FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2016/01/09(土) ◆◇◆◇◆

『暗殺教室』第170話 次世代の時間、もしくは、「死神」が壊した「地獄」

E組の子供たちにとって、殺せんせーはあくまでも「先生」だ。
「地獄」とさえ感じていた「世界」を再構築してくれた「恩師」だ。

でも、E組の世界の外側は、実のところ、何も変わっていない。
世界は変わっていないのに、「世界」は「地獄」ではなくなった。
ただ、生徒たちが世界に抵抗するだけの力を得て、負けるだけ、泣くだけ、耐えるだけ、の状態から脱しただけ。
そして、その力を得る術を教えてくれたのは、間違いなく殺せんせーだ。
だからこそ、殺せんせーには地球が爆発するかもしれない1%の危険を呑み込むだけの価値がある、と生徒たちは信じている。

殺せんせーがいなくなったからといって、生徒たちがまた「地獄」に戻るか、というとそんなことはない。
それでも、生徒たちは、殺せんせーがどこかで生き続けることを望む。
殺せんせーが生きるにしろ死ぬにしろ、E組の生徒たちにとって、殺せんせーからの「卒業」は確定事項なんだけど、目の前からいなくなることは許容できても、存在自体がなくなることは許容できない。


一方、殺せんせーはすべてを受け入れている。
「世界」にどんな仕打ちをされようとも、雪村先生に出逢って再構築された「世界」を、殺せんせーはまるごと愛しているように思える。

「世界」を受け入れることは、雪村先生を愛し続けることと、イコールになっているのかもしれない。


だから多分、殺せんせーは生徒たちにも、「世界」を愛してもらいたい。
濁った水の中でも、自分にあった泳ぎ方で泳ぎ続けて、自分が望むものを手に入れて欲しい。
殺せんせーにとって、雪村先生と生徒たちに出逢えて、生徒たちがこれから生きていくこの「世界」は、何よりも大事なものなんだと思う。

もしかしたら、1%の危険をもっとも許容できないのは、殺せんせーなのかもしれない。
だって、今、この「世界」をもっとも愛しているのは、殺せんせーのような気がするもの。
スポンサーサイト

tag : 暗殺教室 松井優征

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク