FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2007/08/31(金) ◆◇◆◇◆

アニメ『おおきく振りかぶって』第21回 感想

アニメ『おおきく振りかぶって』の21話目は『もう一点』。

ネットにはりついてる浜ちゃんで始まった今回。
なんだか、浜ちゃんていうと、ネットにはりついている、という印象が‥‥。
それだけ必死で試合を見守ってるっていうことだよね。
今回、西浦サイドの応援曲は爆風スランプの『ランナー』。
楽器は太鼓とトランペットがひとつずつだけなので、桐青とまるっきり音が違う(苦笑)。

今回のメインはなんといっても、田島VS準さん&和さんバッテリー。
結末がわかっていても、おもわず正座して見ちゃうくらい緊張する対決だった。
駆け引き上手の和さんの配球にまったく動じない田島様と、和さんの期待に応えようとふんばる準さんがカッコイイ。
そして、最後におもいっきし感情をあらわにしてガッツポーズをする準さんと、うっすら涙を浮かべてる田島の対比に、勝負のキビシサを感じる‥‥。
ランナーをすすめることもできずにアウトカウント増やしちゃったとか、準さんのシンカーをどうしても攻略できないとか、この試合1点も取れてないとか、この打席が最後だから汚名返上するチャンスもない、って考えたら、うっかり泣きそうになっちゃったのかなぁ。
田島のおかげで盗塁できてるんだから、十分チームに貢献してるよ! と言いたいとこだけど、4番に執着している田島としては、バッターとして活躍できなけりゃ意味がないのかもしれない。
でもまぁ、気持ち的には落ち込んでいても、チームのみんなの前ではちゃんと元気にする、ってのが田島のスバラシサ。
だけど、三橋に対してはこっそり本音が出ちゃうとこがカワイイ。
そして、そんな田島の落ち込みにちゃんと気づいて、「もう1回、おまえに回してやっから」と言う上位打線陣が頼もしいぞぉ。

それでもって、今回のもうひとりの主役はなんといっても水谷だ!
三橋のことを心配したり、打席でおもいっきりなボール球を景気よく空振ってしまって照れ隠しに笑ってみたり、集中して球を待っていたり、塁上でうれしそうにちっちゃくガッツポーズしてみたりと、短い時間でめまぐるしく表情が動く。
そんな、感情豊かで素直な水谷に癒される~。
そういえば、今になって気づいたけど、この打席の前も水谷は笑ってたんだね。
そうか、この時点ですでに、水谷は打席に入る前に笑うと打てる、という伏線が張ってあったのか!(←アフタで追っかけてるファンにしかわからない話でスマナイ)

ネクストバッターズサークルで、阿部の上着を肩にかけて、ちんまりと正座している三橋が蕩れ~(←普及してるのか知らないけど、個人的に気に入ってるので使いまくってる西尾維新語)。
スポンサーサイト



tag : おおきく振りかぶって

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク