FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2016/02/13(土) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』第130話 「ガロプラ・9」 感想

いきなり掲載順位があがっててびっくりした。
今年に入ってから休載がないし、これが、お休みせずにすむ体制がつくれたので、休載プロテクトがはずれた、ということだったらうれしい。
葦原先生が無理するくらいなら月に1度の休載くらい余裕で耐えられるけれど、当の葦原先生にとって休載自体がストレスになるんじゃないかなあ、という気がするので。


ヨミのアイドラにやられた双葉ちゃん、戦意喪失しないのはよいことだけど、同じことをしても同じ目に合うだけだよ。
木虎ちゃんの「あなたが失敗したんじゃないわ。向こうが対応したのよ」が素晴らしいなあ。
双葉ちゃんのプライドを傷つけずに、行動をいさめている。
でもって、双葉ちゃんにとってはやっぱり加古さんが大事な人で、加古さんの期待を裏切りたくはないんだろうなあ。
そういう意味で、子供っぽくはあっても、自分にとって何が大事かをちゃんと理解している双葉ちゃんは、加古さんが部下にするだけの資質を持っているんだろうなあ、と思う。

一方、那須さん+熊谷ちゃんとウェンの戦いは、なんかめっちゃ華やかだ。
那須さんの変化弾が飛び交い、分身の術でウェンが何人も突撃してきたり、絵面がちょっと珍しい感じににぎやかだよなあ。

そして、激しい戦いの中で「くまちゃん」「玲」と呼び合うふたりが、なんだかほのぼのですよ。
激しい戦闘中なのに、なぜかなごむ……。

そしてここで、菊地原登場!
おおっ、風間隊は会場警備だったはずなのに、風間さんが遠征艇防衛にまわされてるから、菊地原と歌川はどうしたっ、と思っていたら、ここにまわされていたとわっ。
忍田さん、ナイス采配!

それにしても、菊地原のサイドエフェクトは何気に重宝してるよなあ。

そして、那須さんの決め技が美しすぎる件……。
『ワールドトリガー』の中で、一番、美しいと思っている技はハイレインのアレクトールなんだけど、それにもひけをとらない美しさ。

これは、変化弾で筒状の螺旋をつくってるということなのかな。
弾道が天上に達っせずに折れて散ってるのは、基地をできるだけ壊さないようにという配慮なんだろうか。
直上していくんじゃなく、螺旋でのぼっていくメリットを考えたんだけど、まっすぐ通過するより斜めにした方が敵の体内を通過する距離を稼げるので、よりダメージを与えることができるってことかなあ。
てか、ウェンがからだぶっちぎられて半分になってるのがエグい。
これ、生身だったらめっちゃスプラッタな絵になってるよ。

歌川は気づかいはできるし、菊地原の主張は華麗にスルーするし、あいかわらずできる男です(笑)。
「いやいや、耳、耳」の菊地原が妙にかわいかった。
那須さんと熊谷ちゃんの戦果を奪う気なんてないんだろうけど、何もできなかった、と言われると不本意なんだろうね。

ウェンは負けたとはいえ、3人を相手取ってアウェーで戦ったわけで、さすが遠征部隊に選ばれるだけのことはあるなあ、と。
やられても意外と落ち着いてるから、脱出方法はとってあるような気がする。
忍田さんもそこんとこ気にしてたし。
スポンサーサイト

tag : ワールドトリガー

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク