FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2020/02/24(月) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2020年13号 感想

毎日、『チェンソーマン』と『アクタージュ』の人気投票をポチッとできる幸せ。

『鬼滅の刃』(第195話 めまぐるしく)
ぼろぼろの恋柱さんに血清を届ける茶々丸。
これ、柱たちに血清を発射(?)する前の場面かな。多分。

「本当の化け物はあの男だ。私ではない!!」という無惨様の独白に、おもいっきりうなずかざるを得ない。
本当に、何をどうやったらこんな「人間」が生まれてくるの? って感じだよなあ、縁壱さん。
なのに、本人はそんな自覚がないし。
なんか、どんどん兄上の不憫さが増していくな。
兄上もかなり強い人なはずなのに、ただ「人間」の域を出なかった、というだけなのに……。

ここで無惨様が普通に走って逃亡して笑った。
悔しそうな顔もせず、真顔で逃げてるのがめっちゃおもしろい。
「走って逃げた…!?」ってびっくりしてる炭治郎もちょっとおもしろかった。いや、笑いどころではないんだろうけど。
縁壱さんの記憶を持っている炭治郎は、無惨様がいざとなったら自爆(?)して逃げるかもしれないと警戒してたから、普通に走って逃げるってのは、意表をつかれたのかもしれないな。

「逃げた!! 逃げた、伊黒さん、無惨が逃げた!!」って炭治郎の声掛けが妙にリズミカルでまた笑う。
両目がつぶされた蛇柱さんは、鏑丸のおかげで攻撃の方向は察知できるけど、相手が遠ざかるという事態は察知できてなかったんだろうな。

「無惨は生きることだけに固執している生命体」って、蛇柱さん、無惨様への理解が深いな。
「天災」が発生したら逃げる、は無惨様にとってあたりまえ。
「天災」の二次被害だって当然、避ける。
無惨様、言動にブレがなくてさすがです!
部下には逃亡を許さないけど、自分には許す、という姿勢もブレがなくてさすがです!

「負けるのか? こんな負け方あんまりだ」って、これでラスボス逃げて連載終了だったら、あんまりすぎて非難轟々だろうな。

ところで、炭治郎はなんであんなに刃物投げるのうまいんですか?

で、「今は斬撃よりも体深くに刀が貫通する方が危険だ」とか考えてたら、ページめくって即、蛇柱さんの刃が頸を貫通してるあたりのスピードフラグ回収っぷりがすごい。
炭治郎は刀を拾い上げながら投げてたから、走るスピードが弱まってたんだろうけど、目が見えてないのにあの距離を追いついて無惨様に飛びつく蛇柱さん、すごいな。
あの炭治郎を嫌っていた蛇柱さんが「炭治郎、感謝する」とか「絶対にここから逃がすな。二人ならできる!!」とか言うの、本当に感慨深い。
今、共に戦えるのが炭治郎だけだから、ってだけではなく、確実に信頼を得てるよね。

無惨様、白髪化の次は息切れか……老化はつらいな……。

ここでついにねずこちゃん到着。
半分、人間に戻っちゃってる感じなんだけど、無惨様の餌要員になりそうでこわい。

『ハイキュー!!』(第384話 最強の囮・2)
最近、懐かしいサブタイトルがよくでてくるのはうれしいけど、終わりが近づいてきてる感じでさびしくもある。

佐久早がサービスエースきめて、はしゃぐ日向くんと木兎さんがなごむ。
「フフン」ってなってる佐久早と、くやしそうなツムもなごむ。
この4人を組み合わせてくださった古舘先生に感謝しかない。

スパイクの瞬間に、相手コート全体をみて、攻め処を決める星海の見開きがすっごくよいんだけど、その裏をかく日向くんがまたかっこいい。
本当に、どんだけ進化してるんだよ、日向くん。

日向くんの憧れだったロメロの息子さんが、日向くんに憧れてるって、すてきなつながりだな。
あと、影山くんが英会話できるようになってて驚いた。
あんだけ勉強苦手だった影山くんが!
でも、サインは一晩で覚えてたから、バレーの役に立つとなれば、なんでも覚えられるんだろうな。
セッターはスパイカーと意思疎通できないといけないから、外国人選手もそこそこいるプロリーグでは、どうしても必要だったんだろう。

影山くんの先導で囮役をつとめていた日向くんが、自分で自分を囮にできるようになっていたか……。
日向くんの進化がとどまるところを知らない。
影山くんは、この日向くんにトスをあげたいだろうなあ。
今はそれどころじゃないけど。

『Dr.STONE』(Z=140 新世界飛行士)
空から石化装置が降ってきたということは、そこらへんにごろごろ落ちてるのかと思ったら回収されて破壊済みか。
まあ、あんなものをみんなが持ってたらこわいもんね。
ある意味、銃をもってるより厄介。ちょっとしたトラブルで集落全滅しかねない。

そして、ついに司が復活か。
月に行くのは3人って話だったけど、千空、大樹、司という最初の3人に戻る展開なのかな。

『ぼくたちは勉強ができない』(問148 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ・7)
あしゅみー先輩推しなので、ちょっとせつない。
でも、最後にちゃっかり自分に抱き着かせるあたりが、ものすごくあしゅみー先輩でよかった。
最後だからちょっと欲張らせて、ちゃんとあきらめるから、って感じで。

『チェンソーマン』(第59話 めちゃくちゃ)
最初のページのデンジを狙う敵たちの絵、3コマ分はそれなりにシリアスなのに、1コマだけ間違っちゃってない?
見開きセンターカラーはよいんだけど、これコンプライアンス的に大丈夫なの?
女性同士だからセーフ! とか思ってない?
タツキ先生は、見開きカラーではエロい絵を描かなければいけない、という使命感でももってるの?

マキマさんは、究極的にはデンジだけが大事っぽい。
デンジに対する情が一番深い、という理由ではないだろうけど、明らかに。
「できるだけ仲間の死体だけは回収して」というのも、ちゃんと弔いたいから、という理由ではないんだろうなあ。

人間が人形になって、さらに石になった。
アキが「人形にできる数は限られているはずだ…」って言った途端に、人形がわらわら襲い掛かってくるの、お約束だけどおもしろい。
日下部さんの「数が多すぎる!」の顔もおもしろすぎる。

突然、現れた中村さん。
「誰です!?」「誰!?」「誰だよコイツ」って総ツッコミ受けるうえに、まともに台詞をしゃべらせてもらえなくてかわいそう。
それにしても、コンはどんだけのデビルハンターに使役されてんだよ。
どっかでバーゲンセールでもやってたの?

混戦でめちゃくちゃになってる中、ただいちゃいちゃしてるだけのクァンシ様御一行。
潰し合いさせて、みんなが疲弊しきったところで乱入という作戦だろうけど、ただエロいことに忙しいだけにしかみえない……。

『アンデッドアンラック』(No.006 やっぱりアナタは変わらない)
風子ちゃんをおんぶしたまま戦うアンディがなかなかかっこええけど、見えない何かで口を塞がれたから自分の顔を削ぐ、という行動をためらいもなくとっちゃうとこがこわいな。

おいしいボルシチ食べさせてくれるはずの仲間が死んでて、アンディが来るから先回りで殺されたのか? と思ったんだけど、アンディがロシアに来たのはかなり昔のことらしいから、普通に寿命で死んでた可能性もあるな。
アンディは「不死」なので、そこらへんの時間感覚がちょっとズレてても不思議はない。
「不変」ちゃんも似たようなもので、だからこそ自分と同じでいてくれる「不死」に惚れたのかもしれない。

それにしても、不死だからって、気軽に死に過ぎだろ、アンディ。

席は10個あるけど、そこに居座るための「ノルマ」はあるっぽい。
まあ、さすがにただ飯くわせてはくれないよね。

『呪術廻戦』(第96話 渋谷事変・14)
別記事(蹂躙するものは蹂躙される)になりました。

『アクタージュ』(screen102.狙い)
舞台の失敗原因はすべて王賀美さんにかぶせられちゃったか。
そのうえ、仕事もいくつかキャンセルされたっぽい。
王賀美さんは、これだけのリスクを覚悟のうえで動いたんだろうけど、夜凪ちゃんにはそれがわかってなかった。
基本的に世間知らずな子だし、芸能界のパワー関係もよくわかってないんだろう。
白石さんはかなり正確にこの事態を予測してたんだろうけど、それを止めなかった。
実はものすごく重い決断だったんだな、って思う。

夜凪ちゃんはまだ新人で高校生だから、超大物で問題児の王賀美さんに抵抗できなくてもしかたない、ってことになってそう。

黒山さんは超大作をつくりたいのか。
これはちょっと意外だったな。
この人は、こじんまりしてるけど、濃密な映画をつくりたい系の人かと思ってた。

無名の夜凪ちゃんを主演に据えて超大作を撮りたい ⇒ 夜凪ちゃんを有名にする
若手トップ女優を助演にしたい ⇒ 所属事務所の社長の信用を得る
超有名な日本の芸能界から追い出された男優をキャスティングしたい ⇒ 本人に夜凪ちゃんと共演したいと思わせる

なるほど、黒山さんの狙いはそこにつながってるのね。
そして、超大作をつくるための、資金集めを担当してるのが天知なんだろうね。
あんまり準備に時間がかかりすぎると、役者たちの年齢が構想とあわなくなる可能性もあるしなあ。

ところで、黒山さんプランに阿良也くんがいないんだけど、いらないのかな。
以前、舞台俳優は自分の映画と相性が悪い、みたいなことを言ってたけど。

「彼女は自分の商品価値を知っている」って、千世子ちゃんが本格登場した時と同じフレーズだな。
同じフレーズなのに、千世子ちゃんのありようがまったく違う。
それでも、このフレーズは過去の千世子ちゃんにも、現在の千世子ちゃんにもしっかり沿っている。
この演出はすごいな。

「あなたが私を想いながら演じてくれなかったこと」
千世子ちゃんの、この、怒ってる理由が重すぎる。
そして、この台詞は逆をとれば「私はあなたを想いながら演じる」になるんだよね。
千世子ちゃんは、夜凪ちゃんを誘惑したい。
牛魔王の愛を取り戻したい羅刹女のように。

千世子ちゃんは夜凪ちゃんを好きすぎる。
愛しすぎて、憎しみに転じる寸前。今にも「羅刹女」になってしまいそうな千世子ちゃん。
そんな千世子ちゃんは底なしに美しく、それを呆然とみつめる夜凪ちゃんの心を奪う。
それこそが、千世子ちゃんの望みなんだろうな。

千世子ちゃん、こわい……。
スポンサーサイト



tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2020/02/23(日) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第96話 渋谷事変・14) 感想(蹂躙するものは蹂躙される)

五条先生が生まれた時点ですでに五条先生ですごい。


ところで開幕早々ただれてるんですけど、大丈夫なの? これ。
最初は援助交際的な「パパ」かと思ったんだけど、会話的に本当の父娘っぽいな。
娘さんが最期に呼んだのが母親の名前ということは、娘さんも本心から父親につきあってた、ということじゃないんだろうな、と考えるとほんとエグいな。

ところで、降ろすには死体が必要ってことは、伏黒パパの死体をどっかから入手したってこと?
こういう術式があるってことは、有能な術師の遺体には高値がつく、って可能性もありそうでこわい。


「五条悟が生まれて世界の均衡が変わったんだ」というけれど、五条先生が生まれたから呪霊が力を増したのか、呪霊が増したから五条先生が生まれたのか、はよくわからんな。
五条先生が生まれたからバランスが壊れたのではなく、崩れたバランスを元に戻すために五条先生が生まれた、という解釈もできそうな気がするから。


「晩年にしてその自由を奪われた」って、いやいや、人を無惨に殺して楽しむ自由を奪われた、って怒るってどうなのよ。
「ふざけんな!!」言われても、なにその勝手な言い分としか思えない。
力で他人を蹂躙してきた人間が、五条先生に気配だけで蹂躙されたことは、屈辱でしかなかったんだろうけど。
まあ、冒頭で出て来たパパは、娘を蹂躙してた可能性あるから、蹂躙されても因果応報としか思えないがな。

夏油たちみたいに、非呪術師への恨みとか憎しみから呪詛師になった人もいるし、持って生まれた能力で好き勝手したい、というだけの理由で呪詛師をやってる連中もいるんだなあ。


達磨っぽいおじさんにカマかけて情報を探る伏黒を、気の毒そうにみている虎杖がおもしろい。
伏黒しっかり働いてるんだから、「どんまい」とか慰めるのやめてあげてっ。
こういうのみてると、ふたりがコンビでよかったな、って思う。
伏黒は知識と経験があるから、呪師同士の駆け引きに関しては、虎杖よりもずっと有能。
多分、虎杖だけだったら詰んでた案件だった。


「脱兎」って大量の兎さんがでてくるのかわええけど、なぜだか一羽つかまえちゃってる虎杖はもっとかわええです。
いや、一応戦闘中なのに、兎さんで両手ふさいじゃってるのはどうなの、とも思うけど。
玉犬といい、虎杖は伏黒の式神をかわいがるの好きだな。
そういえば、「満象」は虎杖みたことあるのかな。あれ喜びそうな気がする。

虎杖の本気打撃も、「鵺」の攻撃も効かないのに、「脱兎」がかすっただけで傷つくおじさん。
「やる気がないなら、そろそろ殺すが?」という言葉に、伏黒が反応したところをみると、「やる気」がある相手の攻撃だけ無効化する、とかいう術式なのかな、と推測してみる。
兎さんはただ走ってただけだから、その条件を満たさなかった、と。
でもそうなると、「やる気」もなしに攻撃ってどうすんだ、ってことになるな……。
やる気はないけど、車ではねちゃいました、とか? ……って、ああこれ『チェンソーマン』でやったやつだな。

tag : 呪術廻戦

◆◇◆◇◆ 2020/02/21(金) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2020年12号 感想

『アクタージュ』(screen101.GO)
二周年突破記念で表紙&巻頭カラー。
『ジャンプ』の表紙で夜凪ちゃんのぴすぴすがみれてうれしいですよ!
巻頭カラーでみんなキメキメなのに、夜凪ちゃんだけどういう顔していいかわからないって顔してて笑う。
ところで阿良也くん、その座り方は逆に疲れないか?
役者4人のバックにいるのは、黒山さん、星アリサ、花子さん、天知か。
裏方役だから、役者を前に出して、ひっそりと陰にいる、でもしっかり張り付いているんだよ、ってイメージなんだろうね。

花子さんを家に呼んで話し合いをするという夜凪ちゃん。
あれだけ憎んでいた父親の不倫相手を、家に呼ぶってのは、確かに大胆だな。
よければ付き添うって言ってくれた市子ちゃんやさしい。

王賀美さん、「ステゴロでやれよ。獲物は使うな」ってどんなアドバイスだよ。
武力衝突(?)前提かい。
まあ、たいして鍛えてない女性同士が生身でケンカしてもたいした被害はでないだろうしね、と思ったけど、夜凪ちゃん、殺陣とかでそこそこ鍛えてたよ、そういえば。

夜凪ちゃん、父親の不倫相手がいつか現れると思ってたのか。
多分、中学生の頃からそんな覚悟をしてたんだろうな。
そう考えると、父親のクズっぷりがさらに浮き上がってくるな。

「花子さんが一人きりだったことに気づけなくて」と謝った夜凪ちゃん。
ひとりっきりのさびしさが身に染みているものだから、そういう人が身近にいたのに気づかなかった、というのは夜凪ちゃん的には後悔なんだろうな。
自分はもうひとりじゃない、と実感してしまっているから、花子さんを置き去りにしてしまった感もあるんだろう。
舞台の上で役者たちはわかりあえたのに、脚本家兼演出家はさらに孤立してしまった。
意図せずして、ひとりきりの人に、ひとりきりじゃない自分をみせつけてしまった。
そこに申し訳なさを感じているんじゃないかな。

怒りの矛先だった花子さんを許してしまった夜凪ちゃんには、もはや羅刹女の怒りがわからない。
だから、羅刹女を演じる自信がない。
夜凪ちゃんがここまで弱気になるのは久しぶりだな。
共演者たちが自分のために動いてくれたことをわかってるから、なおさら申し訳ないんだろうな。

ここで黒山さんが登場とは。
千世子ちゃんたちどうした!
花子さんの弱音を黒山さんはきかない。
どんな理由があろうと、演出家は自分の中の幸いや答えを演じてもらうために全力を尽くすものであって、答えをもらうために演出を引き受けた花子さんは許しがたいんだろうな、と思う。

「しまいまでやれねぇなら、手出してんじゃねぇよ、うちの役者に」
黒山さんにとって、夜凪ちゃんは大事な役者なんだよね。
だけど今は千世子ちゃんをディレクションするのに全力だ。
それが夜凪ちゃんの成長につながると信じてるからだろうけど。

ラストの千世子ちゃんの笑顔がかわいすぎでうきうきですよ!
なにこの羅刹女バージョン千世子ちゃん。すばらしすぎる!
とにかく重苦しかった夜凪ちゃんの羅刹女に比べて、めっちゃ軽やかで愛らしい。
この羅刹女であの舞台がどうなるのかめっちゃ楽しみ。

『鬼滅の刃』(第194話 灼熱の傷)
表紙は愈史郎+村田さん+愈史郎の餌になるって言った隊士(←名前がわからん)。
ちょっとほのぼの。
まあ、表紙だけだけどな!(泣)

茶々丸生きてた!
そうか、猫の鬼化ってのもありなのか。珠世様、いろんなこと試してたんだな。
涙をこぼしながら、炭治郎の守護を珠世様に願う愈史郎。
なんだかんだで、愈史郎も炭治郎のことは大事なんだな。

蛇柱さんに引き続き、炭治郎まで酸欠か。
やっぱり相当な無理をしてるんだろうな。
ここでまさかの蛇柱さんの復活! と思いきや、顔が大変なことに!
綺麗なオッドアイがつぶれてるし、もともと傷があった口元がまた裂けちゃってる。
もはや欠損のない柱はひとりもいないじゃん!

自分をかばって蛇柱さんの目がつぶされた、と思った炭治郎に「違う! もっと前にやられた」で、炭治郎のせいじゃないということを伝え、さらに「お前は人のことばかりうるさい」って続けるのがよい。「自分のことだけ考えてろ」ってことだよね、多分。

蛇柱さん、もともと片方がほとんどみえてなくて、それを鏑丸が補っていたのか。
箸より重いものはもったことがないような生活で、栄養失調寸前みたいな感じで育って、片目がほとんどみえてない、というスペックで柱にのぼりつめたの本当にすごいな。
どれだけ努力したんだろう。

そして、蛇柱さんはもう恋柱さんの顔をみることができないんだな、と思うと悲しい。
恋柱さんがもりもり食べるところをながめているのが大好きだったのにな……。

それにしてもこのマンガ、蛇はナビゲーターだし、ねずみはむきむきで運搬役だし、烏は伝達役だし、猫は救急箱だし、なにげに動物が大活躍してるな。

ところで何百年も残る傷跡ってなんなんですか?
一度ばらばらになって、元に戻ったはずなのに、縁壱さんに斬られた傷はそれでも残るんですか?
縁壱さん、万能すぎてコワイ。

『Dr.STONE』(Z=139 FIRST DREAM)
生き別れの兄弟かクローンか、と思ってたらボーカロイド的なものだったか。

石化装置をどうやって手に入れたのかと思ったら、まさかの空から降ってきたって、どういうこと?
てか、そういうことなら、探せばそこらへんにごろごろあるってこと?

ホワイマンが月にいるってのもびっくりだ。
今の技術力でも、月面で補給なしで人間が1年生きていくこともむずかしいと思うんだが、3000年以上もどうやって居住環境を維持してるんだ。
月面にコンピュータが置いてあって、それが稼働し続けているってことも考えられるけど……。

月に行く展開とはびっくりだ。
いや、月まで行けるロケットつくる難易度は自動車の比じゃないだろ。
そもそも、コンピュータなしでつくったり飛ばしたりできないもんじゃないの、あれ。
まさかこんな大風呂敷ひろげてくるとわっ。

前回の展開で、『Dr.STONE』も話をたたみはじめたか、と思ったんだが、全然違った。

『ハイキュー!!』(第383話 スーパースター)
表紙は、ロメロの活躍をみている、高校時代のみんなか。
そんな憧れた人と、同じコートに立っている日向くんたち。
テレビの向こう側にいた過去から、同じコートにいる現在に至るまで、憧れが憧れのままの存在でいてくれるってうれしいよね。

日向くんのジャンプサーブ! めっちゃかっけえ!
高校一年の時の日向くんのサーブは割としょぼかったからね(苦笑)。
まあ、中学時代はサーブ練習なんてほとんどやれてなかったんだろうから、しょうがないけど。

「日向、こんなに育って…」って親目線でほろりとしてる赤葦くんがかわええんですよ。

和久南の中島くんは、Division 3でバレー続けてるのか、と思ったら、ポジションがリベロになってる。
日向くんと同じように「小さな巨人」を目指してたのに、ずいぶんと差がついちゃったな、と思うけど、リベロでもバレーボールを続けてるって、あいかわらず根性あるな、とも思う。

『ぼくたちは勉強ができない』(問148 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ・6)
やっぱりうるかルートで確定なのか……。

涙をこらえて「お姉ちゃん」としてふるまう文乃ちゃんが不憫すぎる。

『アンデッドアンラック』(No.005 あなたはどっち?)
宇宙には月と太陽しかない、とかすごい設定がさらっとでてきた。
「学校で習いました!!」って言うんだから、「見えない」んじゃなくて「存在してない」ってこと?
えっ、なんなのその世界観。
でも、隕石は出てきたよね。あれは月からきてるのかな。

『呪術廻戦』(第95話 渋谷事変・13)
別記事(筋を通したい男と道を踏み外した男)になりました。

『チェンソーマン』(第58話 黒瀬ユウタロウ)
クァンシ様がハーレム引き連れてやってきた。
回転ずしではしゃぎまわる子たちをみて「今日はもう疲れたから仕事は明日からにしよう」とか、ほとんど観光気分だな。

アメリカ代表の末っ子、兄ちゃんたちが殺されてリタイアか? と思ったら、ちゃんと動いてるな。
兄ちゃんの「プロなら仕事全うしろ」に従っているのか。
もう頼れる人がいないから、残された言葉にすがるしかないのかもね。

黒瀬のお友達の家にころがりこんだけど、この人を乗っ取るつもりなのかもしれない。
黒瀬の顔ではもう身動きとれないだろうし。

ドイツのサンタクロースは人間を人形化させるのか?
これは確かに戦いづらい。

ハロウィンハロウィン言ってるわ、サンタクロースは現れるわ、季節がよくわからない。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』(195 数年後の狭霧さん)
千紗希ちゃんの鬱展開再びなの?

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2020/02/20(木) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第95話 渋谷事変・13) 感想(筋を通したい男と道を踏み外した男)

猪野さんは"筋"を通したい、か。
チャラそうにみえて、実直というか、呪術師は道を踏み外しやすいからこそ、外さないための枷をみずからにはめたいと考えているんだろうな。
多分、なにか頼るものとか、正誤の判断の指針とか、そこそこ具体的なものが欲しいんじゃないかな。
迷いをうみやすい環境だし、迷いが死につながることもあるしで、迷う可能性を減らすというのはリスク回避策として正しいような気がする。

伏黒は、自分が助けたいと思うか否か、を大事にしているし、虎杖は、その行動は「正しい死」につながるか、を考え続けている。
そして、猪野さんはその判断基準を七海さんに設定しているのか。
でも、よっぽど七海さんのことをよく知ってないと「七海サンならどうするか」の答えが出せないよね。
七海さんは、きみの中の「七海サン」は本当に私ですか? とか考えてるかもしれない。


猪野さんの術式は降霊術か。
伏黒が使ってる式神とは、似て非なるものらしい。
伏黒のは「使役」するものだけど、猪野さんのは「憑依」させるものってイメージ?


虎杖&伏黒コンビのパワー押しでダメージなしって、どんだけ頑丈だよっ。
もしかして41階から落ちて大丈夫だったのも、何かにつかまってたとかどこかに緩衝材があったとかじゃなくって、素だったの?


婆ちゃんが使ってるのも、降霊術か。
猪野さんは瑞獣で、婆ちゃんは人間だけど。
しかし、こんなところで伏黒パパの登場とはびっくりするわ。
五条先生すら窮地においやった伏黒パパが相手じゃ、猪野さんかなり厳しいのでは?

これ、もしかしたら、伏黒がパパさん(憑依)に会っちゃう流れ?
で、降霊術で使われているということは、父親は死んでるのか、と伏黒が気づく流れなのでは?

どうでもいいけど、伏黒パパはやっぱり呪術師の世界では「禪院」なのね。

tag : 呪術廻戦

◆◇◆◇◆ 2020/02/16(日) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2020年11号 感想

『ONE PIECE』と『ハイキュー!!』という最長連載組が両方とも休載すると、寂寥感があるな(『HUNTER×HUNTER』はともかくとして)。

『鬼滅の刃』、『Dr.STONE』、『約束のネバーランド』は最終章だし、『ハイキュー!!』は最終章の気配があるし、『ぼくたちは勉強ができない』はここから引き延ばしは無理っぽいし、『ゆらぎ荘の幽奈さん』ももしかしたらもしかするし、でさびしい。

『鬼滅の刃』(第193話 困難の扉が開き始める)
『ジャンプ』表紙の炭治郎っていつも微妙な顔になってる気がする。
なんでなんだろうね。
コミックス表紙はかっこええのに。

人気投票って誰に投票すればいいの? 本誌とコミックスの分あるんだけどまったく足りない。
『呪術廻戦』みたいに1ヶ月間毎日投票させて欲しい。
でも、今の『鬼滅の刃』人気の過熱っぷりみてると、『呪術廻戦』のweb投票の時と同じスペックでやったら、いろいろとトラブル起きそうだよね(←とついつい考えてしまうIT畑の人)。

無惨様、どんだけ縁壱さんがトラウマなんだよ。
ていうか、縁壱さん神様の寵児すぎるだろ。
まさしく「天災」なんだろうね、無惨様にとっての。

無惨様の髪が白くなったのは、超サイヤ人的な進化フォームかと思ってたら、まさかの老化!
なんかうっかり笑っちゃったじゃないか。
敵が生命力すいとられまくってヨボヨボになっていくパターンってのはたまにあるけど、まさかそれだとわっ。

人間化薬と老化薬を混ぜるとは……無惨様、ちょっと体調が悪いのは、人間化薬のせいだと思ってたんだろうな。
だから、老化薬への対応が遅れた、と。
しのぶさんと珠世様が有能すぎる!

珠世様の「無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだ?」でまた笑った。
確かにな~。5つも脳があるのに、自分の老化にも気づけないんだもんな~。
いつもはかなげな印象の珠世様が、心底、馬鹿にしてるって感じの表情してるのがたまらん。
てか、珠世様がどれだけ自分を憎んでいるか知ってて、なんでわざわざ問いただしたんだよ。素直に答えてくれるはずないじゃん。

しかし、これだけ対策うってても、炭治郎楽勝モードにはまったくなってないのがつらい。
あとはもう、柱たちが特攻しかけてくるくらいしか戦力のあてがない。
やっぱり、ねずこちゃんが最後の鍵か。

『Dr.STONE』(Z=138 Epilogue of chapter3)
まさかの石化犯人、千空説!
この流れめっちゃこわかった。

やたら耳のいい羽京が、千空の声と断じたんだから、千空に似てる声ってわけではないんだろうね。
千空の兄弟説とか、クローン説とか、いろいろ考えちゃうよね。
千空と百夜が実の親子じゃない、って設定がここにきて重要度を増してくるとか。

まさかのタイムリープもの、という可能性もあるのかな。
つまり、あの石化しかけてる人物が千空本人という可能性。
石化光線自体がオーパーツ的な存在だから、タイムマシンが出てきてもおかしくはない……のか?

『ぼくたちは勉強ができない』(問147 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ・5)
もしかして本当にうるかエンドなんだろうか……。
その割にカラー表紙は真冬先生だが。

『チェンソーマン』(第57話 突然)
サブタイトルが「突然」なんだけど、本当に突然すぎるわ!
いやいや、『呪術廻戦』は人がなめらかに死ぬマンガ、と評したのは葦原先生だけど、『チェンソーマン』は人が雑に死ぬマンガだな。
今回のは雑にもほどがあるが。
『チェンソーマン』読み続けてきて、この突然っぷりに笑わなかった人っているの? って本気で思う。
まさか、あんなに自信満々に登場したアメリカ代表の三兄弟が末弟残して退場とはな。

あと、デンジたちがはねられた時にアキが天使ちゃんをかばう動きをしてるの、めっちゃ萌えるよね!

「な…なにやってんだ。何やってんだ、てめえ…」って同じことを繰り返しちゃうアキの動揺っぷりがおもしろすぎる。
いや、自分とこの悪魔が仲間をひき殺すとか、そりゃ動揺するだろうけど。

パワーちゃんのクズさがとんでもないんだけど、まあ、パワーちゃんだし、で納得できるとこがひどい。
コベニちゃんかわいそすぎる。

この「ギャグなの?」って展開の中で際立つヒロフミさんの不気味さが、なんともいえずいい味だしてるなあ。

『呪術廻戦』(第94話 渋谷事変・12)
別記事(帽子ひとつで)になりました。

『アンデッドアンラック』(No.004 私の不運の使い方)
アンディの刀、変な位置にくっついてるな、と思ってたんだけど、あれ、背中に刺してたのか! 気づかなかった!
まさか、自分の肉体を鞘にしてるとは……。
肉体がばらばらになる前提だから、失えないものは所持してるんじゃなく、埋め込んでるのか。

風子ちゃんの不運を、扱える武器にするとは、アンディつくづく頭がいい。
だてに長いこと戦い続けてない。

『アクタージュ』(screen100.ロードショー)
ついに連載回数が3ケタに到達!
いつ打ち切られるかとびくびくしてたけど、いい感じに生き延びてるな。

「造花は生花には勝てない」とか、めっちゃネガティブモードにはいってる千世子ちゃん。
これまでの自分の活動にさえ否定的になってるな。
でも、黒山さんは、千世子ちゃんが落ち込んでいればいるほど、ここからの逆転が期待できるって考えてるっぽい。

ところで手塚監督、不憫すぎやしませんか?
黒山さんにdisられ、阿良也くんにdisられ、星アリサにdisられ……かわいそう。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』(194 コガラシくん襲来)
えっ、コガラシくん死んじゃったの?
幽奈さんみたいに幽霊になっちゃう展開?

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2020/02/16(日) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第94話 渋谷事変・12) 感想(帽子ひとつで)

『呪術高専だより』は「脳内時間1分でわかる呪詛師夏油傑」。
「脳内時間」って便利なワードだな。
こうやってみると、夏油のピークは0巻だったんだな。
偽夏油の存在を知ってから、0巻のイケイケ(?)な夏油をみると、めっちゃ微妙な気持ちになる。
乙骨から里香ちゃんを引きはがそうなんて考えなければ、もうちょっと長生きできたかもしれないのに……。
純愛を引き裂こうとするから痛い目みるんだよ。


さて本編。
"術師を入れない帳"を力づくでこじあけようとする虎杖。
パワーだけなら七海さんと同等の虎杖でも無理ということは、ちからまかせではどうにもならないってことなんだろうね。

"帳"についても、リスクをあげるほど能力があがる、という原則は通用する。
自分を囲わないこと、自分を隠さないこと、で危険度をあげると強度は増すということなのね。
"窓"たちがつくる"帳"は、そんな無理をしてないから、だいぶ脆いのかもしれない。あれ基本的には一般人対策であって、呪霊や呪詛師に対抗するためのものではないだろうし。


久々に鵺が大活躍!
てか、虎杖のワイヤーアクションかっけえな!
虎杖と伏黒の連携プレーってだけでもめっちゃうれしいのに!


で、あのちょっとゆるふわ感あった猪野さんが、帽子をおろした途端にめっちゃイカれた感じになったのがたまらない。
それ、目出し帽だったんか。普通のニット帽かと思ってた。
なんなんだろうね。このゾワゾワする感じ。
ちょっと餌ちらつかせたっぽい描写ではあったけど、七海さんが一級への推薦を考えるくらいだから、それなりの実力者なんだろうな、とは思ってたけど、あの帽子をおろしたヒトコマだけで、めっちゃ強者感あがるのすごいな。


久々に虎杖と伏黒のタッグ戦。
伏黒の影が蛇っぽくなってるのかっこよいよね。
新しい式神を召喚したのかな。

tag : 呪術廻戦

◆◇◆◇◆ 2020/02/11(火) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』第191話「弓場隊・4」 感想(ラスボスとアサシン)

ユーマはできるだけ点が欲しかったから、リスク覚悟で帯島ちゃんと海くんの前に姿を現した。
海くんは、自分は手負いだし、援軍も期待できないし、で一番不利な立場にあるから、帯島ちゃんをけしかけてチャンスをつくろうとした。
つまり、ユーマと海くんの期待を同時に潰す、という意味で、海くんを先に攻撃するという選択をした帯島ちゃんはめっちゃ賢い、ということか。
王子の解説をきいて、なるほど、って思った。


犬飼を攻める弓場さんの顔がほんとにガラ悪い(笑)。
でも、あれだけの猛攻を受けて、なんだかんだで逃げ切った犬飼は、本当にすごいな。
いきなりシールドが4枚になったんで、あれ? と思ったら辻ちゃん登場!
辻ちゃんのブレードを華麗にかわして、蹴りいれた弓場さんがかっこええけど、それをちゃんと腕でガードしてる辻ちゃんもかっこええ。
てか、ランク戦で蹴りってみた記憶がないな。
ブレードの間合いから抜けるために、蹴り飛ばしたっぽいけど。


「ありがと辻ちゃん助かった」「お待たせしました」って会話が、ものすごい強キャラ感というか、できるコンビっぽい空気を醸し出している。


弓場さんの二丁拳銃スタイルは、諏訪さんのWショットガンを参考にしているのか。
諏訪さんと弓場さんが並んで歩いてたら、かなりな迫力だろうな(笑)。
旋空もちのアタッカーに有利をとるために、ぎりぎり旋空の射程範囲に入らない距離から攻撃できる手段をあみだした弓場さん。
間合いさえ保っていれば、アタッカーを一方的に攻撃できる。
で、それに対抗して、射程範囲を広げたのが、生駒旋空か。
工夫に工夫を重ね、対策に対策をぶつけあって、今のボーダーの多様さがあるんだね。

そう考えるとランク戦ってすごいよね。
あの湧いてでるネイバーたちを相手にしてるだけだったら、この多様性は生まれていない。
そして、一様ではないからこそ、人型ネイバーに対抗できるわけだから。


そして、部下ふたりが時間稼ぎしてたら、ついに現れたよ、ラスボスが!
いや、ほんとにラスボスっぽいよね。建物を派手に破壊して、高いところからみおろしてる姿が!


一方、ユーマVS帯島ちゃん。
に、突然、乱入してきたオサム(のワイヤー)。
いやあ、これ突然ひっかかったらびっくりするだろうね。

ユーマのワイヤー高速機動には、全方位射撃が効くか。
なるほど、どこからくるのかわからない攻撃に対しては、全方位で攻撃してしまえばいい、ということか。
ユーマのワイヤー機動については、各隊、いろいろと対策を考えているんだろうな。

で、いろいろ対策を練られているにもかかわらず、次々と新作(?)を発表してくるユーマがすごい!

今度はスコーピオンピンボールか。
グラスホッパーを出しまくって自分を飛び回らせるんじゃなくって、スコーピオンをはねまわすのか。
いや、グラスホッパーを自由に扱いすぎだろ、ユーマ。
グラスホッパーに球状に囲まれてる絵が、なんかすごいきれいだけど、この中に入れられてる人はたまったもんじゃないな。

で、なんとかスコーピオンを叩き落としたところで、ユーマ自身に刺される……か。
なかなかエグい。

いやあ、いつもながらユーマのアサシン感すごいよね。


現時点の状況まとめ
二宮隊:3人生存(二宮さん+犬飼+辻ちゃん)、1点獲得(辻ちゃんが隠岐をスパッ)
三雲隊:3人生存(オサム+ユーマ+チカちゃん)、1人脱落(ヒュース)、2点獲得(ヒュースが生駒さんをドドドドッ、ユーマが帯島ちゃんを初見殺し)
生駒隊:4人脱落(生駒さん+水上+隠岐+海)、2点獲得(海がヒュースをドッ、隠岐がトノをボッ)
弓場隊:1人生存(弓場さん)、2人脱落(トノ+帯島ちゃん)、2点獲得(弓場さんが水上をドンドン、帯島ちゃんが海を裏切り?)

帯島ちゃんが落とされただけで、状況的にはあまり変わってない。
でも、二宮隊が合流したことで、弓場さんはこれもうほとんどムリゲー状態だよね。
次回から完全に三雲隊VS二宮隊になるのかな。

オサムとチカちゃんがどれだけ二宮さんを本気(?)にさせられるのか、がキーになりそうな気がする。

tag : ワールドトリガー

◆◇◆◇◆ 2020/02/09(日) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2020年10号 感想

『ONE PIECE』(第970話 "おでんVSカイドウ")
あのカイドウをあそこまで追い詰めるとは、おでん、本当に強かったんだな。
カイドウは、これどうやったら倒せるの? って感じなのに、まさか子供を人質とってようやく勝てたって話だったとは。

『鬼滅の刃』(第192話 廻る縁)
あの縁壱さんの動きを正確に覚えた炭吉さん、ちょっとすごすぎないか?
そして、それを正確に伝承させた竈門家の長男たちがすごすぎないか?

もしかしたら、炭治郎がみたような夢を、ご先祖様たちもみていたのかもしれないな。
だからこそ「約束なんだ」という言葉が、あれほどの切実さをもって語られたんじゃないかな。
だって、こんな縁壱さんをみたら、人の好い竈門家の人たちなら、必死になってヒノカミ神楽を舞い続けそうだもの。

「ありがとう」と言った時の、縁壱さんの本当に素朴な笑顔が心にしみる。
この笑顔を兄上はみることができなかったのだな、と思うとせつない。
そして、無惨様を取り逃がし、兄に裏切られ、鬼殺隊から追い出され、打ちのめされていた縁壱さんに、こんな温かい時間を与えてくれる存在がいて本当によかった、と思う。

ついに十三番目の型の正体が判明。
そうか、「円舞」と「炎舞」って、なんで同じ音の技があるのかな。誤植かな。と思ってたんだけど、ちゃんと意味があったんだね。
疑ってすまんかった。

「心を燃やせ」のところで、煉獄さんから受け継いだ鍔が描かれるのすばらしいよね。
炭治郎の中で、煉獄さんが熱く生き続けてるんだな、って感じられて。

これまで「ヒノカミ神楽」と名乗っていたけど、今回から「日の呼吸」になった。
ご先祖様の記憶の中で、オリジナルの日の呼吸をみたことで、「神楽」は「呼吸」に戻ったんだと思う。

ようやく縁壱さんと竈門家の縁が廻って繋がった。
縁壱さんを、何も為せなかった人になどさせない、という竈門家の長男たちの想いが、炭治郎の代でついに結実するのだなあ。

『ハイキュー!!』(第382話 百鬼夜行)
冴子姉さん、さらに貫禄増しちゃって……。
潔子さんが弟と結婚してくれて、めっちゃ喜んだんだろうなあ、この人。
ところで、明光兄ちゃん、まだ冴子姉さんとつるんでるんですか? つきあってるんですか? 田中くんとツッキーは義兄弟になるんですか? といろいろ考えちゃうわけなんだけど、明光くんの態度をみてると、恋人って感じではないな……。

観客に手拍子をねだる木兎さんをみて、「ふふふ!」ってうれしそうな赤葦がかわええ。
きっと、あの人あいかわらずだな、って思ってるんだろうな。
木兎さんがずっと変わらないままでいてくれることが、赤葦にとってはなによりもうれしいんだろうな。
赤葦にとって、木兎さんは自分のエースだからね。

ウシワカの豪快なスパイクが決まって、めっちゃ喜ぶ白鳥沢OBたちもかわええ。
あと、「格好良いな」ってうれしそうに笑う鷲匠監督も良いよね。
鷲匠監督にとって、ウシワカは理想を具現化したような選手だもんね。その選手が第一線で活躍し続けてくれてるのは、本当にうれしいだろうね。

おにぎりもぐもぐしてる宇内&赤葦かわいすぎかっ。

これまでプレーするところがまったくといっていいほど出てこなかった佐久早の武器がついに判明。
手首の動きが確かに不気味。

ここまで影山くん、わりといいとこないのに、めっちゃ楽しそう。
そこにツッコミいれる金田一&国見ちゃん。このふたりもいまだにつるんでるんだな。

『アンデッドアンラック』(No.003 お前は何を否定する)
アンディが意外に紳士だ。全裸だけど。
そして、風子ちゃんはやっぱりチョロイ。
まあ、風子ちゃんなら100%初日で頭やられるようなひどいところに、自分から行くなんていうことを、何でもないことのように言って、「テメーが腰曲がりのババアになってても口説き落として抱いてやるよ」とか言われたら、ほだされても無理はない。
誰にも助けを求めてはならない、誰にも迷惑をかけてはならない、と必死に生きてきた風子ちゃんなら、なおさらだ。

アンディって意外と頭脳派だよね。見た目は脳筋系っぽいけど。
長いこと戦い続けていて、いろいろ経験値が高いんだな。
死なないから思い切りのいい戦術がとれるし。

『チェンソーマン』(第56話 呪いとはじめて)
トーリカの師匠がめっちゃかわいいんだけど、すぐに死んじゃいそうでつらい。

暴力の悪魔がコベニちゃんにやたらやさしくしてて、どうにもこうにもうさんくさい。
コベニちゃん、DV男にひっかかりそうなタイプだし……。

デンジとパワーちゃんが寄り添いあってる絵がほんとかわいいな。
このふたり、最近はもう兄妹にしかみえなくなってきた。
そして、ニャーコはデンジにすり寄るのか……。

『アクタージュ』(screen99.勝者)
黒山さんと天知は、やっぱり同じ目的でつながってるんだな。
実現方法についてはぶつかっているけれど、「本来の目的」を同じくしてるんだ。
黒山さんは、天知についていろいろダメ出ししつつも、全否定はしてない感じだったもんね。
実際に、お金を集めてきてくれる人がいないと、商業演劇は成り立たないし、映画をつくるにもお金がかかる。
あの阿良也くんでさえ、そのことを考えずにはいられない。
大変な世界だよね。
花子さんは、ひとりですべてを成り立たせることができるような分野で生きてきた人だから、そこらへんの感覚がどうしてもズレちゃうのかもしれない。

芝居を壊した「責任」をすべてひっかぶろうとした王賀美さんに、エルボーくらわす市子ちゃんと武光がかわええ。
女優としての夜凪ちゃんを守った「手柄」を独り占めにする気か! みたいな感じで。
で、素直に謝れる王賀美さんが良いよねえ。

夜凪ちゃんは救われた。でも、花子さんは救われていない。
これは2回目公演でリベンジってことになるのかな。
その回の分が配信されることになったらしいし。

黒山さんに担がれている千世子ちゃんがめっちゃかわええです。
これ、さすがに映画館の裏口だよね。表だったら大変な騒ぎになってるよね。

『呪術廻戦』(第93話 渋谷事変・11)
別記事(たったひとりですべてを背負う)になりました。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2020/02/08(土) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第93話 渋谷事変・11) 感想(たったひとりですべてを背負う)

宿儺の扱いで意見がぶつかる真人と漏瑚。
「100年後の荒野で笑うのは儂である必要はない」と断言していた漏瑚だけど、宿儺である必要もないんだよね。
それが呪いであるのなら、なんでもよい。
宿儺が一番強いのは確実なので、宿儺を推しているってだけで。

ここで意見が割れちゃうのは、そもそも「呪いとは何か」の定義がズレているからか。
でも「偽りなく欲求の赴くままに行動する」が基本の真人は、漏瑚がそれを求めた結果、宿儺復活を願うことも否定しない。
それは自分の考えの否定につながるから。

「目的のために裏表のない道を歩む」と「偽りなく欲求の赴くままに行動する」は、多分、根本は同じなんじゃないかなって気もする。
ただ自分の願いのためだけに動く、というところが。
「呪い」の奥底にあるものは、結局「願い」なんよね。
乙骨が里香ちゃんを失いたくない一心で呪霊にしてしまったように。


真人はなんだか偽夏油を探るような目でみてたけど、あれなんなんだろうね。
案外、真人はいろいろかこつけて、偽夏油から距離を置きたかっただけなのかも、とか深読みしてみたり。


美々子ちゃんと奈々子ちゃん、今、どうしているのなか、と思ってたら、こんなところで偽夏油に使われてた。
偽物だとわかっていても、夏油の肉体をあきらめられず、いいように使われていたのか。
これなら、どっかに潜んで夏油の迎えを待ちわびている方がまだマシだった。

このふたり、"縛り"のことをよく知らなかったのかな。
夏油は呪術についてあんまりちゃんと教えてなかったのかも。
自分の手元に置いて守ってやるって思ってたから。


虎杖と七海さんチーム合流。
そうか、猪野さんは虎杖とは初対面か。
七海さんは、まだ学生の虎杖と伏黒を最前線で戦わせたくないんだろうな。それも、自分がいないところで。
でも、一級の権限がないとできないこともある。
てか、そのコンタクトとろうとしてる伊地知さんは刺されてんだけどっ。


七海さんに頼られて感動してる猪野さん、ちょっとかわいい。

五条家は五条先生のワンマン。
禪院家は跡取り娘が呪力なしとほぼ呪力なし。
加茂家は正妻の子を見捨てて側室の子を跡継ぎに据えている。
御三家はどこも問題抱えてるな。

秘匿死刑になるところを五条先生に救われた乙骨と虎杖。
禪院家に売られかけていたところを五条先生に妨害してもらった伏黒。
他にもいろいろとやってるんだろうな。

乙骨はもう死刑にはならないだろうけど、虎杖は常に死刑執行のリスクを背負っているからな。
伏黒も禪院家につかまったら、自由に行動することはできなくなるだろう。津美紀さんを人質にとられたら、伏黒は抵抗できないし。
虎杖も伏黒もまだまだ五条先生の庇護が必要な身なんだよな、って改めて思う。

ワンマンだから好き勝手やってるようにみえて、ワンマンじゃなければできないことをやっている。
でも、自分だけ強くてもダメだってことは理解している。
だからこそ先生になって、呪術界を根本から変えようとしている。
五条先生、いろんなもの背負い過ぎだよね。


五条先生を失って、呪術界がごたごたしている時に、呪詛師+呪霊が大騒ぎしたら、漏瑚が望む呪いだけが生きる世界になる可能性はわりと高いのか。
てか、呪霊はともかく呪詛師たちは何を願ってそんなことするんだろうね。
伏黒パパは金を稼ぐためにやってたけど、呪霊たちが跋扈する世界になったら、お金なんか持ってても意味ないと思うし。

夏油は呪術師オンリーの世界を望んでいたけど、一時的にそうなっても、呪術師と呪術師の間に生まれる子供が呪力を持ってなかったらどうすんの? って思う。
実際、禪院家はそんな事態になってるし。

tag : 呪術廻戦

◆◇◆◇◆ 2020/02/02(日) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2020年09号

『呪術廻戦』(第92話 渋谷事変・10)
別記事(すべては五条悟だから)になりました。

『ONE PIECE』(第969話 "バカ殿")
おでんがいろいろと悲愴すぎる。
てか、くまの扱いとか、尾田先生、たまにとてつもなくエゲつない展開やるよね。

『鬼滅の刃』(第191話 どちらが鬼か)
センターカラーは、背中合わせの縁壱さんと炭治郎。
なんか、センターカラー久しぶりのような気がする。

愈史郎はちゃんと掘り起こしてもらえたんだね。
村田さんたちが炭治郎を助けたいと必死なのに、愈史郎はいつも通り冷静。
珠世様以外はどうでもいいけど、無惨様と戦ってくれる人なら助けてやってもよい、ぐらいの考えなんだろうね。

こんなシュラバなのに、いつも通りに珍しいものに心惹かれちゃってる伊之助。
それを叱ってるカナヲちゃんがかわいいよ!
カナヲちゃんも伊之助相手だとなんとなくお姉ちゃんモードになるんだな。
あと、ボロボロでも逃げ出さないし意識も失わない善逸! がんばってる!

札をつけてる者同士はみえるってのは便利だな。
うっかり味方を攻撃せずにすむから。
岩柱さんには、札つけてようがつけてまいが同じなんだろうけど。

ところで、無惨様がいきなり本気だしたのなんなの?
これまでどうしてそれやらなかったの?

岩柱さんが片足斬られてて、ぐおっ、ってなったんだけど、刀を握っている腕をぶった切られている義勇さんをみて、ぎゃあ、ってなった。
こわい。こわすぎる。
先週のラストで「反撃開始!」って感じだったじゃん!
それなのになんで全滅してんの!
これヘタすると五体満足な柱がひとりもいない、って状態になってない?
いやいやいや、圧倒的すぎるだろ。
特に岩柱さんの足やられてるの厳しすぎる。
吾峠先生、思い切りがよすぎる。

あと、一瞬、伊之助の頭がもげてるように見えてめっちゃびびった。

カナヲちゃんまで「最期までちゃんとやる」とか言い出してキツいよなあ。
なんかもう、時透くんと玄弥のことを思い出しちゃってキツい。
カナヲちゃんだけあの場にとどまっていたのは、たまたまなのか、目がよいからひとりだけ攻撃を避けられたってことなのか。

「炭治郎。炭治郎」しか言えないで涙をこぼすカナヲちゃん。
炭治郎、カナヲちゃんは助けられたけど、本当にボロボロだな。
無惨様は余裕そうにみせてるけど、内心では、炭治郎に縁壱さんの姿と重ねて、ちょっと憂鬱そう。
「……虫唾が走る」って台詞は、唯一、自分を敗走させた人物への畏れを思い出して、その時のことを思い出すことが、腹立たしいってことなんじゃないかな、って思った。

巻末コメントで、これだけ主要キャラを壊滅状態にしている吾峠先生がレモン汁の攻撃うけてて、ちょっと笑った。

『アンデッドアンラック』(No.002 UNION)
アゴクイで落ちる風子ちゃん、チョロイ、って思ったけど、少女マンガが好きで、だけど、誰とも触れられないと思い詰めていきてきたんだから、無理もないよな。

それにしても、襲われてる組織に入ろうとする、ってのはおもしろい発想だな。
ずっとこんな連中とやりあってるアンディにはない発想だったんだろうな。

『アクタージュ』(screen98.風)
舞台を捨てないために、女優としての自分を捨てようとした夜凪ちゃんのために、舞台を捨てることを決意した三蔵一行。
合意がとれたところで、白石さんが動こうとして、それを止めて王賀美さんが動くとこよいよね。
白石さんは、自分が年長者なんだから自分が責任取るべき、って考えたんだろうけど、白石さんがやっちゃうと、後々、彼の立場を傷つけかねない。
でも、王賀美さんなら、王賀美ならやりかねない、で片づけられる可能性が高いし、日本での業界内の評判がさらに落ちても、また海外に行けばいいだけだからね。
だから、この役目は、一番被るダメージが少ない自分が引き受けるべきだって思ったんだろう。

王賀美さん、この芝居の成功を心底望んでいたよね。
武光、この舞台に将来をかけてるよね。
白石さんも市子ちゃんも、芸歴長いから、最悪の事態を想定できてるよね。
でも、みんな夜凪ちゃんの方が大事だって、決断したんだ。

それに気づいちゃった夜凪ちゃんの後悔と、それを上回る喜び。
この夜凪ちゃんはもう、芝居に溺れて戻ってこれなくなる、なんてことはないんだろうな、って気がする。

千世子ちゃんが呆然としちゃってるの、なんか哀れにみえる。
千世子ちゃんは夜凪ちゃんに勝ちたいのに。
そのためにいろんなものを捨てたのに。
もう、今の夜凪ちゃんは千世子ちゃんに勝つことなんか考えていないんだもの。

『ハイキュー!!』(第381話 呉越同舟)
元・小さな巨人こと宇内さんが、マンガ家やってるとわっ。
バレーボールよりもやりたいことってマンガだったの?
もうすぐ打ち切り、って但し書きがシビアだな。
初連載が打ち切られて、バレーボールマンガ描くんだよ、きっと。古舘先生みたいに!

しかも、そこの編集さんが赤葦かっ。
あの冷静な分析力で、静かにネームにダメ出ししてる姿が容易に想像できる。
マンガ家さんのメンタルが浮いたり沈んだりしてても、冷静に対処できそうだよ。
なんせ、秒で浮き沈みが切り替わる木兎さんの面倒見続けてきたからね!

サーブのためにかっこよく観客席を静めたと思ったら、あっさりそのサーブに失敗するツム……。
その決め切れないとこはあいかわらずだな。

サムが高2でバレーを続けるのは高校まで、って決めたということは、春高バレーの直後に決断したってことなんだろうな。
ずっと相方なサムを失いたくなくてふてくされてるツムと、ちゃんと自分の気持ちを伝えるサム。
ツムにはバレーしかないけど、サムには別の夢があるんだな……。
この兄弟、80になった時にお互い「どや、俺の方が幸せやったぞ」って主張してケンカしそう。

日向くんとツムの超速攻の絵がかっこいいな。
なんかもうめっちゃ燃える!
それを影山くんが受けるとこも熱いよね!

観客のほとんどが「?」なの、春高バレーを観る層と、プロリーグを観る層は、ちょっと違うってことなのかな。
3年連続で春高バレーに出てた日向くんがまったくの無名扱いだし。

影山くんとセットじゃない日向くんには用はない、みたいな言われ方をずっとされてたけど、ツムでも同じことができるとなれば、俄然、代表入りの可能性が高くなる。
「ジャパン!」な日向くんもみてみたいな……。

『チェンソーマン』(第55話 レッツゴー)
デンジーにめっちゃ警護がついてる。
超VIP待遇!

民間から1ヶ月だけ雇われた吉田ヒロフミのビジュアルに、なんか不穏なものを感じる。
あのマキマさんが名指しするんだから、そうとう強いんだろうけど。

京都3人組があっとゆーまにやられちゃったんだけどっ。
このマンガ、銃が強すぎだろ。

tag : 週刊少年ジャンプ

◆◇◆◇◆ 2020/02/01(土) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第92話 渋谷事変・10) 感想(すべては五条悟だから)

なんか掲載順位がいきなり高くなったんだが、このマンガ位置が安定しないな。
まあ、打ち切りくらいさえしなければ、順位はどうでもいいんだが。


呪術高専だよりは渋谷マップか。
あそこらへんはわりと知ってるので、みんながどれくらい離れているのかなんとなくわかって楽しい。
今のところ、虎杖たちが一番離れたとこにいるけど、あれくらいの距離、虎杖ならあっとゆーまにたどりつきそう。


扉絵なくて、日下部先生、禪院当主、ナナミンとなかなかシブい3人の打ち合わせで開幕。

五条先生にすべてを任せ、待機していたけど、突入を選択したか。
この人たちは、地下にとらわれた人たちは五条先生に託し、それ以上の被害拡大を防ぐ役目を担ってたはずだけど、ここで動かないとその役目を果たせないと判断したんだろうな。


伊地知さんがんばってるな、と思ったら、唐突に刺されたんだけどっ。
雑だけど念入りな刺し方、おい。
「えいっ」ってなんなんだよ、それ。

めっちゃびっくりなんだけど。
まさかこのタイミングで伊地知さんがやられる?
このマンガ、本当になめらかに人が死ぬから、刺されたけど、なんとか生きてるよね? と信じきれないのが、なんとも……。

しかし、後方支援要員からつぶされるとはな。
戦闘能力は並みだろうからつぶしやすいし、そのわりに与えるダメージはそこそこありそうだから、賢いやり口とはいえる。
あの状況で、冷静に連絡を取り合ってるスーツの人間たちって、よく考えると結構目立ちそうだし。

五条先生が封印されたら、事務仕事を押し付ける相手もいらなくなるから、不要になった、とかいうコワイ理由じゃないよね。……ないよね……。


獄門彊が処理落ちしていた件。
五条先生から完全にコントロール権を取り上げるには、五条先生という情報を処理しないといけないのか。
で、この状況をみていたプチメカ丸。
死んだ後の方が役に立ってる感が悲しいな、メカ丸。


呪霊たちが封印された五条先生を動かせない理由をきかれて「五条悟だからダ!!」って答えるの良いな。
そして、「ハハッ。納得!!」って応じる虎杖も良い。
ちょっとうれしそう。
封印されても五条先生はやられっぱなしじゃない、ってのがうれしいんだろうね。

それにしても「五条悟だからダ!!」の説得力ってなんだろうね。
何があっても、その言葉で納得できるのは、五条悟だから(笑)。


そういえば、渋谷の地下駅の隣4駅って全部、違う路線なんだな、ってあらためて思った。
全部、渋谷ではじまって渋谷で終わるからそうなるよね。
明治神宮前(原宿)駅には冥冥さんがいるから、それ以外の3駅から3チームがそれぞれに攻め入る流れになるのか。


改造人間たちをすれ違いざまに殺す虎杖に、躊躇する様子がないのが悲しいよね。
一般人が襲われているんだから、虎杖がそこで躊躇することはないってわかってるんだけど、心の中でどれだけ謝ってるのかと考えると悲しい。

ところで、虎杖、中継役の伊地知さんと連絡つかなくてどうするのかと思ったら、まさかの肉声!
なるほど、シンプルだな!
あのごちゃごちゃした渋谷界隈を探し回るよりはずっと効率がよい。
あの高さから虎杖の肺活量で叫んだら、かなり広範囲に届きそうだよね。
普段の渋谷よりは静かだろうし。

「五条先生があっ、封印されたんだけどー!!!」って言い方、なんかかわいい。

あんな大声で「ナナミン」呼ばわりされてピキッてなってる七海さんが良い。
冥冥さんからきいた渋谷にきているメンツで、一番、頼りになりそうなのが七海さんだったんだろうな。
まあ、伏黒や野薔薇ちゃんには指揮権がないし、禪院の当主は知らないだろうし、2年担任の日下部先生も知らない可能性あるから、七海さん一択になるのもわかる。


「もし封印が本当なら、終わりです。この国の人間全て」ってこわいな。
五条先生が背負ってるものでかすぎるだろ。
だけど、誇張しすぎだろ、とも思えない切実さがある。
それこそが「五条悟だからダ!!」ってことだよね。


呪霊側はこれからどうするか作戦会議中。

偽夏油は五条先生を置いて逃げる選択はしないか。
この人、五条先生を排除するのが目的じゃなく、五条先生を手中におさめるのが目的なのかな。
誰がきても、五条先生以外の術師なんかこわくない、ってことなのかもしれないけど。

脹相兄ちゃんはやっぱり弟たちの仇討ちが目的か。
九相図なのに3人兄弟、あと6人いるのか? と思ってたら、やっぱり高専側が保管しているらしい。
残りの6人(?)は受肉してないはずだけど、乗り移り先つくって、7人兄弟で暮らしたいのかな、って考えるとちょっとほのぼの……なのか……?

漏瑚はあいかわらず両面宿儺復活が目的。
だから、虎杖は殺したくない。
でも、脹相兄ちゃんは殺す気満々。
さらに真人まで乗っかっちゃったよ。
漏瑚も苦労するなあ。

真人は、楽しければなんでもよい、って感じだな。
いきなり、宿儺いらないから虎杖殺しちゃお、ってなってるし。
いや、宿儺にえらい目にあわされたの覚えてないの?
まあ、この無邪気さは、いかにも真人って感じだけどさ。
宿儺がこの発言きいたら失笑するだろうな。

tag : 呪術廻戦

カレンダ
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク