FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2016/02/21(日) ◆◇◆◇◆

『DEAR BOYS ACT3』21巻 感想

八神ひろき先生の『DEAR BOYS ACT3』21巻を買ったですよ。
まだ番外編があるらしいけど、本編はこれにて完結。

帯の「連載26年」ていう文字をみて、そんなに長いことこのマンガと付き合ってきたのか、と思った。
なぜか今でも覚えているんだよ。本屋に平積みされていた1巻を何気なくジャケ買いしたことを。
なんとなく、好きな絵だなあ、と思ったんだよ、確か。
それが、こんな長い付き合いになるとわっ。
26年間、好きなマンガのままでいてくれて、本当にありがとう。

哀川くんを筆頭に、瑞穂のみんなは強くて弱くて、たまにいらっとすることもあったけど、なんだか見捨てたくない子たちだった。
それに、高校生だったらこんなもんだよねえ。

途中でトーヤが入ってくれて本当によかった。
一時期、トーヤがいなかったら本当にこわいことになってた。

トーヤだけ学年がひとつ下だったけど、多分、精神的にはトーヤが一番、大人というか、自分自身の感情のコントロールに長けていたと思う。
そして、自分に求められている役割をよく承知していて、うまく立ち回っていた。
でもって、トーヤはそういうことを嫌々やってたんじゃないんだよね。
純粋に瑞穂のバスケ部が気に入ってたから、自分のためにそれをやっていたんだよね。
てか、トーヤは先輩方を好きすぎるだろ!(笑)

3年が引退して、残った部員はトーヤだけ学年が違ってて、頼れる同輩は杏崎ちゃんだけになっちゃったけど、杏先ちゃんひとりで20人分くらいの心強さはあると思うから、きっと大丈夫!

三浦くんと土橋くんはもうバスケを辞める気のようだけど、哀川くんと藤原くんはできるだけ長く、高い次元でバスケを続けられる道を求めていくんだろうなあ。
石井くんはストリートバスケとかで楽しんでくぐらいがちょうどよさそうなイメージがある。
本牧の連中もそんな感じだな。
そういえば、保科は杏崎ちゃんのことはあきらめたのか?

あっ、コミックスの内容のこと何にも書いてないな。

チームメイトに囲まれ穏やかな笑みを浮かべる哀川くんをみて、沢登が涙をこぼしたところが印象的だった。
負けて悔しい、よりも、自分がいないチームで哀川くんが笑っていることが悔しい、って感じだった。
哀川くんを天童寺から追い出してしまったことを、沢登はどれだけ悔しく思い続けてきたのかなあ、と思う。

哀川くんが捨てた場所を、守り続けてきた沢登。
哀川くんが戻ってくる場所を守りたかったのかもしれないけど、沢登が真摯にバスケを続けてきたからこそ、天童寺のチームはあれだけ結束の強いチームになったんだと思う。
「常勝」というプレッシャーを常に背負いながら戦ってきた彼らの精神的な支柱として、沢登は本当に天童寺バスケ部に尽くしてきたんだろう。
だからこそ、負けた後に「最っ高にオモシロかったなこの試合!!」と言われて、素直にうなずけるチームになったんだと思う。
ただ勝つことだけを求めているチームだったら、あんな風に瑞穂と健闘をたたえあうことはなかったと思うから。

そして、父と兄に黙って頭を下げることで、けじめを付けた哀川くん。
黙って頭を下げただけだったのは、言い訳する気はまったくない。自分はあの行動を起こしたことを後悔していない。でも、たくさんの迷惑と心配をかけたことは申し訳ないと思っている。くらいの意味なのかなあ、と思った。

それにしても終わったなあ。
いやあ、長かったよ、インターハイ(笑)。
八神先生もあとがきで書いてらっしゃったけど。

それでも、結末をきっちりみせてくださったことに感謝です。
八神先生、ありがとうございました。
まだ番外編があるらしいので、楽しみに待ってます。
スポンサーサイト

tag : DEARBOYS

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク