◆◇◆◇◆ 2017/06/04(日) ◆◇◆◇◆

『正解するカド』第八話「タルネル」 感想(アクセル踏みたい人とブレーキ踏みたい人)

ザシュニナがちゃんと真道さんにプレゼントした栞つかっててなごむ。


「サンサ」映像配信の是非を話し合う言野さんたち。
「もしもそれだけじゃなかったらどう責任をとれば」というのは、当然、考えちゃうよなあ。
真道さんとこの3人が今は大丈夫でも、将来的にどうなるかはわからないわけだし。
真道さんたちは感覚的に問題ない、という確信があるっぽいけど、裏付けというか、長期間にわたるデータ採りをしたわけではないしね。
でも、ならどこまで様子見をすれば安全か、というのもむずかしいところで、真道さんたちが老人になるまでわからないとか、対象が4人だけしかも成人男性のみではサンプルが少ないうえに偏りすぎだろ、とか考えてしまう。
「これは映像によるテロリズムだ」というSettenの幹部の意見ももっともだよなあ。

でも、言野さんもアダムも放送することを決めた。
自分がやろうとしていることがかなり危険だと承知したうえで。
ザシュニナというアクセルが利きすぎたら人類がみずからブレーキかけるやろ、という考えはわかるんだが、本当に適切にブレーキかけられるのかなあ。
一度、与えられたものは取り上げられたくない、って考える人は普通にいそうだよね。

それにしても、アダムは行動がいちいち早いな。背後で従業員が過労で倒れてそうだよ。
政治が動くのと、ああいうワンマン巨大企業が動くのとではスピード感が違いすぎる。
まあ、現実も、巨大新興企業がいろいろとやらかしても、法律や行政が追い付けていない感があるので、ある意味リアル。


徭さんのお父さんとお兄さん、なんかかわええ。
頭を机にぶつける勢いで「よろしく頼む!」と頭をさげるお父さんに、普通に「協力して異方問題に……」とか応じちゃう真道さんもなかなかのもんだけど。

徭さんは愛されて大事にされて育ったんだなあ。
両親と兄にかわいがられ、ぜいたくはできなかったかもしれないけど、外務省に入れる程度には高度な教育を受けることができている。
家族に愛されて、自然を愛し、それを貴んでる彼女にとって、この世界はすでに満ち足りたものなんだろうな、と思う。
だからこそ、「ここは私たちの場所です。ヤハクィザシュニナが壊していいものじゃない」と断言できる。
この世界を壊されたくない、と考える。

でも、満ち足りていない人は世の中にたくさんいる。
そんな世界を変えたいから、たとえうさんくさくても、ヤハクィザシュニナという存在が足りないものを埋めてくれるのなら、喜んで受け入れたいと考えるものもいる。

満ち足りていないというのは経済的な問題だけではなくて、たとえばSettenのCEOのアダムは富豪だろうけど、満ち足りていないんだろうなあ、と感じる。
たくさん持ってるけど満ち足りない。もっともっとたくさんの「おもしろい」が欲しい強欲で正直な人なんだろう。
進めない状況にいるから進みたい人と、進められるだけ進みたい人と、現状維持で十分だ、という人たちの溝は深いよなあ。

そういえば、徭さんはザシュニナを「自然の一部」ではないと思っているようだけど、あれはあれで自然の一部なんじゃないかな。
どこから現れたにせよ、現実に存在しているのなら、それは自然の一部だと思うんだけど。
真道さんの母親は、ザシュニナに家族はいるのか、とか考えていたけど、それってザシュニナも自然の一部と考えるからこその発想かな、って思う。


全世界同時配信された「サンサ」。
どれだけ事前警告されても、あんまり深く考えずに見ちゃった人もそこそこいそうな気がするよね。
あの街頭で観てた人たちの中に、たまたま通りすかりにうっかり見ちゃった、という人もいそうな気がするし。
意図的にみなかった人たちは様子見だろうな。私だったら様子見する。

それにしても、あのインタビューのザシュニナはいつもよりワントーン声が高いというか愛想がよい感じがして、それがだいぶうさんくさかった(笑)。
人間たちとつきあっていくうちにコミュニケーション的なものを身につけたんだけど、まだ板についてないのでうさんくさくみえるんだろうか。
「サンサ」を押し付けにきた、とかいうことじゃないといいけどね。

いやあ、なんかホラーになってきて、これから先を観るのがめっちゃこわいんですが……。
スポンサーサイト

tag : 正解するカド

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク