FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2017/11/18(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2017年50号 感想

『ブラッククローバー』(ページ133 王撰騎士団結成)
ザクスが本名ゾラ・イデアーレで黒の暴牛だった!
アニメでちょうど、他にも団員がいるけど任務だったりサボってたりで今はいない、みたいなことを言ってて、そういえばこの設定、どうなったんだろうな、と思ってたら、めっちゃいいタイミングで回収された!

アネゴレオン様、すっかり「アネゴレオン」で覚えてて「メレオレオナ」って名前すっかり忘れてた。
でも、多分、これからもアネゴレオン様って呼ぶ(笑)。

『鬼滅の刃』(第86話 妓夫太郎)
「鬼いちゃん」じゃなくって「妓夫太郎」だった(←正式名称「鬼いちゃん」だったら西尾維新が喜びそうだが)。
妓夫太郎、両脇腹がえぐれてるんだが、なんでなんだろう。あれだとウエスト30cmくらいかもしれん。

妓夫太郎に妬まれて「まあな。俺は派手で華やかな色男だし、当然だろ」って言う宇髄さんが、めっちゃ宇髄さん。
自分で自分のこと「色男」って言っちゃうかよ。まあ、宇髄さんなら、あたりまえに言うよね。
それで思ったんだけど、煉獄さんもめっちゃかっこいい男だったけど「色男」って感じではなかったよなあ。
どっちかってーと「男前」って感じかな。

伊之助の「ド派手にな!!」にも笑ったけど、炭治郎との「少しの間だけ許してくれ!!」「許す!!」「ありがとう!!」って会話にはもっと笑った。なんだこのテンポのよい掛け合いは。

以前から、伊之助とまともにコミュニケーションとれてるの炭治郎だけなんじゃないか? と思ってたんだけど、ふたりともただ正直で、会話の中に駆け引きというものがないんだよね。
だから、まっすぐすぎて逆に相手を戸惑わせてしまうことの多い炭治郎が、伊之助相手だとなんのひっかかりもなく会話が成り立つんだろうなあ。

最後のページの堕鬼と妓夫太郎の絵がめっちゃかっこええ。
こういう毒々しいけど華やかでなんとなく品のある絵を描けるってのは貴重な才能だよなあ。

『ROBOT×LASERBEAM』(33rd round ダイゾンオープン予選ラウンド・2)
「ひとさらいデモなんでもシマスから」って、確かにあの風体の人が言うとめっちゃこわい。
ていうか、ドリアン、日本語はそこそこできるっぽいけど、日本の物価の基準がわかってなくって、どういう設定の人なの?

『火ノ丸相撲』(第169番 十両昇進!)
バトがちょっと荒れてたけど、潮くんたちとは別の意味で、ショックがでかいんだろうなあ。
同郷の英雄なんだろうなあ、刃皇は。
でも、潮くんに怒られて、「すんません…」って涙目で言うバトはかなりかわいかった。

潮くん、背がひくいうえに、体重もつきにくいのか……難儀だなあ。

レイナさんが現れた場に、堀ちゃんも居合わせるという、ラブコメ展開キターッ!
ユーマさん的には、常に強気な妹が意識し過ぎで挙動不審になる相手と、いい形でおさまって欲しいんだろうなあ。
てか、相変わらずここの兄妹は仲良しすぎる。
一人っ子で両親もいない潮くんにとって、この兄妹はうらやましい存在なんじゃないかな、って思う。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク