、松井せんせーとデザイナーさんがものすごく悩んだんだろうなあ、とか思うと、愛おしく思える色です。


カバー折り返しのコメントで松井せんせーが、「連載していない期間は、朝起きたら次にやる事は夜寝る事でした」と書いていらして、その間、いろいろと厳しいことがあったんだろうなあ、とか思ったらちょっと泣けた。
松井せんせーがマンガを描き続けてくださって、本当にありがたい。

正直、『魔人探偵脳噛ネウロ』ファンとしては、『暗殺教室』がこんなに売れていることは複雑で、いや、ネウロももっと売れてもよかっただろう、と思うわけなんだけど、まあ、そんなものこれから売れればいいわけで(笑)、大事なのは松井せんせーがマンガで食べていけるってことで、だからやっぱり360万部突破おめでとうございます!(←日本語がおかしい)


中表紙はまさかの写真。
この殺せんせー球、つくったの?


キャラクタープロフィールはイリーナ先生。
まだ20歳で初めて人を暗殺したのが8年前って……師匠、子供に何やらせてんのっ。
めっちゃ重いもんを背負ってんなあ。
本人がボケ要員(?)になっちゃってるだけに、あんまり実感ないけど。


まさかの見開きで『ソニックニンジャ』の人物相関図キターッ!
これは覚えておいた方がいいんでしょうか、せんせー(笑)。


キャラクタープロフィールその2は磯貝くん。
イケメンで暗殺能力的にもかなり優秀っぽい。
野球編でめっちゃ度胸のいいとこもみせてくれたし、ちょっととぼけた印象だけど、実はめっちゃハイスペックなんだね。
こんななんでもそつなくこなせそうな子がなんでE組に落とされたし。


巻末は渚くんの設定集。
どれもこれもかわいすぎる。
特に体育座りしてる二等身絵がかわええ。
こんなポーズの渚くんのきゅんキャラが一番くじで出たら、当たるまでひきそうな気がっ。


「棺桶から墓場まで」……短いつきあいでございました。


コミックス掲載分の感想です → 第26話 師匠の時間第27話 克服の時間第28話 映画の時間第29話 転校生の時間・二時間目第30話 まさかの時間第31話 苦戦の時間第32話 絆の時間第33話 球技大会の時間第34話 先攻の時間
スポンサーサイト

tag : 暗殺教室 松井優征

カレンダ
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク