FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2013/04/28(日) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第41話 才能の時間 感想、もしくは、圧倒する異能

『ジャンプ』の60000名プレゼント、とりあえず6通応募しといた(←殺せんせーシールのために2冊買ったから)。
殺せんせー缶バッジ欲しいなあ。あのデザインなら、リュックとかにつけてても普通におしゃれグッズとして通用しそうな気がする。

ちなみに、この手のプレゼントでゲットしたネウログッズがうちにある。あの頃は競争率が低かったのかもしれない(苦笑)。


さて、渚くんVS鷹岡先生。
烏間先生の渚くんの助言がなんかすごいな。
「暗殺」という言葉の使い方が殺せんせーの影響を受けてる感じがする。

確かに「暗殺」では、暗殺者の強さを示す必要はない。ただ、目的を遂げるだけでいい。
「殺せば勝ち」の世界。

対して、鷹岡先生は「力を示す」ことが勝ちだ。それも、生徒たちが服従せざるを得ないほどの圧倒的な力を。

このベクトルの違いをしっかり渚くんにアドバイスしていた烏間先生は、やっぱり有能な教官なんだろう。


それにしても、鷹岡先生の想像の中の渚くんがめっちゃエロくみえるのは気のせいですか?(爆)


微笑みながらゆっくりと歩いていく渚くんが、かわいいを通り越して美しくさえみえる。
鷹岡先生が初撃をかわしたのはさすがだけど、これは反射的によけたって感じで、まだ渚くんに「暗殺」されかけてるということを認識できてない。
そんな状態でも次の攻撃をよけられたのは訓練のたまものか、渚くんの運動能力が低いってことなのか。
てか、終始、首を狙ってるっぽいあたりがえげつない(苦笑)。

「服を引っ張ったら殺んだので」って……えっと……これはさすがに誤植じゃないよね(追記:Twitter情報によると誤植のようです……orz)。

鷹岡先生は、素人が何の迷いもなく人に向かってナイフを振るう、という事態そのものを想定していなかったわけだから、そりゃあギョっとするだろう。
この6ページ分の鷹岡先生の表情のうつりかわりっぷりが見事だよなあ。
ふふん(余裕綽々)→ん?(何やってんだこの子)→あ(攻撃されてる)→ぎょっ(殺される)→うわわわわわわ~、って感じ。


渚くんの才能は「殺気を隠して近づく才能」かあ。
1話目からすでに描かれていた能力だよねえ、これ。
あの頃は、不良学生にいいように使われてるかわいそうな子、って印象しかなかったんだけどなあ。


渚くんが「ひょっとして烏間先生、ミネ打ちじゃダメなんでしたっけ」って、普通にきいてるのが、なんかこわい。
やったぜ! って喜んでる風でもなく、ただ「任務」が完遂できたかどうかを問うている。
人の首にナイフを当てている、という状況で!
いや、これ渚くんか鷹岡先生がちょっと動いてたら、ピッていっちゃう状況だよ。もっと緊迫感とか恐怖感とかもとうよ(汗)。


渚くんの才能は、殺せんせー暗殺が成功しても失敗しても、8ヶ月後には確実に意味をなさなくなる才能だ。
てか、意味をなしたら困るだろう。
烏間先生が「咲かせても良い才能なのか!?」って悩むのも当然だ。


渚くんが鷹岡先生を撃破するという展開は、わりと規定路線だったと思う。
でも、渚くんがここまで鷹岡先生を「圧倒」するとは思わなかった。

たとえば、烏間先生と鷹岡先生の戦いなら、「力を示す」ことで方向性は一致するだろう。それだけに、絶対に烏間先生が勝つとは言えない。二人とも自衛官として優秀なことは間違いないんだから、その差は「絶対」ではないだろう。

そう考えれば、あの場面で烏間先生が出るよりは、渚くんが出た方が、条件としては有利だった可能性が高い。
まあ、結果だけをみればそうなるんだけど、渚くんの勝ちを予測してたのは、殺せんせーだけだったよね、明らかに。
それと、二度目があったら、多分、鷹岡先生が勝つよね。
まあ、「暗殺」で負けちゃったら二度目はないけど(苦笑)。


戦闘能力において最弱キャラが最強キャラっていうと『魔人探偵脳噛ネウロ』の弥子ちゃんを思い出すんだけど、彼女がそこまでのキャラになるには、その才能をみいだし、花開くまで試練を与えつつ守ってくれた魔人様という最強の存在が必要だったわけで、ここらへんで、魔人様と殺せんせーのポジションがかぶるなあ、と。

そんなことを考えていたら、殺せんせーは、渚くんを、というか、生徒たちを「何者」にしたいのかなあ、と考えてしまった。
だって、暗殺の才能を発掘されて、渚くんは幸せになれるの?
まあ、本人はナチュラルに今の学校生活を楽しんでいるようだから、それ以前の劣等感にまみれた環境よりは何倍もましになってるはずなんだけどね。
それを考えれば、もうじゅうぶんに幸せになれてる気もする。


とにもかくにも、渚くんのかわいさとかっこよさに圧倒されてしまった今回。
想像以上に想像通りなものをみせていただきました。


それと、めっちゃ心配そうにしている茅野ちゃんがかわいかった。
次回、渚くんとのいちゃらぶイベントを期待!
スポンサーサイト



tag : 暗殺教室 松井優征

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

>鷹岡先生の想像の中の渚くん
松井先生は律ちゃんにタッチパネル機能をつけたりと、ちゃんとソッチ系の需要を理解してるような・・・(笑)
カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク