FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2020/03/08(日) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2020年14号 感想

『Dr.STONE』(Z=141 FIRST TEAM)
そうか……もう石化装置使えないのか……。
地球すべてを覆う範囲を指定された時に、意外と千空が冷静だったのは、この事態を推測してたからか。
石化装置が使えたら、瀕死の仲間をすべて石化して元に戻す、という夢の治療法が使えたのに。

「現況は?」「月に攻め込む」でさすがに司が固まってて笑った。
そりゃそうだ。あの速度で戻ってきただけエライ!

みんなの顔からヒビがなくなったの、ちょっとさびしいな、と思ってたら、まさかの戦化粧という形で復活とわっ。
ゲンが優秀すぎるっ。
真っ先にメンタリストを復活させるとか、司はおもしろいチョイスをするな、と思ってたんだけど、今になって考えると、司すごいな! ってなる。

ところでロードマップが束になってるんだけど、大丈夫? このマンガちゃんと終われる?

『鬼滅の刃』(第196話 私は)
無惨様が竈門家を襲ったのは、日の呼吸を継承している可能性をかぎつけて、かと思ってたんだけど、単なる通りすがりか。
これはなかなかひどい。
こうやってあちこちで虎の尾を踏みつけにした結果がこれだよ。

ねずこちゃん、鬼になってる間の記憶もちゃんとあるんだね。
珠世様と愈史郎がわりと好印象な感じなの良い。
善逸もいい笑顔で覚えられててよかった。鬼だと知ってても、こんなにうれしそうに花を贈ってくれてるとか、めっちゃポイント高いじゃないか!
そして、かっこよさげにどんぐりをあげてる伊之助がまた良い。

しのぶさんの「見ますか? …金魚」のちょっと戸惑った感じもいいよね。
鬼を憎んでいるしのぶさんが、戸惑いながらも、ねずこちゃんを人間として扱おうとしているようにみえる。

煉獄さんの安定のかっこよさ!
笑う宇髄さんと泣いて喜ぶ嫁さんズ。
愉快な刀鍛冶さんズ。
微笑む玄弥と時透くん。

そして、ずっとねずこちゃんを守ってくれてた炭治郎。

ついにねずこちゃんは人間に戻った。
炭治郎の宿願はこれで果たされたことになる。
だけど、当初の目的を果たしたからといって、もう無惨を倒すのはどうでもいい、とはならないよね、炭治郎。
炭治郎は無惨の存在を赦すことができないから。
むしろ、ねずこちゃんが人間に戻ったのなら、もう思い残すことはない、とか考えちゃいそう。
てか、ねずこちゃんが爆血で炭治郎たちのけがを治してくれるんじゃないかと期待してたんだけど……治らないの?

ところで、あの回想の中で、無惨様と風柱さんだけが悪役っぽいので、風柱さんに挽回のチャンスを!
と思ったんだけど、それやると死んじゃいそうなのがな……。

無惨様にぶちこまれた毒は4種類か。
珠世様としのぶさんの執念がすごいな。
てか、無惨様は爆発して逃げることができるということを知っている珠世様が、何も手を打ってないわけないか。

珠世様、死んでからの方が生き生きしてる……。

『約束のネバーランド』(第169話 満点)
ここでママたちがラートリー家を裏切るか。
いや、最初っから味方してたわけじゃないんだろうな。
権力に従順な振りをしていただけで。
ママたちは皆、選りすぐられた優秀な女子で、自分が産んだ子供も育てた子供も取り上げられ、殺され喰われている。
ラートリー家を信じる理由なんて皆無だし、自分たちが力を貸せば子供たちが救われるとなれば、叛旗をひるがえすのも当然だろう。

てか、なんでママたちに裏切られないと思ったんだろうな、この人。
まあ、「僕はおまえたちの父、創造主なんだぞ」とか言っちゃうような人だからな……。

『呪術廻戦』(第97話 渋谷事変・15)
別記事(象が降ろうと車が降ろうと)になりました。

『チェンソーマン』(第60話 クァンシと魔人達四十九人斬り)
表紙、クァンシ様! かっこええ!

クァンシ様、取り巻きの魔人たちを使うのかと思いきや、単騎で突入してくるのか。
なにこのバカ強さ。
通り抜けた後に、人間も人形もバラバラになっていく絵が、やけにきれいで、血なまぐささがないんだけど、タイトルからして49人も死んでるんだよね、これ。

アキが対応できたのは、未来の悪魔のおかげだろうな。
でなければ中村さんになってた。
てか、中村さんもう退場なのね。そうなるだろうな、とは思ってたけど。

『アンデッドアンラック』(No.007 変わろうぜ)
あんまりエロくみえないけど、戦闘中にめっちゃエロいことやってて笑った。
で、「だめだよ、女の子がそんな事人前でしちゃ」とか言っちゃうあたり、不変さん、わりといい人だな。

星はないのにUFOはある。
星がないってことは宇宙人という概念もないと思うんだが。
いや、「未確認飛行物体」が宇宙船である必要はないのか?

「組織に入る事がどれだけ辛くむなしい事か」と言う不変さん。
やっぱり組織に入れればすべてうまくいく、というわけにはいかないのね。
アンディはそこらへん知ってそうだけど、それでも不運ちゃんを組織入りさせたいと考えている。
それは、追われ続けるよりはまだマシな生活ができるってことなのかな。
「辛くむなしい事」は全部、自分が引き受ければいいだけ、って考えてるのかも。

変わりたくない不変さんと、変わりたい=死にたいアンディ。
死ぬための努力と工夫を惜しまないその執念がすごいよ。

『アクタージュ』(screen103.武器)
千世子ちゃんが綺麗すぎてこわすぎる。
そして、阿良也くんの孫悟空はまさかの猿モードか。
これはこれでかっこいいというか、不気味さマシマシでおもしろいというか。
見下ろす王賀美に対して、見上げる阿良也くん、という対比がおもしろい。

とにかく、千世子ちゃんが美しければなんでもよい、って気持ちになってるんだけど、これ、黒山さんの思うツボかもしれない。

『AGRAVITY BOYS』(第11話 Fior Di Lette)
これ、クリス、わざとやってるよね! わかってやってるよね! としか思えないんだが……。
スポンサーサイト



tag : 週刊少年ジャンプ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク