FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2018/08/31(金) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第24話 幼魚と逆罰 -陸-) 感想(逆罰の向かう先)

コミックス2巻にキャラプロフィール収録って、2年ズのかな。わくわく。


吉野くん、かなりディープな映画オタクっぽい。
で、かなり打ち解けても「連絡先」とか言われるとピシッて固まるの、なんかわかる。
さっき会ったばっかりなのにいきなりそんなとこに踏み込んでくるの? って感じだよね。

それにしても、虎杖のコミュニケーション能力はあいかわらずすごい。
吉野くんといきなり打ち解けて、あたりまえのように「連絡先」ってスマホ差し出すんだもんな。
いや、吉野くんが調査対象だってこと覚えてる?

で、吉野ママさんに会うなり「お母さん、ネギ似合わないっスね!!」って話しかけるとか、本当にすごい。
こういうマンガで「美人ですね」とか「若いですね」とかはよくきくけど、ネギが似合わないってものすごいとこ突くな。

吉野ママさん、虎杖なみにコミュニケーション能力高いな。
吉野くんにとって、この母親が、世界で唯一、信じられるものなんだろうな、って思う。
でも、それだけじゃダメだった。
こういう年頃っていうのはどうしても、家族以外からの肯定を欲しがるものだからね。
でも、学校ではいじめられ、うっかり真人みないなのにひっかかっちゃうとか……。
なんかもう取り返しつかない感が否めない。

吉野ママさんめっちゃハイテンションなのは、お酒のせいだけではなく、息子に友達がいる、ということがうれしくてたまらないんだろうね。
おそらくこれまで友達を連れてきたことないんだろうな。
で、登校拒否だからね。
学校に行かないことに理解は示してるけど、それは心配してないってことじゃないもんね。


ところで、コミックスに虎杖は「微妙なモノマネレパートリーが多い」って書いてあったけど、この「ウィルソ~ン!!」がそれか……。


一方、真人はにょにょにょんと蘇っていた。
う~ん。「魂の形さえ保てば死にはしない」ということは、五条先生ぐらいしか倒せないんじゃないの、これ。

やっぱり真人はまだ子供なのか。
これはサブタイトルの「幼魚」に真人も含まれているってことなんだろうね。
やけに悟りきったようなことを断言して、吉野くんを心酔させたけれども、これは物事を複雑に考えることができない、もしくは、考える必要がないからこその明快さなんだよね。
迷っている時には迷ってない言葉が心地よいけれど、迷ってない=正しい、ということにはならないんだよね。


虎杖の、一度人を殺してしまったら命の価値があいまいになってしまいそうで怖い、っていうのはなんかわかる。
一度、禁忌を犯してしまうと、禁忌が禁忌でなくなりそうな感じってある。
ハードルを下げたら下げっぱなしになってしまいそう、というか。
「正しい死」にこだわる虎杖にとって、「死」の価値があいまいになってしまうというのは、自分の生き方そのものを否定することにつながりかねないし。

でもまあ、そういうことにこだわってなくても、やっぱり「殺す」ってのは、自分が死ぬ、というのと同じくらいの負荷であって欲しいよな、って思う。

だけど虎杖は、いざ、殺さなきゃいけない場面になったら躊躇なく殺しにいきそうな気がして、それがコワイ。


伊地知さんはやっぱりこのマンガの癒し(笑)。
「大人オブ大人の七海さんに叱られたら私は多分泣く!!」とか、真顔でなに考えてんの~。
「この歳で人前で泣きたくないでしょ!!」とか、伊地知さ~ん。しっかり~。


ところで最後のページがめっちゃ怖いんですけど!
なんかもう不穏すぎるんですけど!
吉野くんの「逆罰」がお母さんに降りかかりそうなんですけど!
七海さんが難を逃れたと思ったら、今度はこう来るか……。

あれって多分、宿儺の指だよね。
虎杖をおびき出す気満々だよね。

ところで今、虎杖はどこにいるの?
伊地知さんには「これから映画だから」とか言ってたけど、七海さんの負傷をきいて、高専に戻ったんじゃないかな、と思うんだけど。
スポンサーサイト

tag : 呪術廻戦

カレンダ
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク