FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2019/07/27(土) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第68話 懐玉 -肆-) 感想(ワンコの存在が大きすぎる)

五条先生たちが理子ちゃん連れて高専に戻らなかったことを喜ぶ伏黒父(仮)。
「これで賞金につられるのがバカからまともなバカになる」というのは、高専に乗り込んでまで賞金を欲しがるのはただのバカということなんかね。
賞金を大盤振る舞いしてるのは、誰も成功しない、と見込んでるからってなかなかひどいが、お金のためなら殺人をいとわない連中もひどいので、同情する気にはなれない。

五条先生のことを「六眼と無下限呪術の抱き合わせ」と呼んでるけど、「六眼」ってなんだ。
コミックスで、五条先生が無下限呪術を扱えるのは特別な眼を持っているから、的なことを書いていたけど、それが「六眼」ということか?
要するに「無下限呪術」を持つ術師はたまに現れるが、「六眼」と抱き合わせで生まれるのは数百年にひとりレベルのレアキャラってことなんだろうけど。

3000万を闇サイトにあずけたけど全額ちゃんと戻せ、と言われて、手数料等がかかってるから全額は戻ってこない、みたいなこと言われて、「電波が悪い」ってケータイをぽいってするあたり、本当に自分勝手だな。


夏油とおじいさんのバトルでいきなり1ページまるまるワンコが描かれて、びっくりした。
いや、大胆なコマ使いだな、あいかわらず。

で、そこからおじいさんの走馬灯が展開されたと思ったら、2連続見開きでボコボコにされてるし……。
いや、大胆なコマ使いだな、ホントに。

このマンガの呪術師たちって、なんでこんなに肉弾戦が強いのかね。
ある程度、呪術で補強されてるんだろうとは思うけど、それにしても強すぎない?
高専の男子生徒だと、肉弾戦が弱そうなの狗巻先輩ぐらいだよ?


伏黒父(仮)の思惑通りに事態は進展している。
そして、伏黒父(仮)は五条先生のことを持ち上げつつも、自分ならどうにかできるという自信を持っているっぽい。
なんかとんでもなくエグい手を考えてそうだよな……。
スポンサーサイト



tag : 呪術廻戦

カレンダ
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク