FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2017/12/31(日) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年04・05合併号 感想

表紙がワンコ化したキャラクターたちなんだけど、ボルトはいつもと変わってないような……。
千空ワンコが意外とかわいい。
あと、エマワンコが違和感なさすぎる。かわええ。

『Dr.STONE』(Z=40 200万年の結晶)
千空が結婚して離婚した(笑)。
ルリちゃん「バツイチ」って言葉知ってるのね。ルリちゃんだけが知ってる言葉なのか、みんなが知ってる言葉なのかわからないけど。

「めんどくせえことになりやがった」っていうのは、クロムとルリちゃんが結婚できれば、なにもかもがきれいにおさまったのに、そうならなかったことに対する愚痴なんだろうけど、まあ、周囲が「結婚したといっても形式だけだ」とはっきり認知してくれる形で離婚にもっていけたから、クロムとルリちゃんが再婚(?)することへの障害を最低限にとどめることができた、ということにはなるのかな。
あの集落の結婚とか貞操に対する考え方がよくわからんので、なんとも言えんけど。

なにげにショック受けてるスイカちゃんがかわいいんだけど、10年後くらいに千空とスイカちゃんがくっついたりしないかな。

炭酸水をみてうかれちゃうゲンをみてると、本当に普通の男の子なんだな、って思う。
千空がゲンのために炭酸水をつくろうとしたんじゃないとわかってがっくりして、でもコーラをみつけてうっすら涙うかべながら飲んでる姿には、あの笑顔で人を突き落としそうないつもの気配はなくて、コーラとピザだけでテンションあがっちゃう感じの普通の男の子。
なんかこう、いろいろと胡散臭いけど、かわいくみえてきちゃうよね。

それにしても、あれだけ忙しそうに動き回ってた中でも、しっかりコーラをつくってる千空はすごいな。
あのコーラの渡し方も、他人の前では演技することしかできないゲンに、誰の目も気にすることなくコーラを味わえ、っていうメッセージを含んでるような気がする。

『ハイキュー!!』(第283話 信条)
前々から指摘されてたツッキーのスタミナ不足がここで顔を出すか……。
「スタミナ不足じゃない?」と言われて「…そうですね」と応じたツッキーが、ほんとそうだよ、って感じの表情してて、以前、合同合宿で、同じようなこと言われて不貞腐れてた姿を思い出すと、変わったもんだよなあ、って思う。

そして、フォローを捨ててでも攻撃に加わった大地さんも、やっぱり変わったなあ、と思う。
元々は北くんが考えたように「みんなの背中を守る」ことを優先するタイプだったけど、それだけでは足りないんだ、と考えて、あえて後輩を守ることをやめたんだと思う。
これは北くんが間違ってるとかじゃなく、チームのスタイルにあわせて、自分がもっとも勝利に貢献できるやり方を模索した結果、道が分かれた、って感じなんだろうな。
なんせ烏野のコンセプトは「殴り合いを制す」なので、殴られてる後輩をかばうんじゃなくって、後輩を殴るやつは自分が殴ってやる、というマインドになった方がよい、ということなんだろう。

そして、旭さんがめっちゃ頼もしくて泣ける~。

『ブラッククローバー』(ページ138 襲撃)
黒の暴牛のアジト、ちょくちょく建物の構造が入れ替わるって、大変じゃない?
特にトイレが動かれると面倒だろ。

ゴーシュって妹がからまないところでは意外とまともなんだよね。
ほとんどすべての行動に妹をからませてくる人だから、結局、まともじゃないんだけど。

『鬼滅の刃』(第91話 作戦変更)
付録ポスターの善逸がかっこよすぎて、一瞬、「誰だ?」って思ってのは私だけじゃないと思う。
そして、本編でも善逸の指示がいちいちまともで驚く。本当に眠ってるのか?

そうか、ふたり同時に頸を斬る、っていうのは、ふたりとも頭と胴体がつながってない状態にすればいい、ってことなのか。
堕姫の頭を抱いて逃走しようとしている伊之助をみて、「ラグビーかよ」って思った。

これは伊之助がひたすら逃げて、炭治郎と善逸が宇髄さんのフォローにまわる、という展開になるのかなあ。
それとも、善逸が堕姫の頸から下を抱えて、伊之助と反対方向に走ればよいのか?

『火ノ丸相撲』(第174番 鬼丸国綱と五條礼奈、再び!!)
今号で一番ラブコメしてるのは『火ノ丸相撲』だと確信を持って言える!
こんなに冷や汗だらだら流してる潮くんは珍しいな。

「土俵の上で死ねりゃ本望」というのは確かに歪んでると思うけど、それは小さすぎるからだで必死に相撲にしがみついてきて、相撲の神様に嫌われている、と考えつつも愛することをやめられなかった潮くんが、そうなってしまうのは当然だと思える。

「相撲以外考える余裕も資格もない…」というせりふは、明らかに自分を締め出そうとしている言葉で、だからレイナさんはあんなに怒ったんだと思う。
自分の心におまえが入る隙はない、と言われたも同然だもんね。
しかしそこで、自分を強引にねじこもうとするのが、レイナさんらしい。
ここんとこ、恋にうろたえるあまり自分を見失ってた感のあるレイナさんが、怒りのあまりようやく自分を取り戻した(苦笑)。

お互いに、自分が相手に何をしてあげられるか、で足踏みをしていたけど、何もしてあげられなくてもいいからふたりでいたい、という気持ちに正直になればいいだけだったんだよ、というあたりが本当にラブコメしてて、ニヤニヤが止まらない。
潮くんにとって人生初のうれしい黒星だな。

あれだけふたりの関係を後押ししておきながら「結婚するまで手をつなぐ以上は許さん!!」とか、ユーマさんめっちゃ横暴。
それと、刃皇はうっすら目を開いたまま寝るのがデフォなんですか?

『ROBOT×LASERBEAM』(38th round ダイゾンオープン最終日・4)
ロボくんは力加減のできない人だなあ、と常々思っていたけれど、それが原因でスランプに陥ってたとは。
きっと、自分をコントロールするのがへたすぎたんだな。
まあ、それまでの人生でそういうことを必要とする機会がなかった、ってことなんだろう。

そう考えると、他人に対しても自分自身に対しても興味が薄かったロボくんが、ゴルフを通して、自分のことを知っていく物語なのだなあ、このマンガは。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク