FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2019/12/21(土) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第88話 渋谷事変・6) 感想(最強の義務と最悪の遊び)

表紙は久しぶりの3段組。
あせる漏瑚。不穏な五条先生。様子見の脹相兄ちゃん。
脹相兄ちゃんにやる気がないのは、そもそも漏瑚や花御の思想に共感してないからかね。
手は組んだけど、こんな強敵に挑むほどの義理はない、って感じかな。
弟たちを殺した虎杖ならめっちゃ本気になりそうだけど。


漏瑚は人間を盾に逃げまくり。
五条先生はすべてを救うつもりはないけど、助けられるものなら助けたいと思っているから、効き目ゼロというわけでもないのがヤダよねえ。

呪いが見えない人たちでも五条先生はみえるし、その動く周辺で人が死んでいるのはわかるから、五条先生を避けはじめた結果、動けるスペースが空いてきたってことかな。
「ごめん全員は助けられない」と心の中で謝りつつ、「その代わり絶対祓ってやる」とつぶやく五条先生に心がいたむ。
五条先生は人の命の選別をしなければいけない。
それをしなければいけない立場から逃げない。
五条先生が本気で逃げれば逃げられそうな気がするんだけど、そういう道を五条先生は選べない。
多分、理子ちゃんを失ってしまったあの日から。

この戦いは五条先生ひとりっきりに任せられてしまったから、全部を五条先生が負う感じになっちゃってるな。
で、それを負わせてるのが元親友の夏油だってのがひどい。
「五条悟、全然余裕じゃん。もっとヒリヒリしないと」とかめっちゃおくつろぎモードだし。
いやいや、おまえは五条先生をどうしたいんだよ。

夏油、絶対に漏瑚のことを利用する利用して、ポイ捨てする気満々だよね。
自分の術式で取り込んで能力だけいただく可能性もあるけど。
五条先生に追われて「もう20分は過ぎたハズだ!!」ってあせりまくってる漏瑚がかわいそう。


冥冥さんが虎杖のこと、「術式なしでここまでやるのは日下部以来じゃないかな」って評価してたけど、日下部さんって東京校2年ズの担任だよね。
あの人、虎杖なみのゴリラなのか……。
ゴリラなパンダと気が合いそう(←日本語が混乱するな)。

そしてまたグニィする人をみせられてしまった虎杖……。
虎杖の中の、真人を取り逃がしてしまったことへの後悔は、どこまで降り積もるの?


改造人間満員電車めっちゃ怖い。
五条先生が戦いの最中にこんな困惑した表情浮かべてるの、はじめてみたような気がする。
本当に何考えてんだよ、夏油。
真人は遊ぶことしか考えてないっぽいけど。
スポンサーサイト



tag : 呪術廻戦

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク