FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2008/10/17(金) ◆◇◆◇◆

『DEAR BOYS ACTⅡ』29巻 感想

八神ひろき先生の『DEAR BOYS ACTⅡ』の29巻を読んだ。
天童寺と明和大日立の試合が終わらない~(苦笑)。
主人公の哀川たち瑞穂レギュラー陣の台詞がひとつもないし。
でもまあ、おもしろいからいいんじゃないかな?

天童寺の底力の一部が垣間見えたこの巻、希があいかわらずかわいすぎなんだけど、この巻は特に彩がかわいい。
第3クォーターになってベンチに下げられちゃって、無表情で怒ってるとこが特に。
で、コートに戻れて、交代の選手とタッチする時に、やっぱり無表情なまんまで「ばちん」だよ。
怒ってたのね~! やっぱり怒ってたのね~! って大笑いしつつ、この1コマだけで彩によろめいちゃったよ。
さすが八神先生。読者の釣り上げ方をよくご存知です(爆)。

哀川が天童寺を去り、その後釜に入った形の彩。
これだけプライドの高い彩が、哀川がいなくなったおかげでエースになれた、なんて言われることに耐えてたのかなあ、と思うと泣ける。
でも、そんな悔しさこそが、彩をここまでのプレイヤーにしたのかもしれない。

この試合、次巻ではさすがに決着がつくらしい。
名残惜しいような気がしつつも、哀川たちの試合をはやく見たいと思ってしまう。
う~ん。悩ましい。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク