FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2009/05/13(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2009年24号 感想

『魔人探偵脳噛ネウロ』がない『ジャンプ』にやっぱりテンションが下がる。『D.Gray-man』も載ってないとなるとなおさら(泣)。
今までのテンションが高すぎた、とゆーべきなんだろうけど。
連載期間が長かっただけに、元に戻るのに時間がかかりそうだ。

ところで、先週の『ジャンプ』感想がやたら長かったのは『D.Gray-man』のためかと思ってたんだけど、なくっても長い……。
おまけになんか書き足りない気がしてる……。
あれ? 何か間違えてる?

『めだかボックス』(第1箱 「生徒会を執行する」)
西尾維新先生原作の新連載。
しょっぱなから「世界は平凡か? 未来は退屈か? 現実は適当か?」と西尾維新っぽい台詞がとびだしてきた。
読みきりで読んだ時は、西尾維新としてはおとなしめな印象があったんだけど、連載になってみたらいかにも西尾維新らしい台詞まわしがあちこちにでてきて、なんかめっちゃ楽しんで書いてる気配がする。
西尾維新の小説には荒唐無稽な天才少年少女がやたらめったら登場するけど、めだかちゃんもその一人だよなあ。

西尾維新のイメージする「少年マンガっぽさ」に、西尾維新節を乗っけるとこうなるのかなあ、って感じのこのマンガ。
ずいぶんとスマートになった暁月あきら先生の絵もいい感じにハマってるんで、かなり楽しみ。
庶務から始まった人吉くんだけど、副会長に出世するまで続いて欲しいなあ。
てか、このまんま生徒たちのお悩み解決路線でつっぱしっていくのか?(もしかして『SKET DANCE』とカブる?)

『ONE PIECE』(第541話 “未だかってナッシブル”)
尾田先生みずからがストーリー、製作総指揮を担当なさるとゆー冬の映画情報が出てきたっ!
尾田先生が巻末コメントで「2009年冬公開映画の為休載が増えて各方面ご迷惑かけました。残る僕の作業も後少し。凄いのできるよ」と書いていらっしゃったんで、そんなにいろいろと口やら手やら出されているのかなあ、と思っていたら製作総指揮か……これは、映画館まで観に行け、とゆーことですね? 了解です!(笑)

ここんとこルフィ一味シリーズの表紙絵で、今回はビビ!
そうよね! ビビもルフィ海賊団の一員よね!
尾田先生、ありがとうございます。なんかめっちゃうれしかったです。

インペルダウンの囚人たちをガンガン巻き込んで、上へ上へと向かうルフィたち。
いや、凶悪すぎるよなあ、この一団。特にイワさんの顔が(笑)。
確かに「色んな意味で止まりません!!!!」状態。
この連中がこのまんま白ひげ海賊団に合流したらものすごいことになるよなあ。

『べるぜバブ』(バブ11 公園デビューします)
初対面の子に告って、まさかのラブコメ展開? とおもいきや、あっとゆーまに東邦神姫ルートに戻っちゃった。
公園で出会った女の子が東邦神姫の一人だとは思わなかった……うまいことだまされてるよ、私。

『トリコ』(グルメ48 最悪の遭遇!!)
傷ついた顔を必死で隠すサニーの乙女っぷりにときめいた(笑)。
おまけに信じがたくわかりやすい嘘をつくし……かっかわいすぎるっ。

『バクマン。』(36ページ 沈黙と宴)
なんか10週打ち切りフラグをこれでもかと立ててくるんだけど……。

チーフアシになった小河さんが仕事場しきりまくりっ。
でもちゃんとサイコー&シュージンに対して敬語なのはさすがに大人。新妻エイジの仕事場がフリーダムすぎるんだろうけど、きっと。
まだ高校生で新人なんで面倒みてあげて、とか事前に頼まれてるような気がする。
他の仕事場とかけもちって、最低でも月38万を2箇所……めっちゃ稼ぐなあ。

遊びがないマンガはおもしろくない、とゆー主張はわかる。
でも、『DEATH NOTE』はそれをいれないことで緊張感をつくりあげ、大成功した例だよなあ。
まあ、あそこまでストーリーを詰め込めればそれもありだけど、そうでないんならやっぱり遊びの部分は欲しいと思う。うん。

ところで新年会ネタが早速、登場!
そのエントランスの風景は「どう見てもヤ○ザの集会」らしい(笑)。
そして、その中にいる人たちも当然ヤ○ザ……ってウソウソウソ。毎週、必死でマンガを創ってくださるありがたいマンガ家さんと編集者さんたちですよね!
で、サイコー&シュージンと同期連載デビューの平丸さん登場。
そのそばには、飲んでるのはホントにジュースか? と疑いたくなる新妻エイジ。
新年会にまで付けてくるって、その羽根、どんだけ気に入ってるんだ。

『黒子のバスケ』
(第20Q 大丈夫です)
前回、1ページ目で笠松に蹴られてた黄瀬。今回は1ページ目で殴られてた(笑)。
これをしつけ(?)とみるかパワハラとみるかDVとみるかでかなり解釈が変わってくるよ(爆)。
でも、黄瀬が飲み物買うのをちゃんと待ってあげてたんだな、笠松キャプテン(←なんだかんだで面倒見がいい)。
そんなわけで、この2試合、笠松&黄瀬の海常コンビが試合の解説役を担当してくれるらしい。
藤巻先生、笠松の出番をつくってくださってありがとうございます!

で、試合開始からちょっと経って体育館にたどりついてみたら0-12。
1点も入れられない誠凛に笠松は不満気。
自分たちが負けた相手がボロ負けしてたら、そりゃあおもしろくないよなあ。

笠松によると誠凛はスロースターター。
その中にあって初っ端からアクセルを踏むのが火神なので、その火神がおさえこまれたらどうにもならない。
火神が入る前ってどーしてたの~?(みんながあったまるまでひたすらガマン?)

で、当の火神は同学年の津川におさえこまれブチギレて、まだ1Qなのにファウル2コもくらってる(あれ? まだ1Qだよね)。
ディフェンスかたすぎるからパスコースもなくって、黒子くんまで役立たずとゆー最悪パターン。
てか、パスを出せないんじゃ、黒子くんをコートに出してる意味がないんじゃないの?

正邦は古武術の動きを取り入れている……って、その情報がなぜ試合前に知らされてないんだ。
もっとも、この情報を知ってるからといって、できることはないんだよね。
結局のところ、めっちゃディフェンスがかたくて、それをフルタイム持続することができる、ってだけのことだもんね(←だがそれがめちゃくちゃむずかしい)。
私でも知ってる「ナンバ走り」だけど、それを実際に採用するアスリートの話をあまりきかないのは、やっぱりそれがむずかしいからなんだろうなあ、と思う(効果がよくわからないってのもあるのかも)。
中学生の時にみっちりバスケをやってた子ならなおさら、走り方から変える、ってのは相当、むずかしいんじゃないかな。

今回、なにげに伊月の出番が多い。
伊月はできる男設定だと信じてるんで、もっと見せ場をプリーズ。

それにしても、火神の考えってのはホントにシンプルだなあ。
相手より速く走ればいい、相手より高く跳べばいい、相手より速くぶち抜けばいい。
それが実際にできるんなら誰も苦労しない(苦笑)。
でも、「たぶん、大丈夫です。やる時はやる人です」と黒子くんは言う。「たぶん」ってのがビミョ~だよなあ。
この台詞を言った時の黒子くんがいつになく大人っぽく見えてちょっとドキドキ。

で、火神は黒子くんの期待には応える人です(爆)。
見事に津川をブチ抜いてみせたけど、これって最後まで続けられるの~。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』(第240話 チケット)
空に現れた白蘭の顔……ここは笑うとこ? 笑っていいとこだよね!

パワーアップした10代目ファミリーの装備があきらかに。
なんか、全体的にメタリック系になってる。
山本のボックスはつばめから犬(?)に変更。
ツナのは子ライオン? チャウチャウっぽく見えるけど。

『銀魂』(第二百五十九訓 チャランポランな奴程怒ると怖い)
今回、ひたすら銀さんがシリアスでちょっと怖い。
死体の山の上でにぎりめしを食べていた幼い銀さん。
そんな銀さんに手をさしのべたのが松陽先生。
なんか、子供の銀さんとゆーと、アニメのエンディングの刀を抱いて居眠りしてる銀さんを思い浮かべちゃうもんで、この銀さんの絵はちょっとショックだったなあ。
そして、そんな境遇から自分を救ってくれた師に対する想いの大きさは、月詠の師である地雷亜に対する怒りに正比例するんだろうな。

こんだけ怒っていても「歓迎パーチー」なとこがちょっとだけホッとする。
最近、土方は「パーリー」って言ってるけど(←中の人ネタでスマナイ)。

『SKET DANCE』(第88話 Happy Rebirthday-2)
そうか、やっぱり椿だったのか。
いや、ボッスンと椿がなにげに似てるとは思ってたけど、作者の描き分けの問題かと(←失礼すぎる)。

『ぬらりひょんの孫』(第五十七幕 花開院ゆらの納得)
総大将は花開院の本家でごはんを食べたことがあるらしい。
さすが、いつの間にか他人の家でごはんを食べてる妖怪。

ゆらちゃん的には、妖怪に助けられるのは納得がいかないけど、リクオ君に助けられるのは納得がいくらしい。
リクオ君を信じたかったからゆらちゃんは悩んでたわけで、信頼が裏切られたわけじゃない、ってのがわかってうれしかったのかも。

「やさしい奴良くん」と言われてゆらちゃんを木から蹴落としたリクオ様。
昼の自分といっしょくたにされたことが気に入らなかったのか、やさしいと言われて照れちゃったのか、ただ単に自分のテリトリーに人間が入ってるのがイヤだったのか。
京都までついてってやるとか言い出したけど、リクオ君の学校はどーすんの?

竜二はゆらちゃんをいじめるために上京してきたわけではなくって、京都で開花院家が危機に陥ってるので、戦力補強のためにゆらちゃんを呼び寄せにきたらしい。
電話とかで呼び出せばいいじゃん! とか思ったんだけど、ゆらちゃんてば家族との連絡経路まで断ってたのかな?(←貧乏すぎて電話代が払えない、とかゆー話だったら泣ける)
スポンサーサイト



tag : めだかボックス バクマン。 黒子のバスケ ぬらりひょんの孫

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク