FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2019/11/16(土) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第84話 渋谷事変・1) 感想(年末年始は聖地巡礼しつつ複製原画展を観るんだ)

サブタイトルのナンバリングが漢字から数字になった。こういう表記だとなんか『ワールドトリガー』っぽい。
余談ですが、①とかは環境依存文字なので、私は全角数字表記で対応してます。プログラマは環境依存文字が嫌いなのです(←と主語を大きくしてみる)。


かなり前から予告されていた渋谷ハロウィンパーティーついにはじまる!
その始まりは、一般人は入れるけど出られない"帳"か。
で、呪術師は出入り自由。
"窓"は個人差がある、というのは、"窓"の人たちの呪力レベルがバラバラだってことなんだろうな。

それにしても、渋谷の地理をだいたい把握してる人間にとって、「東京メトロ渋谷駅13番出口」のように場所をかなり具体的に表記されるとめっちゃテンション上がるな!


まず、「東京メトロ渋谷駅13番出口」組。
七海さんリーダーで、伏黒と猪野さん。
猪野さんは七海さんを尊敬してるし、伏黒も七海さんのことはまともな大人と思ってそうだから、チーム力はありそう。
能力的にもかなりアテにできそう。

猪野さんが先輩風ふかして伏黒に説明してるのかわいい。
伏黒は塩対応だけど、これが虎杖だったらめっちゃいいリアクションしてくれたと思う!
今の猪野さんに必要なのは虎杖!(笑)
まあ、そうなったら、猪野さん的にはテンションあがるだろうけど、七海さんのテンションさがりそうね。


次は、「渋谷マークシティレストランアベニュー入口」組。
禪院父リーダーで、真希さんと野薔薇ちゃん。
まさか、禪院父がここに出てくるとわっ。
真希さんが微妙な表情してるのも当然か。
てか、真希さんはこの"帳"の中に入っちゃったら出られなくなるのかな。

ところで禪院父の「特別1級」ってなに?
1級と特級の間って意味? 1級よりちょっとだけ偉いって意味? それとも、名誉職的なもの?
まあ、名誉職ならこんな現場にでばってこないとは思うけど。


さらに、「JR渋谷駅新南口」組。
パンダ先輩と、日下部さんとかいう新キャラ。
そうか、この人が東京校2年ズの先生か。
五条先生が1年の担任って話だったから、当然、他の学年の担任もいるんだろうな、とは思ってたけど。

パンダ先輩、一般人の被害を心配してくれてるんだな。基本的に人間大好きだし。
あと、日下部先生、2年ズからはそれなりに信頼されてそうな気がする。

パンダ先輩、普通に出歩いてて不審がられないのか? と思ったんだが、ハロウィン当日の渋谷なら、ずいぶんリアルな着ぐるみだな、くらいで済まされそう。


最後に「青山霊園」から「明治神宮前駅」に移動した組。
冥冥さんリーダーで、虎杖と新キャラ。
なんだこの憂憂くんって、冥冥さんにやたら媚び媚びなショタは。かわええじゃないか。
まだ小学生くらいにみえるし、階級もついてないけど、正式に任務請け負ってるの? それとも冥冥さんが勝手に連れまわしてるだけ?

コミュ力なら作中最強の虎杖も、この姉弟相手ではなにをどうしてよいのかわからないらしい。
姉弟で世界ができあがっちゃってるからなあ。
ここで黙ってみてるだけってのは、ちゃんと空気読める虎杖だからこそかもしれない。


もう五条先生だけいればいいんじゃないかな、的なことがたびたび発生しているこのマンガだけど、ここまで緊迫した状態になると、本当にその通りになるのね。
サポートが足手まといになりかねないし、呪術師側の被害を最小限におさえるには、五条先生が単身で飛び込むのが一番よい、という判断になっちゃうんだね。
で、それに不服申し立てをしてるのが虎杖だけという。
虎杖やさしい。
でも、それを受け入れた呪術師たちが薄情だとも思えないんだよね。
五条先生の強さと、自分の強さを、きちんと把握しているからこそ、これがベストな役割分担だと割り切ってるだけなんだろうな、と。
まあ、それはそれとして、五条先生を心配してくれる虎杖は、五条先生にとってはうれしい存在なんじゃないかな、とも思う。
普通からかけ離れちゃった五条先生を、ちゃんと普通の人間として取り扱ってくれてるから。
あれだけの強さをみせつけられても、それができる虎杖って大物だよなあ。
夏油はそれができないことに、苦悩していたように思えるから。


そして、特級呪霊たちが五条先生を待ち受けていたのは「東京メトロB5F副都心線ホーム」か(厳密には東横線兼副都心線だけど)。
ここが選ばれたのは、あそこらへんで一番深いとこにあるからなのかな、と思った。
あと、ホームが多くて広いので、たくさんの人を閉じ込められる、というのもあるかも。

五条先生があの潜水艦(?)みたいな吹き抜けを降りていくシーンはかっこよかったな。

大量の観客(?)に囲まれながら、戦うことになった五条先生。
あの一般人たちは儀式の生け贄になりそうでこわいんだけど、みんなコスプレしてるのでいまいち緊張感が出ない絵になってるな。
ギャグとホラーは紙一重、みたいな話をきいたことあるけど、なんかそんな感じだ。

ところで、あんな緑の少ないところで花御は役に立つのか?
あっ、明治神宮にならあるのか。
あと、真人がいないのこわい。
スポンサーサイト



tag : 呪術廻戦

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク