FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2020/02/08(土) ◆◇◆◇◆

『呪術廻戦』(第93話 渋谷事変・11) 感想(たったひとりですべてを背負う)

宿儺の扱いで意見がぶつかる真人と漏瑚。
「100年後の荒野で笑うのは儂である必要はない」と断言していた漏瑚だけど、宿儺である必要もないんだよね。
それが呪いであるのなら、なんでもよい。
宿儺が一番強いのは確実なので、宿儺を推しているってだけで。

ここで意見が割れちゃうのは、そもそも「呪いとは何か」の定義がズレているからか。
でも「偽りなく欲求の赴くままに行動する」が基本の真人は、漏瑚がそれを求めた結果、宿儺復活を願うことも否定しない。
それは自分の考えの否定につながるから。

「目的のために裏表のない道を歩む」と「偽りなく欲求の赴くままに行動する」は、多分、根本は同じなんじゃないかなって気もする。
ただ自分の願いのためだけに動く、というところが。
「呪い」の奥底にあるものは、結局「願い」なんよね。
乙骨が里香ちゃんを失いたくない一心で呪霊にしてしまったように。


真人はなんだか偽夏油を探るような目でみてたけど、あれなんなんだろうね。
案外、真人はいろいろかこつけて、偽夏油から距離を置きたかっただけなのかも、とか深読みしてみたり。


美々子ちゃんと奈々子ちゃん、今、どうしているのなか、と思ってたら、こんなところで偽夏油に使われてた。
偽物だとわかっていても、夏油の肉体をあきらめられず、いいように使われていたのか。
これなら、どっかに潜んで夏油の迎えを待ちわびている方がまだマシだった。

このふたり、"縛り"のことをよく知らなかったのかな。
夏油は呪術についてあんまりちゃんと教えてなかったのかも。
自分の手元に置いて守ってやるって思ってたから。


虎杖と七海さんチーム合流。
そうか、猪野さんは虎杖とは初対面か。
七海さんは、まだ学生の虎杖と伏黒を最前線で戦わせたくないんだろうな。それも、自分がいないところで。
でも、一級の権限がないとできないこともある。
てか、そのコンタクトとろうとしてる伊地知さんは刺されてんだけどっ。


七海さんに頼られて感動してる猪野さん、ちょっとかわいい。

五条家は五条先生のワンマン。
禪院家は跡取り娘が呪力なしとほぼ呪力なし。
加茂家は正妻の子を見捨てて側室の子を跡継ぎに据えている。
御三家はどこも問題抱えてるな。

秘匿死刑になるところを五条先生に救われた乙骨と虎杖。
禪院家に売られかけていたところを五条先生に妨害してもらった伏黒。
他にもいろいろとやってるんだろうな。

乙骨はもう死刑にはならないだろうけど、虎杖は常に死刑執行のリスクを背負っているからな。
伏黒も禪院家につかまったら、自由に行動することはできなくなるだろう。津美紀さんを人質にとられたら、伏黒は抵抗できないし。
虎杖も伏黒もまだまだ五条先生の庇護が必要な身なんだよな、って改めて思う。

ワンマンだから好き勝手やってるようにみえて、ワンマンじゃなければできないことをやっている。
でも、自分だけ強くてもダメだってことは理解している。
だからこそ先生になって、呪術界を根本から変えようとしている。
五条先生、いろんなもの背負い過ぎだよね。


五条先生を失って、呪術界がごたごたしている時に、呪詛師+呪霊が大騒ぎしたら、漏瑚が望む呪いだけが生きる世界になる可能性はわりと高いのか。
てか、呪霊はともかく呪詛師たちは何を願ってそんなことするんだろうね。
伏黒パパは金を稼ぐためにやってたけど、呪霊たちが跋扈する世界になったら、お金なんか持ってても意味ないと思うし。

夏油は呪術師オンリーの世界を望んでいたけど、一時的にそうなっても、呪術師と呪術師の間に生まれる子供が呪力を持ってなかったらどうすんの? って思う。
実際、禪院家はそんな事態になってるし。
スポンサーサイト



tag : 呪術廻戦

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク