FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2013/07/20(土) ◆◇◆◇◆

『おおきく振りかぶって』第101回「まっすぐ3」 感想

時間はたっぷりあったはずなのに、またもや『おおきく振りかぶって』感想がぎりぎりになるという……。


西浦のチーム内でも、バックスピンは重要か否かについては意見が割れている……というか、正直、よくわからないっぽい。
三橋の場合、9分割のコントロールが一番すごい、っていうのがチームの総意なんじゃないかね。
よくわからないバックスピンよりも、コントロールの方が実感としてすごさがわかるんじゃないかと思うんだけど。
あと、ピッチャーというポジションに対する執着心がすごい。これはみんな「尊敬」レベルですごいと思ってそう。

西浦のグラウンドに謎のおじさんが登場。
「誰かのトーチャン?」って、モモカンのトーチャンだった!

なんというか、モモカンが娘っぽい(笑)。
いや、娘なんだから当然なんだけど、野球人としての父親を尊敬し、頼りにしつつ、娘としての気安さというか甘えがにじみでている感じがなんともかわいい。

モモカン、自分のチームをバカにされたと思って、それを怒ってるんだね。
父親の方は、ちょっとした冗談もしくはちょっとしたツンデレで「埼玉もレベル下がったな」と言ったんじゃないかな、と思うんだけど、それをスルーできないのは、モモカンが西浦のみんなを愛しすぎちゃってるからよね! とか思ってにまにましてしまった。

でも、父親の助力は欲しいので、ぐぬぬと思いつつも、ちゃんと頭は下げる。
おおっ、モモカンがいつになくかわええ。
いや、モモカンはいつもかっこええですけどね。そこにかわええが加わると無敵ですな。

それにしても、モモカンの父親が元甲子園投手とわっ。
モモカンの野球好きは、家庭環境が影響してたのかあ。
バッティング投手として有能なのも、この父親の指導を受けてたからかな?

というわけで、西浦にめっちゃ頼れるコーチが加入。
いやあ、本当に頼もしいですなあ。

それにしても、色分けしたボールやら撮影機材やらタブレットPCやら、コーチはいろいろ持ち込んできたなあ。
本当に初日からやる気マンマン。
娘が自分の「領分」に入ってくることに反対したけれど、それでも入ってきてしまったからには手助けしたい。でも、自分から進んでそういうことはできなくて、娘が頭を下げてきて、ようやく心置きなく口や手が出せるといさんでやってきた、という感じだろうか。

コーチが三橋に話しかけてるのに、がんがん横入りする阿部にちょっと笑ってしまった。
三橋の説明がつたないからフォローしようとしている、っていうことなんだろうけど、阿部は気が短いところがあるから、はやく話の続きがききたくてしかたないのかなあ、とか思った。

2試合ほどさくっととばされて、秋季県大会への進出が決定!
対戦相手はどんどん強くなっていくけれど、新コーチ加入で西浦だって強くなっていく。
いやあ、歴戦のツワモノが味方についてくれるって、本当に頼もしいことだよねえ。
「カントク」と「モモエ」がふたりで若干ややこしいけど(笑)。

ところで、クジを引くのはまた花井?
花井は田島的にはクジ運がいい(←強い相手と試合ができるから)んだろうけどねえ(苦笑)。
スポンサーサイト

tag : おおきく振りかぶって ひぐちアサ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク