FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2015/09/23(水) ◆◇◆◇◆

『おおきく振りかぶって』第123回 「田島の・2」 感想

やっぱり自分の投球がしっくりこないらしい三橋。
阿部は三橋の投球フォームをコーチに送ることに。
これって、阿部的には、三橋のコントロールがズレている、ということはわかっても、フォームが特に変わっているようにはみえない、ということなんかな。

田島に「ゆうだろ!」と言われて、普通に「は?」って返す阿部……。
これは確かに田島の方が恥ずかしくなるわ。
まったくもって、三橋以外には合わせる気がないだろ! と言いたくなる。

キャッチャー姿を家族に見せびらかす田島がかわええ。
田島は本当に家族が好きだなあ。でもって、本当にかわいがって育てられてきたんだろうなあ。

でもって、今度は泉に「アベじゃねー、タカヤー」と言われて、田島が「え、なに?」とか言ってるという、結局のところ、阿部も田島も同じ属性、というオチだった(笑)。

さて、コーチの指示は「特投げ」。
よくわからないんだけど、しっかり投げないで、はやいテンポでポンポン投げろ、ということなのかな。
「30分もやれば100球近く投げられる」ということは、20秒で1球くらいのテンポか。
100球も投げられる、という話に興奮する三橋がっ。
泉がドン引きしてるぞ。

一方、100球も投げる、という話に渋い顔の阿部。
「まずけりゃ、レンが止めるよ」という言葉に「信用できねェ」と即答するあたりが。
田島と泉は三橋びいきだから「あ~ん?」ってなるけど、これはまあ、三橋の日頃の行いが悪いんじゃないかな(苦笑)。
逆に言えば、三橋の投球好きを信用している、ってことだし。

「投げんの好きすぎて、オーバーワークがわかんねんじゃないかな」と阿部が訂正すると、田島と泉も納得。
三橋の目がおかしくなってるから、そりゃあ阿部に同意せざるを得ない。

試験前なのに野球野球な田島に対して、家族がゆるいなあ、と思ってたら、ママさんはさすがに厳しかった。
それも、「勉強しなさい」ではなく、「赤点とったらどうなるんだっけ?」だもんなあ。
これはグウの音もでないというか。
釘をさしつつも、どう行動するかはあなた次第よ、と言ってる感じで、なかなかにシビアな放任主義って感じだなあ。

これから、コーチがコーチになってくれたことの本当のありがたみがわかる展開になりそうな感じ。
阿部は榛名をみてるから、いろいろと慎重になっちゃう気持ちはよくわかるんだけど、おっかなびっくりやってると三橋の投手としての成長を損ねてしまうということなんだろうなあ。
スポンサーサイト



tag : おおきく振りかぶって ひぐちアサ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク