FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2009/09/30(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2009年44号 感想

『BLEACH』(BLEACH375. Execution, Extinction)
「戦争なんて始めた瞬間からどっちも悪だよ」とゆー京楽の言葉はなかなかに重いなあ。
でも「流儀に酔って勝ちを捨てるのは三下のすることさ」って、浮竹の同数対同数じゃないと不公平だから戦わないとかは、京楽の中ではどーゆー解釈になってるのさ、と思う。
「だから浮竹は三下」って解釈だったりして……。

いきなり藍染様が戦いをまるめちゃおうとしてる。これだけ時間をかけといてそれがオチかい(苦笑)。
この人にとっての「部下」って結局、市丸だけなんだな、とゆー思いを新たにしたりして(東仙はどうみても使いっぱしり)。

『ONE PIECE』(第558話 “弟”)
ルフィを想うからこそ自分のことをあきらめさせたいエース。
でも、ルフィの答えは「おれは弟だ!!!!」。
これ以外の答えをルフィは持ってないし、エースにとってもこれ以上、こたえる答えはないよなあ。

「おれは死んでも助けるぞォオ!!!」って、本当に一度、死んじゃってるルフィが言うと真実味があるってゆーか、真実だし。

『黒子のバスケ』(第39Q そっくりだね)
カラー表紙がちょっと版画チックでカッコエエ。

「オレより強い奴とか、存在しねえもん探してるわけじゃねーんだよ」とゆー青峰。
緑間がかわいく見えるほどの上から目線(笑)。「上から」とゆーより「天から」って感じがするほど。

しかし、回想シーンをみてみると以前の青峰は、生意気そうではあるけれどさわやかバスケ少年、って感じで殺気ばしったところはないよなあ。
こんな姿を知っているからこそ、黒子くんと桃井マネージャは青峰を見放せないんだろうなあ。

「黒子は影」とゆー例えは、黒子くんがみずから考えたことじゃなくって、実は緑間発想だったことが発覚。
ああ、こーゆー表現が好きそうな感じするよねえ、緑間。

青峰とコツとあわせた拳の感覚をまだ覚えてるっぽい黒子くん。
そして、黒子くんの彼女を自称しながらも、青峰のことばっかり話してる桃井マネージャ。
桃井マネージャにアタックされても黒子くんが動じないのは、本命が別にあると確信しているからなのかもなあ。
専属マネージャ的な立場にありながら青峰の敗北を望む、ってとこに桃井マネージャの本気度とゆーか深刻度がうかがえる。

そして、青峰にたたきのめされてしまった火神。
力でねじふせる系の人は力でねじふせられると、なかなか立ち直れないんだよなあ。
黒子くんが信じてくれてるんだから、黒子くんの目を信じろよ、と言いたいとこだけど……う~ん。

青峰の今のチームメイトが2人ほど登場。
メガネキャラがまた増えたよ。この人がキャプテンだとするとさらにキャラかぶりになっちゃうよ、日向(笑)。
桜井は確かにうざくてめんどくさそうだ。

『バクマン。』(55ページ 3カットと3作)
連載が打ち切られ、アシスタントもいなくなったさびしい部屋にひとりうずくまる中井さん……せつなすぎる。
そのうえ、勢いあまって蒼樹嬢に告白したらきっぱり断られるしっ。
そりゃあ真っ白にもなるよなあ。

そして、その蒼樹嬢にはマンガ家としてのオファーが舞い込む。
「毎週3カット以上、女の子の下着が見えてる絵」ってゆーのはものすごく直接的な表現だなあ(苦笑)。
「『ジャンプ』ならパンツだけです」ってぶっちゃけすぎで笑える。もっとも言ってる相手が女性なだけに、受け取りようによってはセクハラだけど。
『ジャンプ』でリアル恋愛路線といったら桂正和先生を思い出す。もっとも、ご本人はあんまりそーゆのを描きたくなかったらしいけど(インタビューでそんなことをおっしゃってた記憶がある)。

そして、港浦さんと正面衝突することを決意したサイコー&シュージン。
単純にこの2人、必要以上に無理するのが好きなんだなあ(苦笑)。
なにせ熱血マンガ体質だから(笑)。

『ぬらりひょんの孫』(第七十六幕 遠野をたつ!!)
やっぱり総大将の息子、リクオくんの父親は羽衣狐様に殺されていたらしい。
しかも、リクオくんはその時、羽衣狐様に会っていた。
このことをリクオくんはずっと忘れていたんだねえ。総大将はずっと忘れたままでいてくれた方がいいと思ってたようだけど。
リクオくんがその場で殺されなかったのは、単なる気まぐれ?

ところでどこがどうなってゆらちゃんが「超美人の友達」になってるんだろう(苦笑)。

そして、リクオ様はまんまと遠野妖怪を引き抜いて、連れ去ってしまった。
そうか、ハーレムをつくつのがぬらりひょんの血筋なのか(爆)。

総大将は、孫をちょっと遠野にとじこめとくか、くらいの気持ちだったかと思うんだけど、戦力引き連れて戻ってくるとはうれしい誤算?
まあ、羽衣狐様の強さを知ってるだけに、そう簡単に京には行かせないような気がするけどね。

ひさしぶりにリクオ様がきめきめでうれしかった……。

『めだかボックス』(第20箱 「私は生徒会長だぞ」)
校舎をひきずるって……校舎をひきずるって……。
スポンサーサイト



tag : 黒子のバスケ バクマン。 ぬらりひょんの孫

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク