◆◇◆◇◆ 2017/07/02(日) ◆◇◆◇◆

『正解するカド』第十二話「ユキカ」 感想

とりあえず、徭さんを分離して、真道さんと一対一にしたザシュニナ。
今回のザシュニナはめまぐるしく表情が変わった。
前半部のほとんど表情が動かないザシュニナどこいった! って感じだ。

真道さんを理詰めで説得しようとしてみたり、懇願してみたり、泣き落としかけてみたり、脅してみたり。
そこから伝わってくるのは、ただ、真道さんと共に在りたい、という願いだけ。
真道さんの言う通り、本当にザシュニナは「人間らしく」なってしまった。

真道さんを失いたくないと訴えつつ、真道さんを殺そうとしたりするあたり、本当にむちゃくちゃだ。
そして、それがむちゃくちゃだってことも、ザシュニナは自覚している。
でも、止められない。

思うに、ザシュニナが真道さんを殺そうとしたのは嫉妬心からだったんじゃないかね。
このまま生かしておいて、徭さんの元に帰すくらいなら、自分のことをみてくれている状態のままで消し去ってしまいたい、という。

ザシュニナは感情のコントロールの仕方がわからない。
そりゃそうだろう。これまで感情の起伏などというものを体験せずに長い長い時間を生きてきたんだから、たかだか数ヶ月でそれを制御する術なんて学習できないだろう。
そもそも、「学習」というもの自体も、実はザシュニナは苦手なんじゃないか? と思う。
だって、情報を吸い上げて整理するというプロセスをほとんどプログラムのように行ってきたはずの人だもの。

その感情は、真道さんと何年も一緒にいて、ゆっくりと自分にしみこませていけたのなら、ふたりはかけがえのない友人でいられたのかもしれない。
でも、時間がなかった。
ザシュニナは結論を急ぎ過ぎた。
これもまた、感情というものを制御できなかった結果なんだろうけど。

ザシュニナは真道さんに対して強い感情を抱きすぎた。
そして、それを性急に処理しようとした。
それが多分、彼の敗因だ。

真道さんと同じであるということに歓喜し、真道さんからもらった栞を大事に握りしめて、真道さんの元に駆け寄りながら消えていったザシュニナ。
これを、みっともないとか、すっかり悪役になっちゃったのがヤだという一部の意見も非常によくわかる。
でも、私は、これこそがザシュニナだと思ったんだ。
すべてにおいて完成された「到達点」であったはずの彼が、感情を制御できずたったひとつの欲しいものを求めてみっともなくはいずりまわるその姿こそが、ザシュニナだと思ったんだ。
私はきれいで哀れでみっともなくて尊いザシュニナが本当に愛おしい。

だから、このお話をザシュニナの物語としてみれば、この結末は「正解」だ。
私はそう感じた。


それにしても、ユキカちゃんの登場には本当に驚いた。
いや、なんでそこで自動車にのって登場してくんだよっ。
てか、真道さんの前座いらなくない?
まあ、真道さん的には、自分だけで問題解決できれば一番よい。ユキカちゃんは人類滅亡を防ぐための最終手段だったんだろうけど。

そして、何気に一番すごいのは花森だったかもしれない。
真道さんに頼まれたからといって、16年も世間から隔絶された空間で子供を育てるって、どんだけだよ。

子供の養育を任せるっていうのは最高ランクの信頼だと思うんだが、真道さんのそれに花森は見事に応えた。
でも、息子がいきなり16も老け込んだら親はどう思うんだろうな。
ザシュニナの存在は周知されてるから、その関係でとか言えばだいたい納得されそうな気もするけど。


結局、真道さんは死んだんだか死んでないのかよくわからない。
一応、世間的には死んだことになってるけど、ユキカちゃんだけは探知できる存在になったのかもしれない。

ザシュニナは「宇宙」から追い出されただけで死んではいないような気がする。

品輪博士は異方に向かったのかな。
ザシュニナに頼んで連れてってもらうのかと思ったんだけど、自力で行く方が品輪博士っぽくっていいかもね。


いろいろ賛否両論な作品で、どっちかってーとかなり否が多いような感じがするけれど、私にとってはとてもおもしろいアニメだった。
まったく予想通りにも期待通りにもすすまなかったけど、それでもおもしろいアニメだった。

予想通りになるのは楽しいけど、予想通りにならないのも楽しい。
期待通りになるのはうれしいけど、期待通りにならないのはおもしろい。
なるほど、こういう発想をする人がいるのか、という発見はいつでも最高に盛り上がる。
この多様性こそが正義で、正解だと思ってる。
長い期間をかけて、たくさんのアニメを観てきたけれど、いまだにみせてもらったことのない新しさが登場する。
本当にステキなことだ!

ザシュニナを愛せるラストで、私はかなり満足している。
スポンサーサイト

tag : 正解するカド

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク