FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2016/01/31(日) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』第128話 「ガロプラ・7」 感想

戦闘開始! からのいきなりの格納庫狙い! からの鋼さんのからだを張ったカバー! と、精鋭同士の戦いはしょっぱなから熱い。
ドグは簡単に斬られちゃうザコにみえて、ちょっとした隙を狙って鋼さんの片腕をもってっちゃうし、ガロプラは数の不利をドグでしっかりフォローしてるんだよね。

小南ちゃんのメテオラ⇒鋼さんのレイガスト飛ばし⇒太刀川さんの旋空弧月⇒風間さんのスコーピオンキック⇒小南ちゃんの双月(斧)という流れが美しすぎて、何度も読み返してしまった。
いやあ、みんな違うチームに所属してるのに、ちゃんと互いをフォローしつつ戦えるのは、さすがトップ4。
あと、黒トリガーにしか折られたことがないらしい「処刑者」のアームを折る小南ちゃんの双月(斧)のパワーがすごいな。
太刀川さんの旋空弧月がいまいちパワーを発揮できてないのは、先にいくほど威力があがる旋空なので、距離が近いとあまり性能が出ない、ということなんだろうね。風刃のことをとやかく言えないやん(苦笑)。

「踊り子」とか「処刑者」とかガロプラのトリガーには職業名が付けられているのか?

戦いながらさくさく提案をしあって、各自の役割を決めていく様子も、いかにもプロっぽい。
前回、出てきた、リーダーはランク順か年齢順で決める、というルールでいくと、ランク的に太刀川さん、年齢的に風間さん、ということになるんだが、こっちは、ナチュラルに風間さんが仕切ってるな。
でもまあ、戦闘開始前は太刀川さんが仕切ってる感じだったから、その場の雰囲気で適当に譲り合ってるんだろうね。
風間さんと太刀川さんはつきあい長そうだし、遠征の時はひとつのチームだから、そこんとこ阿吽の呼吸で調整できる仲なんだろう。

「あと一発はおれが止めますよ」とさらっと言い切った鋼さんが頼もしすぎるっ。
おまえ、本当に高校生かっ。

ヒュースはロドクルーンとガロプラの内情に詳しい様子。
ロドクルーンはアイドラとかドグを開発して、遠隔操作で戦い、兵士たちは戦場には出さないスタイルか。
でもって、ガロプラは少数精鋭で戦場に乗り込んでくるスタイル。
そのガロプラの遠征部隊の隊長を務めるガトリンは、めっちゃ有能な兵士なんだろう。
忍田さんと同等クラスというのは、ものすごく納得できる。
スポンサーサイト

tag : ワールドトリガー

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク