FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2013/03/27(水) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第36話 近い時間 感想、もしくは、めずらしく「の」が入ってない

エキシビジョンマッチも最終回。
3回しかないからすぐに終わるな。
野球部のバント攻勢であっとゆーまに追い詰められたE組。

せこいっちゃあせこいけど、それを先にやったのはE組で、理事長先生の言う通り「手本を見せてやる」という名目は立つなあ、確かに。


ここで登場したのはスーパースターの進藤くん。
ぬふぁ~んしてるんだけど、魔人様からチョコでももらったんだろうか(笑)。

理事長先生こわすぎるっ。

ここでついに殺監督が動いた。
カルマくんと磯貝くんの超前進守備……って、いやこれ打撃妨害だろ(苦笑)。
もう、審判もどこまで許していいのか混乱してるっぽい。
ダメなことを一度、譲っちゃうと、その後が際限なくなるってのはあるよね。


てか、超前進守備どころか、もはや守備やる気ないよね、っていうゼロ距離守備になった。
磯貝くんが、あ~あ、って感じの言動しながらも、殺監督の指示に従ってる感じがなんかかっこええ。
これって、万が一、カルマくんか磯貝くんがよけそこなったら大惨事だけどどうすんの、とも思ったんだけど、その時は殺せんせーがマッハ20でフォローするんだろうね、多分。

で、「次はさ、殺すつもりで振ってごらん」とカルマくんが挑発。
進藤くんはもう完全に心が折れた、というよりは正気に戻ったというべきか。

おそるべき理事長先生の洗脳(?)も即席の強化ではここらへんが限界なのかもしれないし、元々、進藤くんがまじめで正義感の強い性格ってのもあるかもしれない。
進藤くんは、自分は選ばれた者だ、だから自分は他の人たちを導かなければならない、って感じの思想の持ち主っぽかったからね。
だから他の人たちを見下してもいい、だったら、そこに立ってるおまえが悪い、で話が終わっちゃってたかも。


「野球の形をした異常な光景」と渚くんが言うように、これは野球じゃない。

だからこれは、土俵を強引にかえてしまった殺せんせーの作戦勝ちといえるのかもしれない。
理事長先生も野球をやるつもりはなさそうだったけど、それでも、野球というスタイルからは逸脱しなかった。
まあ、逸脱した時点で、理事長先生の敗北だしね。
自分が生徒たちの目にどううつっているかを常に意識しなければいけない理事長先生にとって、これは分の悪い戦いだったんだろう。
だけど、理事長先生が介入しなければ、殺せんせーだって、普通に野球で子供たちを勝たせてやりたいと思っていたんだろうなあ。

でも、明らかに理事長先生の方がいろいろと失っているような気が。


ところで、進藤くんのあの打球をとったカルマくんて、身体能力がすごすごませんかっ?(あの角度で飛んだボールを捕るって……)


そんなこんなでE組の勝利!
野球部のみんなのこれからの立場がめっちゃ心配なんですけど……。


でもまあ、進藤くんが普通の野球少年に戻れて本当によかった。
急激にしぼんだらどうしようかと思ってた(←ドーピングコンソメスープの副作用)。

杉野くんが勝ちたかったのは、E組のみんなはすごいんだよ、ってことを伝えたかったから。
確かに、一方的に負けるんでは、そんなメッセージは通じないよね。

とりあえず、杉野くんは今、学校生活を楽しんでるし、野球のことだってあきらめてはいないんだよ、ってことが進藤くんに伝わったのはよかったなあ、と思う。


追記:
読み返してたら、茅野ちゃんのスマホの中でチアガールやってる律ちゃんを発見!
スポンサーサイト



tag : 暗殺教室 松井優征

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク