FC2ブログ
◆◇◆◇◆ 2011/08/31(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2011年38号 感想

『ONE PIECE』(第636話 “未来国から来た将軍”)
「合体ロボ」というよりは「今週のビックリドッキリメカ」(笑)。

『バクマン。』
(145ページ 提供と停止)
サイコーの中の「マンガ家のあるべき姿」というのは、おじさん(=川口たろう)なんだよね。
だから、七峰が何を言っても、はなっから受け入れられない。
その点、シュージンは理屈でものを考えてるから、冷静にメリットとデメリットを分析していたりして。
こういうコンビだからうまくいってるんだろうなあ。

サイコーがマンガ家になりたいと言ったらそれを止めないで欲しい、とサイコーのおじいさんとお父さんに頼んでいたというおじさん。
お父さんがマンガ家を目指すことをあっさり認めたり、おじいさんがかなり協力的っぽくみえてたのは、そういうことがあったからなんだね。
死んでしまった息子に、弟に、してあげられることといえば、その願いを無自覚なままで叶えようとしているサイコーを、応援することくらいだもんね。

川口たろうがもし生きていたら、今のサイコーをみて喜ぶだろうか。それとも、自分がとれなかったアンケート1位をとられて悔しがるだろうか。

『黒子のバスケ』(第130Q 最終第4Q!!!)
木吉って、能天気そうにみえて、実は考え込んでしまうタイプなんだろうか。
まあ、あの体調で試合してるんだから、ナーバスになって当然とも思えるが。
で、見た目が神経質そうな日向キャプテンは、開き直るとめっちゃ強いタイプ。
日向をキャプテンに推した木吉の、人を見る目は確かだ。

『ぬらりひょんの孫』(第百六十七幕 清継の決意)
ついに清継くん動くっ!
てか、清継くん、はじめて変化した時のリクオ様を忘れられなくて、今の状態になってるのね。
なんて一途な子なんだ。

ところで、今回にかぎってリクオ様が学生服姿のまんまなのはナニユエ?

『エニグマ』(e46.チケット)
表紙に「覆面の紳士」ってあるけどあれってただの「金庫頭」じゃないの?
まあ、「面を覆っている」という意味では確かに「覆面」だけど。

『奇怪噺 花咲一休』(最終噺 「一休」と「奇怪とんち噺」)
やっぱり終わってしまったかぁ。
ストーリーはうまくできてると思ってたんだけど、なんとなく盛り上がらなかったんだよね。
でも、ラストカットの一休と幸の絵にはときめいたっ!
えっ? なんで? 一休に髪があるから?(笑)
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク