FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2018/03/31(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年17号 感想

『Dr.STONE』(Z=51 石の世界にスイーツを)
前回、スマホの「ホ」をつくるとか言ってたのに、今回、わたあめつくってて笑った。
いや、あれは揺れちゃうよね。
司はあれだけのからだをつくるまでにかなりストイックな食生活を送ってた可能性が高いので、甘味ごときではよろめかないだろうけど、他の連中はよろめくよね。
甘いもの欲しいと思っても、花の蜜をすすってみる、くらいしかやりようがないような世界だもんね。
生まれた時から普通にお菓子を食べてきた連中が、わたあめなんかで懐柔されても納得できるわ。

ゲンがコーラで懐柔されたのは、もちろんコーラが飲みたい、ということもあっただろうけど、その味によって蘇る、豊かな時代のあたりまえな喜びを思い出させてくれるから、というのもあるんじゃないかな、という気がする。
汚い大人たちに搾取されている、とか司がもっともらしく演説しても、搾取されてるけどコーラ飲める世界の方が良くない? と問われたら、よろめくよ、そりゃ。

『ONE PIECE』(第899話 "最後の砦")
ベッジの船は沈んだか……。
まあ、ベッジさえ無事なら一味まるごと逃げ切れるから便利だよね。

ジャッジがめっちゃサンジのことけなしたのに、ルフィはサンジのいいとこばかり言ってるって感じたのがおもしろい。
「メシ炊きに従事し」「弱者の為に命を危険にさらす」を「めっちゃうまい料理つくる」「どんな時でも弱者を見捨てない」と変換したんだろうけど。
あそこでジャッジがわざわざルフィに問いかけたのは、自分が価値をまったく認めなかった息子を、命がけで取り戻そうとしたルフィに興味があったのか、サンジにはおまえがそこまで執着する価値なんてないぞ、とあざ笑いたかったのか、それとも、ジェルマはもうサンジのことを完全に見捨てたから勝手にしろ、という宣言だったのか……。

いろいろと推測はできるけど、サンジは自身が納得できる形で筋を通しジェルマと縁切りをした、というのは確定で、これでようやくサンジがジェルマに煩わされることはなくなるんだな……と思うと、いやあ、ここまで長かったよなあ、と思う。
多分、レイジュさんのことはちょっとだけ引っかかってるだろうけど、レイジュさんはあんな男どもでも家族と認めてジェルマとして生きていくという確固たる意志を持ってるから大丈夫だろ。

『ハイキュー!!』(第295話 化け烏)
ノヤさん、着実にトスあげるのうまくなってる。
そして、試合中なのに、気軽にそれを褒める夜久さんがステキだ。

『鬼滅の刃』(第103話 縁壱零式)
腕を6本にしないと動きを再現できなかった、という初代様、どんだけだ。
でも、それをからくりで再現した方がすごい気がする。
大量生産できたら上弦を倒せるかもしれん。

時任くん、日の呼吸の使い手の子孫ってことだけど、本人は日の呼吸の使い手じゃないという。
そうだよね。霞柱だもんね。
子孫は残ってても、技は継がれなかったということなのか。

ところで今の炭治郎に特訓させたら、蝶屋敷の人たちが激怒して殴り込んできませんか?

『ブラッククローバー』(ページ150 瓦解)
転生って、エルフの頃に持ってた能力と、今の肉体が持ってる能力を両方とも使えるの?
それって強力すぎない?

『火ノ丸相撲』(第186番 いざ頂上決戦!!)
レイナさんを早速不安にさせて、潮くんなにしてんの。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2018/03/21(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年16号 感想

『ジガ-ZIGA-』(第1話 悪夢→現実)
ジャンプで怪獣ものってちょっとめずらしいよね。
ていうか、しょっぱなからヒロインが腕だけになっててこわすぎるんですけど。

『ONE PIECE』(第898話 "必ず戻る")
ジェルマはなんだかんだいってもやっぱり強いな。
レイジュ姉さんはともかく他の兄弟たちがサンジを逃したのは、ジェルマにとってビッグ・マム一味が明確に敵になって、サンジの利用価値もゼロになったから、ということなんだろうけど、ちょっとくらいは借りを返す、という気持ちもあるのかな、って思った。

あと、ブリュレ、カタクリが負けたこと黙ってればよかったのに、なんで話しちゃったし。
おかげでビッグ・マム陣営が混乱してるし。
まあ、ブリュレは今回の件でもっとも振り回されて、今、パニック状態だから、自分の言葉の影響力が理解できないんだろうけど。

『ハイキュー!!』(第294話 ゴミ捨て場の決戦)
カラーの扉絵、お姉ちゃんと妹ちゃん版・龍虎の対決なのね。
どっちもめっちゃ頼もしいなあ。

音駒の応援の女子がリエーフのことを「クールな感じ」って言ってて笑った。
いや、黙って立ってればそうみえるのかもしれないけど!

しょっぱなから怒涛の殴り合い……。予想通りの展開ではある。
最後のコマの研磨のうれしそうな楽しそうな顔がすごくよかった。
これ多分、研磨的にはテンションマックスだよね。

『ブラッククローバー』(ページ149 転生)
「転生」ってのはエルフ族の魂を波長の近い人間を探して乗っ取らせるってことなの?
イメージとしては「生まれ変わり」というよりは「憑依」なのかな。
これって、アスタがアンチ魔法の剣で斬れば元通りになったりするのかな……。

金色の夜明け団が反転する展開になるのかと思ってたら、ゴーシュやらラックやらリル団長やらまで連れてかれるのかっ。
基準がよくわかんないんだけど、貴族階級の連中がもってかれてって、王族(アネゴレオン様、ノエル、ミモザ)は無事って感じ?
でも、ラックは平民出身だったような……。
ユノは下民だけど、親がどこの階級に属してるかはわからないからな。

想像以上に絶望的な状況になってきたんだけど、これどう収拾つけるの?

『Dr.STONE』(Z=50 人類最強の武器)
司がめっちゃすごいアジトをつくりあげてるんだけど、人海戦術でここまでやったんだろうな。すごいな、
「毎日死ぬほど働いて家賃だなんだ半分以上奪られる」といっても、そのおかげであったかい部屋でマンガやらネットやらに興じられるわけで、何者かに搾取されてるかもしれないけど、コーラを飲んでラーメン食べられる方がいい、というゲンの思考の方が納得できるよな~。

今度はスマホの「ホ」をつくるか……。
要するにトランシーバー的なものなんだろうと思うんだけど、なるほどこうくるか、って感じ。

『鬼滅の刃』(第102話 時任くんコンニチハ)
時任くん、無表情で子供殴っててこわい。
ていうか、目の焦点が常にあってなくってこわい。
柱合会議の時は、無気力系にみえたけど、戦うこと以外には一切興味ないバトルマニアだったか……。

ていうか、初代様によく似ている戦闘用からくり人形、ハイスペックすぎない?
柱と対等に戦えるってどんだけだよ。
『からくりサーカス』を思い出した。

「時任君コンニチハ」ではじまって「時任くんサヨウナラ」で終わらないことを祈ろう。

『ノアズノーツ』(No.2 みなとみらい遺跡の冒険)
ループものの作品はいろいろあるけど、最初っからループものだ、と宣言されてる作品は意外とめずらしいような気がする。
ていうか、文明が繰り返してるだけじゃなく、台風という自然現象までループしてるってどういうことなの?

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2018/03/18(日) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年15号 感想

『ブラッククローバー』(ページ148 これまで)
ヴァンジャンスじゃなくてリヒトかと思ったら、リヒトでもなかったという……。
この人、あのストーカー(?)か。

だけど、これまでの描写をみるかぎり、エルフが人間に襲われて全滅した、というのも確実じゃないように思える。
なんか推測ばっかりで証拠がないというか。

『鬼滅の刃』(第101話 内緒話)
表紙の恋柱さんがかわいすぎる。
ていうか、恋柱さんはめまぐるしく表情と感情が動いて本当にかわいいなあ。
しかし、自分より強い男と結婚したいって……。
しのぶさんが唯一、鬼の頸を斬れない柱、ということは恋柱さんは斬れるだけのパワーを持ってるってことだよね。
ハードル高すぎるだろ。

柱の中では煉獄さんが一番、結婚に向いてそうな気がするんだが、いなくなっちゃったしなあ。
宇髄さんはすでに嫁が3人だし、他の男連中はどうみても結婚向きじゃないし……。
結婚相手を探す場所を間違えてるとしか……。

炭治郎の「あっ、気をつけてください!! 乳房が零れ出そうです」はめっちゃ笑った。
いや、このせりふはすごい。
少年マンガ誌でこんなセリフをみたのははじめてじゃないかな。

それにしても、ねずこちゃんの恋柱さんへのなつきっぷりがすごい。
炭治郎相手以外でこんなに楽しそうなねずこちゃんははじめてみた。

『Dr.STONE』(Z=49 そして現代へ)
あんな戦闘があって、村を傷つけられたのに「一人の犠牲者も出さずに敵を撃退した。我々石神村の勝利だ!!」って言いきっちゃう元村長さん、強い。
それに元気いっぱい乗っかっちゃってる村民も。

村民の命が一番大事、と言い切れるのは強いよなあ。

『ハイキュー!!』(第293話 約束の地)
鵜養監督と猫又監督の、一途にバレーを愛し続けた日々のひとつの終着点が、ここなのだな。
そこに鵜養監督はいることができなくて、でも、孫がそこにちゃんと立ってるし、生中継もみることができる。

ものすごい重みのある「約束」だけど、両監督ともそれを選手たちに押し付けようとは思っていない。
ただ、それぞれの時間がつながって、つらなって、今、ここにいることをかみしめているだけなんだよね。

『HUNTER×HUNTER』(No.377◆画策)
ネオンちゃん死んじゃったの?
まあ、組を牛耳ってるはずのクラピカがここにいるってことは、あのファミリーがすでに壊滅してる可能性が高いな、とは思ってたけど。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2018/03/10(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年14号 感想

『ONE PIECE』(第896話 "最後のお願い")
「生まれた場所が違うんだ。死ぬ時くらいお前達…一緒にいようぜ」って、すごい殺し文句だな。
敵には冷酷でも、身内はかなり大事に扱うよね、この人。

ルフィが去り際に、倒れるカタクリの口元を帽子で隠したのが、めっちゃかっこよかった。
人がコンプレックスに感じていること、隠したいと思っていることを、とても尊重するところがあるよね、ルフィは。
ルフィ本人はコンプレックスらしきコンプレックスがないようにみえるんだけど、よくわかんないけど本人にとっては重大なことっぽい、というのはちゃんと察するあたりが、なんだかんだでルフィは育ちがいいよなあ、と思う。
周囲の人たちに、めっちゃ大事に育てられた、という意味で。

『Dr.STONE』(Z=48 科学の刃)
カラー表紙のコハクちゃんの着物の柄がめっちゃいい!

あと、ゲンのゲス顔がたまらなくよいよなあ。
この人、氷月をとらえてもらったら、また司の元に戻ったりするのかね。
大樹と杠ちゃんは連れ出してもらわないと、だしなあ。

氷月はなんで司の味方をしてるのかわからない。
いや、あの環境でひとりで生きていくのは厳しすぎるから、ひとまず司の傘下に入るのはよくわかるんだけど、村の存在を知ったうえでも司につくメリットがわからない。
あんな暑苦しいだけの連中と一緒にいるよりは、千空と結託した方がいい生活できそうだ、って考えそうなもんだけど。
単なるバトルマニアなのかなあ。

『ハイキュー!!』(第292話 いつの夜も二度と無い)
テレビが潔子さんを多めにうつすのは確実だと思う。だって、絵になるもの。
何人か殺してそうな顔の旭さんより(笑)。
てか、ノヤさんは相変わらず言うことがド直球だよね。しかも、本人ほめてるつもり、という……。

烏野3年生ズの会話はいつみてもよい。
特に、後輩たちの前では常にキャプテンな顔の大地さんが、めっちゃゆるい感じになるのがとてもよい。
後輩たちに対する愛情と、プレーヤーとしての競争心を、素直に語り合い、喜び合い……烏野が最悪な状態の時も、この3人でこうやって何度も話し合ってきたんだろうな。そして、今、後輩自慢で盛り上がれるのがうれしくてたまらないんだろうな。
今の1年生ズも、3年生になったら、ああやって集まって後輩たちの話題で盛り上がったりするのかなあ、とか思ったけど、ツッキーはそういうのいやがりそうだよね。

地味にテンションあがってる研磨。
研磨がテンションあがってることがめっちゃうれしそうな音駒の連中がよいよね。
本人がなんと思っていようと、やっぱり音駒の心臓は研磨なんだな、って思う。
日向くんは「研磨は多分、試合に負けてもとくになんとも思わない」とか言ってるけど、研磨の中での日向くんの存在の大きさを、全然、わかってないんだね。
ていうか、自分の影響力というものを、日向くんはまったくわかってないんだな。
侑くんにまでロックオンされたというのに。

『鬼滅の刃』(第100話 いざ行け里へ!!)
おおっ、ついに3ケタか……。
カラー表紙のねずこちゃんのりりしさよ。
あと、炭治郎は意外とピンクが似合う。
ていうか、この衣装シャッフル、善逸が不憫すぎない? 顔がまったく出てないじゃん。

隠の後藤さんがめっちゃいい人。
本当に炭治郎のことを心配してくれてたんだな。

宇髄さんはあの後、嫁さんズの肩を借りながらも自力で帰ったのか、確かに頑丈すぎて引く。

鋼鐵塚さんの手紙の圧力がはんぱない。ちょっとしたホラー。
2か月もあったのに刀が修理されてないのは、ストライキをしている、ということなのか?
刀鍛冶たちがいる里のありかが厳重に秘匿されているのは、当然だと思うけど、だったら分かれて暮らしてる方が全滅リスクが低くてよくない? と思ったんだが、あの場所である必要性があるのか、技術流出させないためには1か所にいた方が守りやすい、という考えなのか。

次は恋柱さんメインか……。
この人の戦い方がどうしても想像つかないんだけど、「恋柱」というからには魅了系なんだろうか。

『ブラッククローバー』(ページ147 終わりと始まり)
魔法帝が死んじゃったんですけど……うわぁ……。
魔法騎士団は絶対的な指導者を失い、ヤミさんは唯一の忠誠心の矛先を失った。

ヤミさんは魔法帝の最期の頼みを心の支えに生きていくしかないんだろうな……つらい……。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2018/03/03(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年13号 感想

『ブラッククローバー』(ページ146 新しい未来)
魔法帝を刺したリヒトが片目だけ涙を流してるのは、ヴァンジャンスが泣いてるから、ってことでいいんだろうか?
でも、ヴァンジャンスが主導権を取り戻したところで、これどうにもならんよね。
魔法帝、死なないまでも再起不能になってそうだし(とりあえず、死は回避して欲しい)。

魔法帝に次ぐ立場の人は今のところいないみたいだし、もっとも功績をあげている団の団長はリヒトに乗っ取られるしで、これから騎士団は誰が束ねていくんだろう。
ヤミさんは実力はあっても、騎士団員と国民を納得させるほどの「実績」はないだろうしなあ。
一番、有り得そうなのはアネゴレオン様かな?

でも、まだ「実績」は足りなくても、思想的にもっとも魔法帝を継ぐにふさわしいのはアスタだ、ということが示されたと思うんだ。
このまままっすぐ育って欲しいよなあ、アスタ。
これからユノが大変なことになりそうだし……。

『Dr.STONE』(Z=47 SCIENCE VS. POWER)
メガネ金狼がすばらしくよいっ!
あと、日本刀かまえてる元村長さんがめっちゃかっこええ。

ここで日本刀が出てくるとわっ。
いや、飛び道具を出してくるとばかり。
でも、入れるルートがあのつり橋だけなら、近接戦闘武器でもいけるのか。
司たちは製鉄技術は持ってないはずだから、鉄製の武器はじゅうぶんに脅威だよなあ。
現代人の方が、日本刀に対する根本的な恐怖心を持ってそうな気もするし。

『鬼滅の刃』(第99話 誰かの夢)
童磨の猗窩座に対する煽りがひどすぎる。
これは、猗窩座があんなに敵意むきだしなのも納得だ。
黒死牟にまでいろいろ言われて返した言葉が「わかった。俺は必ずお前を殺す」だったのは、私的にはめっちゃ好感度あがった。
猗窩座がここで変な負け惜しみを言わず、心が折れることもなかった、というのは本当によかった。
この人があんまり小者化すると、煉獄さんが格落ちする、みたいな気持ちがあるのかな。

童磨は結局、誰にも相手されてなくって笑った。
インチキ宗教の教祖様やってて、ハマりすぎでまた笑った。
上弦の鬼の能力をもってすれば、神様を騙ることもたやすいだろうなあ。

黒死牟は序列を大事にする人らしい。
てか、目がこわいっ。
ヒノカミの剣士ではないようだけど、同じような痣があるということは身内なのかな。
だとすると、炭治郎の夢に出てきた剣士が「私は大切なものを何ひとつ守れず」と言ったのは、家族である黒死牟が鬼になることを止められなかった、ということかもしれん。

炭治郎のご先祖様はめっちゃ炭治郎に似てる! 顔も性格も!
炭治郎があの耳飾りを継承しているということは、なんだかんだで後世に伝えることを納得させたのか、この後で炭吉に託さなければならない事情ができたのか……。

炭治郎、二ヶ月間も昏睡状態だったとは、もう本当にぎりぎりだったんだなあ。
蝶屋敷の人たちが必死で看病してくれてたんだろうなあ。
あごに巻かれた包帯が痛々しい。
でも、ご先祖様のことを夢にみる、ってどういう現象なんだろうな。
無惨様の血を分け与えられた鬼たちは、無惨様の記憶をかいまみることができるようだけど、これもその類?

そして、久々登場のカナヲちゃん!
起きた炭治郎をみて涙を流す姿に、ずいぶんと感情が芽生えてきたもんだなあ、と。
炭治郎限定の可能性もあるけど。

『ハイキュー!!』(第291話 変化の日)
みんながいっせいに日向くんと影山くんに飛びついてる時に、山口くんだけツッキーに駆け寄ってるのがよいです(笑)。
ツッキーもへろへろになるまでがんばってたんで、ほめてあげてください。

ところで、最後のブロック、私には日向くんが止めたように見えたんだけど、影山くんも権利(?)を主張。
まあ、ブロックは枚数を揃えることで威力が増すらしいから、ふたりで止めたってことでよいよね。うん。

侑くんの「俺はいつかアンタにトスを上げるで」という言葉は、日向くんはジュニアユース入りする、という確信を持った、ということでよいんかね。
これまで、単体での評価が低かった日向くんだけど、この試合でだいぶ株があがったっぽいよね。

そして、これまでレシーブに対して苦手意識を持ってた日向くんが、レシーブのおもしろさにも目覚めたっぽい。
ラストのコマのポーズはそういうことだと思うんだ。

ツッキーはなんだかんだで日向くんのことをよくみてるよね。
多分、「目が離せない」って感じなんじゃないかな。

『岸辺露伴は動かない』(エピソード10 ザ・ラン)
露伴先生、あいかわらずの負けず嫌いだな。

この妙な方向に話がエスカレートしていくところが、ものすごくこのシリーズっぽい。
露伴先生はめずらしく神妙だったけど。
カレンダ
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク