FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2020/01/26(日) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2020年08号 感想

『ONE PIECE』(第968話 "おでんの帰還")
ラフテルから戻ったロジャーに、シャンクスはどんな質問をしたんだろう。そして、なんで泣いたんだろう。
バギーのためにラフテル行きをあきらめたシャンクス、バギー好きすぎだろ、って思ったけど、シャンクス的にはラフテルに興味が薄かった、ということかもしれないな。
つまり、ラフテルについてシャンクスは何かを知っていて、だから冒険の対象にならなかった、と。
でも、知りたいことはあったんじゃないかな、と。

シャンクスの出自にはなんかありそうだよね。
ルフィの麦わら帽子になんか曰くがありそうだし、その元々の持主はシャンクスだし。

おでんはワノ国に戻ったけれど、主君の家族のトキと子供たちの服さえツギハギだらけで、困窮しきってるんだな、とわかる。
でも、その一因であるおでんを悪く言う人がいないのは、はたからみれば一番気の毒な立場のトキが、おでんのことをベタ褒めしているからか。
でもそれは、夫を立てるため、とかじゃなく、本心からそう思ってるから、というのがかわいいな。

『鬼滅の刃』(第190話 ぞくぞくと)
蛇柱さん、刀身を赫くしようとがんばりすぎて、酸欠になり、動きが止まったところを狙われた。
毒のせいで集中力や思考力も落ちてきてるんだろうな。
あと、どれくらいの力で握れば赫刀になるかわからないから、加減がつかめなかったんだろう。

ここで、善逸、伊之助、カナヲちゃん投入か!
泣き言言ってるけど、無惨様相手に気絶せず立ち向かってる善逸、えらいよ!
で、こんな場面でもしゃべりまくり、無駄に飛び跳ねる伊之助の姿にほっとする。

それにしても、この戦いのMVPは愈史郎なのでは、と思うぐらい愈史郎の術が大活躍だな。

柄を強く握りしめることで、赫刀を実現させた蛇柱さん。
鉄球と斧をぶつけあって、武器を赫くした岩柱さん。
そして、風柱さんは義勇さんと刀を打ち合うことで、刀身を赫くさせた。
なんで、義勇さんを利用したのかな、と思ったんだけど、そういえば風柱さん、2本も指が欠けてたから、その状態で握りしめるのはむずかしいと判断したんだろうな。
それとも、義勇さんに説明するのがめんどかったのかな。
なんか、後者のような気がしてきた。

柱同士が刀をあわせれば赫くなるのなら、なんで今まで気づかなかった、とも思うけれど、痣を出してる状態同士で打ち合うってことはこれまでなかったんだろうな……。
そもそも、赫刀にそんな力がある、と知れたのは、時透くんの件があったからだし。

それにしても、柱の中で風柱さんだけがやたらにぎやかだな。
こうやって自分を鼓舞してるんだろうな。

『ハイキュー!!』(第380話 ごあいさつ・2)
最近、以前使ったサブタイトルの回収(?)が多くて、大詰めなんだな、って思う。

さすがにプロのバレーボール選手はでかいな。
190cm超えが普通で、リベロと日向くんと星海を除けば、ツムが一番小さいとは。

この試合、影山くんのサーブではじまって、それを日向くんがしっかりレシーブするとこが熱い!
もう、しょっぱなからテンションあがりまくり!
と、思ったら、ツムのおぜん立てで、日向くんのご挨拶だよ!
ツムはわかってる子!

日向くんのジャンプをみて、星海が「…くそ」ってつぶやいたのは、自分よりもジャンプが高かったからなんだろうな……。
あと、日向くんをよく知ってるはずの鵜養コーチが「…!」ってなってるのもいい。
2年前の日向くんとは別物になっててびっくりしてるんだろうな。

ラストのページの、日向くんの「来たぞ!!!!」に対して、観客席の「おかえりーっ!!!」が、なんか合わないな、と思ったんだよね。
「ただいま」で「おかえり」ならわかるけど。
でも、日向くんの「来たぞ!!!!」は、影山くんの「遅え」と対になってるんだな。

日向くんは影山くんに、影山くんがどんなステージにあがっても、必ず同じところに行く、と約束した。
そして、プロになった影山くんと、ようやく同じコートに立った日向くんは、影山くんと対等に戦える選手であることを、レシーブとスパイクで証明してみせた。
だから、「(同じとこまで)来たぞ!」だし、「(来るのが)遅え」なんだな。
でも、観客席の人たちはそんなふたりの間の約束を知らないから、「(日本に)おかえり!」と声をかけるんだ。
こういう、長い連載を読み続けてたからこそわかるやりとりって、長期連載を読むだいご味だよね。

みんなが「おかえりーっ!!!」と笑顔で応援してる時に、ひとりだけ無言で、でもちょっとうれしそうなツッキーがかわええです。

『ぼくたちは勉強ができない』(問143.泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ)
突然のシュラ場展開でぐおおおおってなってる。
てか、本気でうるかエンドのような気がしてきた。

『チェンソーマン』(第54話 江の島に行くには)
ソ連代表(?)のトーリカの師匠はなんであと半年しか生きられないんだろう。
アキみたいな契約を結んじゃってるのかな。
トーリカは残り少ない時間を平穏に過ごして欲しい、と思ってるけど、師匠の方は、残り少ない命のために弟子を犠牲にしたくない、と考えてそう。

中国代表(?)は眼帯娘のクアンシ。
魔人娘たちのハーレムすごい。コンプラ的に大丈夫なのか、これ。
なんか、パワーちゃんっぽいのがまぎれこんでるけど、この子も血の悪魔なのかな。
教育受けてどうにかなるのか? って感じの魔人も含まれてるけど、クァンシの望みは彼女たちに教育を与えることか。
自分がいなくなっても生きていけるようにしておきたい、って思ってるのかな。

ドイツ代表のサンタクロースじいさん。
美男美女を養子にして、3人は契約に使い、1人は趣味に使うって……この趣味、少年誌でだしても大丈夫なやつ?
そもそも、欲しい、ではなく、養子にしたい、ってのがわからんな。
契約上、身内扱いでないと使えないってことなのかな。

師匠をデビルハンターという仕事から逃がしたい、と願う青年。
4人の彼女たちに人権と義務教育を与えたい、と願う美女。
美男美女を養子にしたい、と願う老人。
前回、登場した金を稼ぎたい兄弟たちに加えて、敵がぞくぞくと出て来たな……。

江の島行きがダメになりヘコんでるデンジに座るアキがいいよね。
自然な気安さを感じる。家族になってるな、って感じというか。

とんでもなく厄介な敵が、それぞれの望みを懸けて挑んでくるというのに、デンジの願いはマキマさんとの江の島行きか。
このショボさがデンジらしくていいよね。

『アクタージュ』(screen97.届け)
この世界の玄人たちが、花子さんに振り回されまくり。
花子さんは舞台の素人で、守るべきものがなく、すべてをぶち壊すような行動を平気でとる。
そこが、舞台や演劇に生涯を捧げてきた人たちにとっては、腹立たしくてたまらないんだろうな。

舞台を守るために、芝居を捨てようとしている夜凪ちゃん。
自分の芝居をするために、周囲を顧みなかった初期の頃の夜凪ちゃんとは、真逆の行動だ。
それは、彼女にも守りたいものができた、という成長と考えることもできるのかもしれない。

でも、千世子ちゃんにとって、それは裏切りだ。
女優としての夜凪ちゃんを無価値にする行動だ。
黒山さんも、阿良也くんも、夜凪ちゃんに大きなものを求めている。
でも、それは千世子ちゃんが夜凪ちゃんに求めるものの熱量に比べれば、たいしたものではないんだろうな、と思える。

千世子ちゃん、夜凪ちゃんのこと好きすぎ! とか、もう言えないレベルだよなあ。

『AGRAVITY BOYS』(第5話 Live to Tell the Tale)
高次存在さんがもはや何も隠す気がなく、彼らをおもちゃにしてて笑う。

『呪術廻戦』(第91話 渋谷事変・9)
別記事(世界は一貫していなくてもいい)になりました。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』(191 知紗希さん、決断)
こちらはシュラ場がいい感じに片付いた。
よかった、ラブコメふたつともシュラ場なのはさすがにキツイ。
スポンサーサイト



tag : 週刊少年ジャンプ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク