◆◇◆◇◆ 2017/06/24(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2017年29号 感想

『ONE PIECE』(第869話 "籠城")
ジェルマ一家が戦隊ヒーローみたくなってて笑った。
サンジはこういうの入るのイヤがりそうだよな。
赤、青、ピンク、緑ってなってるから、サンジはイエローポジションになるところだったのか。

『ハイキュー!!』(第258話 経験値)
表紙の小学生コス日向くんが違和感ないんだが、それでいいのか高校生。

日向くんにとって一番イヤだったブロックは松川か……これはちょっと意外。
クロか天童あたりかと思ったんだけどね。

『シューダン!』(2 土曜の夜はカレーライス)
ソウシくんは、サッカーなんてとりあえずやってるだけ、とか言いながらも、チームメイトのすごい面をすらすらと楽しそうに話してて、なんだ結局、サッカー好きだし自分のチームが気に入ってるんじゃないか、とにやにやする感じがものすごくよいです。

ナナセちゃんは、サッカーがものすごく好きだし、できるだけ高いレベルのところでやりたいという思いはあるけど、家族に負担をかけるのはダメだと、自分のやりたいことと家族の折り合いをうまくつけていこうとしている、しっかり者でやさしい感じがものすごくよいです。

「だってオレら全然試合勝てねーぞ!?」に対して、間髪をいれず「じゃあ、これから勝ってくんだ!」と応じたナナセちゃんはめっちゃ素直で頭のいい子だな、って思う。
結局、ソウシくんとナナセちゃんの会話だけで1話分が埋まった感じだけど、なんかやたら楽しかった。

『鬼滅の刃』(第66話 黎明に散る)
煉獄さんの最期の晴れやかな笑顔がすばらしかった。
てか、本当にお亡くなりになっちゃったし……まあサブタイトルを読んだ時点で察したけどさ。

どんな時でもポジティブシンキングな炭治郎が弱音を吐くなんて、本当に悲しくて、悔しくて、やりきれないんだよね。
そして、失ったものの大きさを、今の自分では埋められないということが実感できるから、つい弱音が出ちゃったんだろうね。
煉獄さんは炭治郎が強くなることを信じてくれたし、ねずこちゃんが同志であると認めてくれた。
それに応えるために、炭治郎はまたむちゃやらかしちゃうんだろうなあ。

ぽろぽろ泣いてる炭治郎に「悔しくても泣くんじゃねえ」という伊之助が、涙をぼろぼろこぼしてる姿に、ああ、伊之助も変わったもんだなあ、と思った。
登場したころの伊之助は、人の死を惜しむようなキャラじゃなかったもんなあ。

お館様も寿命が近いのか。跡継ぎは決まっているようだけど、柱が欠けたうえに、トップ交代となると、鬼殺隊の弱体化は免れないだろうな。

『Dr.STONE』(Z=15 石の世界の二つの国)
せっかく生き返ったのに、千空と大樹は離れ離れか……。
大樹の、千空の言うことはすべて正しい、という姿勢はなんだか盲目的だよなあと思わないでもないが、前回までの千空と大樹の関係性をみてるから、これは強固な信頼関係に基づいたものなんだよな、と納得できる。

でも、千空を殺した(と思ってる)司のところに、大樹と杠ちゃんがのこのこ戻ってきたら、あやしまれないか?
大樹は、杠ちゃんの安全確保のためならどんなことでもやりそうな性格だから、自分だけでは杠ちゃんの身を守れないから、とかいう理由で通せるのかな。

人類石化は「攻撃」ではない説か……。
たとえば、石にでもなってないと乗り切れないような大災害が発生したとか?

『火ノ丸相撲』(第149番 鬼丸国綱と草薙剣、覚醒)
潮くん、お父さんも亡くなってるのか……。

『ROBOT×LASERBEAM』(13th round 接触)
本気でやりすぎていちいち倒れるという熱血ぶりと、「やるだけやって駄目ならしょうがない」というクールさが、あたりまえに同居してるところがロボくんのおもしろさ。
そして、理音がめっちゃ先輩っぽく振る舞ってて、なんかかわいい。

そして、「鳩」「鷹」ときて今度は「朱雀」が登場か。
神獣と考えるとすごいけど「雀」だけとりだすとなんかかわいい感じに。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク