FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2007/04/29(日) ◆◇◆◇◆

アニメ視聴週記(2007APR29)

4月も終わりで、見続けるアニメが淘汰されつつある。

『ヒロイック・エイジ』

「サルに生まれたかった」と、本音をうっかり吐いてしまうイオラオスが笑えるし泣ける。
おまけに妹たちにディアネイラの写真を売りつけられてるし‥‥。
残りの4人のノドスがすべて銀の種族側についているということは、青銅の種族は銀の種族に完全に支配されているということなんだろうか?
1人で4人も倒すとは、やっぱりエイジの仕事があまりにも多すぎるし重過ぎる‥‥。

『機神大戦ギガンティック・フォーミュラ』
今、一番楽しみなアニメな感じになってきているギガンティック(おお振りは別枠なので)。
だけど、いまだにどこがツボってるのかわからない。
う~ん、最初は私の好みじゃないと思ったんだけどなぁ‥‥。

『天元突破グレンラガン』
アニメの感想じゃないんですが、いろいろと考えたことがありましたので、ちょっとズレてるかもしれないことを書きます。
先週、GAINAXのグレンラガン公式サイトをのぞきにいったら、大変なコトになっていました。
俗に言う「炎上」というやつですね。
要約すると、第4話の出来がとてつもなく悪い、という意見らしいです。
しかし、私は先週の感想でも書いたように、あれはそんなに悪くないと思いました。
絵のランクが少々、落ちるかもだけど、ストーリーがちょっとわけわからない方向にすすんだかもだけど、それでも、私はあれをあれなりに楽しんで見ることができたのでした。
「絵がひどすぎる」と言っても、あれよりも出来の悪い絵はいくらでも見てきたし、1話~3話がおもしろすぎて、その落差にがっかりしたということもあったのかもしれないけど、私としてはあれは許せる範囲内だったわけです。
で、そうかぁ、あれがそんなに許せないのか‥‥、と傍観者的にながめていたわけですが、事態はさらに悪化し、ついにプロデューサの降板という事態に発展したようです(詳細についてはGAINAXの公式サイトをごらんください)。
視聴者のカキコミに対して、スタッフが感情的に反応してしまったというGAINAX側の対応は、かなりまずいだろ、と心の底から思います。
クリエイタはファンに対して謙虚であるべきだと思いますし、ファンの行動に腹立たしいところがあっても、それを公の場であらわにするのはNGです。
それは客商売である限りは当然のことです。
しかし、私はクリエイタが謙虚であるべき、と同時に、ファンはクリエイタに対して敬意を払うべきだと思っています。
あの膨大なカキコミのほとんどには、その敬意を感じ取ることができませんでした。
その方が、私にはよっぽど腹立たしかったのです。
たまにはクオリティの下がる回もあるけど、全体で見ればとっても楽しいアニメだったよね! と言えたかもしれなかったアニメは、これからプロデューサの降板に伴う体制の変更で、最初はおもしろかったのに途中からガタガタだったよね! としか言えないアニメになってしまうかもしれません。
これはいったい、誰が望んだことなんでしょうか?
GAINAX側も痛手を負って、ファン側もおもしろいアニメを失って、ある意味、ケンカ両成敗になるのかもしれませんが、そのケンカに参加しなかった私のようなファンは、不愉快なケンカを見せられたあげくに、おもしろいアニメを失う、という踏んだり蹴ったりな事態です。
私のような意見は極少数派なのかもしれませんが、マイナーであればこそ書いておきたかったのです。
今は、グレンラガンがおもしろいアニメとして無事に大団円を迎えてくれることを祈るばかりです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク