FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2014/10/01(水) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第109話 「死神」の時間・9時間目 感想、もしくは、はじめてのE組総力戦

烏間先生と「死神」の超決戦!
競馬中継やってるアナウンサーさんとか連れてこないと実況は無理っぽい(←それでも無理かな?)。

「死神」は豊富なスキルを持っているので、烏間先生は場をシンプルにして相手の選択肢を減らした、ということなんかね。
烏間先生、肉体が強いだけじゃなく、頭も切れる。スペック高すぎっ。

「死神」は指に銃を仕込むとか、便利っぽいけど、これって空港の金属探知機とか通れるのかしら、とか余計な心配をしてしまった。
だって、着脱可能じゃないでしょ、さすがに。
ところでこの人、「死神」であることは確かで、若干、劣化しているということで決定なのかな。

結局、殺せんせーのガードの元、烏間先生、大勝利!
決め技が股間狙いというのは、若干、気の毒だった。

「俺の大事な生徒と同僚」という言葉に、ちょっと照れてる感じのイリーナ先生がかわいかった。
まだ「同僚」だと思ってもらえてる、って思ってるのかな。
それとも、今はまだ「同僚」ポジションでいいや、って思ってるのかな。


「死神」編は終わってみれば、烏間先生無双編だった。
ワイルドな烏間先生がたくさんみれて楽しかったなあ。

考えてみれば、沖縄リゾート編では生徒のほとんどが寝込んでいたし、殺せんせーが変形してたりしてたから、先生と生徒が総出の戦いってのはこれが初めてだったんだなあ。
スポンサーサイト



tag : 暗殺教室 松井優征

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク