◆◇◆◇◆ 2017/05/20(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2017年24号 感想

『鬼滅の刃』(第61話 狭所の攻防)
祝! 『ジャンプ』表紙&巻頭カラー!
でも、『ジャンプ』表紙カラーの絵、なんかこわくない?
特に善逸の眼が。

この汽車、運転士さんも魘夢の配下だったのか。
鬼殺隊は基本的に人間に攻撃できないから、人間相手だといろいろやっかいだよねえ。
伊之助は例外だけど。

「親分は俺だ!!」⇒「わかった」
「いい考えだ褒めてやる」⇒「ありがとう」
といった伊之助と炭治郎のやりとりがおもしろい。
これが伊之助と善逸だったりすると、善逸が反発して大騒ぎになりそうだけど、炭治郎は基本的になんでも素直に受け入れちゃうので、連携がめっちゃスムーズになっているという。

夢と現実の区別がつかなくなっちゃって、現実で自分の頸を斬りそうになった炭治郎に「つまらねぇ死に方すんな!!」って言った伊之助も印象的で、伊之助にとっても炭治郎は、つまらない死に方をされたくない程度には情が移ってるってことなんだろうね。
女性にだって平気で手をあげるような伊之助なだけに、ずいぶんな特別扱いなんじゃないかと思うよ。

ところでキャラクター人気投票のページの無惨様が女体化バージョンなんですけど、これは、こちらが本体(?)ということなんだろうか。
あと、巻末コメントの「インクの瓶にスマホのイヤホンを突っ込んでしまった。頑張ります!」って前後の文章がつながっていないようにみえるのは私の気のせいでしょうか?

『ハイキュー!!』(第253話 追い打ち)
宮兄弟が「サム」「ツム」って呼び合ってるのがなんだかおもしろい。てか、「ツム」ってなんかかわいい。

宮(侑)のサーブに翻弄されて悔しそうなノヤさん。
自分の守備範囲に入ってるボールをうまくさばけないというのは、リベロとしては相当に悔しいんだろうなあ。

日向くんと影山くんの変人速攻を即興で再現させてみせた宮兄弟。
影山くんと張るレベルのセッターの技量に加え、影山くんと日向くんが合わせてきた時間とは比べ物にならない、兄弟でボールを追いかけ続けてきた時間があるからこそなしえることなんだろうけど……。
「ひとつずつならちゃんと対処できます」と武田先生が言った時は、うんうんとうなずいてたけど、一気に、いやこれ対処できんの? な感じになってしまった。

『Dr.STONE』(Z=10 科学の徒)
愛車を売ったお金を、息子の才能に投資した千空の父親。
キーを渡す手に力が入り過ぎてるあたりに、車を手放したくない、という気持ちがあふれているなあ。
世界がストーンワールドにならなかったら、千空はものすごい発明をして、めっちゃお金を稼いで、父親に新車をプレゼントしてやれたんじゃないかな。
まあ、どんだけ稼いでも次の研究に全部つっこみそうだけどね、千空。

大樹は千空が何をやってるんだか1mmも理解できてないのに、ずっと千空を助け続けていたようだ。
千空が常に本気で一途だということと、とにかくすごいことをやっている、ということがわかっているのだから、その内容なんて大樹にとってたいして意味はなかったんだろう。

そういえば杠ちゃんのフルネームが「小川杠」だということが判明。「杠」が苗字なのかと思ってた。
そう考えると大樹と杠ちゃんって、告白以前にすでにつきあっちゃってる、って周囲は認識してたんじゃないかな。

『ROBOT×LASERBEAM』(8th round ロボ×理音)
ずっと、優し気な雰囲気を醸し出してきた部長さんだったけど、しめるべきところはきちんとしめるきっちりした部長だったんだなあ。
ロボくんにダメ出しするところとか、理音くんを止めるところとか、集団のトップとして抑えるべきところをきちんと抑えている。
部内者の理音くんには「つーか勝手に決めんな」とちょっとラフな強めの言葉を使いつつ、あの時点では部外者だったロボくんにはやわらかめだけど中身は結構強い言葉を使ってるあたりが、できる男って感じがして良いです。

部長さんの注意をうけて素直に謝るロボくんがまた良い。
いろいろと世間知らずなところがあるけど、理解できればちゃんとそれに従うのね。
納得いかないところには、あくまでもつっこんでいくけど。

「あと帽子! 誰がいつグランドライン行くっつった!?」には笑った。
いや、麦わら帽子の人がみんなグランドラインめざしてるわけじゃないやろ。

そういえば、ロボくんが使ってるゴルフセットって父親のものを持ち出してきてるのかね。

『左門くんはサモナー』(第80話 左門くんはどこから)
ベル様に求婚されてパニックのあまり飛ばしてしまったアンリちゃん。
まあ、中将Pもメガネ割ったくらいの衝撃だったからね……と思ったら、メガネ復活してた。
中将Pのことだから、スペアを持ち歩いていたに違いない。

騒動に便乗してちゃっかり無罪放免を勝ち取ったマステマ。
ベル様陣営とアンリちゃん陣営は痛み分けになった形で、マステマだけが一人勝ち?
いやあ、めっちゃ生き生きした様子で「俺だけ許してください」って言うマステマはさすがだなあ。

ベル様は横暴かもしれないけど、政治的な損得勘定できるし決断もはやいし、トップとしては有能な気がする。

左門くんが「どこへ」向かっているのかが気になってしかたがない天使ヶ原ちゃん。
それを機に「どこから」来たのかも気になりだした。
左門くんの知らないところで、左門くんの過去を探る旅に出た天使ヶ原ちゃんだけど、それは左門くん自身が捨てたがっている過去ではないのかな、という気がする。
へたすると、左門くんを完全に怒らせちゃうんじゃないかな……。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク