FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2008/08/04(月) ◆◇◆◇◆

『33分探偵』初回 感想

剛くんの『33分探偵』がついに放映開始。
『金田一少年の事件簿』を観ていた私としては、剛くんが再び探偵役を演るってだけでなんかうきうきしてしまう。

それにしてもツッコミどころ満載すぎでどこをツッコんでいいのかわからない~。
「もうなにもかも疲れました。探してください…」に始まり、開始6分で捕まる絵に描いたような犯人。
そして、「この簡単な事件、おれが33分もたせてやる」とカメラ目線で言う剛くん。
う~ん「じっちゃんの名にかけて」って言い出しそうな雰囲気だったんだけどねえ(笑)。
どうして「33分」なんだって、それは残る放映時間がそれくらいだから……基本設定がすでにツッコめるレベルを下回ってる……。

それにしても、推理もののキモともいうべき再現シーンがバカすぎる。
死体を飛び越しておきながら、死体の存在に気づかないホテル従業員。
2階分の高さがある巨大な氷を持ち上げる怪力女。
さらに2階分の高さまである巨大な角砂糖を食べつくす蟻さんたち……。
あげくのはてに、「なんやかんや」とゆー言葉でいろんなことをごまかした六郎(=剛くん)に対して「なんやかんやってどーゆーことだ」とツッコむ容疑者に対して、「なんやかんやはなんやかんやです」と言い切っちゃう六郎におもわず沈没してしまった(苦笑)。
困り果ててコピーロボット説まで持ち出しかける始末だし。

いや、「バカマンガ」というジャンルがあるけど、これは「バカドラマ」とも言うべきニュージャンル。
同じ時間帯で同じジャニーズの岡田くんが主役を演じた『SP』のような、ワンカットも無駄な映像はありません、一言たりとも意味のない台詞はありません、な感じのシェイプされきったドラマとは対極にある感じ。
時間をムダに潰すことにすべてをかけてるよ、絶対!!
う~ん、頭が悪すぎる。でもとりあえず楽しい。
そんなわけで、このゆる~いドラマをぬる~い目で観続けることに決めたのだった。

どうでもいいことだけど、スケボーに乗る剛くんに『金田一少年の事件簿』を思い出した。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク