◆◇◆◇◆ 2018/04/28(土) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2018年21・22合併号 感想

表紙が各主人公の衣装シャッフルなんだけど、アスタに麦わら帽子が意外と似合ってる!
あと、炭治郎が幽奈ちゃんコス……なぜに女装……。まあ、和装なのであんまり女装感はないけど。
一番かわいそうなのは、リコピンコスさせられているロボくんか?
いや、ロボくんなら「これ何?」とか言いながらも、文句を言わずに着そうだけど。

『ONE PIECE』(第902話 "END ROLL")
「知ってる」って言われてぼっ!! ってなったカタクリがめっちゃかわええ。
結局、一番のお兄ちゃん大好きっ子はブリュレだったってことか。

妹に手出しされないように、圧倒的な強さを周囲にアピールし続けてきたカタクリと、そんな兄の本当の姿を知りながら、兄の完全無欠さをアピールし続けてきたブリュレ。
兄の努力を無駄にしたくなくって、だけど無理させてるってことが気がかりで、だから、カタクリが自らを完ぺきではないと言ってくれて、うれしかったんだろうなあ。
「ええ、知ってる」の顔がめっちゃにこやかだもん。

そしてようやくサンジのごはんが食べられるようになった麦わらの一味。
「なァおい…メシ…作っていいか?」っていうちょっと遠慮がちなせりふがサンジらしくなくって、やっぱりちょっとだけわだかまりというか、仲間に迷惑かけて申し訳なかったって気持ちが出てるんだろうなあ。

てか、いつになったら麦わらの一味は全員合流するの?

『ハイキュー!!』(第299話 秩序と無秩序)
チョロさが薄れてきた(?)リエーフと、器用さがでてきた日向くんの攻防戦が、それぞれのチームでアホの子だけど才能は認められている、的なふたりが、次世代エースの安定感をみせはじめてる感じで、ちょっとうれしかった。

ものすごく「ちゃんとした」音駒のバレーを、ねじふせるような変態速攻がめっちゃかっこええ。
日向くんが飛んでるところに影山くんがあげてるのか、影山くんにあげるところに日向くんが飛んでるのかわからんハマり方だよね、あのふたり。

『約束のネバーランド』(第84話 歯止め)
鬼側にはかなり強力な支配者がいるっぽいね。
1000年前、協定を交わした時の人間側の代表は、すでに死んでて代替わりしてるから、あれはご先祖様がやったことで自分の意志じゃない、的なことが言えるけど、鬼側の代表はいまだ生きていて、契約に従ってしまった自分を覚えているからより強く協定にしばられてしまう、ということなんだろうか。
「人間を食べたい」という欲求は満たされても、「人間を狩りたい」という欲求が満たされなければ生きている実感を抱けない。
生きたまま出荷、が許されていないのは、バイヨン卿みたいなことになる、ということが予想できて、そこから協定がくずれることをおそれたからかもしれないな。
鬼側も代替わりしていれば、「狩り」を知らない世代になっていて、そういう欲求を抱くことすらなかったんだろうな。

『鬼滅の刃』(第107話 邪魔)
やけに簡単に頸が飛ぶな、と思ったら、わざと斬らせてたのか。
これで喜怒哀楽がそろったわけだけど、これ以上斬ったら何が出てくるんだろうな。それとも4分割が限界なのかな。

炭治郎、ねずこちゃん、玄弥、時任くんしか戦力いないのに、4体同時に攻めるの不可能っぽいんだけど、それにまだ玉壺いるし。

炭治郎の影響をまるっと受けちゃってる時任くんかわいい。
子供なだけに、影響を受けやすいのかな、と思った。
ということは、時任君にああいう考え方を教え込んだ人がいて、時任くんはそれを素直に信じただけなのかもしれない。
そう考えると、子供のまま柱になっちゃってちょっとかわいそうだな、と思う。
煉獄さんも宇髄さんも、自分をしっかりと持っていて、自分の意志で柱になったけど、時任くんは流されるままに柱になっちゃって、だけどそのことについて深く考えることもなかったのかもなあ。

『呪術廻戦』(第8話 呪胎戴天-参-)
前回、虎杖がぼろぼろで死を覚悟して戦ってもどうにもならなかった敵が、宿儺が現れたとたんにぼこぼこにされるという、この無情な現実……でも宿儺かっこいい……。
なんかいちいちかっこいい。なんかくやしい。
そして、うっかり治される虎杖の指~。
いや、前回のあの痛々しさはなんだったんだよ。
「良い良い」とか完全に子ども扱いだしなあ。
あと、伏魔御厨子のこの厨二感全開の技がたまらん。

心臓を質にとられるとか、シーザーかよっ! と思うわけなんだが、事態は前回以上に深刻になってるな。

『ブラッククローバー』(ページ154 金色の風)
アスタとユノが敵対化するんじゃないかって思ってたからほんとによかった。
敵対化とかしたら、ユノがユノに戻った時、アスタを攻撃した自分を許せないんじゃないかな、と思ったから。
それにしても、ちょっとエルフ成分の入ったユノは美しいなあ。
ていうか、このユノってエルフの能力もプラスされてさらに強くなってる?

クラウス先輩はエルフ化が解けたら、土下座して死んでお詫びを、とかやりそうな気がする。

『銀魂』(第六百七十九訓 龍穴に入らずんば師を得ず)
銀さんは松陽先生を探して日本中を旅してたのか……。

次の「虚」とおぼしき赤ん坊を殺すに殺せず、連れ歩いてたら、松陽先生の自我が現れて、「手を貸してもらえるかい」で、今、銀さんが持ってるのが心臓(?)ということは……。
銀さん、二度も師匠殺しをやらされたとしか……。

『火ノ丸相撲』(第190番 番付発表)
親方に紹介した後は、母の墓前に、そして、祖父母に……と、実質的に婚約だよね、これ。

レイナさんは、相撲取りが運転できないと知って、あわてて免許とりにいったんだろうなあ、健気だよなあ。
自分が潮くんに対してどういう影響を与えているのかを気にしているレイナさん。
潮くんが望むところに行くために背中を押してあげたいけど、押した先が崖っぷちとしか思えなくて押すことができない。
これはもう、潮くんがちゃんとせいよ! としか思えないんだが、潮くんもいっぱいいっぱいなんだろうなあ。

『アクタージュ』(scene14.異変)
いいじゃない「殺し合い」みたいで、という台詞で、夜凪ちゃんがあのオーディションに受かったことが納得できた。
墨字はこの監督を知ってて、だから夜凪ちゃんを使ってもらえる、と確信してオーディションに送り出したのかもしれんな。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク