FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2015/09/09(水) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第154話 冬休みの時間 感想、もしくは、クリスマスと年末年始と節分が一緒に来たような

センターカラー。
渚くんのコスチュームがめっちゃかわええんですけどっ。


実写映画は第一弾は観てないし、第二弾も観る気はなかったんだけど、松井せんせーが監修に入ってることと、「死神」をニノがやるということで、俄然、観る気になってる。


クリスマスイベントも正月イベントも飛ばされたっ! と思ってたら、まさか2月になって回収するとわ。
やけっぱちな感じでクラッカーのひも引いてる寺坂くんが、めっちゃツボった。
あと、ヘソ出しサンタコスは誰の趣味だよ……。

「死神」は多分、バラエティとかマンガとかアニメとか、子供たちが好きそうなものにはほとんど触れないで生きてた人なんじゃないかな。
だから、先生をやるにあたって、子供たちが好きそうなものには一通り手を出してみたんじゃないかな。
で、最初は子供たちを理解するためというか、子供たちとの接点をつくるためだったけど、今では素でそういったものが大好きなんじゃないかな、と妄想している。

こうやって、アイスクリームを抱えて、テレビを観て、無防備に笑ってる姿を「死神」の絵に置き換えてみて、ああ、こういう姿を雪村先生はみたかったのかもなあ、と思ったり……。

まあ、殺せんせーの姿だと、確かに若干、腹立つけどな(笑)。

それにしても今回の殺せんせーのコスプレイヤーっぷりがハンパない。
あの衣装、全部、殺せんせーの手作りなのかね。
子供たちが落ち込んでいる間、せっせと手縫いしてたのかね。
とか考えると、若干、腹が立つな(苦笑)。


「やっと日付に思い出が追いつきましたねえ」って、夏休みの宿題の絵日記を、8月31日にまとめて描く子供のよう。


「教室」は卒業するもの。

椚ヶ丘の中3の子たちは、E組以外はだいたいそのまま高等部にそのままあがるんだろうから、E組の子たちだけが散り散りになってしまうんだよなあ。
他のクラスの子たちよりも、一足はやく、E組の生徒たちは自分の未来を見つめなくちゃいけないんだなあ。

E組に入った時はきっと、みんな、この教室から出たくてしかたなかったんだろうけど、今ではここを出ることを考えるだけで、つらそうな表情になってしまう。
ここが、あまりにも満ち足りた場所になってしまったから。


そして、「先生」は普通、卒業はしないものだけど、殺せんせーもまた、E組を卒業する。

殺せんせーは、雪村先生に託されたこの子たちが卒業して、もし生き続けることができたら、次は何を目指すんだろう。
スポンサーサイト

tag : 暗殺教室 松井優征

カレンダ
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク