FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2015/12/27(日) ◆◇◆◇◆

『おおきく振りかぶって』第126回 「田島の・5」 感想

百枝コーチの特別講義(?)が終わったけど、去り際に「みんな、勉強もするんだよ」とくぎを刺されてしまった、三橋、阿部、田島、泉。
教師ではないけれど、言わないわけにはいかないんだろうね、モモカンも。

というわけで、三橋の家でお勉強会(ただし泉を除く)。
阿部と田島を出迎える時に「おそろいで!」って、なんだよ、その声掛けは(苦笑)。
こういう場合は「待ってたよ」くらいでいいんじゃないかな。なんか、「おそろいで」だとちょっと他人行儀な感じがするというか。
三橋はいまだに、友達が家に来るということに慣れないでいるのかね。

「お前、いつもそんな時間まで1人なの?」という問いに「いつも…じゃない。時々は早く帰ってくる」という答えということは、「たいてい遅い」ってことだよね。
母親はたいてい遅い、で、父親は「時々帰ってくる」というのは、三橋が夜遅くまで家にひとりきりの時が多い、ということなんだろうね。
こういう状況だから、中学生の時はるりちゃんちに預けられてたのか?

田島んちは大家族で家の中に常に誰かがいる状態なんだろうし、阿部んちも母親が専業主婦らしいから、三橋のカギっ子状態がものすごく心配になっちゃうんだろうね。
三橋自身はそんなに気にしてないっぽいけど。

そして、三橋家には田島用のコップがあった。
多分、田島のために用意されたものじゃなくって、元々あったコップの中から、田島が気に入ったものをチョイスしただけなんだろうけど。
で、阿部用のコップも決めたい三橋。
なんでそんなに赤くなってる(笑)。

阿部のものを決める、というのは、これからもちょくちょくうちに来てくれるよね、ってことで、そういった親密さを阿部にねだったみたいな感じが、ちょっと照れくさいのかなあ、と妄想。

で、「レン」と呼ばれて固まる三橋がっ! かわいすぎるだろっ!
いやいや、なんでそんなに緊張するかな。
田島には普通に「レン」って呼ばれてるのに。
いや、もしかしたら田島の時も、最初はこういう状態だったのかもしれないけど。

で、さらなる攻勢をかける阿部(爆)。
自分を「タカヤ」と呼ばせたいらしいが、「プログラム上、この動作はできないようになってる」らしい。
三橋のプログラム、ポンコツなんだかデリケートなんだかよくわからん。

それにしても、「アベ君つーたび投球10球減らすのはどーだ」とか、阿部は三橋のいやがるとこを的確に突いてくるなあ。
この三橋の反応、はた目からみると、確かにイジメにもみえる。
だけど、阿部は「レン」「タカヤ」って呼び合いたいだけで、いじわるしてるつもりはないんだよね。うん。
榛名からも「タカヤ」って呼ばれてたし、阿部的にはそちらの方があたりまえ、って感覚かもしれない。

ここのところのやりとり、三橋が動揺しっぱなしなのに、阿部がひたすらクールというか通常運転なのがおもしろい。
まあ、三橋も通常運転っちゃあ通常運転だけど(苦笑)。

三橋、阿部、田島、泉の間で、互いの呼び名が変化しまくりなことに驚く、野球部のみんながかわええ。
花井は驚きすぎだと思うけど。
なんだろね。やっぱり、おいてけぼり感があるのかね。一部だけが親密になってる感じがして。
でも、花井はやっぱり「梓」って呼ばれるのはイヤなんだね。

栄口も田島んちに行くことになって、そういえば栄口は「ゆうと」だけど、それだと「ゆう」になっちゃって、田島とかぶるんじゃないの? と思っていたら「ゆーと」になってた。

花井は塾通いをはじめたらしい。
野球部の主将をやって、塾にも通うって、大変だなあ。
みんな、練習だけでめいいっぱいで、勉強会のたびに沈没してるっぽいのに。

ところで、泉はなんで花井の塾通いがそんなに気に入らないの?

呼び名だけで1話分のほとんどを使った今回。
もう、三橋の反応をみてるだけで楽しくて楽しくて、読みながらころげまわってた。

三橋……かわいい……かわいすぎる……。
スポンサーサイト



tag : おおきく振りかぶって ひぐちアサ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク