FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2010/11/28(日) ◆◇◆◇◆

アニメ視聴週記(2010NOV28)(その2)

いつもアニメ感想は1週間分をまとめて書くんだけど、今回、長くなりすぎたので分割。

『STAR DRIVER 輝きのタクト』(第九話 そんなミズノの初恋)
一気になかよしさんになったスガタとタクト、お泊まりして一緒にお風呂だって入っちゃう(笑)。
スガタはいつもあのメイドさんたちに背中を流してもらってるんだねえ。スガタの中ではあの二人は女性としてカウントされていないんだろうか。
スガタとワコちゃんによってたかってからかわれて、タクトがすっかりいいおもちゃになってる感じ(苦笑)。

それにしても、武道家のわりに本当に色白だな、スガタ。

さて、前回、初登場した謎の少女・ミズノ。
バスの上に乗った副部長をみて「その手があったか」とかつぶやいてたけど、まさかそれを自分もやるとわっ。
あの、それ無賃乗車になるんじゃ……定期もってればOKなのか?(←そういう問題じゃないから)

男子トイレに堂々と入り込んだミズノ。どうやら、カラスのヒナが落ちかけてる枝に一番、近い窓が男子トイレだったらしい。
カラスと話ができるというミズノ。その言葉をあっさり信じたタクト。
窓から枝に飛び移るってのもすごいけど、あの足場の悪さでミズノをしっかり受け止めたってのもすごいな。
さすが銀河美少年(笑)。

動物好きらしいミズノは副部長を追いかけまわして、演劇部の部室にたどりつく。
なんか、副部長が昇天してしまいそうなのでやめてあげてくださいっ(笑)。

男女がトイレで一緒に何したの……って、確かに大胆なことしか想像できない(爆)。

さて、綺羅星十字団の総会にはちょっとした波乱が。
バニシングエイジの代表・ヘッドが休養をとり、代理としてマンティコールが総会に出席。
ヘッドはサカナちゃんを失ってハートブレイクで、お仕事をやる気も失ったのか?
ひきこもりだったヘッドが海のみえる場所でたそがれてる姿はなかなかに萌える。

ロボットアニメのわりに女性キャラ比率高いと思っていたら、ここで一挙に新男性キャラが3人登場。
まあ、女性キャラもミズノちゃんとマリノちゃんが入ってるんで、比率的にはあまり変わらないか。
バニシングエイジのスタードライバーたちはどれも自信過剰っぽいなあ。小物っぽさがハンパない(苦笑)。
新代表になったマンティコールに忠誠心がないのはしかたないとしても、本来の代表であるヘッドに対しても、敬意をはらう気がないっぽいし、マンティコールを使い捨てにする気まんまん。
まあ、綺羅星十字団は全体的にまとまりが悪いというか仲が悪いよね。

バニシングエイジの新代表・マンティコールの正体はミズノの双子の姉・マリノ。
ミズノと話してる時は普通にやさしいお姉さんて感じなんだけど、総会でのテンションは異常だったよね。あれはキャラをつくってんの? それとも、あれが地なの?

バニシングエイジのスタードライバーは「セカンドフェイズでも勝てる」的なことを言ってたのに、タウバーンにあっさり負けて「同じ条件だったら」とか……。いやあ、こういうキャラにタクトが負けたら悲しすぎる。
なんていうか、タクトとスガタの仲がさらによくなっただけの戦闘シーンだったな(爆)。
てか、サカナちゃんの歌がない戦闘シーンはなんか味気ない。
いつのまにかサカナちゃんの歌が刷り込まれてたんだなあ。

さて、スガタとタクトのお風呂シーンではじまった今回は、ミズノとマリノのお風呂シーンで終わる。
ミズノはニシの巫女で、そのミズノをどうしても守りたいマリノ。
マリノは妹を守るためにわざわざ妹を狙う綺羅星十字団にもぐりこんだのか?

ニシの巫女を探す能力を持つサイバディ・アインゴッドのスタードライバーになったマリノが、すでにニシの巫女の正体を知っている。
つまり、物語はマリノの真意によっていかようにも動くということか。

エンディングでバスのボディに描かれてた女の子はやっぱりサカナちゃんだったらしい。
ミズノに替わっちゃったけど。
スポンサーサイト

tag : STARDRIVER

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク