FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2010/04/30(金) ◆◇◆◇◆

『松井優征がウーパールーパーを食べる企画』感想

買いましたよ~『ジャンプNEXT!』。
もちろん、松井センセの新作を読むために!
まあ、『ぬらりひょんの孫』の番外編が読みたい、ってのもあったけど。

前作『離婚調停』から1年弱、経っての新作。
タイトルは『松井優征がウーパールーパーを食べる企画』……タイトルだけでドン引きっ!(苦笑)

松井センセのプチ情報がいろいろと公開されていました。

「最近、国民年金基金に入りました」
マンガ家も不安定な職種ですからねえ。生活に余裕のあるうちに備えておくのはよいことですよねえ……って、すみません、あんまりいらない情報でした(苦笑)。

「次回作に描きたかった作品が残念ながらボツになってしまいました」
こちらは超重要な情報!
そうですか……まだしばらく待たなければいけませんか……はやいお帰りをお待ちしております。
松井センセが描きたかった作品というのを、読んでみたかったなあ(涙)。
ところで、原稿に描かれたでっかい「×(バツ)」を「サイ」と読んだのは私だけだろうか……(←いまだにネウロ脳な私)。

「1日中グリルでエリンギ焼いてるくらいヒマ」って……エリンギを何本焼いたんですか、松井センセ。
一番、おいしい焼き加減を探求してたとかゆーことなのかな?

松井センセの発案で「ウーパールーパーを喰べる企画」はできたらしい。
マンガのタイトルは「食べる」になってるけど、松井センセは「喰べる」の方を一貫して使用していらっしゃる。おもえば『魔人探偵脳噛ネウロ』の時のそうだった。
この「喰べる」という言葉に、松井センセは大きなこだわりを持っていらっしゃるんだろうなあ。

私にとってウーパールーパーは「鑑賞用」というか「愛玩用」のイメージしかないので、「ウーパールーパーを喰べる」ということ自体がビックリ。そうか、あれは食べても大丈夫なものなのか……。まあ、カエルとか食べられるもんね。同じ両生類なんだから、食べられてもおかしくはないよね。

顔をしかめて一口飲みこんで「ハイ食べた」では食材に失礼です。
この言葉に、ああ、やっぱり弥子ちゃんは松井センセの分身でもあるのだなあ、と思った。
弥子ちゃんはかなりなゲテモノ食いだと思っていたけど、弥子ちゃんにとってあれは「ゲテモノ」なんかではなかったんだ。すべてがひとしく「食材」だったんだ(まあ、コンクリートとかは食材じゃないけどねっ)。
あらためて弥子ちゃんの大物っぷりを思い知らされた次第。
そして、松井センセもやっぱり大物だわ。

でもそんな大物の松井センセがどれだけプッシュしても、『ジャンプNEXT』読者の50%弱が「充実のウーパールーパー情報」を期待するようになるとはとうてい思えませんっ(爆)。

そして編集の浅田さん登場。どうしても浅田くんにしか見えないんですがっ!(←でもちょっとだけ痩せてる?)

松井センセの描く生きたウーパールーパーはかわいいんだが、それに「かわいい…」とデレる松井センセの自画像の方がかわいくみえるという謎(苦笑)。

それにしても、ウーパールーパーは頭がなくても内臓がなくても動くのか……私だったらさばいてる途中でギブアップしそうだ。
松井センセには生命に対する敬意がある。
それは『魔人探偵脳噛ネウロ』を読んでる時にもよく感じていた。
その敬意がハンパではなく、どの食材に対しても公平に真摯であるからこそ、このように行動できるのかなあ、と思ってみたり。
私は本当にハンパだ。

さて、ウーパールーパーのフルコース。
絵だけでも正直、ひくんだけど。
公式HPに写真が載ってるらしいけど、とてもみにいく勇気がない。
覚悟がハンパですみません~。

ウーパールーパー料理についてのコメントを読んでいると、やっぱり松井センセは弥子ちゃんの生みの親なんだなあ、と思える。本当に食べることがお好きなんだなあ、と。
私はあんまり食べることに執着がないので、とてもうらやましい。

食べることも愛することも、種族が触れ合う、という意味で大差はない。
そのお言葉には深く感ずるものがある。
ああ、こういう方だからこそ『魔人探偵脳噛ネウロ』というマンガが描けたんだなあ。

正直いって、私にはウーパールーパーを食べるということに抵抗感がある。
それが、かなり不公平なジャッジであるということは、自分自身、重々承知している。
それでもなんかもう、一度「ペット」として認識したものを「食材」として見ることはとても難しい。
「ペット」と「食材」のボーダーラインてなんだろう……とか考えてグルグルしている。
たった9ページのマンガでこんなにも重いものを突きつけてくるとは……。

ところで、がんがん脱いでいく編集と、がんがん細くなっていく編集……意味がわからない(苦笑)。

それにしても私、たった9ページのマンガの感想にどんだけ字数つかってんのよ。
ルポマンガでも松井センセはやっぱり松井センセだった!
たったの9ページで笑えて泣ける……これはこれでかなりおもしろい!
でもやっぱりストーリーマンガが読みたいです、松井センセ。
スポンサーサイト



tag : 松井優征 魔人探偵脳噛ネウロ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク