FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2019/01/05(土) ◆◇◆◇◆

『ワールドトリガー』(第172話 ヒュース・6+第173話 東隊) 感想(チカちゃんメテオラこわすぎる)

SQ.移籍2回目。
週刊に慣れてると月刊はつらいけど、2年近くも止まってたことを考えると、毎月続きが読めるのは本当にうれしい。


ユーマ+ヒュースと来馬先輩+鋼さんの激しい戦い。
頭上からくるハウンドをエスクードを折って防御してるようにみえたんだけど、あれって単に、ユーマとヒュースが頭上にシールドはっただけか。
まあ、上だけ守ればいいというのは楽でいいよね。
そして、生やしまくったエスクードを一気に斬り払う旋空の威力……。
まあ、生駒さんは住宅を斬ってたからな。
エスクードが目隠しになってよくみえないと思うんだけど、あれをちゃんと避けるユーマとヒュースすごい。


犬飼が「玉狛の二人がそれぞれA級レベルなのは間違いないけど」って、はやくもヒュースはA級格認定か。
嵐山さんと犬飼の解説は、ものすごくしっかりしてるな~。
なんというか、堅苦しさはないけど、隙もないって感じだ。
二宮さんはどこかで犬飼の解説っぷりを採点してるのかな。
あとでダメ出しされたりして。

そういえば、嵐山さんも犬飼も「来馬先輩」って、呼んでるんだな、ってどうでもいいことが気になる。
大学生以上はだいたい「さん」付けで呼ばれてるのに、来馬先輩だけは大学生でも「先輩」なのか。
あと、犬飼は同学年なのに「鋼くん」呼びなのね。「カゲ」「ゾエ」なのに「鋼くん」なのはナニユエ?


ユーマ+ヒュースと来馬先輩+鋼さんで中距離戦をやると、ユーマの攻撃手段がないから三雲隊が不利になっちゃうのか。
ユーマが弾トリガー足しとけばよかったのかもだけど、慣れないことをやるととっさの時にミスりそう、ってのもわかるしなあ。

ヒュースがエスクード出すようなポーズをみせたのはフェイクで、ユーマのグラスホッパーで射出(?)されるための用意か。
それにしても、トリオン体からエスクードを生やせるのね。
相手に触れてないとダメみたいだから、ふところに飛び込むリスクが高くて、そう簡単にできることではないんだろうけど。
エスクード出す時にあのポーズになるのは、生やす対象に触れていないとダメっていう制約からきてるのか?

鋼さんの背中からエスクードが生えて、来馬先輩がはじかれるシーンが、ギャグじゃないのになんか笑う。
で、鋼さんから離れちゃった来馬先輩を、オサムのアステロイドが襲う……って、ここで来馬先輩を落とせなかったの、本当に痛かったんだな。あとでみると。
あれって、ヒュースが目の前にいるのに、スラスターを飛ばして来馬先輩を援護する、という行動を鋼さんがとらなければ、落とせたよね、多分。
太刀川さんが言った「村上と太一はどんな状況でも来馬を庇うよ」がまたもや証明された。
でも、嵐山さんの推測があたってるとしたら、オサムは一番やっかいな相手である鋼さんを落とすために、あえて的になりにいったという解釈もできる。


それにしても、ユーマとヒュースに挟まれて、背後で孤月を持ち換えて、ユーマを斬り、そのままワンアクションでヒュースを斬るとか、鋼さんどんだけ器用なのっ。
これは確かに「曲芸」の域。
あそこで、身をよじって犠牲を腕だけですませてるユーマもすごいけどね!
さらに足からスコーピオン生やして鋼さんを斬るとか。
ユーマと鋼さんのワンアクション対決、めっちゃかっこええ。

ていうか、ユーマとヒュースの連携がめっちゃさまになってる。
かなり練習したんだろうな。
ユーマがこのために玉狛に入り浸りになって本部に行かないから、カゲさんや緑川がスネてたらおもしろい。


で、ここにきてユズルくんが来馬先輩を狙撃とはね。
味方はひとりもいないからうっかり味方を巻き込むリスクはゼロだし、誰もバッグワームつけてないしで、ユズルくん的には入れ食い状態だったのでは。
でも、レーダーだけを頼りに、天井抜きでしっかり命中させるのは、やっぱりユズルくんの技術もすごいんだろうね。
そして、オサムがあわててバッグワームつけたけど、時すでに遅しだった。

狙撃したことで奥寺・小荒井コンビに寄られたユズルくんは吹き抜けからのエスケープをはかるが、落ちてるとこを東さんに狙撃されてベイルアウト。
ユズルくんが終始冷静なのがちょっとこわい。
東さんに撃たれた時も無表情で東さんみつめてるし。
でも、こんなユズルくんがチカちゃんの前では普通の男の子してるんだよね。ほんとかわいい。


鈴鳴はステージの選択権を取って、序盤戦を有利にもっていけたのに、1点しかとれないで一番最初に全滅か……。

影浦隊も早々に全滅したけど、カゲさんがらしくないことまでやって三雲隊にポイント与えなかったり、オサムが落としかけてた来馬先輩をユズルくんが落としたり、オサムを落としたりで、三雲隊のランクアップの妨害、という点ではかなり成功してる感があるな。

ゾエさんがベイルアウトした仲間に「ナイス」と声をかける役なのが微笑ましい。


東さん、6試合に出てベイルアウトしたのがたったの1回。それも、3隊の集中攻撃でようやくか……。
どんだけだよ、東さん。

さりげにランク戦では自殺点まがいのことはペナルティを課せられるというルールがでてきた。
ペナルティというのがランク戦内での点引きなのか、個人ポイントの点引きなのかはわからないけど。
まあ、ランク戦はあくまでも訓練の一環だから、そんなことされても困るよね。
実戦なら、東さんが小荒井を逃がすために撃った、みたいなことは当然許されるわけで。


ここでようやく東さんがばらまいていたダミービーコン起動。
レーダー上で東隊が増殖しまくり。
動きが機械的だからよくみればわかる、といっても数が多ければ対処に手間取る。
予約サイトのBOTみたいな感じと想像すると、めっちゃ腹立つ。
でも、かなりのトリオンを注ぎ込んでも数分しかもたないのか……。東さん的には数分、時を稼げれば、十分に場を整えられる、という算段なんだろうか。


ところで、チカちゃんのメテオラが笑っちゃうほど大きいんだけど……。
モールの端っこの方を狙ったのに、モールが半壊しとる……。
これ、中央部を狙ってたら全壊させられたのでは?
てか、これでフルアタックかけたらどうなるの?
なんか、剣と銃で戦ってるところに爆弾落としたぐらいの場違い感があるな。


そして、うっかり巻き込まれてベイルアウトしちゃった奥寺がかわいそすぎる。
チカちゃん、栞ちゃん、オサムの「……あっ」「「あっ」」にうっかり笑ってしまった。

「千佳! 今のは不慮の事故だ! 気にするな!」って……不慮の事故で飛ばされた奥寺の立場は……。
「よくやった!」は、オサム的にはチームの役に立ったんだから気にするな、って意味なんだろうけど、「不慮の事故だ!」「よくやった!」ってなんか変だよね。
ユーマにも「助かった。サンキュー」と言われて、チカちゃんも「うん……」って答えてるけど、動揺は隠せない。

これって、今後どうなるのかね。
さらに悪化して、誰かがいる可能性のあるところはもう攻撃できなくなって、土木工事ですら制限が出てくるようになるのか。
これでふんぎりがついて、トリオン体を撃てるようになるのか。

三雲隊を敵にする側としてもいろいろとやっかいだよね。
絶対に撃てない、ではなくなったから。
撃てるようになったのかもしれないし、なんらかの制約がついてるだけかもしれないし、といろいろと考えることが多くなった。
チカちゃんのメテオラの威力を目の当たりにしてしまった以上、ちょっとした判断ミスで全滅するかもしれない、という可能性は常に考慮にいれなくちゃならなくなった。

それにしてもこの試合、犬飼の言う通り、チカちゃんが人を撃てるんなら勝ち確なんだよね。
ユーマとヒュースを退避させて絨毯爆撃をすればよい、ってことになる。
隠れ続けることはむずかしくなるし、隠れることができなければ、A級相当コンビに挟まれるわけだから。


やっぱり東さんは、隊の勝利よりも奥寺と小荒井の育成を優先させてる感じだな。
東さんがアフトクラトル遠征に行く可能性は高そうだし、それを機に奥寺と小荒井を独立させようと考えているのかも。


現状整理。
影浦隊:2点(ユズルくんがオサムと来馬先輩を狙撃)、全滅
三雲隊:現在4点(ユーマがゾエさんをチョンパ、ヒュースが鋼さんと太一をグサリ、チカちゃんが奥寺をうっかり)、生存3人(ユーマ、チカちゃん、ヒュース)
東隊:現在1点(東さんがユズルを狙撃)、生存2人(東さん、小荒井)
鈴鳴第一:1点(鋼さんがカゲさんをスパッ)、全滅

三雲隊と東隊だけが残って、数だけみると三雲隊が有利なんだけど、東さんを落とさない限り望むだけのポイントは手に入れられないってのがほんとキツいよね。
この試合の勝利だけを目指すのであれば、3人ばらばらに隠れてタイムアップを待つ、という手もとれるけど。

「東さん落とせるか?」がここからのポイントだけど、案外、奥寺と小荒井が東さんにものすごい成長っぷりをみせてくれるのかもしれない。わくわく。


ところで今回、ユーマがやけにかわいく描かれてない? 気のせい?
スポンサーサイト



tag : ワールドトリガー

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク