FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2009/05/27(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2009年26号 感想

次号から「JG1」とかゆーのが始まるらしいが、金未来杯はどーなるの?

『べるぜバブ』(バブ13 再び出会った男と女)
巻頭カラー。表紙の「運命よ。彼は、彼女は、闘うために出会ったの!?」とゆーアオリに、これはなんのマンガだ、と思った(笑)。
これはバトル路線とラブコメ路線を並走させる戦略なのか?
斬新だな(笑)。

『ONE PIECE』(第543話 “麦わらと黒ひげ”)
今回の表紙はサンジ。てか、サンジ主役で表紙連載のようだ。
サンジの脚力強化作戦は継続中らしい(苦笑)。

インペルダウンはあいかわらずの大混乱でなにがなんだかわかんない(苦笑)。
なんかハンニャバルがかっこよく見えたとゆーのが、今回の一番のトピックスか?

『めだかボックス』
(第3箱 「確かにおまえは」)
めだかちゃんがコスプレしたりツンデレしたりと、さすが西尾維新、出し惜しみをしない!(笑)
めだかちゃんのあのしっぽが、どーゆーシステムで動いてるのかがめっちゃ気になるところ。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』(第242話 ターゲットルール)
10年の間に雲雀の説得スキルをあげていたディーノ(笑)。
さらに扱いづらくなっている10年後雲雀を相手にした経験があるんだから、お子様の雲雀なんて簡単なもんなのかもしれない。
「ツナ、おまえが決定しろ」とちゃんとツナをたてるあたりもさすがだし。

「白蘭さんをこんなにしちゃったのは僕なんだ!!」
白蘭と入江くんの間にはまだまだいろんなことがありそうな気配。
10年後の獄寺が言っていた、入江くんがいなければ白蘭にもこれほどには(←うろ覚えなんで間違ってたらすみません)的な台詞は、そこにつながってるのか?

『銀魂』(第二百六十一訓 恩返しは気づいた時にやっておけ)
地雷亜の狂気に、高杉の狂気がダブってみえた。
何を捨てても守りたかった唯一の存在を失ったゆえの二人の狂気。
だけど銀さんはそこには踏み込まなかったのだなあ、と思うと、実は銀さんはものすごくあやういところに立っている人なんじゃないか、と思えてきた。
前回、前々回の鬼気迫る銀さんは、そんなあやうさが顔をだしちゃっていたんだろうな、きっと。

『バクマン。』(38ページ 窓と雪)
やっぱり大場先生は中井さんが好きなのかも(苦笑)。
根性みせて蒼樹さんの信頼を勝ち得た中井さんだけど「部屋に僕を!? もう!? いいんですか!?」はまずかった。
特に「もう!?」が余計だよなあ。いかにも「狙ってました」な感じがするもんなあ。
撤回した蒼樹嬢は正しいよ。うん。

『黒子のバスケ』(第22Q 心配すんな)
センターカラー。なんかこのマンガ、やけにセンターカラーが多い気がするんだけど。
コートをにらみつけてる火神に対して、シューズのひもを結びながらも何かに集中しているような目をしている黒子くん。二人のキャラクタをよく現しててステキだなあ。

第2Qに入り、火神と黒子くんの連携プレーが炸裂。
「前より二人の連携の息が合ってるっスね」とゆー黄瀬がちょっと複雑そうな顔してるのは、次に試合する時が大変だ、とゆーことなのか、黒子くんが火神に合ってきている分だけ自分から離れてってる、ってことを考えてちょっとジェラシーなのかは微妙なところ。
さすがにもう海常に黒子くんをひっぱりこもうとは考えてないだろうけど(←案外、まだあきらめてないのか?)。

しかし、津川のディフェンスをくぐりぬけるのは、かなりな体力を消耗するらしくはやくもバテ気味な火神。
しかも、津川の思惑にまんまとのっちゃって4個目のファウルを取られちゃうし……。
黄瀬にもリコちゃんにもバカ呼ばわりされちゃってるよ。

日向の作戦は正邦戦では火神と黒子くんを温存し、秀徳戦でおもいっきし働いてもらおう、とゆーこと。
そのため、ファウルが残り1個になっちゃった火神と一緒に黒子くんまでひっこめちゃおうと。
さがりたくなくて必死で日向にくいさがった火神だけど、黒子くんの説得に簡単に引き下がっちゃったよ。
なんかもう、黒子くんにしつけられちゃってるなあ、火神(爆)。

黒子くんはホントに察しのよい子で、日向が口にしなかった理由をきちんと読み取った。
自分たちのリベンジなんだから、自分たちだけで勝負を挑みたいとゆー先輩方の思い。
「勝つことだけがすべてなのか?」とゆー疑問を抱いてバスケをやめかけたことがある黒子くんなだけに、その姿勢には共感するものがあるんだろう。

火神が入る前、そのポジションは誰がやってたんだ? と思ってたんだが、ようやく登場の土田先輩。
向、伊神、戸部、小井、田、ときたんで、残るは「○木」か「木○」?
「ヤバくなったら出ます!」ってまだ納得してないな、火神(苦笑)。
ベンチに引き下がった後で黒子くんにちゃんと説明してもらうといい。

久しぶりに日向の毒舌全開。「茶坊主」だの「ハゲ」だの言いたい放題。
「最近の一年はどいつもこいつも」って、一年生は一学年分しか知らないでしょうが(笑)。

それにしてもなんだかな~。ベタだけど燃えるよなあ、こーゆー展開。
来週のかっこいい先輩方の姿を期待している。
でも、これで全力を尽くしちゃって、秀徳戦がホントに黒子くんと火神に丸投げだったら、それはそれでイヤかも。

『SKET DANCE』(第88話 Happy Rebirthday-4)
ボッスンと椿は元の鞘におさまるらしい(←なんか誤解を招きそうな表現)。
でも、何も変わらない、なんてことはあり得なくって、やっぱり二人の中で何かが確実に変わってしまったんだと思う。
自分は天涯孤独じゃない、とゆー思いはボッスンの心を軽くしてくれたのかもしれないなあ。

ところで、椿がアカネさんに抱きつかれてる絵を妄想してニンマリしてしまったのは私だけ?

スケット団の中では隠し事は存在しないのか、普通にこのことを仲間にしゃべっちゃったボッスン。
椿は生徒会の連中にこのことを話したのかなあ。

『ぬらりひょんの孫』(第五十九幕 退魔刀とキセル)
話は400年前に飛ぶ。
バリバリ現役だった頃の総大将がアダルティ(笑)。
リクオ様もエロいと思ってたけど、この頃の総大将のエロさには負けるな。
なんかR18っぽいんだけど、大丈夫なの、この総大将(爆)。

やんちゃ時代の牛鬼の幸せそうなこと!
ああ、総大将の元でホントに楽しかったんだねえ、牛鬼。だから、リクオ君に対してあんなに怒ってたんだねえ。

ところで、強力な妖怪が病を癒す力を持つ人間をかどわかす、ってシチュエーションをみると、どうしても雷禅様を思い出してしまうんだが……。

『ToLOVEる』(トラブル149 微笑むネコ)
トレインが出てきた~っ!
スヴェンはどこにいるの~っ?
スポンサーサイト



tag : 黒子のバスケ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク